ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『地獄の黙示録』の挿入曲とサントラ

1979年アメリカで製作された『地獄の黙示録』(原題:Apocalypse Now)は、フランシス・フォード・コッポラ監督による戦争映画です。
第32回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞しました。
イギリスの作家、ジョゼフ・コンラッドによる小説『闇の奥』の舞台を、1969年ベトナム戦争に置き換え、壮大なスケールで描いた叙事詩的映画です。

スポンサーリンク

『地獄の黙示録』の挿入曲

『地獄の黙示録』の挿入曲を紹介していきます。 (ネタバレにご注意ください)

この作品は現時点で3つのエディションが作られていますが、今回は劇場公開版に沿って作成しています。

  • 劇場公開版(上映時間153分)
  • 特別完全版(上映時間202分)
  • ファイナル・カット(上映時間182分)

特別完全版はコッポラ監督自身による再編集版で2001年にリリース、ファイナル・カットは公開40周年を記念し2019年にリリースされました。
エディションにより、シーンの順番が違うので、ご注意ください。

スポンサーリンク

オープニング

The End
アーティスト:The Doors
リリース年:1967年

『ジ・エンド(The End)』は、ドアーズのデビューアルバム『ハートに火をつけて』(原題:The Doors)に収録されている曲です。


この後、指令待ちをしているウィラード大尉が、ホテルの部屋で泥酔しドレッサーの鏡を叩き割るシーンでもこの曲が流れています。

ランスが水上スキーをするシーンでラジオから流れている曲

(I Can’t Get No) Satisfaction
アーティスト:The Rolling Stones
リリース年:1965年

『(I Can’t Get No) Satisfaction』は、1965年にリリースされたローリング・ストーンズの曲です。『サティスファクション』の邦題でも知られています。

ローリング・ストーンズの曲が使われている映画一覧はコチラ


米軍ベトナム放送のラジオDJが「懐かしいヒット曲」と紹介し流されるリクエスト曲です。

ヘリコプター部隊が襲撃直前に流す曲

Ride of the Valkyries
(Die Walkure, Act III: Ride of the Valkyries)
作曲:Richard Wagner
演奏:Georg Solti、Wiener Philharmoniker

リヒャルト・ワーグナー作曲の楽劇『ニーベルングの指環』第1夜『ワルキューレ』より第3幕の前奏曲『ワルキューレの騎行』。ゲオルク・ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏が使われています。
『ニーベルングの指環』は上演時間15時間を超える楽劇(オペラ)で、プロローグを含む四部作となっています。映画で使われた『ワルキューレの騎行』は、第1夜『ワルキューレ』第3幕の前奏曲です。オペラの中では、8人の女神(ワルキューレ)が、翼の生えた馬に乗り、集まる場面で流れています。


この映画では、兵士の士気を高め、住民の恐怖心を煽る神経戦術として、ヘリコプターに積んだスピーカーから大音量で流されます。

シェフが手紙を書いている時にクリーンが歌っている曲

Let The Good Times Roll
アーティスト:Shirley & Lee
リリース年:1956年

シャーリー&リー(Shirley & Lee)は、ニューオーリンズ出身のR&Bのヴォーカル・デュオです。『Let The Good Times Roll』は、1956年にシングルリリースされました。


シェフは愛する人への手紙に、ジャングルで虎に遭遇した事を書いています。

スポンサーリンク

雑誌「PLAYBOY」のプレイメイトによる慰問コンサート

Suzie Q
作曲:Dale Hawkins, Stan Lewis、Eleanor Broadwater
オリジナル版:Dale Hawkins(1957年)
アーティスト:Flash Cadillac

『Suzie Q』(または『Susie Q』)は、1957年にリリースされたデイル・ホーキンスの曲です。
ここでは、フラッシュ キャデラックによる演奏が使われています。

エンデイング

The End
アーティスト:The Doors

オープニングと同じ曲が使われています。

『地獄の黙示録』のサントラ

『地獄の黙示録』はカーマイン・コッポラ(Carmine Coppola)と監督フランシス・フォード・コッポラが音楽を担当しました。カーマイン・コッポラは、監督フランシス・フォード・コッポラの父で、映画音楽作曲家として知られています。
『ゴッドファーザー PART II』(1974)でも音楽を担当し、アカデミー作曲賞を受賞しました。

『地獄の黙示録』キャスト・スタッフ

監督フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
脚本ジョン・ミリアス(John Milius)
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
マイケル・ハー(ナレーション)(Michael Herr)
原作ジョゼフ・コンラッド(Joseph Conrad)
製作フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
音楽カーマイン・コッポラ(Carmine Coppola)
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
配給 ユナイテッド・アーティスツ(1979年)
ミラマックス(2001年)
日本ヘラルド映画(1980年、2001年)
KADOKAWA(2020年)
公開 1979年8月15日
1980年3月15日
上映時間153分(劇場公開版)
202分(特別完全版)
182分(ファイナル・カット)

ウォルター・E・カーツ大佐:マーロン・ブランド(Marlon Brando)
ビル・キルゴア中佐:ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)
ベンジャミン・L・ウィラード大尉:マーティン・シーン(Martin Sheen)
ジェイ・“シェフ”・ヒックス:フレデリック・フォレスト (Frederic Forrest)
ランス・B・ジョンソン:サム・ボトムズ(Sam Bottoms)
タイロン・“クリーン”・ミラー:ラリー・フィッシュバーン(Laurence Fishburne)
ジョージ・“チーフ”・フィリップス:アルバート・ホール(Albert Hall)
ルーカス大佐:ハリソン・フォード(Harrison Ford)
報道写真家:デニス・ホッパー(Dennis Hopper)
コーマン将軍:G・D・スプラドリン(G.D.Spradlin)
CIAエージェント:ジェリー・ジーズマー(Jerry Ziesmer)
コルビー大尉:スコット・グレン(Scott Glenn)
マイク:ケリー・ロッサル(Kerry Rossall)
負傷兵:ロン・マックイーン(Ron McQueen)
配給係の軍曹:トム・メイソン(Tom Mason)
キャリー:シンシア・ウッド(Cyntia Wood)
テリー:コリーン・キャンプ(Colleen Camp)
サンドラ:リンダ・カーペンター(Linda Carpenter)
ローチ:ハーブ・ライス(Herb Rice)
ジョニー:ジェリー・ロス(Jerry Ross)
ユベール・ド・マレ:クリスチャン・マルカン(Christian Marquand)
ロクサンヌ・サロー:オーロール・クレマン(Aurore Clément)
パイロット:R・リー・アーメイ(Ronald Lee Ermey)

SNSも毎日更新中です!
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント