ブラッド・ピット(Brad Pitt) | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー

ブラッド・ピット(Brad Pitt)

映画×音楽

『ウルフズ』の予告編&予告編で使われている曲

2024年9月20日全国公開予定の映画『ウルフズ』(原題:Wolfs)は、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットがそれぞれ一匹狼のフィクサーを演じる犯罪コメディ映画です。キャスト/スタッフと予告編で流れる曲を紹介します。
映画×音楽

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲とサントラ

映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』は、トム・クルーズとブラッド・ピットが吸血鬼役で共演したゴシック・ホラー作品です。ピアノで弾く曲やエンディング曲(主題歌)など挿入曲とサントラを紹介します。 第67回アカデミー賞では作曲賞・美術賞にノミネートされました。
映画×音楽

『マネーボール』の挿入曲とサントラ

ブラッド・ピット主演映画『マネー・ボール』はセイバーメトリクスを用いてチーム再建のため奮闘したGMビリー・ビーンの姿を描いた作品です。スタジアムで流れる曲や選手が踊る曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ブレット・トレイン』の挿入曲とサントラ

映画『ブレット・トレイン』は、伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原作としたアクションコメディスリラーです。オープニング曲やエンディング曲、奥田民生の『Kill Me Pretty』など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ザ・ロストシティ』の挿入曲(18曲)とサントラ

映画『ザ・ロストシティ』はサンドラ・ブロックとチャニング・テイタム主演のアドベンチャー・コメディ映画です。ダニエル・ラドクリフやブラッド・ピットも出演しています。アランが登場する場面で流れた曲やエンディング曲、サントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『テルマ&ルイーズ』の挿入曲とサントラ

アカデミー賞6部門ノミネート作品『テルマ&ルイーズ』は、アメリカ南部、アーカンソー州に暮らす女性2人の逃避行を描いたロードムービーです。リドリー・スコットが監督を務め、ハンス・ジマーが映画音楽を手掛けました。使われた曲を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『バビロン』の挿入曲とサントラ

デイミアン・チャゼル監督最新作『バビロン』はハリウッド黄金期の映画業界を描いた作品です。『雨に唄えば』や『ジャズ・シンガー』など、当時の映画音楽も多数流れています。ジャスティン・ハーウィッツによるサントラと使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『スナッチ』の挿入曲とサントラ

映画『スナッチ』はガイ・リッチー監督2作目の長編作品です。ジェイソン・ステイサムやブラッド・ピット、ベニチオ・デル・トロら豪華キャストによる犯罪群像劇になっています。The SpecialsやOasisの曲など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
映画×音楽

『オーシャンズ13』の挿入曲とサントラ

スティーヴン・ソダーバーグ監督の人気犯罪映画最終章『オーシャンズ13』、ジョージ・クルーニー、ブラッドピットらが前作のメンバーが続投したうえ、オプラ・ウィンフリーやアル・パチーノの出演も話題となりました。挿入曲を流れた順番にご紹介します。
スポンサーリンク