ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『オーシャンズ13』の挿入曲とサントラ

2007年に制作された『オーシャンズ13』(原題:Ocean’s Thirteen)は、オーシャンズ映画三部作の最終作で、『オーシャンズ12』の続編です。本作のチームは前作の12人からテスが抜け、ダニーらと旧知の技術屋ローマン・ネーゲルと仇敵テリー・ベネディクトを加えた13人です。

『オーシャンズ』シリーズの挿入曲とサントラ
スポンサーリンク

『オーシャンズ13』の挿入曲・サントラ

『オーシャンズ13』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

ラスティが携帯電話の着信音に使っている曲

Don’t You Want Me
アーティスト:The Human League

『Don’t You Want Me』はヒューマン・リーグが1981年にリリースした曲です。『愛の残り火』の邦題でも知られています。

バシャーがルーベンへの手紙で歌詞を引用した曲

Two Hearts Beat as One
アーティスト:U2

『Two Hearts Beat as One』は、U2が1983年にリリースした曲です。

ダニーとラスティがホテルの一室に細工をするシーン

Caravan
アーティスト:Puccio Roelens

『Caravan』は、プッチョ・ローレンスが1969年にリリースしたアルバム『Love And More Love』に収録されている曲です。


この後、ホテル格付け極秘審査員がこの部屋にチャックインすることになります。

ホテル格付け極秘審査員が「ザ・バンク」にチェックインし部屋に入るシーン

Hansel and Pretzel
アーティスト:Henri René and His Orchestra

『Hansel and Pretzel』は、アメリカの音楽プロデューサー、アンリ・レネが作った曲です。

ダニーとラスティがルーベンとの昔話を語り合うシーン

Suite bergamasque, L.75: III. Clair de lune
作曲者:Claude Debussy
アーティスト:冨田勲(Isao Tomita)

クロード・ドビュッシー作曲のピアノ独奏曲『ベルガマスク組曲』から第3曲「月の光」。シンセサイザーアーティスト、冨田勲の演奏が使われています。


ダニーとラスティは、かつてラスベガスを彩ったホテル「デューンズ(Dunes)」や「エルランチョ(The El Rancho Hotel and Casino)」でルーベンと過ごした日々を懐かしんでいます。

媚薬「ギルロイ」を耳元につけたライナスがアビゲイルを虜にするシーン

Lara’s Theme
作曲者:Maurice Jarre

モーリス・ジャールの『Lara’s Theme』は、アメリカ・イタリア合作の恋愛ドラマ映画『ドクトル・ジバゴ』(1965)のオリジナルサウンドトラックです。ジェームス・ラスト楽団が演奏しています。

ライナスの虜になったアビゲイルがライナスを誘うシーン

A Man and a Woman
作曲:Francis Lai and Pierre Barouh
アーティスト:James Last Band

フランシス・レイ(作曲)とピエール・バルー(作詞)が作った『A Man and a Woman(原題:Un homme et une femme)』は、フランスの恋愛映画『男と女』(1966)のオリジナルサウンドトラックです。ジェームス・ラスト楽団が演奏しています。

オーシャンズのメンバーがラスベガスの花火を見つめるシーン

This Town
アーティスト:Frank Sinatra

ルーベンはバジャーに手紙の礼を言い2人で葉巻を吸います。

この曲は、フランク・シナトラが1967年にリリースしたアルバム『The World We Knew』に収録されている曲です。


フランク・シナトラは『オーシャンズ』のリメイク元となった『オーシャンと十一人の仲間』(1960)でダニー・オーシャン役を演じました。

エンドクレジット

Soul Town
アーティスト:The Motherhood

『Soul Town』は、マザーフッドが1969年にリリースした曲です。

『オーシャンズ13』のサントラ

『オーシャンズ13』も前作に引き続きデヴィッド・ホルムズ(David Holmes)が音楽を担当しました。
北アイルランド出身のデヴィッド・ホルムズは、『アウト・オブ・サイト』(1998)『オーシャンズ』シリーズ、『ローガン・ラッキー』(2017)『ザ・ランドロマット ーパナマ文書流出ー』(2019)など、多数のスティーヴン・ソダーバーグ作品で音楽を担当してます。

2015年には、オルタナティブ・ミュージック・トリオ「Unloved(アンラヴド)」を結成。デヴィッド・ホルムズが音楽を担当しているBBCテレビシリーズ『キリング・イヴ/Killing Eve』では、「Unloved」の楽曲が多数使われています。

『オーシャンズ13』スタッフ・キャスト

監督スティーヴン・ソダーバーグ(Steven Soderbergh)
脚本ブライアン・コペルマン(Brian Koppelman)
デヴィッド・レヴィーン(David Levien)
製作ジェリー・ワイントローブ(Jerry Weintraub)
音楽デヴィッド・ホルムズ(David Holmes)
配給ワーナー・ブラザース
公開 2007年6月8日
2007年8月10日
上映時間122分

ダニー・オーシャン:ジョージ・クルーニー(George Clooney)
ラスティー・ライアン:ブラッド・ピット(Brad Pitt)
ライナス・コールドウェル:マット・デイモン(Matt Damon)
フランク・キャットン:バーニー・マック(Bernie Mac)
バシャー・ター:ドン・チードル(Don Cheadle)
バージル・モロイ:ケイシー・アフレック(Casey Affleck)
ターク・モロイ:スコット・カーン(Scott Caan)
イエン:シャオボー・チン(Qin Shaobo)
リヴィングストン・デル:エディ・ジェイミソン(Eddie Jemison)
ソール・ブルーム:カール・ライナー(Carl Reiner)
ローマン・ネーゲル:エディー・イザード(Eddie Izzard)
テリー・ベネディクト:アンディ・ガルシア(Andy Garcia)
ルーベン・ティシュコフ:エリオット・グールド(Elliott Gould)
ウィリー・バンク:アル・パチーノ(Al Pacino)
アビゲイル・スポンダー:エレン・バーキン(Ellen Barkin)
グレコ・モントゴメリー:ジュリアン・サンズ(Julian Sands)
デビー:オルガ・ソスノフスカ(Olga Sosnovska)
フランソワ・トゥルアー:ヴァンサン・カッセル(Vincent Cassel)
5ダイヤモンドの極秘審査員:デヴィッド・ペイマー(David Paymer)
デニー・シールズ:ジェリー・ウェイントラーブ(Jerry Weintraub)
ブルーザー:スコット・L・シュワルツ(Scott L. Schwartz)
Dr.スタン:マイケル・マンテル(Michael Mantell)
ロバート:ボブ・アインシュタイン(Bob Einstein)
オプラ・ウィンフリー:本人(Oprah Winfrey)

SNSも毎日更新中です!
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント