『きみに読む物語』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)

『きみに読む物語』の挿入曲とサントラ

2004年にアメリカで製作された映画『きみに読む物語』(原題:The Notebook)は、ニコラス・スパークスによる小説を原作とした恋愛映画です。ニック・カサヴェテスが監督をつとめ、ジーナ・ローランズが老女アリー役を演じました。

『きみに読む物語』の挿入曲

『きみに読む物語』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

【物語】ノアとアリーが道路でダンスを踊るシーン(ノアがハミングする曲)

I’ll Be Seeing You
アイル・ビー・シーイング・ユー
Artist
cover ver.
ビリー・ホリデイ(Billie Holiday, 1915-1959)
メリーランド州・ボルチモア出身のアメリカのジャズ歌手。
女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人に数えられ、レディ・デイ(Lady Day)の愛称で知られる。
リリース1944年
作曲者サミー・フェイン(Sammy Fain, 1902-1989)
アメリカのポピュラー音楽作曲家。
ウォルト・ディズニーのアニメ映画『不思議の国のアリ』『ピーター・パン』『ビアンカの大冒険』の楽曲を作るなど、1930年代から1950年代にかけて30本以上の映画音楽を作曲。『カラミティ・ジェーン』(1953)、『慕情』(1955) の主題歌でアカデミー歌曲賞を2度受賞した。
アービング・カハル(Irving Kahal, 1903-1942)
アメリカの作詞家。サミー・フェインとのコラボレーションで知られる。
Original ver.1940年:ディック・トッド(Dick Todd, 1914-1973)
カナダの歌手。ビング・クロスビーと歌声が似ていた事で「カナディアン・クロスビー」と呼ばれ、1930年代から1950 年代にかけて活躍した。

『I’ll Be Seeing You』は、1938年初演のブロードウェイミュージカル『Right This Way』のために作られた曲です。
第二次世界大戦時には、戦争で離れ離れになった恋人との再会を願う曲として最も人気のあるラブソングの1つになりました。


この後「療養施設の部屋でデュークとアリーがダンスをする曲」では、ジミー・デュランテの演奏が使われています。

【物語】ノアとアリーが一緒に夏を過ごし親しくなっていくシーン

Alabamy Home
Artistデューク・エリントン(Duke Ellington, 1899-1974)
アメリカのジャズの作曲家/編曲家/ピアニスト/オーケストラリーダー。
代表曲『A列車で行こう』『ソリチュード』
作曲者デューク・エリントン(Duke Ellington, 1899-1974)
デイブ・リングル(Dave Ringle, 1894-1965)
アメリカのソングライター。
代表作『ワバッシュ・ブルース』

【物語】廃墟となったウインザー農園のピアノでアリーが演奏する曲

24 Préludes, Op.28 – No.4 in E Minor
24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調
作曲者フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin, 1810-1949)
ポーランド出身のピアニスト/作曲家。「ピアノの詩人」と称される。
作曲年1839年

『24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調』は、ショパンの葬儀で演奏された曲です。


この後「デュークが医師の診察を受ける間、アリーが暗譜でピアノを演奏する曲」でもこの曲が使われています。

【物語】アリーとロンが恋に落ちるシーン

Always and Always
オールウェイズ・アンド・オールウェイズ
作曲者エドワード・ウォード(Edward Ward, 1900-1971)
アメリカの映画作曲家/音楽監督。
ボブ・ライト&チェット・フォレスト(Bob Wright and Chet Forrest)
ボブ・ライト(Bob Wright, 1914-2005)とチェット・フォレスト(Chet Forrest, 1915-1999)の二人によるアメリカの作曲家コンビ。クラシック曲をアレンジして歌詞を加えるスタイルを特徴に持ち、70年以上にわたる共同作業で約2,000曲を製作した。

『Always and Always』は、1937年のアメリカ映画『マネキン』(Mannequin)で主演の女優ジョーン・クロフォード(Joan Crawford, 1904-1977)によって披露された曲です。

スポンサーリンク

【物語】ノアが除隊し、父親が待つ自宅に戻って来るシーン

Where or When
邦題『いつかどこかで』
作曲者ロジャース&ハート(Rodgers and Hart)
リチャード・ロジャース(Richard Rodgers, 1902-1979)とロレンツ・ハート(Lorenz Hart, 1895-1943)による伝説のコンビ。スタンダードナンバーを多数世に送り出した。
代表曲『ブルー・ムーン』『いつかどこかで』『ザ・レディ・イズ・ア・トランプ』『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』
Original ver.1937年:ルビー・ニューマン(Ruby Newman, -1973)

『Where or When』は、1937年初演のブロードウェイミュージカル『青春一座』(原題:Babes in Arms)で主演のミッツィ・グリーン(Mitzi Green, 1920-1969)とレイ・ヘザートン(Ray Heatherton, 1909-1997)によって披露された曲です。

【物語】ノアが改築許可を取りにバスでチャールストンに向かうシーン

(アリーを見かけ途中でバスを降りる)

Opus One
作曲者サイ・オリヴァー(Sy Oliver, 1910-1988)
アメリカのジャズトランペット奏者/歌手/バンドリーダー/編曲家/作曲家。
Original ver.1944年:トミー・ドーシー楽団(Tommy Dorsey and His Orchestra)

デュークが医師の診察を受ける間、アリーが楽譜を見てピアノ演奏する曲

(譜めくりがされなく演奏は途中で終わる)

Piano Sonata No.19 in G Minor, Op.49, No.1 – I. Andante
ピアノ・ソナタ第19番 ト短調 Op.49, No.1 – 第1楽章
作曲者ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven, 1770-1827)
ウィーン古典派を代表するドイツの作曲家。ロマン派音楽の先駆ともされ、後世の音楽家たちに大きな影響を与えた。
出版年1805年

デュークが医師の診察を受ける間、アリーが暗譜でピアノを演奏する曲

24 Préludes, Op.28 – No.4 in E Minor
24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調
作曲者フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin, 1810-1949)
ポーランド出身のピアニスト/作曲家。「ピアノの詩人」と称される。
作曲年1839年

【物語】廃墟となったウインザー農園のピアノでアリーが演奏する曲」でもこの曲が使われていました。

スポンサーリンク

療養施設の部屋でデュークとアリーがダンスをする曲

(記憶を取り戻したアリーにデュークが「私たちの曲だ」と言って流す曲)

I’ll Be Seeing You
アイル・ビー・シーイング・ユー
Artist
cover ver.
ジミー・デュランテ(Jimmy Durante, 1893-1980)
アメリカのコメディアン/俳優/歌手/ピアニスト。
リリース1965年
作曲者サミー・フェイン(Sammy Fain, 1902-1989)
アメリカのポピュラー音楽作曲家。
ウォルト・ディズニーのアニメ映画『不思議の国のアリ』『ピーター・パン』『ビアンカの大冒険』の楽曲を作るなど、1930年代から1950年代にかけて30本以上の映画音楽を作曲。『カラミティ・ジェーン』(1953)、『慕情』(1955) の主題歌でアカデミー歌曲賞を2度受賞した。
アービング・カハル(Irving Kahal, 1903-1942)
アメリカの作詞家。サミー・フェインとのコラボレーションで知られる。
Original ver.1940年:ディック・トッド(Dick Todd, 1914-1973)
カナダの歌手。ビング・クロスビーと歌声が似ていた事で「カナディアン・クロスビー」と呼ばれ、1930年代から1950 年代にかけて活躍した。

【物語】ノアとアリーが道路でダンスを踊るシーン(ノアがハミングする曲)」では、ビリー・ホリデイの演奏が使われていました。

『きみに読む物語』のサントラ

『きみに読む物語』はアーロン・ジグマン(Aaron Zigman)が音楽を担当しました。

アーロン・ジグマンは、アメリカ・カリフォルニア州出身の作曲家/アレンジャー、プロデューサーです。『ジョンQ -最後の決断-』や『セックス・アンド・ザ・シティ2』の音楽を担当しています。また、プロデューサーとしては、クインシー・ジョーンズやアレサ・フランクリンなどとも共作していることで知られています。

Come to Store
¥8,776 (2024/07/19 09:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

『きみに読む物語』キャスト・スタッフ

監督ニック・カサヴェテス(Nick Cassavetes)
脚本ジャン・サルディ(Jan Sardi)
ジェレミー・レヴェン(Jeremy Leven)
製作リン・ハリス(Lynn Harris)
マーク・ジョンソン(Mark Johnson)
音楽アーロン・ジグマン(Aaron Zigman)
配給 ギャガ
公開 2004年6月25日
2005年2月5日
上映時間123分

ノア・カルフーン:ライアン・ゴズリング(Ryan Gosling)
アリー・ハミルトン:レイチェル・マクアダムス(Rachel McAdams)
デューク:ジェームズ・ガーナー(James Garner)
アリー・カルフーン:ジーナ・ローランズ(Gena Rowlands)
アン・ハミルトン:ジョアン・アレン(Joan Allen)
ロン・ハモンド:ジェームズ・マースデン(James Marsden)
フランク・カルフーン:サム・シェパード(Sam Shepard)
フィン:ケヴィン・コナリー(Kevin Connolly)
ジョン・ハミルトン:デヴィッド・ソーントン(David Thornton)
サラ・ツフィントン:ヘザー・ウォールクィスト(Heather Wahlquist)
マーサ・ショウ:ジェイミー・ブラウン(Jamie Brown)
エスター:スターレッタ・デュポワ(Starletta DuPois)

『ファースト・マン』の挿入曲とサントラ
映画『ファースト・マン』は、人類で初めて月に降り立った男として知られるニール・アームストロングの伝記映画です。デイミアン・チャゼルが監督をつとめ、ライアン・ゴズリングがアームストロング役を演じました。宇宙船の中で流す曲やパーティーで流れる曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ナイスガイズ!』の挿入曲とサントラ
映画『ナイスガイズ!』は、ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウがW主演をつとめたサスペンス・コメディ映画です。70年代カリフォルニアが舞台となっています。オープニング曲やエンディング曲、パーティーで流れる曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『恋するベーカリー』の挿入曲とサントラ
メリル・ストリープ主演映画『恋するベーカリー』は、ベーカリーの経営者として成功した女性が離婚した夫と再び恋に落ちる様子を描いた恋愛コメディ映画です。『ホリディ』『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズが監督をつとめました。卒業パーティーのダンス曲など挿入曲とあらすじを紹介します。
『きみに読む物語』の挿入曲とサントラ
映画『きみに読む物語』は、同名の人気小説をライアン・ゴズリング主役で映画化した恋愛映画です。ニック・カサヴェテスが監督をつとめ、実の母であるジーナ・ローランズがアリー役を演じました。雨の中で踊る曲やニックが聴いている曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『赤と白とロイヤルブルー』の挿入曲とサントラ
映画『赤と白とロイヤルブルー』はアメリカ大統領の息子とイギリス王室の王子が恋に落ちる様子を描いた恋愛映画です。ピアノで弾く曲や車から流れる曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『マディソン郡の橋』の挿入曲とサントラ
『マディソン郡の橋』はクリント・イーストウッド監督・主演の恋愛映画です。メリル・ストリープは今作でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。ラジオから流れる曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜』の挿入曲とサントラ
映画『アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜』はアン・ハサウェイ主演・製作の恋愛ドラマです。40歳のシングルマザーが16歳年下の人気アイドルと恋に落ちる様子が描かれています。作中に登場するオーガスト・ムーンの曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ボーンズ アンド オール』の挿入曲とサントラ
『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がティモシー・シャラメと再タッグを組んだ恋愛ホラー/ロードムービー『ボーンズ アンド オール』。トレント・レズナーとアッティカス・ロスが音楽を担当しました。挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『君の名前で僕を呼んで』の挿入曲23曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『君の名前で僕を呼んで』は、1985年のイタリアを舞台に描かれる恋愛映画です。ルカ・グァダニーノは今作で第90回アカデミー脚色賞を受賞しました。作中で流れる曲やエンディング曲など23曲の挿入曲とサントラを紹介します。
『愛は静けさの中に』の挿入曲とサントラ
『愛は静けさの中に』は聴覚障害がある女性サラと聾学校の教師ジェームズが心を通わせる恋愛映画です。プロムで流れる曲や生徒たちが歌う曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ブルックリンでオペラを』の挿入曲とサントラ
映画『ブルックリンでオペラを』は、アン・ハサウェイ主演のヒューマン・ドラマ映画です。オペラ作曲家のスティーブンと潔癖症の精神科医の夫婦が船長と出会い人生が変わる様子が描かれています。ブルース・スプリングティーンによる主題歌や挿入曲、サントラを紹介します。
『ビフォア・ミッドナイト』の挿入曲とサントラ
映画『ビフォア・ミッドナイト』はリチャード・リンクレイター監督による『ビフォア』三部作の最終作です。前作から9年後、ギリシャで過ごすジェシーとセリーヌの様子が描かれています。エンディング曲やサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ビフォア・サンセット』の挿入曲とサントラ
映画『ビフォア・サンセット』は『ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離』の続編です。前作から9年後がの二人がパリで再開する様子が描かれています。オープニング曲やエンディング曲など、挿入曲をあらすじに沿って紹介しています。
『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』の挿入曲とサントラ
イーサン・ホーク主演の恋愛映画『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』は、リチャード・リンクレイター監督による『ビフォア』シリーズ1作目にあたり、二人の出会いが描かれています。エンディング曲やウィーンの街中で流れる曲などをあらすじに沿って紹介します。
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』はウディ・アレン監督による恋愛映画です。セントラルパークやカーライルホテルなどアメリカ・NYの名所がロケ地となっています。ピアノで弾き語りする曲など挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『アニー・ホール』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞・主演女優賞など、4部門を受賞したウディ・アレンの名作『アニー・ホール』は、70年代のアメリカ・NYとロサンゼルスを舞台に繰り広げられる恋愛映画です。アニーが歌う曲など、挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『イングリッシュ・ペイシェント』の挿入曲とサントラ
アカデミー賞受賞作、映画『イングリッシュ・ペイシェント』は第二次世界大戦中の北アフリカを舞台とした恋愛映画です。ブッカー賞を受賞した同名の小説が原作となっています。映画内で使われた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『ある愛の詩』の挿入曲とサントラ
映画『ある愛の詩』は、身分違いの愛を描いたアメリカの恋愛映画です。ライアン・オニールとアリ・マッグローが主演をつとめ、第43回アカデミー賞では6部門にノミネートされ、フランシス・レイが作曲賞を受賞しました。あらすじに沿って挿入曲とサントラを紹介します。
『バービー』(2023) の挿入曲23曲とサントラ紹介
映画『バービー』は着せ替え人形バービーが主人公の実写版映画です。グレタ・ガーウィグが監督をつとめ、マーゴット・ロビーが主役のバービーを、ライアン・ゴズリングがケンを演じました。オープニング曲やエンディング曲など、使われた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『フォールガイ』の予告編で使われている曲&サントラ
2024年8月16日公開予定の映画『フォールガイ』(原題:The Fall Guy)は、80年代に放送された人気海外ドラマ『俺たち賞金稼ぎ!!フォール・ガイ』を基にしたアクション映画です。予告編で使われた曲を紹介します。
『ラ・ラ・ランド』の挿入曲とサントラ
デミアン・チャゼルが監督の映画『ラ・ラ・ランド』は、ロサンゼルスを舞台としたミュージカル作品です。『Another Day of Sun』や『シティ・オブ・スターズ』のほか、既存の楽曲も含め、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『恋愛小説家』の挿入曲とサントラ
映画『恋愛小説家』は、不器用な中年男性の恋愛模様が描かれた作品です。ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがそれぞれアカデミー主演男優賞・主演女優賞を受賞しました。ドライブシーンで流れた音楽やエンディング曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『リービング・ラスベガス』の挿入曲とサントラ
ニコラス・ケイジ主演の映画『リービング・ラスベガス』は、アルコール依存症の男と娼婦の恋愛映画です。スティングが歌う『エンジェル・アイズ 』やイーグルスのドン・ヘンリーによる『降っても晴れても』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました