『ゴッドファーザー』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)

『ゴッドファーザー』の挿入曲とサントラ

1972年にアメリカで製作された映画『ゴッドファーザー』(原題:The Godfather)は、イタリア系マフィア、コルレオーネ・ファミリーの栄枯盛衰を通して人生を描いた抒情詩『ゴッドファーザー』シリーズの第1作目です。

原作はマリオ・プーゾによる同名小説、監督はフランシス・フォード・コッポラです。第45回アカデミー賞では10部門にノミネートされ、作品賞を含む3部門を受賞しました。

『ゴッドファーザー』シリーズの挿入曲とサントラ

『ゴッドファーザー』の挿入曲

『ゴッドファーザー』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング

Main Title (Godfather Waltz)
メイン・タイトル(ゴッドファーザー・ワルツ
リリース1972年:Soundtrack『ゴッドファーザー』
作曲者ニーノ・ロータ(Nino Rota, 1911-1979)
イタリアミラノ出身の作曲家。
代表作『ゴッドファーザー 愛のテーマ』『ロミオとジュリエット 愛のテーマ』

コニーの結婚式で母カルメラが歌う曲

Luna mezzo’o mare
ルーナ・メッツォ・マーレ

『Luna mezzo’o mare』は、シチリアに古くから伝わるコミックソングです。
イタリア系アメリカ人の結婚披露宴やその他のお祝いの行事でよく演奏される人気の曲です。

コニーの結婚式で人気歌手のジョニーが歌う曲

I Have But One Heart
邦題『ただ一つの心
Artist
cover ver.
アル・マルティーノ(Al Martino, 1927-2009)
ジョニー・フォンテーンを演じるアメリカの歌手/俳優。
リリース1972年:Soundtrack『ゴッドファーザー』
作曲者ジョニー・ファロウ(Johnny Farrow)
マーティ・サイムズ(Marty Symes, 1904-1953)
Original ver.1947年:フランク・シナトラ(Frank Sinatra, 1915-1998)
ニュージャージー州ホーボーケン出身のイタリア系アメリカ人のエンターテイナー/ポピュラー歌手/ジャズ歌手/俳優。

『I Have But One Heart』は、カンツォーネのヒット曲『Marenariello』をもとに1945年に作られました。

コニーの結婚式で女性歌手が歌う曲

Le nozze di Figaro, K.492 / Act 1 – “Non so più cosa son, cosa faccio”
歌劇《フィガロの結婚》K.492 / 第1幕 -「自分がどんな人間で、何をどうすればよいのかわからない…」
作曲者ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756-1791)
18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。
作曲年1786年

『フィガロの結婚』は、フランスの劇作家ボーマルシェが書いた戯曲をもとにモーツァルトが作ったオペラです。
1786年にウィーンで初演されました。

スポンサーリンク

トムがウォルツに会いに行きジョニーが映画に出演できるよう求める

Manhattan Serenade
マンハッタン・セレナーデ
作曲者ルイス・オルター(Louis Alter, 1902-1980)
アメリカのピアニスト/ソングライター/作曲家。
Original ver.1928年:ビクター・サロン・オーケストラ(Victor Salon Orchestra)

『マンハッタン・セレナーデ』は、アメリカで1930年に放送開始された連続ラジオコメディ『Easy Aces』のテーマ曲として知られている曲です。
1945年、アメリカの最も古い鎮痛剤ブランドの1つ「アナシン」がスポンサーを降りたことで、15年間続いた『Easy Aces』は終了しました。

マイケルとケイが沢山のクリスマスプレゼントを抱え店を出るシーン

(防弾チョッキを身につけ拳銃を手にするルカの部屋で流れる曲)

Have Yourself a Merry Little Christmas
作曲者ヒュー・マーティン(Hugh Martin, 1914-2011)
アメリカの作曲家/アレンジャー/ボーカルコーチ/劇作家。
ラルフ・ブレイン(Ralph Blane, 1914-1995)
アメリカの作曲家/作詞家/パフォーマー。
Original ver.1944年:ジュディ・ガーランド(Judy Garland, 1922-1969)

『Have Yourself A Merry Little Christmas』は、クリスマスのスタンダードナンバーです。
1944年のアメリカ・ミュージカル映画『若草の頃』(原題:Meet Me in St. Louis)のために作られ、主演のジュディ・ガーランドによって披露されました。

街で流れる曲(トムがおもちゃ屋から出るシーン)

トムが外でソロッツォに声をかけられ車に乗るよう言われる。

Santa Claus Is Comin’ to Town
邦題『サンタが街にやってくる』
作曲者ジョン・フレデリック・コーツ(John Frederick Coots)
アメリカのソングライター。ティン・パン・アレーで活躍。
ヘヴン・ギレスピー(Haven Gillespie, 1888-1975)
アメリカの作曲家/作詞家。ティン・パン・アレーで活躍。
Original ver.1934年:ハリー・リーサー(Harry Reser, 1896-1965)
アメリカのバンジョー奏者/バンドリーダー。

マイケルとケイが映画館から出て街を歩くシーン

The Bells of St. Mary’s
邦題『聖メリーの鐘
作曲者エメット・アダムズ(A. Emmett Adams, 1890-1938)
オーストラリア出身の作曲家/作詞家/編曲家。
ダグラス・ファーバー(Douglas Furber, 1885-1961)
イギリスの作詞家/劇作家。
Original ver.1919年:アーネスト・パイク(Ernest Pike, 1871-1936)
20世紀初頭に数多くの録音を行ったイギリスのテノール歌手。

『The Bells of St. Mary’s』は、1917年に作られたポピュラーソングです。

ビング・クロスビー、イングリッド・バーグマン主演の1945年のアメリカミュージカルコメディ映画『聖メリーの鐘』(The Bells of St. Mary’s)ではこの曲が使われています。

スポンサーリンク

マイケルとケイが食事をする部屋で流れる曲

All Of My Life
作曲者アーヴィング・バーリン(Irving Berlin, 1888-1989)
ベラルーシ出身のユダヤ系アメリカ人作曲家。
代表曲『ホワイト・クリスマス』『ゴッド・ブレス・アメリカ』
Original ver.1945年:ビング・クロスビー(Bing Crosby, 1903-1977)
アメリカの歌手/俳優/テレビプロデューサー/ラジオ&テレビパーソナリティ/実業家。世界初のマルチメディア・スターとも言われた、20世紀を代表する世界的な人気と影響力を持つ音楽家。

シチリア島に逃亡したマイケルが護衛とコルレオーネ村に歩いて向かうシーン

ドン・トマシーノが車で現れマイケルと話をするシーン

Love Theme From The Godfather
ゴッドファーザー 愛のテーマ
リリース1972年:Soundtrack『ゴッドファーザー』
作曲者ニーノ・ロータ(Nino Rota, 1911-1979)
イタリアミラノ出身の作曲家。
代表作『ゴッドファーザー 愛のテーマ』『ロミオとジュリエット 愛のテーマ』

この曲は、1958年のイタリア・コメディ映画『Fortunella』のために作られた曲です。
『ゴッドファーザー』で再び使われ人気となりました。

マイケルとアポロニアの結婚式でバンドが演奏する曲

マイケルとアポロニアがゲストにドラジェ(菓子)を配って回るシーン

La traviata/Act 1: Libiamo ne’ lieti calici (Brindisi)
歌劇《椿姫》第1幕 – 乾杯の歌 「友よ、さあ飲み明かそう」
作曲者ジュゼッペ・ヴェルディ(Giuseppe Verdi, 1813-1901)
イタリアの作曲家。19世紀を代表するロマン派音楽作曲家で「オペラ王」の異名を持つ。
初演1853年:フェニーチェ劇場(イタリア・ヴェネツィア)

『椿姫』は、イタリアの作曲家ヴェルディが1853年に発表したオペラです。

ここで使われている 乾杯の歌 「友よ、さあ飲み明かそう」は、第1幕の冒頭、パリ社交界の華ヴィオレッタの館でのパーティで、彼女に思いを寄せる青年アルフレードが乾杯の音頭をとり高らかに歌い上げるよく知られた人気の曲です。

ラスベガスのホテルの部屋でバンドが演奏する曲 1曲目

ジョニーと女性達が部屋で待ち構え、マイケルを歓迎するシーン。

For He’s a Jolly Good Fellow

『For He’s a Jolly Good Fellow』は、大切なイベントを祝う席で対象者を祝福する目的で歌われる定番曲です。
フランス民謡『マルブルーは戦争に行く』が原曲です。

スポンサーリンク

ラスベガスのホテルの部屋でバンドが演奏する曲 2曲目

マイケルがフレドに女性達とバンドを部屋から追い出すよう言うシーン

Mona Lisa
モナ・リザ
作曲者リビングストン&エバンズ(Livingston & Evans)
ジェイ・リビングストン(Jay Livingston, 1915-2001)とレイ・エバンズ(Ray Evans, 1915-2007)のユダヤ系アメリカ人二人によるソングライティング/作曲家コンビ。
代表作『モナ・リザ』『ケ・セラ・セラ』『タミー』
Original ver.1949年:セルジオ・デ・カルロ(Sergio De Karlo, 1911-2010)
キューバの作曲家/歌手/俳優。

『Mona Lisa』は、1949年のアメリカ犯罪映画『別働隊』(原題:Captain Carey, U.S.A.)のテーマ曲です。『別働隊』は、第二次世界大戦中に味方の裏切りによって仲間を亡くした男が、戦後、裏切り者を探しにイタリアに戻るというスリラー小説(「アフター・ミッドナイト」)をもとに作られた作品です。

ジェイ・リビングストンとレイ・エバンズは、この曲で第23回アカデミー賞・アカデミー歌曲賞を受賞しました。

コニーとカルロの息子の洗礼式

Passacaglia and Fugue in C Minor, BWV 582
パッサカリアとフーガ ハ短調 BWV 582
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。

この曲は、パッサカリアとフーガの2部で構成されています。映画ではパッサカリアが使われていました。

エンドクレジット

The Godfather Finale
フィナーレ
リリース1972年:Soundtrack『ゴッドファーザー』
作曲者ニーノ・ロータ(Nino Rota, 1911-1979)
イタリアミラノ出身の作曲家。
代表作『ゴッドファーザー 愛のテーマ』『ロミオとジュリエット 愛のテーマ』

『ゴッドファーザー』のサントラ

『ゴッドファーザー』はニーノ・ロータ(Nino Rota)が音楽を担当しました。ニーノ・ロータは、イタリア・ミラノ出身の作曲家です。フェデリコ・フェリーニ監督のほとんどの映画で音楽を担当し、『道』や『8 1/2』の音楽で世界的に知られています。

『ゴッドファーザー』キャスト・スタッフ

監督フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
脚本マリオ・プーゾ(Mario Puzo)
フランシス・フォード・コッポラ(Francis Ford Coppola)
原作マリオ・プーゾ(Mario Puzo)
製作アルバート・S・ラディ(Albert S. Ruddy)
ロバート・エヴァンス(Robert Evans)
音楽ニーノ・ロータ(Nino Rota)
配給パラマウント映画
公開 1972年3月24日
1972年7月15日
上映時間177分

ドン・ヴィトー・コルレオーネ:マーロン・ブランド(Marlon Brando)
マイケル・コルレオーネ:アル・パチーノ(Al Pacino)
ソニー・コルレオーネ:ジェームズ・カーン(James Caan)
フレド・コルレオーネ:ジョン・カザール(John Cazale)
ケイ・アダムス・コルレオーネ:ダイアン・キートン(Diane Keaton)
トム・ヘイゲン:ロバート・デュヴァル(Robert Duvall)
ピーター・クレメンザ:リチャード・カステラーノ(Richard Castellano)
コニー・コルレオーネ・リッジ:タリア・シャイア(Talia Shire)
カルメラ・コルレオーネ:モーガナ・キング(Morgana King)
マクラスキー警部:スターリング・ヘイドン(Sterling Hayden)
ジャック・ウォルツ:ジョン・マーリー(John Marley)
ドン・エミリオ・バルジーニ:リチャード・コンテ(Richard Conte)
バージル・ソロッツォ:アル・レッティエリ(Alfred Lettieri)
カルロ・リッジ:ジャンニ・ルッソ(Gianni Russo)
モー・グリーン:アレックス・ロッコ(Alex Rocco)
サルバトーレ・”サル”・テッシオ:エイブ・ヴィゴダ(Abe Vigoda)
ルカ・ブラージ:レニー・モンタナ(Lenny Montana)
ポーリー・ガットー:ジョン・マルティーノ(John Martino)
ファブリツィオ:アンジェロ・インファンティ(Angelo Infanti)
カーロ:フランコ・チッティ(Franco Citti)
ロッコ・ランポーネ:トム・ロスキー(Tom Rosqui)
ジョニー・フォンテーン:アル・マルティーノ(Al Martino)
ドン・フィリップ・タッタリア:ビクター・レンディナ(Victor Rendina)
ブルーノ・タッタリア:トニー・ジョルジオ(Tony Giorgio)
ドン・リオネーレ・トマシーノ:コラード・ガイパ(Corrado Gaipa)
ドン・ジョセフ・ザルキ:ルイス・ガス(Louis Guss)
アメリゴ・ボナセーラ:サルヴァトーレ・コルシット(Salvatore Corsitto)
ナゾリーネ:ビド・スコッチ(Vito Scotti )
エンツォ:ガブリエル・トッレイ(Gabriele Torrei)
サンドラ・コルレオーネ:ジェリー・グレッグ(Julie Gregg)
クレメンザ夫人:アーデル・シェリダン(Ardell Sheridan)
ルーシー・マンチーニ:ジニー・リネロ(Jeannie Linero)
アンソニー・コルレオーネ:アンソニー・グナリス(Anthony Gounaris)
フランク・コルレオーネ:ルー・マティーニ・Jr.(Lou Martini Jr.)
アポロニア・ヴィテッリ・コルレオーネ:シモネッタ・ステファネッリ(Simonetta Stefanelli)

ヴィテッリ氏:サーロ・ウルツィ(Saro Urzì)
トニー:トニー・キング(Tony King)
看護婦:キャロル・モーリー(Carol Morley)
ドン・カーメン・クネオ:ルディ・ボンド(Rudolph Bond)
ドン・ビクター・ストラキ:ドン・コステロ(Don Costello)

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました