『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
Disney+で見放題配信開始!『ネクスト・ゴール・ウィンズ』の曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)トム・クルーズ(Tom Cruise)ブラッド・ピット(Brad Pitt)

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲とサントラ

1994年に制作された映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(原題:Interview with the Vampire)は、アン・ライスによる同名小説の映画化作品です。トム・クルーズとブラッド・ピット、アントニオ・バンデラスらが出演しています。

第67回アカデミー賞では作曲賞・美術賞にノミネートされました。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

ニューオリンズの舞踏会で流れる曲

レスタトがルイに、若い愛人に夫を殺害させた未亡人の話をするシーン

Il Pastor Fido, HWV 8b: Prologue, “Terpsicore” – Chaconne
歌劇《忠実な羊飼い》HMV 8b – プロローグ “テレプシコーレ” -「シャコンヌ」
作曲者ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(George Frideric Handel, 1685-1759)
イギリスで活躍したドイツ出身の作曲家。
作曲年1734年

レスタトがクローディアの母の遺体とダンスを踊り歌う曲

Le nozze di Figaro, K.492 / Act I: Aria: Non più andrai, farfallone amoroso
歌劇《フィガロの結婚》K.492 / 第1幕 アリア「もう飛ぶまいぞこの蝶々」
作曲者ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756-1791)
18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。
作曲年1786年

3人の生活が始まる(クローディアのドレスを仕立てさせる)

Harp Concerto in B-Flat Major, HWV 294 –  I. Allegro moderato
ハープ協奏曲 変ロ長調 HWV 294 – 第1楽章
作曲者ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(George Frideric Handel, 1685-1759)
イギリスで活躍したドイツ出身の作曲家。
初演1736年:ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

クローディアがピアノレッスンを受ける曲

Keyboard Sonata No.90 in F-Sharp Minor
ソナタ第90番 嬰ヘ長調
作曲者アントニオ・ソレール(Antonio Soler, 1729-1783)
スペインの作曲家/聖職者。

この後、以下のシーンでもこの曲が使われています。
ある家族の家でクローディアがピアノを披露する曲(1曲目)
クローディアが渡欧前にピアノを弾く曲(ルイが鳥籠を持って現れる)

スポンサーリンク

ある一家のサロンでクローディアがピアノを披露する曲(1曲目)

Keyboard Sonata No.90 in F-Sharp Minor
ソナタ第90番 嬰ヘ長調
作曲者アントニオ・ソレール(Antonio Soler, 1729-1783)
スペインの作曲家/聖職者。

クローディアがピアノレッスンを受ける曲」でもこの曲が使われていました。

レスタトがクローディアと話しながらピアノで演奏する曲

Piano Sonata No.59 in E-Flat Major, Hob.XVI:49, “Genzinger Sonata” – II. Adagio cantabile
ピアノ・ソナタ第59番 変ホ長調「ゲンツィンガー」 Hob.XVI:49 – 第2楽章
作曲者フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732-1809)
古典派を代表するオーストリア出身の音楽家。
作曲年1789年〜1790年

クローディアが渡欧前にピアノを弾く曲(ルイが鳥籠を持って現れる)

Keyboard Sonata No.90 in F-Sharp Minor
ソナタ第90番 嬰ヘ長調
作曲者アントニオ・ソレール(Antonio Soler, 1729-1783)
スペインの作曲家/聖職者。

クローディアがピアノレッスンを受ける曲」でもこの曲が使われていました。

1870年、パリでの二人の生活が始まる(舞踏会でルイとクローディアが踊る)

Kettenbrücken-Walzer, Op. 4
ケッテンブリュッケ・ワルツ 作品 4
作曲者ヨハン・シュトラウス1世(Johann Strauss I. , 1804-1849)
オーストリア帝国のウィーンを中心に活躍した作曲家/指揮者/ヴァイオリニスト。
生前「ワルツ王」と呼ばれたが死後、長男ヨハン・シュトラウス2世にその名が継承され、かわりに「ワルツの父」と呼ばれるようになる。
作曲年1827年
スポンサーリンク

エンディング&エンドクレジット

Sympathy for the Devil
邦題『悪魔を憐れむ歌』
Artist
cover ver.
ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)
1985年にロサンゼルスで結成されたアメリカのハードロックバンド。
数々の伝説を残し「世界で最も危険なバンド」と呼ばれる。
リリース1994年
作曲者ジャガー/リチャーズ(Jagger–Richards)
ミック・ジャガー(Mick Jagger)
キース・リチャーズ(Keith Richards)
Original ver.1968年:ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)
1962年にロンドンで結成されたイギリスのロックバンド。
バンド名は、シカゴブルースの父マディー・ウォーターズの名曲『Rollin’ Stone』に由来。結成以降一度も解散することなく第一線で精力的に活動し続け、ロック界の最高峰に君臨するバンド。

ローリング・ストーンズの曲が使われている映画一覧はコチラ

『Sympathy for the Devil』は、映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の主題歌です。
ガンズ・アンド・ローゼズ(Guns N’ Roses)によるカバーバージョンが使われています。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のサントラ

Come to Store
¥4,480 (2024/06/13 00:00時点 | 楽天市場調べ)

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』はエリオット・ゴールデンサール(Elliot Goldenthal)が音楽を担当しました。

エリオット・ゴールデンサールはアメリカ・ニューヨーク出身の作曲家です。『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』と『マイケル・コリンズ』でアカデミー作曲賞ノミネート、『フリーダ』でアカデミー作曲賞を受賞しました。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』キャスト・スタッフ

監督ニール・ジョーダン(Neil Jordan)
脚本アン・ライス(Anne Rice)
原作アン・ライス(Anne Rice)
製作スティーヴン・ウーリー(Stephen Woolley)
デヴィッド・ゲフィン(David Geffen)
音楽エリオット・ゴールデンサール(Elliot Goldenthal)
配給ワーナー・ブラザース
公開 1994年11月11日
1994年12月10日
上映時間123分

レスタト・デ・リオンコート:トム・クルーズ(Tom Cruise)
ルイ・ド・ポワント・デュ・ラック:ブラッド・ピット(Brad Pitt)
ダニエル・マロイ(インタビュアー):クリスチャン・スレーター(Christian Slater)
クローディア:キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)
アーマンド:アントニオ・バンデラス(Antonio Banderas)
サンティアゴ:スティーヴン・レイ(Stephen Rea)
イヴェット:タンディ・ニュートン(Thandiwe Newton)
マドレーヌ:ドミツィアーナ・ジョルダーノ(Domiziana Giordano)
セントクレア:ライラ・ヘイ・オーウェン(Lyla Hay Owen)

楽天ブックス
¥1,650 (2024/06/13 00:00時点 | 楽天市場調べ)
『ウルフズ』の予告編&予告編で使われている曲
2024年9月20日全国公開予定の映画『ウルフズ』(原題:Wolfs)は、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットがそれぞれ一匹狼のフィクサーを演じる犯罪コメディ映画です。キャスト/スタッフと予告編で流れる曲を紹介します。
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の挿入曲とサントラ
映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』は、トム・クルーズとブラッド・ピットが吸血鬼役で共演したゴシック・ホラー作品です。ピアノで弾く曲やエンディング曲(主題歌)など挿入曲とサントラを紹介します。 第67回アカデミー賞では作曲賞・美術賞にノミネートされました。
『マネーボール』の挿入曲とサントラ
ブラッド・ピット主演映画『マネー・ボール』はセイバーメトリクスを用いてチーム再建のため奮闘したGMビリー・ビーンの姿を描いた作品です。スタジアムで流れる曲や選手が踊る曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ア・フュー・グッドメン』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞ノミネート映画『ア・フュー・グッドメン』は、トム・クルーズ主演の法廷サスペンス映画です。オープニング曲やレストランで流れる音楽など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ブレット・トレイン』の挿入曲とサントラ
映画『ブレット・トレイン』は、伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を原作としたアクションコメディスリラーです。オープニング曲やエンディング曲、奥田民生の『Kill Me Pretty』など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ザ・ロストシティ』の挿入曲(18曲)とサントラ
映画『ザ・ロストシティ』はサンドラ・ブロックとチャニング・テイタム主演のアドベンチャー・コメディ映画です。ダニエル・ラドクリフやブラッド・ピットも出演しています。アランが登場する場面で流れた曲やエンディング曲、サントラをあらすじに沿って紹介します。
『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』シリーズ7作目はイタリア・ベネチアやオリエント急行が舞台となりました。宮殿でのパーティシーンで流れた曲やOPテーマ曲などをあらすじに沿って紹介します。
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』シリーズ6作目はフランス・パリやイギリス・ロンドンが舞台となりました。OP曲やバーで流れた曲などをあらすじに沿って使われた順番に紹介します。
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』シリーズ5作目はオーストリア・ウィーンやモロッコが舞台となりました。ベンジーが聴いていた曲やオペラ、サントラをあらすじに沿って流れた順番に紹介します。
『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』シリーズ4作目はロシア・モスクワやドバイが舞台となっています。挿入曲/サントラをあらすじに沿って流れた順番に紹介します。
『ミッション:インポッシブル3』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル3』、シリーズ3作目はJ・J・エイブラムスが監督を務めました。カニエ・ウェスト(Ye)プロデュースのエンディング曲やラジカセから流れる曲など挿入曲をあらすじに沿って流れた順番に紹介します。
『テルマ&ルイーズ』の挿入曲とサントラ
アカデミー賞6部門ノミネート作品『テルマ&ルイーズ』は、アメリカ南部、アーカンソー州に暮らす女性2人の逃避行を描いたロードムービーです。リドリー・スコットが監督を務め、ハンス・ジマーが映画音楽を手掛けました。使われた曲を流れた順に紹介します。
『バリー・シール/アメリカをはめた男』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、CIAに利用され「イラン・コントラ事件」のキーマンとなってしまった実在のパイロット、バリー・シールの伝記映画です。飛行中に流れた曲やOP曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『バビロン』の挿入曲とサントラ
デイミアン・チャゼル監督最新作『バビロン』はハリウッド黄金期の映画業界を描いた作品です。『雨に唄えば』や『ジャズ・シンガー』など、当時の映画音楽も多数流れています。ジャスティン・ハーウィッツによるサントラと使われた音楽を流れた順に紹介します。
『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラの映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、南北戦争中のアメリカが舞台のサイコスリラー映画です。原作小説は『白い肌の異常な夜』というタイトルで過去にも映画化されています。使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ブリングリング』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラの映画『ブリングリング』は、ハリウッドで実際に起きた強盗事件に着想を得て作られた青春映画です。カニエ・ウェストの『All of the Lights』やフランク・オーシャンの『Suoer Rich KIds』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『マリー・アントワネット』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の『マリー・アントワネット』はマリー・アントワネットの結婚からフランス革命までの人生を描いた歴史映画です。バウ・ワウ・ワウやスージー・アンド・ザ・バンシーズの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ヴァージン・スーサイズ』の挿入曲とサントラ
映画『ヴァージン・スーサイズ』は、『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』を原作としたソフィア・コッポラの初監督作品です。キルスティン・ダンストやジョシュ・ハートネットが出演しています。電話でレコードをかけ流す曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
『スナッチ』の挿入曲とサントラ
映画『スナッチ』はガイ・リッチー監督2作目の長編作品です。ジェイソン・ステイサムやブラッド・ピット、ベニチオ・デル・トロら豪華キャストによる犯罪群像劇になっています。The SpecialsやOasisの曲など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『ミッション:インポッシブル2』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『ミッション:インポッシブル2』、シリーズ2作目はジョン・ウーが監督を務めました。リンプ・ビスキットの『Take a Look Around 』やメタリカの『I Disappear』など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『オーシャンズ13』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督の人気犯罪映画最終章『オーシャンズ13』、ジョージ・クルーニー、ブラッドピットらが前作のメンバーが続投したうえ、オプラ・ウィンフリーやアル・パチーノの出演も話題となりました。挿入曲を流れた順番にご紹介します。
『オーシャンズ12』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督の大ヒット犯罪コメディ映画第2弾『オーシャンズ12』(2004)は、前作のメンバーに加え、ブルース・ウィルスやキャサリン・ゼタ=ジョーンズなど豪華ゲストが登場します。映画で使われた曲を流れた順番に紹介します。
『オーシャンズ11』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督『オーシャンズ11』は、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら豪華キャストによるクライム・コメディ映画で、日本では2002年2月に公開されました。ドビュッシーの「月の光」など使われた曲を流れた順番に紹介します。
『ミッション:インポッシブル』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演のスパイ映画『ミッション:インポッシブル』、ヨーロッパを舞台とした第1作目はブライアン・デ・パルマが監督をつとめました。U2のドラマーとベーシストによるエンディングソングなど、挿入曲を使われた順で紹介します。
『7月4日に生まれて』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『7月4日に生まれて』はベトナム戦争を描いた戦争映画です。オリバー・ストーンは、本作で第62回アカデミー監督賞を受賞しました。ボブ・ディランの『The Times They Are a-Changin』など、使われた曲を紹介します。
『ワルキューレ』の挿入曲とサントラ
映画『ワルキューレ』は、第二次世界大戦中にヒトラー暗殺を試みた「ワルキューレ作戦」を描いた作品です。トム・クルーズが実在の将校シュタウフェンベルク大佐を演じました。『ワルキューレの騎行』やエンディングソングなど、使われた曲を紹介します。
『マイノリティ・リポート』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『マイノリティ・リポート』(2002)は、スピルバーグ監督によるSF映画です。ジョン・ウィリアムズによるサントラや劇中で使われた曲を流れた順番にご紹介します。
『トップガン マーヴェリック』の挿入曲とサントラ
2022年に制作されたアクション映画『トップガン マーヴェリック』、トム・クルーズ主演映画『トップガン』36年振りの続編です。レディ・ガガの主題歌『Hold My Hand』をはじめ、挿入曲を流れた順番に紹介します。
『トップガン』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演の映画『トップガン』は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成所を舞台とした青春映画です。オープニング曲や主題歌、ピアノで弾き歌いする曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『レインマン』の挿入曲とサントラ
『レインマン』(原題:Rain Man)は、1988年の米・ロードドラマ映画です。監督はバリー・レヴィンソンで、原作のバリー・モローがロナルド・バスと共同で脚本を執筆しました。第61回アカデミー賞では、8部門にノミネートされ、主要4部門を受賞しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました