『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
音楽担当:クリストファー・ベンステッド(Christopher Benstead)

『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲とサントラ

2023年に制作された映画『コヴェナント/約束の救出』(原題:The Covenant)は、2018年のアフガニスタン紛争で、現地通訳の男に命を助けられたアメリカ陸軍曹が、帰国後、自分のせいで男の身が危険にさらされていることを知り、彼を救出すべくアフガニスタンに戻る様子が描かれたヒューマンサスペンス映画です。

『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲

『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング

2008年3月、@アフガニスタン、ラシュカルガー

A Horse with No Name
邦題『名前のない馬』
Artistアメリカ(America)
1970年にロンドン駐留のアメリカ空軍要員の子息3人によって結成されたロックバンド。
1970年代に数々のヒット曲を放ち一世を風靡する。
リリース1971年
作曲者デューイ・バネル(Dewey Bunnell)
アメリカ人ミュージシャン、シンガー、ギタリスト、ソングライター、1952年イギリス・ヨークシャー州ハロゲート生まれ。「アメリカ」の創設メンバー。

バグラム空軍基地で流れる曲(ジョンが新しい通訳のアーメッドに質問をする)

Long Cool Woman (In a Black Dress)
邦題『ロング・クール・ウーマン(喪服の女)』
Artistホリーズ(The Hollies)
1962年にマンチェスターで結成されたイギリスのロックバンド。独特のスリー・パート・ハーモニーでアメリカでも人気となり、ブリティッシュ・インヴェイジョンを象徴するバンドの一つに数えられる。
リリース1971年
作曲者アラン・クラーク(Allan Clarke)
イギリスのロック歌手、1942年生まれ。「ホリーズ」の創設メンバー。
クック&グリーナウェイ(Cook-Greenaway)
ロジャー・クック(Roger Cook)とロジャー・グリーナウェイ(Roger Greenaway)の二人によるソングライター/音楽プロデューサー・コンビ。

街で流れる曲(アーメッドが初めて任務に同行する)

Toshna Ye Abem Shoda
Artistメーリ・マフトゥン(Mehri Maftun)
アフガニスタンのミュージシャン、1962年生まれ。
ドンブラ(カザフの民族楽器)・ハーモニウム・ゲイチャク(イランの弦楽器)などを専門とする器楽奏者で、アフガニスタンでは歌手としても知られている。

基地内の食事エリアで流れる曲(ジョンが大佐と話をする)

Say What You Want
Artistホワイト・デニム(White Denim)
2006年にテキサス州オースティンで結成された4人組ロックバンド。
リリース2009年
作曲者ホワイト・デニム
ジョシュ・ブロック(Josh Block)
ジェームズ・ペトラリ(James Petralli)
スティーブ・テレベッキ(Steven Teberecki)
スポンサーリンク

鉱山跡地での戦闘シーン

Thunder Continues in the Aftermath
作曲者ローリー・アンダーソン(Laurie Anderson)
アメリカの前衛芸術家/作曲家/映画監督、1947年生まれ。
「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」のボーカリスト、ルー・リード(Lou Reed, 1942-2013)の3番目の妻。
クロノス・クァルテット(The Kronos Quartet)
1973年にアメリカで結成された弦楽四重奏団。
現代音楽を専門とし、サンフランシスコを拠点に活動する。

このシーンでは、『Thunder Continues in the Aftermath』の中間部分(動画の44秒から)が使われています。
また、この後のジョン・キンリーが撃たれるシーンでは、テーマを編曲したものが使われていました。

「キンリー・ヴィンテージカー専門店」で流れる曲

妻がジョンのアフガニスタン行きを後押しをするシーン

Darkness Falls
Artistマーガレット・ルイス(Margaret Lewis, 1941-2019)
アメリカのカントリーミュージック/ロカビリーのシンガーソングライター。
作曲者マーガレット・ルイス(Margaret Lewis, 1941-2019)
マイラ・スミス(Myra Smith, 1926–1989)
アメリカの女性プロデューサー/ソングライター/ギタリスト。
自身のスタジオを所有し、ロサンゼルスに本拠を置くインディーズ・レーベルをいくつも設立した。

ジョンがアリ(アーメッドの弟)と会って話をする店で流れる曲

Farkhâr Chi Khush-u Khush Havây Dâra Janam
Artistラヒム・タクリ(Rahim Takhari)
リリース1996年

エンドクレジット 1曲目

Truth
Artistアレックス・エバート(Alex Ebert)
アメリカのシンガーソングライター/作曲家、1978年ロサンゼルス生まれ。
ロックバンド「Ima Robot」「Edward Sharpe and the Magnetic Zeros」のリードシンガー。
ロバート・レッドフォードの単独出演で話題となった2013年のアメリカ・サバイバル映画『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』の音楽を手がけ、第71回ゴールデングローブ賞で作曲賞を受賞した。
リリース2011年
作曲者アレックス・エバート(Alex Ebert)

『コヴェナント/約束の救出』のサントラ

『コヴェナント/約束の救出』はクリストファー・ベンステッド(Christopher Benstead)が音楽を担当しました。クリストファー・ベンステッドは、クリストファー・ベンステッドは、イギリス出身の作曲家です。

キャッシュトラック』や『オペレーション・フォーチュン』など、近年のガイ・リッチー監督作品で音楽を手掛けています。

『コヴェナント/約束の救出』キャスト・スタッフ

監督ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
脚本ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
アイヴァン・アトキンソン(Ivan Atkinson)
マーン・デイヴィス(Marn Davies)
製作ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
アイヴァン・アトキンソン(Ivan Atkinson)
ジョン・フリードバーグ(John Friedberg)
ジョシュ・バーガー(Josh Berger)
音楽クリストファー・ベンステッド(Christopher Benstead)
配給 キノフィルムズ
公開 2023年4月21日
2024年2月23日
上映時間123分

ジョン・キンリー軍曹:ジェイク・ジレンホール(Jake Gyllenhaal)
アーメッド:ダール・サリム(Dar Salim)
デクラン・オブラディ軍曹:アレクサンダー・ルドウィグ(Alexander Ludwig)
エディ・パーカー:アントニー・スター(Antony Starr)
“JJ” ジョシュア・ジャング:ジェイソン・ウォン(Jason Wong)
”ジャックジャック” ジャック・ジャックソン:ジョニー・リー・ミラー(Jonny Lee Miller)
スティーブ・ Kersher:ボビー・スコフィールド(Bobby Schofield)
“ジジ” チャーリー・クロウ:ショーン・セガール(Sean Sagar)
キャロライン・キンリー:エミリー・ビーチャム(Emily Beecham)
”チャウチャウ” エディ・ロペス:クリスチャン・オチョア(Christian Ochoa)

¥5,100 (2024/05/27 20:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』の挿入曲とサントラ
1998年に製作された映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』は、ガイ・リッチー監督初の長編映画です。The Stoogesの『I Wanna Be Your Dog』やJames Brownの曲など、使われた15曲を流れた順番に紹介します。
『スナッチ』の挿入曲とサントラ
映画『スナッチ』はガイ・リッチー監督2作目の長編作品です。ジェイソン・ステイサムやブラッド・ピット、ベニチオ・デル・トロら豪華キャストによる犯罪群像劇になっています。The SpecialsやOasisの曲など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『スウェプト・アウェイ』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督、マドンナ主演の映画『スウェプト・アウェイ』、イタリアの女性監督リナ・ウェルトミューラーによる『流されて…』のリメイク作品です。Come On-A My Houseや鏡の中の鏡など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『リボルバー』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督、リュック・ベッソン製作『リボルバー』、ジェイソン・ステイサムやレイ・リオッタ、マーク・ストロングら豪華キャストが出演しています。モーツァルトやフォーレのレクイエム、サティのジムノペディなど、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『ロックンローラ』の挿入曲とサントラ
ジェラルド・バトラー主演『ロックン・ローラ』は、ガイ・リッチーが監督・脚本を務めた犯罪群像劇です。OPの『I’m a Man』やThe Clashの『Bankrobber』など、映画の中で使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『シャーロック・ホームズ』の挿入曲・サントラ
2009年ガイ・リッチーが監督した映画『シャーロック・ホームズ』では、ロバート・ダウニー・Jrがホームズを、ジュード・ロウがワトソンを演じました。ホームズが地下闘技場で拳闘するシーンで使われた音楽など、挿入曲を流れた順番に紹介します。
『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の挿入曲・サントラ
ガイ・リッチーによるシャーロック・ホームズシリーズ2作目『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』。モリアーティ教授がレコードでかけ歌う曲やワトソンのパーティーで流れていたアイリッシュ民謡など、使われていた音楽を流れた順番に紹介します。
『コードネーム U.N.C.L.E.』の挿入曲とサントラ
『コードネーム U.N.C.L.E.』は人気スパイ・アクションドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした作品です。ダニエル・ペンバートンによるサントラも話題となりました。レースシーンで流れた『ガラスの部屋』など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『キング・アーサー 』(2017)の挿入曲とサントラ
『キング・アーサー』はガイ・リッチー監督によるファンタジーアドベンチャー・アクション映画です。ストーリーはアーサー王伝説がベースとなっています。映画音楽はダニエル・ペンバートンが手掛けました。印象的な曲を中心に、挿入曲とサントラを紹介します。
『ジェントルメン』の挿入曲とサントラ
マシュー・マコノヒー主演、ガイ・リッチー監督・脚本の映画『ジェントルメン』は、ロンドンの裏社会を舞台にした犯罪群像劇です。OP曲やThe Jamの『That’s Entertainment』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『キャッシュトラック』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督、ジェイソン・ステイサム主演の映画『キャッシュトラック』は、アメリカ・ロサンゼルスが舞台のクライムサスペンス映画です。『Folsom Prison Blues』や『ワルキューレの騎行』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
ガイ・リッチー監督映画一覧×おすすめの曲を紹介!【初期〜最新作まで】
ガイ・リッチー監督映画の一覧と映画で使われた「おすすめの曲」を紹介!『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』から『オペレーション・フォーチュン』まで13作品の見どころと挿入曲を古い順から紹介します!
『オペレーション・フォーチュン』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督映画『オペレーション・フォーチュン』は本格派スパイ・アクション映画です。ジェイソン・ステイサム主演、ヒュー・グラントやジョシュ・ハートネットらが出演しています。オーソンが見ていた映画の曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『アラジン』(実写版)の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督のミュージカル映画『アラジン』はディズニーの長編アニメミュージカル映画の実写版です。ウィル・スミスがジーニー役を演じ、メナ・マスードがアラジン役を、ナオミ・スコットがジャスミン役を演じました。使われた音楽を流れた順に紹介します。
『コヴェナント/約束の救出』の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督映画『コヴェナント/約束の救出』は、アフガニスタン紛争下でアメリカ人軍曹が命を救ってくれた現地通訳の男が窮地に立たされたことを知り救出しに行くヒューマンドラマ映画です。オープニング曲など挿入曲とサントラを紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました