ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ある愛の詩』の挿入曲とサントラ

1970年、アメリカで制作された映画『ある愛の詩』(原題:Love Story)は、身分違いの愛を描いた恋愛映画です。ライアン・オニールとアリ・マッグローが主演をつとめ、第43回アカデミー賞では作品賞・監督賞を含む6部門にノミネートされ、作曲賞を受賞しました。

原作はエリック・シーガルの『ラブ・ストーリー』です。

スポンサーリンク

『ある愛の詩』の挿入曲

『ある愛の詩』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニングタイトル

Love Story
邦題『ある愛の詩』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。
代表作:『男と女』『愛と哀しみのボレロ』『白い恋人たち』

『Love Story』は、映画『ある愛の詩』のテーマ曲です。
音楽を担当したフランスの作曲家フランシス・レイが作りました。

ジェニーがいる女子寮の受付で流れている曲

I Love You, Phil
(アイ・ラヴ・ユー・フィル)
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『I Love You, Phil』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

オリバーの勉強中にジェニーが聴いている曲

Flute Sonata in F major K.13 – I. Allegro
『フルート・ソナタ ヘ長調 K.13』より、第1楽章
作曲者ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart)
18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。
作曲年1764年頃(モーツァルト8歳の時の作品と言われています。)

雪だるまを作ったり走り回ったりと、二人が楽しい時間を過ごす

Snow Frolic
邦題『雪の中の戯れ』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『Snow Frolic』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

スポンサーリンク

ジェニーが出演するコンサートの演目

Keyboard Concerto No.3 in D Major, BWV 1054 – III. Allegro
チェンバロ協奏曲第3番 ニ長調 BWV1054』より第3楽章
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。
作曲年1738年から1742年頃

この曲の原曲は、バッハの『ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV 1042』です。

オリバーがジェニーのコンサートを鑑賞するシーン

オリバーとジェニーの新婚生活

Bozo Barrett
(ボゾ・バーレット)
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『Bozo Barrett』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

オリバーの態度に腹を立て家を飛び出したジェニーをオリバーが探し回る

Search For Jenny
邦題『ジェニーを探せ』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『Search For Jenny』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

オリバーの父親の「60歳誕生日食事会」の招待状が自宅に届き、ジェニーが欠席を伝えるため父親に電話をかけるシーン

オリバーがツリーを売る仕事をする 1曲目

Silent Night
邦題『きよしこの夜』
作曲者フランツ・クサーヴァー・グルーバー(Franz Xaver Gruber)
ヨーゼフ・モール(Joseph Mohr)
作曲年1818年

『Silent Night』は、1818年にオーストリアのザルツブルクで初演されたクリスマスキャロルです。
『きよしこの夜』の邦題で知られています。

オリバーが女性客に声をかけられるシーン

スポンサーリンク

オリバーがツリーを売る仕事をする 2曲目

The Christmas Tree
(クリスマス・ツリー
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。
代表作:『男と女』『愛と哀しみのボレロ』『白い恋人たち』

『The Christmas Tree』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。
音楽を担当したフランスの作曲家フランシス・レイが作りました。

オリバーが店から客の車まで、もみの木を運ぶシーン

オリバーがツリーを売る仕事をする 3曲目

Joy to the World
邦題『もろびとこぞりて』
作曲者ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(George Frideric Handel)
イギリスで活躍したドイツ出身の作曲家。
アイザック・ウォッツ(Isaac Watts)
「イギリス讃美歌の父」と呼ばれる牧師/讃美歌作家。
作曲年1719年

『Joy to the World』は、イギリスの牧師/讃美歌作家アイザック・ワッツによって書かれたイギリスのクリスマスキャロルです。『もろびとこぞりて』の邦題で知られています。

オリバーがもみの木を客の車の中に運び込み金を受け取るシーン。

ジェニーの指導で少年達が歌う曲

Lo! A Fair Rose is Blooming
邦題『エサイの根より』
作曲者ミヒャエル・プレトリウス(Michael Praetorius)
ドイツの作曲家/オルガニスト/音楽理論家。
作曲年1609年

『Lo! A Fair Rose is Blooming』は、ドイツ語文化圏のクリスマスキャロル『Es ist ein Ros entsprungen』を英語に翻訳したもので、アドベントで歌われる人気のある曲です。
『Lo, how a rose e’er blooming』『A Spotless Rose』『Behold a Rose of Judah』のタイトルでも知られています。

医師からジェニーの病名を告知されたオリバーが歩いて自宅に戻る

The Long Walk Home
邦題『家路はるか』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『The Long Walk Home』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

スポンサーリンク

スケートをするオリバーをジェニーが見つめる

Skating in Central Park
邦題『セントラル・パークにて』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『Skating in Central Park』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

二人がタクシーに乗り病院に到着するまで流れています。

エンディング & エンドクレジット

Theme From Love Story – Finale
邦題『ある愛の詩 ~フィナーレ』
Artistフランシス・レイ・オーケストラ(Francis Lai & His Orchestra)
リリース1970年:Soundtrack『Love Story』
作曲フランシス・レイ(Francis Lai)
フランス・ニース出身のイタリア系フランス人作曲家。

『Theme From Love Story – Finale』は、映画『ある愛の詩』のオリジナルサウンドトラックです。

『ある愛の詩』のサントラ

『ある愛の詩』はフランシス・レイ(Francis Lai)が音楽を担当しました。フランシス・レイは、フランス出身の作曲家です。クロード・ルルーシュ監督映画の音楽を数多く手掛けました。『愛と哀しみのボレロ』や『美しすぎて』の音楽でも知られています。

『ある愛の詩』キャスト・スタッフ

監督アーサー・ヒラー(Arthur Hiller)
脚本エリック・シーガル(Erich Segal)
原作エリック・シーガル(Erich Segal)
製作ハワード・ミンスキー(Howard G. Minsky)
音楽フランシス・レイ(Francis Lai)
配給 CIC
公開 1970年12月16日
1971年3月6日
上映時間99分

ジェニー・カヴァレリ:アリ・マッグロー(Ali MacGraw )
オリバー・バレット4世:ライアン・オニール(Ryan O’Neal)
フィル・カヴァレリ:ジョン・マーリー(John Marley)
オリバー・バレット3世:レイ・ミランド(Ray Milland)
トンプソン学部長:ラッセル・ナイプ(Russell Nype)
バレット夫人:キャサリン・バルフォー(Katharine Balfour)
シェイプリー医師:シドニー・ウォーカー(Sydney Walker)
アディソン医師:ロバート・モディカ(Robert Modica)
レイ・ストラットン:ウォーカー・ダニエルズ(Walker Daniels)
ハンク・シンプソン:トミー・リー・ジョーンズ(Tommy Lee Jones)
スティーブ:ジョン・メレンスキー(John Merensky)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント