ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
ガイ・リッチー(Guy Ritchie)

『スウェプト・アウェイ』の挿入曲とサントラ

2002年に制作された『スウェプト・アウェイ』(原題:Swept Away)は、ガイ・リッチー監督によるロマンチック・コメディ映画です。イタリア出身のリナ・ウェルトミューラー監督による映画『流されて…』(1974)のリメイク版となります。

マドンナが主役アンバー役を演じ、アドリアーノ・ジャンニーニがぺぺ役を演じました。アドリアーノ・ジャンニーニは、『流されて…』でぺぺ役を演じたジャンカルロ・ジャンニーニの息子です。

スポンサーリンク

『スウェプト・アウェイ』の挿入曲

『スウェプト・アウェイ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニング

Lovely Head
アーティスト:Goldfrapp

『Lovely Head』は、イギリスのエレクトロ・デュオ、ゴールドフラップが2000年にリリースしたアルバム『Felt Mountain』に収録されている曲です。

クルーズ船 – 客がカードゲームをする部屋のBGM

String Quartet No.17 in B-flat major, K.458, “The Hunt” – Ⅱ. Menuetto and Trio. Moderato
作曲:Wolfgang Amadeus Mozart

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の『弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調 K. 458』より第2楽章。この曲は、オーストリア出身の音楽家ハイドンに捧げられた全6曲ある『ハイドン・セット』の4曲目で、『狩』の愛称で知られています。

クルーズ船 – マリーナの誕生日を祝い歌う曲

Happy Birthday To You
作曲:Mildred J. Hill and Patty S. Hill

『Happy Birthday to You』は、アメリカ人のヒル姉妹が作詞・作曲した誕生日をお祝いする曲で1917年に初出版されました。

無人島 – ぺぺの命令でアンバーが歌い踊る曲

Come On-A My House
アーティスト:Della Reese

『Come On-A My House』は、米・歌手ローズマリー・クルーニーが1951年にリリースした曲です。『家へおいでよ』の邦題でも知られています。


アンバー(演:マドンナ)がバンドを従え踊りながら歌うところから、米・ゴルペル歌手デラ・リースが1960年にリリースしたバージョンがつわかれています。

無人島 – 小屋の酒を飲んだアンバーとぺぺがジェスチャーゲームを楽しむシーン

Ain’t Nobody Here But Us Chickens
アーティスト:Louis Jordan

『Ain’t Nobody Here But Us Chickens』は、米・ミュージシャン、ルイ・ジョーダンが1946年にリリースしたジャンプ・ブルース・ソングです。タイトルを直訳すると「ここには私たちニワトリ以外誰もいない」です。

ジャンプ・ブルース:40年代後半から流行した、速めのテンポで跳ねるリズムに特徴があるアップテンポのブルース

無人島 – ぺぺとアンバーが島での生活を楽しむシーン

Fade Into You
アーティスト:Mazzy Star

『Fade Into You』は、米・オルタナティブロックバンド、マジー・スターが1993年にリリースしたアルバム『So Tonight That I Might See』に収録されている曲です。


アンバーがぺぺにかもめの卵をぶつけるところからこの曲が流れます。

エンディング、エンドクレジット

Spiegel im Spiegel
アーティスト:Arvo Pärt

『鏡の中の鏡(Spiegel im Spiegel)』は、エストニア生まれの作曲家、アルヴォ・ペルトが1978年に作った曲です。ラトビア出身のヴァイオリニスト、ギドン・クレーメルとピアニストのエレーナ・バシュキロワが1979年にレコーディングし、1980年にリリースしたアルバム『Konzert nach dem Konzert』に収録されました。

ここではフランスのヴァイオリニスト、ルノー・カピュソンとピアニスト、ギョーム・ベロンの演奏をご紹介します。

『スウェプト・アウェイ』のサントラ

『スウェプト・アウェイ』はミシェル・コロンビエ(Michel Colombier)が音楽を担当しました。ミシェル・コロンビエは、フランスの作曲家で、数多くの映画音楽を手掛けています。セルジュ・ゲンスブールやハーブ・アルパートの共作者としても知られ、フュージョン/ジャズ/ポピュラー音楽の名プロデューサーとしても知られています。

『スウェプト・アウェイ』キャスト・スタッフ

監督ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
脚本ガイ・リッチー(Guy Ritchie)
製作マシュー・ヴォーン(Matthew Vaughn)
音楽ミシェル・コロンビエ(Michel Colombier)
配給 SPE/スクリーン・ジェムズ
メドゥーザ・フィルム
SPE
公開 2002年10月11日
2003年5月23日
2003年8月2日
上映時間89分

アンバー:マドンナ(Madonna)
ジュゼッペ:アドリアーノ・ジャンニーニ(Adriano Giannini )
トニー:ブルース・グリーンウッド(Bruce Greenwood)
船長:ヨルゴ・ヴォヤギス(Yorgo Voyagis)
デビ:エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks )
マイケル:デヴィッド・ソーントン(David Thornton)
マリーナ:ジーン・トリプルホーン(Jeanne Tripplehorn)
トッド:マイケル・ビーティー(Michael Beattie)
船員:リカルド・パーナ(Ricardo Perna)
ベルボーイ:アンドレア・ラガッツ(Andrea Ragatzu)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント