『地獄の黙示録』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)

『地獄の黙示録』の挿入曲とサントラ

1979年アメリカで製作された『地獄の黙示録』(原題:Apocalypse Now)は、フランシス・フォード・コッポラ監督による戦争映画です。
第32回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞しました。
イギリスの作家、ジョゼフ・コンラッドによる小説『闇の奥』の舞台を、1969年ベトナム戦争に置き換え、壮大なスケールで描いた叙事詩的映画です。

『地獄の黙示録』の挿入曲

『地獄の黙示録』の挿入曲を紹介していきます。 (ネタバレにご注意ください)

この作品は現時点で3つのエディションが作られていますが、今回は劇場公開版に沿って作成しています。

  • 劇場公開版(上映時間153分)
  • 特別完全版(上映時間202分)
  • ファイナル・カット(上映時間182分)

特別完全版はコッポラ監督自身による再編集版で2001年にリリース、ファイナル・カットは公開40周年を記念し2019年にリリースされました。
エディションにより、シーンの順番が違うので、ご注意ください。

スポンサーリンク

オープニング

The End
ジ・エンド
Artistドアーズ(The Doors)
1965年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカのロックバンド。
リリース1967年
作曲者ジム・モリソン(Jim Morrison, 1943-1971)
レイ・マンザレク(Ray Manzarek, 1939-2013)
ジョン・デンスモア(John Densmore)
ロビー・クリーガー(Robby Krieger)

ドアーズ(The Doors)の曲が使われている映画一覧はコチラ

この曲は、「映画冒頭ウィラード大尉が指令待ちをしているホテルの部屋で泥酔しドレッサーの鏡を叩き割るシーン」と「エンディング」でも流れています。

ラジオから流れる曲(ランスが水上スキーをするシーン)

米軍ベトナム放送のラジオDJが「懐かしいヒット曲」と紹介するリクエスト曲

(I Can’t Get No) Satisfaction
邦題『サティスファクション』
Artistローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)
1962年にロンドンで結成されたイギリスのロックバンド。バンド名は、シカゴブルースの父、マディー・ウォーターズの名曲『Rollin’ Stone』に由来。結成以降一度も解散することなく第一線で精力的に活動し続け、ロック界の最高峰に君臨するバンド。
リリース1965年
作曲者ジャガー/リチャーズ(Jagger–Richards)
ミック・ジャガー(Mick Jagger)
キース・リチャーズ(Keith Richards)

ローリング・ストーンズの曲が使われている映画一覧はコチラ

ヘリコプター部隊が襲撃直前に流す曲

Die Walkure, Act III: Ride of the Valkyries
楽劇《ワルキューレ》 第3幕より「ワルキューレの騎行」
作曲者リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner, 1813-1883)
19世紀のドイツの作曲家/指揮者/思想家。
作曲年1856年
Artistゲオルク・ショルティ(Georg Solti, 1912-1997)
イギリス国籍を持つハンガリー出身の指揮者/ピアニスト。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)
オーストリア・ウィーンに本拠を置くオーケストラ。1842年設立。

「ワルキューレ」とは、北欧神話に出てくる半神半人の女戦士で、戦場で戦う兵士の運命を決める軍団の名前です。楽劇では、武装した8人のワルキューレが翼の生えた馬に乗り岩山に集まる場面で流れています。

この映画では、兵士の士気を高め、住民の恐怖心を煽る神経戦術として、ヘリコプターに積んだスピーカーから大音量で流されます。

シェフが手紙を書いている時にクリーンが歌う曲

シェフは、ジャングルで虎に遭遇した事を愛する人への手紙に書いています。

Let The Good Times Roll
レット・ザ・グッド・タイムス・ロール
Artistシャーリー&リー(Shirley & Lee)
ニューオーリンズ出身のR&Bの男女ボーカル・デュオ。ロマンチックな男女関係をテーマとした楽曲を多く発表し人気を博した。
リリース1956年
作曲者シャーリー&リー(Shirley & Lee)
シャーリー・グッドマン(Shirley Goodman, 1936-2005)
レオナルド・リー(Leonard Lee, 1935-1976)
スポンサーリンク

雑誌「PLAYBOY」のプレイメイトによる慰問コンサート

Suzie Q
スージーQ
Artist
cover ver.
フラッシュ・キャデラック(Flash Cadillac)
1969年にコロラド大学で結成されたロックバンド。
1973年のアメリカ青春映画『アメリカン・グラフィティ』、1975年のテレビドラマ『ハッピー デイズ』に架空バンド「Herby and the Heartbeats」として出演したことで知られる。
リリース1979年
作曲者デイル・ホーキンス(Dale Hawkins, 1936-2010)
ルイジアナ州出身のロカビリー歌手/ソングライター/リズムギタリスト。
スタン・ルイス(Stan Lewis, 1927-2018)
アメリカのインディーズ・レーベル「Jewel Records」のオーナー。
エレノア・ブロードウォーター(Eleanor Broadwater)
アメリカのソングライター。ナッシュビルで活躍したディスクジョッキー、ジーン・ノーブルズ(Gene Nobles)の妻。
Original ver.1957年:デイル・ホーキンス(Dale Hawkins, 1936-2010)
ルイジアナ州出身のロカビリー歌手/ソングライター/リズムギタリスト

エンデイング

The End
ジ・エンド
Artistドアーズ(The Doors)
1965年にカリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたアメリカのロックバンド。
リリース1967年
作曲者ジム・モリソン(Jim Morrison, 1943-1971)
レイ・マンザレク(Ray Manzarek, 1939-2013)
ジョン・デンスモア(John Densmore)
ロビー・クリーガー(Robby Krieger)

ドアーズ(The Doors)の曲が使われている映画一覧はコチラ

オープニング」でもこの曲が使われていました。

『地獄の黙示録』のサントラ

¥1,878 (2024/05/09 00:09時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

『地獄の黙示録』はカーマイン・コッポラ(Carmine Coppola)と監督フランシス・フォード・コッポラが音楽を担当しました。カーマイン・コッポラは、監督フランシス・フォード・コッポラの父で、映画音楽作曲家として知られています。
『ゴッドファーザー PART II』(1974)でも音楽を担当し、アカデミー作曲賞を受賞しました。

『地獄の黙示録』キャスト・スタッフ

監督フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
脚本ジョン・ミリアス(John Milius)
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
マイケル・ハー(ナレーション)(Michael Herr)
原作ジョゼフ・コンラッド(Joseph Conrad)
製作フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
音楽カーマイン・コッポラ(Carmine Coppola)
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
配給 ユナイテッド・アーティスツ(1979年)
ミラマックス(2001年)
日本ヘラルド映画(1980年、2001年)
KADOKAWA(2020年)
公開 1979年8月15日
1980年3月15日
上映時間153分(劇場公開版)
202分(特別完全版)
182分(ファイナル・カット)

ウォルター・E・カーツ大佐:マーロン・ブランド(Marlon Brando)
ビル・キルゴア中佐:ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)
ベンジャミン・L・ウィラード大尉:マーティン・シーン(Martin Sheen)
ジェイ・“シェフ”・ヒックス:フレデリック・フォレスト (Frederic Forrest)
ランス・B・ジョンソン:サム・ボトムズ(Sam Bottoms)
タイロン・“クリーン”・ミラー:ラリー・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)
ジョージ・“チーフ”・フィリップス:アルバート・ホール(Albert Hall)
ルーカス大佐:ハリソン・フォード(Harrison Ford)
報道写真家:デニス・ホッパー(Dennis Hopper)
コーマン将軍:G・D・スプラドリン(G.D.Spradlin)
CIAエージェント:ジェリー・ジーズマー(Jerry Ziesmer)
コルビー大尉:スコット・グレン(Scott Glenn)
マイク:ケリー・ロッサル(Kerry Rossall)
負傷兵:ロン・マックイーン(Ron McQueen)
配給係の軍曹:トム・メイソン(Tom Mason)
キャリー:シンシア・ウッド(Cyntia Wood)
テリー:コリーン・キャンプ(Colleen Camp)
サンドラ:リンダ・カーペンター(Linda Carpenter)
ローチ:ハーブ・ライス(Herb Rice)
ジョニー:ジェリー・ロス(Jerry Ross)
ユベール・ド・マレ:クリスチャン・マルカン(Christian Marquand)
ロクサンヌ・サロー:オーロール・クレマン(Aurore Clément)
パイロット:R・リー・アーメイ(Ronald Lee Ermey)

『愛と青春の旅だち』の挿入曲とサントラ
リチャード・ギア主演映画『愛と青春の旅だち』は、海軍士官学校の訓練生が成長していく姿を描いた青春映画です。主題歌やエンディング曲など、挿入曲とサントラを紹介します。
『クリムゾン・タイド』の挿入曲とサントラ
『クリムゾン・タイド』は原子力潜水艦内での対立を描いた軍事サスペンス映画です。トニー・スコットが監督をつとめ、ハンス・ジマーが音楽を担当しました。サントラと挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『ア・フュー・グッドメン』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞ノミネート映画『ア・フュー・グッドメン』は、トム・クルーズ主演の法廷サスペンス映画です。オープニング曲やレストランで流れる音楽など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ゴッドファーザー PART III』の挿入曲とサントラ
映画『ゴッドファーザー〈最終章〉:マイケル・コルレオーネの最期』(ゴッドファーザー PART III)は、フランシス・フォード・コッポラ監督による『ゴッドファーザー』シリーズの3作目です。息子アンソニーが歌う曲やエンディングで流れる曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ゴッドファーザー PART II』の挿入曲とサントラ
映画『ゴッドファーザー PART II』はフランシス・フォード・コッポラの抒情詩ゴッドファーザーシリーズの2作目です。アル・パチーノがマイケル役を演じ、ロバート・デ・ニーロが若かりし日のヴィトー役を演じました。主題歌やエンディング曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ゴッドファーザー』の挿入曲とサントラ
『ゴッドファーザー』はフランシス・フォード・コッポラ監督による一大抒情詩的映画の1作目です。マーロン・ブランド、アル・パチーノらが出演しています。ニノ・ロータの『ゴッドファーザー 愛のテーマ』など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督映画『コヴェナント/約束の救出』は、アフガニスタン紛争下でアメリカ人軍曹が命を救ってくれた現地通訳の男が窮地に立たされたことを知り救出しに行くヒューマンドラマ映画です。オープニング曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『西部戦線異状なし』(2022)の挿入曲とサントラ
Netflix映画『西部戦線異状なし』(2022)は、第一次世界大戦中の西部戦線をドイツ兵の視点で描いた小説を原作とした戦争映画です。アカデミー作品賞を含む9部門にノミネートされ、作曲賞を受賞しました。あらすじに沿って挿入曲とサントラを紹介します。
『戦場のメリークリスマス』の挿入曲とサントラ
映画『戦場のメリークリスマス』は大島渚監督によるヒューマンドラマ映画です。デヴィッド・ボウイ、坂本龍一、北野武らが出演しています。坂本龍一が手がけたサントラを含め、挿入曲をあらすじに沿って全曲紹介します。
『ディア・ハンター』の挿入曲とサントラ
映画『ディア・ハンター』はマイケル・チミノ監督によるベトナム戦争映画です。アカデミー作品賞・監督賞、クリストファー・ウォーケンが助演男優賞を受賞しました。テーマ曲や『Can’t Take My Eyes Off You』など使われた曲を流れた順に紹介します。
『戦場のピアニスト』の挿入曲とサントラ
ロマン・ポランスキー監督映画『戦場のピアニスト』は第二次世界大戦中のユダヤ人迫害をポーランド系ユダヤ人ピアニストの視点で描いた戦争映画です。エイドリアン・ブロディがアカデミー賞を受賞しました。作中で演奏された曲や流れた音楽を使われた順に紹介します。
『プラトーン』の挿入曲とサントラ
映画『プラトーン』(Platoon)は、オリバー・ストーン監督によるベトナム戦争映画です。第59回アカデミー賞では作品賞を含む4部門を受賞しました。オープニング/エンディング曲やジェファーソン・エアプレインのWhite Rabbitなど使われた曲を流れた順に紹介します。
『ヴァージン・スーサイズ』の挿入曲とサントラ
映画『ヴァージン・スーサイズ』は、『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』を原作としたソフィア・コッポラの初監督作品です。キルスティン・ダンストやジョシュ・ハートネットが出演しています。電話でレコードをかけ流す曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ジョジョ・ラビット』の挿入曲とサントラ
アカデミー脚色賞受賞作品、タイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』は、第二次世界大戦下のドイツを舞台にした作品です。ビートルズの『抱きしめたい』やデヴィッド・ボウイの『ヒーローズ』(Helden)など、使われた音楽を紹介します。
『7月4日に生まれて』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『7月4日に生まれて』はベトナム戦争を描いた戦争映画です。オリバー・ストーンは、本作で第62回アカデミー監督賞を受賞しました。ボブ・ディランの『The Times They Are a-Changin』など、使われた曲を紹介します。
『ジャーヘッド』の挿入曲とサントラ
映画『ジャーヘッド』は湾岸戦争に従軍した海兵隊員の回想録を元に作られた戦争映画です。ニルヴァーナ『Something In The Way』トム・ウェイツの『Soldier’s Things』など、使われた曲を流れた順番に紹介します。
『フルメタル・ジャケット』の挿入曲とサントラ
キューブリック監督作品『フルメタル・ジャケット』はベトナム戦争を描いた戦争映画です。ナンシー・シナトラの『These Boots Are Made For Walkin’』やローリング・ストーンズの『Paint It, Black』など、使われた曲を全て紹介します。
『地獄の黙示録』の挿入曲とサントラ
フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『地獄の黙示録』は、ベトナム戦争を壮大なスケールで描いた戦争映画です。カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞しました。『ワルキューレの騎行』など、映画の中で使われた曲を流れた順番に紹介します。
『ワルキューレ』の挿入曲とサントラ
映画『ワルキューレ』は、第二次世界大戦中にヒトラー暗殺を試みた「ワルキューレ作戦」を描いた作品です。トム・クルーズが実在の将校シュタウフェンベルク大佐を演じました。『ワルキューレの騎行』やエンディングソングなど、使われた曲を紹介します。
『トップガン マーヴェリック』の挿入曲とサントラ
2022年に制作されたアクション映画『トップガン マーヴェリック』、トム・クルーズ主演映画『トップガン』36年振りの続編です。レディ・ガガの主題歌『Hold My Hand』をはじめ、挿入曲を流れた順番に紹介します。
『トップガン』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演の映画『トップガン』は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成所を舞台とした青春映画です。オープニング曲や主題歌、ピアノで弾き歌いする曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました