ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
音楽担当:ジョン・ウィリアムズ(John Williams)

『7月4日に生まれて』の挿入曲とサントラ

1989年に製作された映画『7月4日に生まれて』(原題:原題:Born on the Fourth of July)は、オリバーストーン監督によるベトナム戦争映画です。オリバー・ストーンはこの作品でアカデミー監督賞を受賞しました。

原作はベトナム戦争に従軍した元海兵隊員ロン・コーヴィックの自伝的小説です。

スポンサーリンク

『7月4日に生まれて』の挿入曲

『7月4日に生まれて』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

1956年、独立記念日を祝うパレード(1曲目)

You’re a Grand Old Flag
作曲:George M. Cohan

ジョージ・M・コーハンの『You’re a Grand Old Flag』は、ブロードウェイのミュージカル『George Washington, Jr. 』のために作られた行進曲です。米国国旗に敬意を表したもので『あなたは偉大な古い旗』の邦題で知られています。


1956年7月4日、@ロングアイランド、マサピークア

1956年、独立記念日を祝うパレード(2曲目)

Rock Around the Clock
アーティスト:Rodney Lay and the Wild West

『Rock Around the Clock』は、ソニー・デイ&ヒズ・ナイツが1954年にリリースした曲です。ここでは、ロドニー・レイが1980年にリリースしたバージョンが使われています。


1956年7月4日、@ロングアイランド、マサピークア

ロンがアルバイトをしているスーパーのBGM

Venus
アーティスト:Frankie Avalon

『Venus』は、フランキー・アヴァロンが1959年にリリースした曲です。

プロムが始まるシーン

Soldier Boy
アーティスト:The Shirelles

『Soldier Boy』は、シュレルズが1962年にリリースしたアルバム『Baby It’s You』に収録されている曲です。

スポンサーリンク

弟がギターで弾き語りしている曲

The Times They Are a-Changin
アーティスト:Bob Dylan

『The Times They Are a-Changin』は、ボブ・ディランが1964年にリリースしたアルバム『時代は変る』に収録されている曲です。『時代は変る』の邦題でも知られています。

ボブ・ディラン(Bob Dylan)の曲が使われている映画一覧はコチラ

プロムでロンとドナがダンスをするシーン

Moon River
作曲:Henry Mancini
演奏:Henry Mancini

『Moon River』は、映画『ティファニーで朝食を』(1961)のテーマ曲で、主演のオードリー・ヘプバーンの劇中歌として作られました。作曲者ヘンリー・マンシーニによるバージョンが使われています。

ロンの移送先の病院で男性看護師が歌っている曲

My Girl
アーティスト:The Temptations

『My Girl』は、テンプテーションズが1964年にリリースした曲です。


1968年、@ブロンクス海兵病院

男性看護師達が患者のケアを行うシーン

Brown Eyed Girl
アーティスト:Van Morrison

『Brown Eyed Girl』は、ヴァン・モリソンが1967年にリリースしたアルバム『Blowin’ Your Mind!』に収録されている曲です。


@ブロンクス海兵病院

スポンサーリンク

ロンのリハビリシーン

American Pie
アーティスト:Don McLean

『American Pie』は、ドン・マクリーンが1971年にリリースした曲です。


@ブロンクス海兵病院

患者が病室に女を招き入れ、ロンがそれを見ているシーン

My Girl
アーティスト:The Temptations

テンプテーションズが1964年にリリースした『My Girl』がここでも使われています。


@ブロンクス海兵病院

ハンバーガー店のBGM(1曲目)

Love is Blue
アーティスト:Paul Mauriat And His Orchestra

『Love is Blue』は、ヴィッキー・レアンドロスが1967年にリリースした曲です。『恋はみずいろ』の邦題でも知られています。ここでは、ポール・モーリア・オーケストラが1968年にリリースしたインストバージョンが使われています。


友人スティーブが経営する店を訪れたロンが、中を案内してもらうシーンです。

ハンバーガー店のBGM(2曲目)

San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)
アーティスト:John Phillips

ジョン・フィリップスが作った『San Francisco (Be Sure to Wear Flowers in Your Hair)』は、1967年に開催された大規模野外コンサート「モントレー・ポップ・フェスティバル」のプロモーションのために作られた曲です。『花のサンフランシスコ』の邦題でも知られています。ここでは、101ストリングス・オーケストラが1967年にリリースしたインストバージョンが使われています。


スティーブが、自分の店で働く気はないかとロンに尋ねるシーンです。

スポンサーリンク

1969年、独立記念日を祝うパレード(1曲目)

Up, Up and Away
アーティスト:The 5th Dimension

『Up, Up and Away』は、フィフス・ディメンションが1967年にリリースしたアルバム『Up, Up and Away』に収録されている曲です。『ビートでジャンプ』の邦題でも知られています。
ハンバーガー店で働く若い女性達を引き連れたロンの友人スティーブが、フロート車に乗り、沿道に投げキッスをし手を振っています。


1969年7月4日、@ロングアイランド、マサピークア

1969年、独立記念日を祝うパレード(2曲目)

You’re a Grand Old Flag
アーティスト:George M. Cohan

ロンが10歳の時、父親に肩車をされて見た「1956年の独立記念日を祝うパレード」と同じ、ジョージ・M・コーハンの『You’re a Grand Old Flag』が使われています。


ロンは、自宅まで迎えに来たコンチネンタルのコンバーチブルに乗りパレードに参加。「合衆国海兵隊徴兵センター」の前では反戦を叫ぶ人々が集まり揉み合いがおこります。
1969年7月4日、@ロングアイランド、マサピークア

ロンとドナが酒を飲む店で女性歌手が歌っている曲

A Hard Rain’s a Gonna Fall
アーティスト:Edie Brickell

『A Hard Rain’s A-Gonna Fall』は、ボブ・ディランが1963年にリリースしたアルバム『The Freewheelin’ Bob Dylan』に収録されている曲です。『はげしい雨が降る』の邦題でも知られています。

ボブ・ディラン(Bob Dylan)の曲が使われている映画一覧はコチラ


ここでは、女性シンガー、エディ・ブリケルがフォーク歌手として出演し、この曲を歌っています。エディ・ブリケルのバージョンは映画のサントラアルバムに収録されています。
@ニューヨーク州、シラキュース

ビリヤードバーでバンドが演奏している曲

Born on the Bayou
作曲:John Fogerty

『Born on the Bayou』は、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)が1969年にリリースしたアルバム『Bayou Country』に収録されている曲です。ここでは、映画に出演しているバンド「The Broken Homes」の演奏が使われています。


ロンは酔ってくだをまき、周囲を困らせています。

スポンサーリンク

バンドの演奏中に泥酔したロンが歌い出す曲

Runaway
アーティスト:Del Shannon

『Runaway』は、デル・シャノンが1961年にリリースした曲です。『悲しき街角』の邦題でも知られています。

ロンが帰還兵チャーリーに話しかけられるシーン

Hace un Ano
アーティスト:Luis Alberto del Paraná and His Trio Los Paraguayos

『Hace un Año』は、ルイス・アルベルト・デル・パラナー&トリオ・ロス・パラグアジョスが1962年にリリースしたアルバム『Mi Guitarra Y Mi Voz』に収録されている曲です。


1970年、@メキシコ、ヴィラ・ドゥルセ

ロンが売春婦のマリアと二人きりで過ごすシーン

Maleguena
アーティスト:Elpidio Ramírez、Pedro Galindo
アーティスト:Luis Alberto del Paraná

『マラゲーニャ(Maleguena)』は、1938年にエルピディオ・ラミレスとペドロ・ガリンドが作った曲です。ここでは、ルイス・アルベルト・デル・パラナーによる演奏が使われています。

ロンが売春宿を出てチャーリーと話すシーン

Cielito Lindo
作曲:Quirino Mendoza y Cortés
アーティスト:Trini López

『シエリト・リンド(Cielito Lindo)』は、キリノ・メンドーサ・イ・コルテスが1882年に作った曲です。トリニ・ロペスが1963年にリリースしたバージョンが使われています。

スポンサーリンク

ロンがプレゼントを持ってマリアに会いに行くシーン

Rebecca
作曲:Manuel Rivas Avila
アーティスト:Perez Prado

『Rebecca』は、メキシコの音楽家マヌエル・リバス・アビラが作った曲です。ペレス・プラードの演奏が使われています。

反戦運動を始めたロンが車椅子でデモ行進するシーン

When Johnny Comes Marching Home(Traditional)
作詞:Patrick Gilmore

『When Johnny Comes Marching Home』は、南北戦争時に作られた曲です。アイルランド出身の音楽家パトリック・ギルモアが詩を書き1863年に出版されました。


1972年「共和党大会」、@マイアミ

民主党大会でのラストシーン

You’re a Grand Old Flag
作曲:George M. Cohan

ジョージ・M・コーハンの『You’re a Grand Old Flag』は、ブロードウェイのミュージカル『George Washington, Jr. 』のために作られた行進曲です。米国国旗に敬意を表したもので『あなたは偉大な古い旗』の邦題で知られています。


1976年民主党大会、@ニューヨーク

『7月4日に生まれて』のサントラ

『7月4日に生まれて』は、ジョン・ウィリアムズ(John Williams)が音楽を担当しました。
ジョン・ウィリアムズは、アメリカを代表する映画音楽作曲家です。『スター・ウォーズ』シリーズのテーマ曲や『ジュラシック・パーク』シリーズのテーマ曲で知られています。

スポンサーリンク

『7月4日に生まれて』キャスト・スタッフ

監督オリバー・ストーン(Oliver Stone)
脚本オリバー・ストーン(Oliver Stone)
ロン・コーヴィック(Ron Kovic)
原作ロン・コーヴィック(Ron Kovic)
製作A・キットマン・ホー(A. Kitman Ho)
オリバー・ストーン(Oliver Stone)
音楽ジョン・ウィリアムズ(John Williams)
配給 ユニバーサル映画
UIP
公開 1989年12月20日
1990年2月17日
公開145分

ロン・コーヴィック:トム・クルーズ(Tom Cruise)
ロンの父:レイモンド・J・バリー(Raymond J.Barry)
ロンの母:キャロライン・カヴァ(Caroline Kava)
ドナ:キーラ・セジウィック(Kyra Sedgwick)
ティミー:フランク・ホエーリー(Frank Whaley)
スティーヴ・ボイエル:ジェリー・レヴィン(Jerry Levine)
チャーリー:ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)
ヘイズ軍曹:トム・ベレンジャー(Tom Berenger)
ビリー・ヴォルソヴィッチ:スティーヴン・ボールドウィン(Stephen Baldwin)
若き日のロン:ブライアン・ラーキン(Bryan Larkin)
退役軍人:トム・サイズモア (Tom Sizemore)
退役軍人:マイケル・ウィンコット(Michael Wincott)
軍団長:エド・ローター(Ed Lauter)
歩兵大佐:デイル・ダイ(Dale Dye)
ニュースレポーター :オリバー・ストーン(Oliver Stone)
海兵隊少佐:ジョン・ゲッツ(John Getz)
副官:デヴィッド・ウォーショフスキー(David Warshofsky)
マルティネス:ジェイソン・ゲドリック(Jason Gedrick)
兵士:ウィリアム・ボールドウィン(William Baldwin)
医者:ボブ・ガントン(Bob Gunton)
売春婦:ヴィヴィカ・A・フォックス(Vivica A. Fox)
ジェイミー・ウィルソン:リリ・テイラー(Lili Taylor)
ジョーイ・ウォルシュ:リチャード・パネビアンコ(Richard Panebianco)
職員:ジョン・C・マッギンリー(John C.McGinley)
職員:ウェイン・ナイト(Wayne Knight)
パレードの退役軍人:ロン・コーヴィック(Ron Kovic)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント