ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の挿入曲とサントラ

2023年、アメリカで制作された映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(原題: Mission: Impossible – Dead Reckoning Part One)は、トム・クルーズ主演のスパイ映画「ミッション:インポッシブル」シリーズの第七作目です。『ユージュアル・サスペクツ』の脚本家として知られるクリストファー・マッカリーが監督を務めました。

同シリーズ初の2部作として制作され、後編『ミッション:インポッシブル8(仮)』は2025年5月23日にアメリカで公開される予定です。

『ミッション:インポッシブル』シリーズ
スポンサーリンク

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の挿入曲

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニングタイトル

Dead Reckoning Opening Titles
作曲ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)
1932年アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス生まれの作曲家。
作曲者ローン・バルフ(Lorne Balfe)
1976年スコットランド・インヴァネス生まれの作曲家。
代表作:『ザ・クラウン』『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』
リリース2023年、Soundtrack『Mission: Impossible – Dead Reckoning Part One』

『Dead Reckoning Opening Titles』は、映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のテーマ曲です。『ミッション:インポッシブル』シリーズの原作であるテレビシリーズ『スパイ大作戦』のテーマ曲『Theme from Mission: Impossible』をもとにして作られています。

音楽を担当したスコットランドの作曲家ローン・バルフ(Lorne Balfe)が編曲しました。

イーサンがルーサーとベンジーにミッションを説明する

The Plot
作曲ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)
1932年アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス生まれの作曲家。

『The Plot』は、この映画のベースとなったテレビシリーズ『スパイ大作戦』のオリジナルサウンドトラックです。

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』では、この後も様々なシーンで編曲されたものが使われています。


@アブダビ国際空港

宮殿でのパーティ BGM(ガブリエルがグレースに話しかける)

Arrival
ArtistAnu
リリース2022年
作曲マーク・クロフォード(Mark Crawford

@ベネチア・ドゥカーレ宮殿

宮殿でのパーティ BGM(イーサンとイルサが会場に入る)

First Bastion
Artistヒドゥン・エンパイア(Hidden Empire)
ブランコ・ノヴァコヴィッチとニクラス・パッシュバーグによる電子音楽ライブ・プロジェクト。
リリース2017年
作曲ブランコ・ノヴァコヴィッチ(Branko Novakovic)
ドイツ・ケルンを拠点とする電子音楽プロデューサー
ニクラス・パッシュバーグ(Niklas Schaefers)
ドイツ出身のマルチ・インストゥルメンタリスト/ピアニスト。

@ベネチア・ドゥカーレ宮殿

宮殿でのパーティ BGM(アラナが現れる)

Erase
Artistブルックス・アレクサンダー(Brooks Aleksander)
テクノプロデューサー。脈動するリズム、魅力的なシンセリード、聴衆を別次元に連れて行くディストピア的な雰囲気を特徴とする。
リリース2023年
作曲ブルックス・アレクサンダー(Brooks Aleksander)

@ベネチア・ドゥカーレ宮殿

スポンサーリンク

オリエント急行のラウンジ BGM(ジャスパーとドガが話をする)

I’ve Got You Under My Skin
邦題『あなたはしっかり私のもの』
Artist
Cover ver.
デイヴ・ハートリー(Dave Hartley)
1962年生まれのアレンジャー/ピアニスト/ハモンドオルガン奏者/作曲家。スティングとのコラボで知られる。
作曲コール・ポーター(Cole Porter, 1891-1964)
インディアナ州出身のアメリカの作曲家/作詞家。
代表作:『Night and Day』『I’ve Got You Under My Skin 』『All of You』
Original ver.1936年:フランセス・ラングフォード(Frances Langford with Jimmy Dorsey and His Orchestra)

『I’ve Got You Under My Skin』は、ジャズのスタンダードナンバーです。
1936年のミュージカル映画『踊るアメリカ艦隊』(原題:Born to Dance)のオリジナルサウンドトラックで、音楽を担当したアメリカの作曲家コール・ポーター(Cole Porter)が作りました。
『あなたはしっかり私のもの』の邦題でも知られています。

映画では、スティングとのコラボで知られるミュージシャン、デイヴ・ハートリー(Dave Hartley)の演奏が使われていました。


イーサンを追うアメリカ諜報部員、ジャスパーとドガがイーサンについて話すシーン

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』のサントラ

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』はローン・バルフ(Lorne Balfe)が音楽を担当しました。ローン・バルフはハンス・ジマー(映画音楽作曲家)が手がけるリモート・コントロール・プロダクションに所属しているスコットランド生まれの作曲家です。

トップガン マーヴェリック』や『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の音楽を手掛けたことで知られています。

『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』キャスト・スタッフ

監督クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)
脚本クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)
エリック・ジェンドレセン(Erik Jendresen)
原作ブルース・ゲラー(Bruce Geller)
製作トム・クルーズ(Tom Cruise)
クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)
デヴィッド・エリソン(David Ellison)
ジェイク・マイヤーズ(Jake Myers)
音楽ローン・バルフ(Lorne Balfe)
配給 東和ピクチャーズ
公開 2023年7月12日
2023年7月21日
上映時間163分

イーサン・ハント:トム・クルーズ(Tom Cruise)
グレース:ヘイリー・アトウェル(Hayley Atwell)
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス(Ving Rhames)
ベンジー・ダン:サイモン・ペッグ(Simon Pegg)
イルサ・ファウスト:レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)
ホワイト・ウィドウ:ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby)
ガブリエル:イーサイ・モラレス(Esai Morales)
パリス:ポム・クレメンティエフ(Pom Klementieff)
キトリッジ:ヘンリー・ツェニー(Henry Czerny)
ブリッグス:シェー・ウィガム(Shea Whigham)
ドガ:グレッグ・ターザン・デイヴィス(Greg Tarzan Davis)
ゾラ:フレデリック・シュミット(Frederick Schmidt)
マリー:マリエラ・ガリガ(Mariela Garriga)
デンリンガー:ケイリー・エルウィス(Cary Elwes)
NRO代表:チャールズ・パーネル(Charles Parnell)
NSA代表:マーク・ゲイティス(Mark Gatiss)
DIA代表:インディラ・ヴァルマ(Indira Varma)
JSOC代表:ロブ・ディレイニー(Rob Delaney)
宅配:アレックス・J・フェルプス(Alex James-Phelps)
艦長:マルチン・ドロチンスキ(Marcin Dorociński)
副艦長:イワン・イヴァシュキン(Ivan Ivashkin)
甲板部士官:ザハリ・バハロヴ(Zachary Baharov)
砲雷長:エイドリアン・ブーシェ(Adrian Bouchet)
操舵手:サム・バレット(Sam Barrett)
ソナー長:ルイス・ヴォーン(Louis Vaughan)
治安判事:ガエターノ・ブルーノ(Gaetano Bruno

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント