ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『トップガン』の挿入曲とサントラ

『トップガン』(原題:Top Gun)は、1986年アメリカで制作されたアクションドラマ映画です。監督はトニー・スコット、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、アメリカ海軍全面協力のもと制作された本作は、1986年の全米興行成績1位を記録し、日本でも空前の大ヒットを記録しました。

スポンサーリンク

『トップガン』の挿入曲

『トップガン』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニングクレジット

Top Gun Anthem
作曲:Harold Faltermeyer
アーティスト:Harold Faltermeyer & Steve Stevens
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『トップガン・アンセム(Top Gun Anthem)』は、映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。
この曲を作ったドイツの映画音楽作曲家/キーボーディスト、ハロルド・フォルターメイヤーとアメリカのロックギタリスト、スティーヴ・スティーヴンスが演奏しています。

戦闘機が空母に離着陸するシーン

Danger Zone
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Kenny Loggins
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Danger Zone』は、映画『トップガン』の主題歌です。
アメリカのミュージシャン、ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)が歌っています。

この後「マーヴェリックとグースがトップガン行きの辞令を受けるシーン」でもこの曲が使われています。

マーヴェリックとグースがトップガン行きの辞令を受けるシーン

Danger Zone
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Kenny Loggins
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

「戦闘機が空母に離着陸するシーン」と同じ『Danger Zone』が使われています。

マーヴェリックとグースがパーティー会場に到着し仲間と交流するシーン

Lead Me On
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Teena Marie
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Lead Me On』は、『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。
アメリカのファンク/ソウルミュージシャン、ティーナ・マリー(Teena Marie)が歌っています。

スポンサーリンク

マーヴェリックがチャーリーの気をひくために歌い、その後、大勢で歌う曲

You’ve Lost That Lovin’ Feeling
作曲:Barry Mann, Cynthia Weil, and Phil Spector
アーティスト:The Righteous Brothers
リリース年:1964年

ライチャス・ブラザーズ(The Righteous Brothers)は、ブルー・アイド・ソウルの代表格として知られるアメリカのボーカル・デュオです。

『You’ve Lost That Lovin’ Feeling』は、ライチャス・ブラザーズのヒット曲で1964年にリリースされました。『ふられた気持』の邦題でも知られています。

この後「マーベックがいる店のジュークボックスから流れ出す音楽」でもこの曲が使われています。

マーヴェリックとチャーリーが初めて会話をするシーン

Hot Summer Nights
作曲: Michael Jay, Alan Roy Scott, and Roy Freeland
アーティスト:The Miami Sound Machine
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Hot Summer Nights』は、映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。

演奏しているのは、キューバ系アメリカ人歌手グロリア・エステファンがボーカルをつとめていたバンド、マイアミ・ラテン・ボーイズ(The Miami Sound Machine)です。

マーヴェリック&グース VS アイスマン&スライダー、バレーボール対戦シーン

Playing with the Boys
作曲:Kenny Loggins, Ina Wolf, and Peter Wolf
アーティスト:Kenny Loggins
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Playing with the Boys』は、映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。
アメリカのミュージシャン、ケニー・ロギンスが歌っています。

マーヴェリックがバイクでチャーリーの家に行くシーン

Take My Breath Away
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Berlin
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

ベルリンの『Take My Breath Away』は、1986年のアメリカ映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。『愛は吐息のように』の邦題でも知られています。

演奏しているのは、1978年にロサンゼルスで結成されたアメリカのニューウェイヴ/シンセポップ・バンド、ベルリン(Berlin)です。

この後「バイクで走り去るマーベリックをチャーリーが車で追いかけるシーン」でもこの曲が使われています。

スポンサーリンク

マーヴェリックの両親が好きだった曲

(Sittin’ On) The Dock Of The Bay
作曲:Otis Redding & Steve Cropper
アーティスト:Otis Redding
リリース年:1968年

『(Sittin’ On) The Dock Of The Bay 』は、アメリカのシンガー・ソングライター、オーティス・レディングの曲です。『ドック・オブ・ベイ』の邦題でも知られています。


チャーリーの家でマーベックが両親の話をするシーン

グースがマーヴェリックと一緒に空港で家族の到着を待つシーン

Heaven in Your Eyes
作曲:John William Dexter, Paul Dean, Mike Reno, and Mae Moore
アーティスト:Loverboy
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Heaven in Your Eyes』は、映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。
1979年にカルガリーで結成されたカナダのロックバンド、ラヴァーボーイ(Loverboy)による演奏です。

バイクで走り去るマーヴェリックをチャーリーが車で追いかけるシーン

Take My Breath Away
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Berlin
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

ベルリンの『Take My Breath Away』です。
『愛は吐息のように』の邦題でも知られています。

「マーベリックがバイクでチャーリーの家に行くシーン」でもこの曲がつかわれていました。

飛行実技訓練初日終了後の更衣室でのシーン

Through the Fire
作曲:Giorgio Moroder and Tom Whitlock
アーティスト:Larry Greene
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Through the Fire』は、『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。『炎を抜けて』の邦題でも知られています。

演奏は、アメリカの歌手/ギタリストのラリー・グリーン(Larry Greene)です。

レストランでグースがピアノを弾きながら歌う曲

Great Balls of Fire
作曲:Jack Hammer & Otis Blackwell
アーティスト:Jerry Lee Lewis
リリース年:1957年

『Great Balls of Fire』は、アメリカのロック歌手ジェリー・リー・ルイス(Jerry Lee Lewis)の曲です。『火の玉ロック』の邦題でも知られています。

1957年のロックンロール映画『ジャンボリー』では、ジェリー・リー・ルイスが本人役で出演しこの曲を歌い人気となりました。

卒業パーティー

Destination Unknown
作曲:Franne Golde, Jake Hooker, and Paul Fox
アーティスト:Marietta Waters
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Destination Unknown』は、『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。
アメリカの女性歌手マリエッタ・ウォーターズ(Marietta Waters)が歌っています。

マーヴェリックが店で酒を飲むシーン

Radar Radio
作曲:Giorgio Moroder & Tom Whitlock
アーティスト:Giorgio Moroder
リリース年:1986年

『Radar Radio』は、ベルリンのシングル『Take My Breath Away』のB面に収録された曲です。
『トップガン』の映画音楽を担当しているイタリアの音楽プロデューサー/シンセサイザー奏者のジョルジオ・モロダーが演奏しています。

マーヴェリックがいる店のジュークボックスから流れ出す音楽

You’ve Lost That Lovin’ Feeling
作曲:Barry Mann, Cynthia Weil, and Phil Spector
アーティスト:The Righteous Brothers
リリース年:1964年

ライチャス・ブラザーズ(The Righteous Brothers)のヒット曲『You’ve Lost That Lovin’ Feeling』です。『ふられた気持』の邦題でも知られています。

「マーベックがチャーリーの気をひくために歌い、その後、大勢で歌う曲」でもこの曲が使われていました。

エンドクレジット

Mighty Wings
作曲:Harold Faltermeyer & Mark Spiro
アーティスト:Cheap Trick
リリース年:1986年(SOUNDTRACK『Top Gun』)

『Mighty Wings』は、映画『トップガン』のオリジナルサウンドトラックです。

1974年にイリノイ州ロックフォードで結成されたアメリカのロックバンド、チープ・トリック(Cheap Trick)が演奏しています。

『トップガン』のサントラ

『トップガン』はハロルド・フォルターメイヤー(Harold Faltermeyer)とジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)が音楽を担当しました。映画公開後にリリースされたサントラアルバムは、その年最も売れたサウンドトラックとなりました。
また、サントラに収録されたベルリンの『Take My Breath Away』は、アカデミー賞最優秀オリジナル曲賞とゴールデングローブ賞最優秀オリジナル曲賞の両方を受賞しました。

『トップガン』キャスト・スタッフ

監督トニー・スコット(Tony Scott)
脚本ジム・キャッシュ(Jim Cash)
ジャック・エップス・ジュニア(Jack Epps Jr.)
製作ドン・シンプソン(Don Simpson)
ジェリー・ブラッカイマー(Jerry Bruckheimer)
音楽ハロルド・フォルターメイヤー(Harold Faltermeyer)
ジョルジオ・モロダー(Giorgio Moroder)
配給 パラマウント・ピクチャーズ
UIP
公開 1986年5月16日
1986年12月6日
上映時間110分

キャスト

マーヴェリック:トム・クルーズ(Tom Cruise)
チャーリー:ケリー・マクギリス(Kelly McGillis)
アイスマン:ヴァル・キルマー(Val Kilmer)
グース:アンソニー・エドワーズ(Anthony Edwards)
ヴァイパー:トム・スケリット(Tom Skerritt)
ジェスター:マイケル・アイアンサイド(Michael Ironside)
クーガー:ジョン・ストックウェル(John Stockwell)
ウルフマン:バリー・タブ(Barry Tubb)
スライダー:リック・ロソヴィッチ(Rick Rossovich)
マーリン:ティム・ロビンス(Tim Robbins)
サンダウン:クラレンス・ギルヤード・Jr(Clarence Gilyard)
ハリウッド:ウィップ・ヒューブリー(Whip Hubley)
スティンガー:ジェームズ・トールカン(James Tolkan)
キャロル:メグ・ライアン(Meg Ryan)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント