ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ジャーヘッド』の挿入曲とサントラ

2005年にアメリカで製作された映画『ジャーヘッド』(原題:Jarhead)は、サム・メンデス監督による戦争映画です

1990年、中東・サウジアラビアに派遣され、湾岸戦争「砂漠の嵐作戦」に参加した海兵隊員アンソニー・スウォフォードの回想録に基づいて作られました。

スポンサーリンク

『ジャーヘッド』の挿入曲

『ジャーヘッド』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

スウォフォードが基地に到着するシーン

Don’t Worry, Be Happy
アーティスト:Bobby McFerrin

『Don’t Worry, Be Happy』は、ボビー・マクファーリンが1988年にリリースしたアルバム『Simple Pleasures』に収録されている曲です。


1989年、@カリフォルニア州サンディエゴ郡、キャンプ・ペンドルトン

スウォフォードがトランペットの音真似で披露する曲

You are the Sunshine of My Life
アーティスト:Stevie Wonder

『You Are the Sunshine of My Life』は、スティーヴィー・ワンダーが1972年にリリースしたアルバム『トーキング・ブック』(Talking Book)に収録されている曲です。『サンシャイン』の邦題でも知られています。

兵士達が観ている映画『地獄の黙示録』の曲

Ride of the Valkyries
(Die Walkure, Act III: Ride of the Valkyries)
作曲:Richard Wagner

リヒャルト・ワーグナー作曲の楽劇《ワルキューレ》より第3幕の序奏「ワルキューレの騎行」。『地獄の黙示録』では、ゲオルク・ショルティ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による演奏が使われていました。

テントにサイクスが現れ神経ガス対策訓練がはじまるシーン

Bang a Gong (Get It On)
アーティスト:T. Rex

『Bang a Gong (Get It On)』は、T・レックスが1971年にリリースしたアルバム『電気の武者(原題:Electric Warrior)』に収録されている曲です。

スポンサーリンク

TVニュースの取材中に兵士達が服を脱ぎ悪ふざけをするシーン

Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now)
アーティスト:C+C Music Factory

『Gonna Make You Sweat (Everybody Dance Now)』は、米・ダンスミュージックグループ、C+C ミュージック・ファクトリーが1990年にリリースした曲です。

クリスティーナからの手紙でスウォフォードが不安定になるシーン

Something in the Way
アーティスト:Nirvana

『Something in the Way』は、ニルヴァーナが1991年にリリースしたアルバム『ネヴァーマインド』に収録されている曲です。

デットマンの妻から送られてきた映画のオープニング曲

Cavatina
アーティスト:Stanley Myers

スタンリー・マイヤーズが作った『カヴァティーナ(Cavatina)』は、米・戦争映画『ディア・ハンター』(1978)のテーマ曲です。


デットマンの妻が送ったビデオテープは映画『ディア・ハンター』のケースに入っていました。宿舎のホールにみんなが集まり、ビデオがセットされるとこの曲が少しの間流れます。

クリスマス・イブに、酒を飲んだ兵士達が歌い踊る曲

O.P.P.
アーティスト:Naughty By Nature

『O.P.P. 』は、ノーティー・バイ・ネーチャーが1991年にリリースした曲です。

スポンサーリンク

ファーガスが見張り中に聴いている曲

Grandma Got Run over by a Reindeer
アーティスト:Dr. Elmo

『Grandma Got Run over by a Reindeer』は、夫婦デュオのエルモ&パッツィー(Elmo ‘n’ Patsy)が1979年にリリースした曲です。ここでは、離婚後に夫エルモが再リリースしたバージョンが使われています。


イブの夜、スウォフォードと見張りを交換したファーガスは、ソーセージを焼き、温かい飲み物を飲み、寒空の中を一人で過ごしています。

火の不始末で照明弾が夜空に打ち上がるシーン

Ball and Chain
アーティスト:Social Distortion

『Ball and Chain』は、ソーシャル・ディストーションが1990年にリリースしたアルバム『Social Distortion』に収録されている曲です。

砂漠を進軍中にデイヴがスキップして歌う曲

The U.S. Air Force
作曲:Robert MacArthur Crawford

作曲家ロバート・マッカーサー・クロフォードが作った『The U.S. Air Force』は、アメリカ空軍の公式軍歌です。『(The)Wild Blue Yonder』や『(The)Air Force Song』と呼ばれることもあり、邦題は『アメリカ空軍の歌』です。

ヘリコプターのスピーカーから聞こえてくる曲

Break on Through
アーティスト:The Doors

『ブレイク・オン・スルー(Break on Through)』は、ドアーズが1967年にリリースした曲です。

スポンサーリンク

砂漠で戦争終了を祝うシーン

Fight the Power
アーティスト:Public Enemy

パブリック・エナミーの『Fight the Power』は、スパイク・リー監督製作のアメリカ映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)のオリジナルサウンドトラックです。1989年にモータウンレコードからリリースされました。

凱旋パーレードの曲

The Marines Corps Hymn

アメリカ海兵隊の公式軍歌『The Marines Hymn(海兵隊賛歌)』が使われています。

除隊後の生活が描かれているシーン

Soldier’s Things
アーティスト:Tom Waits

『Soldier’s Things』は、トム・ウェイツが1983年にリリースしたアルバム『ソードフィッシュトロンボーン』に収録されている曲です。『兵士の持ち物』の邦題でも知られています。

エンドクレジット

Jesus Walks
アーティスト:Ye

『Jesus Walks』は、カニエ・ウェストが2004年にリリースしたアルバム『The College Dropout』に収録されている曲です。ここでは、インストバージョンが使われています。

スポンサーリンク

『ジャーヘッド』のサントラ

『ジャーヘッド』はトーマス・ニューマン(Thomas Newman)が音楽を担当しました。トーマス・ニューマンは『ショーシャンクの空に』や『アメリカン・ビューティー』、『007 スカイフォール』などの映画音楽を手掛けたことで知られる作曲家です。80年代から第一線で活躍し、アカデミー賞作曲賞に15回ノミネートされています。

彼の父は20世紀FOXのファンファーレを作ったことで知られる映画音楽作曲家の巨匠アルフレッド・ニューマンで、叔父と兄、従兄も映画音楽作曲家です。

『ジャーヘッド』キャスト・スタッフ

監督サム・メンデス(Sam Mendes)
脚本ウィリアム・ブロイルズ・Jr(William Broyles Jr.)
原作アンソニー・スウォフォード(Anthony Swofford)
製作ルーシー・フィッシャー(Lucy Fisher)
ダグラス・ウィック(Douglas Wick)
音楽トーマス・ニューマン(Thomas Newman)
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 2005年11月4日
2006年2月11日
公開123分

アンソニー・スウォフォード:ジェイク・ジレンホール(Jake Gyllenhaal)
アラン・トロイ:ピーター・サースガード(Peter Sarsgaard)
サイクス三等曹長:ジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)
カジンスキー中佐:クリス・クーパー(Chris Cooper)
クリス・クルーガー:ルーカス・ブラック(Lucas Black)
ファーガス・オドネル:ブライアン・ジェラティ(Brian Geraghty)
デイヴ・ファウラー:エヴァン・ジョーンズ(Evan Jones)
ラモン・エスコバル:ラズ・アロンソ(Laz Alonso)
フアン・コルテス:ジェイコブ・バルガス(Jacob Vargas)
リンカーン少佐:デニス・ヘイスバート(Dennis Haysbert)
フィッチ教官:スコット・マクドナルド(Scott MacDonald)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント