ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ミッション:インポッシブル3』の挿入曲とサントラ

2006年、アメリカで製作された『ミッション:インポッシブル3』(原題:Mission: Impossible 3)は、トム・クルーズ主演のスパイ映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの第三作目です。

監督はJ・J・エイブラムスが務めました。J・J・エイブラムスにとっては今作が初の映画監督作品となります。

『ミッション:インポッシブル』シリーズ
スポンサーリンク

『ミッション:インポッシブル3』の挿入曲

『ミッション:インポッシブル3』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニングタイトル

Mission: Impossible Theme
ミッションインポッシブルのテーマ曲
作曲ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)
1932年アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス生まれの作曲家。
6歳からエンリケ・バレンボイム(ダニエル・バレンボイムの父)にピアノを習い、20歳でパリ国立高等音楽に入学。フランスで、ジャズミュージシャンとしてキャリアをスタートさせ、後にアメリカ国籍を取得、映画・テレビの数多くの曲を書き活躍した。
代表作『スパイ大作戦 – テーマ曲』『暴力脱獄』『燃えよドラゴン』『ダーティハリー』
編曲者マイケル・ジアッチーノ(Michael Giacchino)
1967年ニュージャージー州ヴァーサイド生まれのアメリカの作曲家。
代表作『カールじいさんの空飛ぶ家』『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
Original ver.1967年:レナード・ニモイ(Leonard Nimoy)

『Theme from Mission: Impossible』は、テレビシリーズ『スパイ大作戦』(1966 -1973)のテーマ曲です。アルゼンチン出身の作曲家ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)の作品です。

ここでは、映画『ミッション:インポッシブル3』の音楽を担当したアメリカの作曲家、マイケル・ジアッチーノ(Michael Giacchino)がアレンジしたバージョンが使われています。

イーサンとジュリアの婚約パーティー

Come into My Life
Artistジミー・クリフ(Jimmy Cliff)
イギリスを拠点に活動するジャマイカ出身のレゲエ・シンガー。
リリース1969年
作曲ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)

『Come into My Life』は、ジミー・クリフのセルフタイトルアルバム(『Jimmy Cliff』1969)に収録されています。

婚約パーティーで流れる曲(乾杯の後)

Back Door Santa
Artist
Cover ver.
ブラック・クロウズ(The Black Crowes)
1984年ジョージア州アトランタでロビンソン兄弟を中心に結成されたロックバンド。
作曲マーカス・ダニエル(Marcus Daniel)
アメリカのR&B/ブルース音楽ソングライター。

クラレンス・カーター(Clarence Carter)
1936年アラバマ州モンゴメリー生まれ、視覚に障害を持つアメリカのソウル歌手。
Original ver.1968年:クラレンス・カーター(Clarence Carter)

『Back Door Santa』は、アメリカのソウル歌手、クラレンス・カーターの曲です。
ここでは、ジョージア州出身のロックバンド、ブラック・クロウズ(The Black Crowes)のカバーバージョンが使われています。

婚約パーティーで流れる曲(ダンスを踊る)

Best of My Love
Artistエモーションズ(The Emotions)
1969年デビューのシカゴ出身3姉妹によるガールズ・ソウルグループ。
リリース1977年
作曲アル・マッケイ(Al McKay)
アメリカのギタリスト/ソングライター。

ファンクミュージックバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」の元メンバー。
モーリス・ホワイト(Maurice White)
テネシー州メンフィス出身のミュージシャン。

ファンクミュージックバンド「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」のバンドリーダー。

『Best of My Love』は、エモーションズの4枚目スタジオアルバム『Rejoice』に収録されている曲です。

スポンサーリンク

婚約パーティーで流れる曲(イーサンに電話がかかってくる)

A Sunday Kind of Love
Artist
Cover ver.
エタ・ジェイムズ(Etta James)
アメリカのブルース/R&Bシンガー。
リリース1960年
作曲ルイ・プリマ(Louis Prima)
アニータ・レオナルド(Anita Leonard)
スタン・ローデス(Stan Rhodes)
バーバラ・ベル(Barbara Belle)
Original ver.1947年:クロード・ソーンヒル楽団、フラン・ウォーレン(Claude Thornhill and His Orchestra – Vocal Chorus by Fran Warren)

『A Sunday Kind of Love』は、アメリカの女性歌手フラン・ウォーレン(Fran Warren)の代表曲として広く知られている曲です。フラン・ウォーレンがクロード・ソーンヒル楽団の専属歌手として活躍していた1947年にリリースされました。
ルイ・プリマ(Louis Prima)や、デル・ヴァイキングス(The Del-Vikings)のカバーバージョンがヒットし、スタンダードナンバーになりました。

ここでは、エタ・ジェイムズのカバーバージョンが使われています。

婚約パーティーで流れる曲(イーサンが氷を買いに行くとジュリアに告げる)

Tell Me Something Good
Artist
Cover ver.
ルーファス&チャカ・カーン(Rufus and Chaka Khan)
ルーファス(Rufus)
イリノイ州シカゴ出身のアメリカのファンクバンド。
チャカ・カーン(Chaka Khan)
イリノイ州出身の女性R&B歌手。1973年にルーファスのボーカルとしてデビュー。
リリース1974年
作曲スティーヴィー・ワンダー(Stevie Wonder)
1950年ミシガン州サギノー生まれのアメリカのミュージシャン/音楽プロデューサー。11歳でモータウン所属アーテイストとなり、1962年に『I Call It Pretty Music But The Old People Call It The Blues』でシングルデビュー。

『Tell Me Something Good』は、スティーヴィー・ワンダーが作った曲です。

女性R&B歌手チャカ・カーンがリードボーカルをつとめていたルーファス(Rufus)は、この曲で1975年の第17回グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞(ボーカル、デュオ/グループ)を受賞しました。

イーサンがルーサー達と合流し現場復帰する

The Plot
作曲ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)
1932年アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス生まれの作曲家。

『The Plot』は、この映画のベースとなったテレビシリーズ『スパイ大作戦』のオリジナルサウンドトラックです。
編曲されたバージョンが『Factory Rescue』のタイトルでサントラに収録されています。

バチカンでのパーティーBGM 1曲目(ゼーンがデイヴィアンに赤ワインをかける)

String Quartet in C Minor, Op.18 No.4 – II. Andante Andante scherzoso, quasi allegretto
『弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 作品18-4』より第2楽章。
作曲ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven)
ドイツの作曲家/ピアニスト。
作曲年1800年頃
Artistコダーイ弦楽四重奏団(Kodaly Quartet)
1966年にハンガリーのブダペストで設立された弦楽四重奏団。ハンガリーの作曲家コダーイの名を冠する。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン作曲の『弦楽四重奏曲第4番 ハ短調 作品18-4』より第2楽章です。
コダーイ弦楽四重奏団の演奏が使われています。

スポンサーリンク

バチカンでのパーティーBGM 2曲目(デイヴィアンとなりかわったイーサンとゼーンが会話をする)

String Quartet in B Major, Op.1, No.1 “La Chasse” – II. Menuetto
『弦楽四重奏曲 第1番 変ロ長調「狩」』より第2楽章メヌエット
作曲者フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn)
古典派を代表するオーストリア出身の作曲家。
作曲年1755年〜1762年頃
Artistカスパル・ダ・サロ四重奏団(Caspar da Salo Quartett)

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン作曲の『弦楽四重奏曲 第1番 変ロ長調「狩」』より第2楽章メヌエット。

古いアナログ録音を使用して販売する目的で作られた架空のアンサンブルグループ、カスパル・ダ・サロ四重奏団(Caspar da Salo Quartett)の音源が使われています。

ラジカセから流れる曲(イーサンがトランシーバーを脇に置く)

We Are Family
Artistシスター・スレッジ(Sister Sledge)
1971年にフィラデルフィアで結成されたスレッジ家4姉妹によるヴォーカルグループ。
リリース1979年
作曲バーナード・エドワーズ(Bernard Edwards)
アメリカのベーシスト/音楽プロデューサー。

1977年デビューのR&B/ファンク/ディスコバンド、シック(Chic)の創設メンバー。
ナイル・ロジャース(Nile Rodgers)
アメリカのギタリスト/音楽プロデューサー。シック(Chic)の創設メンバー。

『We Are Family』は、シスター・スレッジのアルバム『We Are Family』に収録されている曲です。

イーサンが拘束から逃れ、IMF本部から逃走するシーン

エンドクレジット 2曲目

Impassible
Artistイェ(Ye)
カニエ・ウェスト(2021年にYeに改名)として知られるアメリカのラッパー/シンガーソングライター/レコードプロデューサー/ファッションデザイナー。
Artistトゥイスタ(Twista)
1973年イリノイ州シカゴ生まれのヒップホップMC。
キーシャ・コール(Keyshia Cole)
1981年カリフォルニア州オークランド生まれの女性R&B歌手/シンガーソングライター。
BJ・ザ・シカゴ・キッド(Bryan “BJ” Sledge)
1982年イリノイ州シカゴ生まれのR&Bシンガー、ソングライター。
リリース2006年
作曲イェ(Ye)
トゥイスタ(Twista)
アルマンド・マンサネーロ(Armando Manzanero)
シッド・ウェイン(Sid Wayne)

『Impossible』は、ラッパー、カニエ・ウエストによる書き下ろし曲です。New Birthの『It’s Impossible』ボーカルパートがサンプリングされています。
参加アーティストは、トゥイスタ(Twista)、キーシャ・コール(Keyshia Cole)、BJ・ザ・シカゴ・キッド(Bryan “BJ” Sledge)です。

『ミッション:インポッシブル3』のサントラ

『ミッション:インポッシブル3』はマイケル・ジアッチーノ(Michael Giacchino)が音楽を担当しました。マイケル・ジアッチーノは、J・J・エイブラムス監督とのタッグで知られる映画音楽作曲家です。TVドラマ『LOST』や『FRINGE』の音楽も手掛けています。

『カールじいさんの空飛ぶ家』で第82回アカデミー作曲賞を受賞しました。

『ミッション:インポッシブル3』キャスト・スタッフ

監督J・J・エイブラムス(J. J. Abrams)
脚本アレックス・カーツマン(Alex Kurtzman)
ロベルト・オーチー(Roberto Orci)
J・J・エイブラムス(J. J. Abrams)
製作トム・クルーズ(Tom Cruise)
ポーラ・ワグナー(Paula Wagner)
音楽マイケル・ジアッキーノ(Michael Giacchino)
配給 UIP
公開 2006年5月5日
2006年7月8日
上映時間126分

イーサン・ハント:トム・クルーズ(Tom Cruise)
オーウェン・デイヴィアン:フィリップ・シーモア・ホフマン(Philip Seymour Hoffman)
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス(Ving Rhames)
ジュリア・ミード:ミシェル・モナハン(Michelle Monaghan)
ゼーン・リー:マギー・Q(Maggie Q)
デクラン・ゴームリー:ジョナサン・リース=マイヤーズ(Jonathan Rhys Meyers)
ジョン・マスグレイブ:ビリー・クラダップ(Billy Crudup)
リンジー・ファリス:ケリー・ラッセル(Keri Russell)
ベンジー・ダン:サイモン・ペッグ(Simon Pegg)
セオドア・ブラッセル局長:ローレンス・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)
ブラウンウェイ:エディ・マーサン(Edward Marsan)
デイヴィアンのボディーガード:ジェフ・チェイス(Jeff Chase)
キンブロー:マイケル・ベリー・Jr(Michael Berry Jr.)
リック:アーロン・ポール(Aaron Paul)
ベス:カーラ・ギャロ(Carla Gallo)
レイチェル:ベラミー・ヤング(Bellamy Young)
ケビン:グレッグ・グランバーグ(Greg Grunberg)
アニー:サブラ・ウィリアムズ(Sabra Williams)
エリー:ローズ・ローリンズ(Rose Rollins)
メリッサ:サッシャ・アレクサンダー(Sasha Alexander)
アシュレー:トレイシー・ミッデンドーフ(Tracy Middendorf)
司祭:ブルース・フレンチ(Bruce French)
病院の牧師:ジェームズ・コンクリン(James Conklin)
看護師サリー:アン・ベタンコート(Jose Zuniga)
エージェント・ピート:ホセ・ズニーガ(Jose Zuniga)
IMF警備責任者:ウィリアム・フランシス・マクガイア(William Francis McGuire)
ゲートの警備員:ジョルジョ・マルケージ(Giorgio Marchesi)
男性エージェント:ティモシー・オマンソン(Timothy Omundson)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント