『恋するベーカリー』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
音楽担当:ハンス・ジマー(Hans Zimmer)
メリル・ストリープ(Meryl Streep)

『恋するベーカリー』の挿入曲とサントラ

2009年にアメリカで制作された映画『恋するベーカリー』(原題:It’s Complicated)は、メリル・ストリープ主演の恋愛コメディ映画です。

『ホリデイ』や『恋愛適齢期』で知られるナンシー・マイヤーズが監督をつとめました。

『恋するベーカリー』の挿入曲

『恋するベーカリー』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

ジェーンがベーカリーでアダム(建築家)と挨拶を交わす

Suite: Judy Blue Eyes
組曲: 青い眼のジュディ
Artistクロスビー、スティルス&ナッシュ(Crosby, Stills and Nash)
1968年に結成されたフォークロックのスーパーグループ。
アメリカのシンガーソングライター、デビッド・クロスビー(David Crosby)とスティーブン・スティルズ(Stephen Stills)、イギリスのシンガーソングライター、グラハム・ナッシュ(Graham Nash)の3人で構成される。
リリース1969年
作曲者スティーヴン・スティルス(Stephen Stills)
アメリカのミュージシャン/シンガーソングライター/ギタリスト、1945年テキサス州ダラス生まれ。「バッファロー・スプリングフィールド」「クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング」のメンバーとして知られる。

ベーカリーで流れる曲(従業員が次の予定を知らせに事務所に入ってくる)

Grooving in the Garden
Artistダニエル・メイ(Daniel May)
アメリカの作曲家/ピアニスト。
作曲者ダニエル・メイ(Daniel May)
マーク・フェラーリ(Marc Ferrari)
アメリカのギタリスト、1962年生まれ。
ヘヴィメタルバンド「Keel」の元ギタリストとして知られる。

ジェーンが家に女友達を招き食事会をする

美容整形医の話や元夫(ジェイク)と会った話をするシーン

L’Ombre et la Lumière
Artistコラリー・クレモン(Coralie Clément)
フランスの歌手、1982年生まれ。
フランスの歌手バンジャマン・ビオレ(Benjamin Biolay)の妹。
リリース2001年
作曲者バンジャマン・ビオレ(Benjamin Biolay)
フランスの歌手/ソングライター/俳優、1973年生まれ。

ホテルのバー)ジェーンがレストランに1人で入りバーで飲み物を頼む

Late Night Session
Artistフラフ(Fluff)
ジャン・ウィンテル(Jan Winther)とマーク・ジョージ・アンダーソン(Marc-George Andersen)によるアンビエント/ダウンテンポ・プロジェクト。
作曲者Marc-George Andersen, Jan Winther, and Tine Bjerggaard
スポンサーリンク

ホテルのバー)ジェーンがジェイクと偶然会う

Save Room
Artistジョン・レジェンド(John Legend)
アメリカ合衆国のR&B・ソウル歌手/ソングライター/ピアニスト/俳優、1978年生まれ。
リリース2006年
作曲者Buddy Buie, J.R. Cobb, Will Adams, John Legend, and Jessyca Wilson

ホテルのバー)ジェーンとジェイクが10年振りに2人で食事をする

Love That Girl
Artistラファエル・サーディク(Raphael Saadiq)
アメリカの歌手/ソングライター/マルチ楽器奏者/音楽プロデューサー、1966年生まれ。
リリース2008年
作曲者ボビー・オズナ(Bobby Ozuna)
アメリカのプロデューサー/ソングライタ。
ラファエル・サーディク(Raphael Saadiq)

ホテルのバー)ジェーンとジェイクが酒を飲み会話を楽しむ

Girl, They Won’t Believe It
Artistジョス・ストーン(Joss Stone)
イギリスの女性R&B歌手/ソングライター/女優、1987年生まれ。
リリース2007年
作曲者ジョス・ストーン(Joss Stone)
ラファエル・サーディク(Raphael Saadiq)
アメリカの歌手/ソングライター/マルチ楽器奏者/音楽プロデューサー、1966年生まれ。

ホテルのバー)ジェーンとジェイクがダンスをする

Don’t Do Me Like That
邦題『危険な噂』
Artistトム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ(Tom petty and the Heartbreakers)
1976年にフロリダ州ゲインズビルで結成されたロックバンド。
リリース1979年
作曲者トム・ペティ(Tom Petty, 1950-2017)
アメリカの歌手/ソングライター/ギタリスト。
ロックバンド「トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ」のリーダー。ブルース・スプリングスティーン、ボブ・シーガーと並び、アメリカ中西部&南部の白人労働者の心情を代弁するロック歌手として知られた。
スポンサーリンク

ルークの卒業式

Pomp and Circumstance Marches, Op.39 – March No.1 in D Major
行進曲「威風堂々」Op.39 – 第1番 ニ長調
作曲者エドワード・エルガー(Edward Elgar, 1857-1934)
イギリスの作曲家/指揮者。
作曲年1901年
Artistドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団(Dresdner Philharmonie)
ドイツのザクセン州ドレスデンに本拠を置くオーケストラ。1870年創立。
ヘルベルト・ケーゲル(Herbert Kegel, 1920-1990)
ドイツの指揮者/合唱指揮者。

卒業式の後に家族が食事をするレストランのBGM

Good to Go
ArtistThe Daniel May Quartet
ダニエル・メイ(Daniel May)
アメリカの作曲家/ピアニスト。
リリース2002年
作曲者ダニエル・メイ(Daniel May)

ジェーンがアダムと打ち合わせをする最中にジェイクが現れる(車で流れる曲)

Do Your Thing
Artistベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)
1994年に結成されたイギリスのダンス・ユニット。
リリース2001年
作曲者ベースメント・ジャックス
サイモン・ラトクリフ(Simon Ratcliffe)
フィリックス・バクストン(Felix Buxton)
ブルー・ミッチェル(Blue Mitchell, 1930-1979)
アメリカのジャズ・トランペット奏者。
(※『Fungii Mama』の作曲)

この曲は、アメリカのピアニスト、ケニー・バロン(Kenny Barron)の『Fungii Mama』(1991)がサンプリングされています。

ジェイクが訪れる不妊治療センターの受付で流れる曲

Charmaine
シャルメーヌ
作曲者ルー・ポラック(Lew Pollack, 1895-1946)
アメリカの作曲家。
エルノ・ラペー(Erno Rapee, 1891-1945)
ハンガリー生まれのアメリカの指揮者。
Original ver.1927年:ガイ・ロンバード(Guy Lombardo, 1902-1977)
カナダ出身のアメリカのバンドリーダー/ヴァイオリニスト。

『Charmaine』は、1926年のアメリカ無声映画『栄光』(原題:What Price Glory)でピットミュージシャンが演奏するために作られました。

スポンサーリンク

ローレンとハーレイが食事をするホテルのレストランBGM

ジェーンとジェイクが客室に向かうところを男が目撃するシーン

Night and Day
邦題『夜も昼も』
Artist
cover ver.
オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson, 1925-2007)
カナダ出身のジャズ・ピアニスト/作曲家。
60年以上にわたるキャリアの中、世界中で何千ものコンサートを行い多くの賞や栄誉を受賞。20世紀を代表するジャズピアニストの一人。
作曲者コール・ポーター(Cole Porter, 1891-1964)
インディアナ州出身のアメリカの作曲家/作詞家。
ウィットに富んだ洗練された歌詞で注目を集め、ブロードウェイやハリウッドで成功を収めた。
代表曲『Night and Day』『I’ve Got You Under My Skin 』『All of You』
Original ver.1933年:レオ・レイズマン(Leo Reisman, 1897-1961)
アメリカのヴァイオリニスト/バンドリーダー。

『Night and Day』は、1932年初演のブロードウェイミュージカル『陽気な離婚』(原題:The Gay Divorce)で、主役のフレッド・アステアが歌い、女優クレア・ルースと踊るショーチューンとして作られました。

ジェーンがホテルでCDをかけて流す曲

ジェイクがバスルームから出て、突然倒れるシーン

Since I Fell for You
シンス・アイ・フェル・フォー・ユー
Artist
cover ver.
グラディス・ナイト(Gladys Knight)
アメリカの女性歌手、1944年ジョージア州アトランタ生まれ。
1960年代から1970年代にかけて「グラディス・ナイト&ザ・ピップス」のリードヴォーカリストとして人気を誇り、後にソロデビュー。「ソウルの女帝」と称され人気を博す。
リリース2006年
作曲者バディ・ジョンソン(Buddy Johnson, 1915-1977)
アメリカのジャンプブルース・ピアニスト/バンドリーダー。
Original ver.1947年:バディ・ジョンソン(Buddy Johnson, 1915-1977)

子供達がルークの大学卒業パーティの準備をするシーン

Mama Said
Artistシュレルズ(The Shirelles)
1957年にニュージャージー州パサイクで結成された高校生4人組ガールズグループ。
リリース1961年
作曲者ウィリー・デンソン(Willie Denson, 1936-2006)
アメリカのソングライター。
ルーサー・ディクソン(Luther Dixon, 1931-2009)
アメリカのソングライター/音楽プロデューサー/歌手。

ジェーンの自宅で流れる曲(アダムが車でジェーンを迎えに来る)

Bennie and the Jets
邦題『ベニーとジェッツ』
Artistエルトン・ジョン(Elton John)
イギリスのミュージシャン/シンガー/ソングライター、1947年生まれ。
全世界で3億枚以上のレコード・セールスを記録した「史上最も売れている音楽アーティスト」の1人。
リリース1973年
作曲者エルトン・ジョン(Elton John)
バーニー・トーピン(Bernie Taupin)
イギリス系アメリカ人の作詞家、1950年生まれ。エルトン・ジョンとの共作で知られる。

エルトン・ジョン(Elton John)の曲が使われている映画一覧はコチラ

スポンサーリンク

卒業パーティで流れる曲(アダムとジェーンが2人でハイになる)

Rebel Rebel
邦題『愛しき反抗』
Artistデヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)
イギリスのシンガー/ソングライター/ミュージシャン/俳優。
グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出し、俳優としても活躍したマルチな才能を持つアーティスト。
リリース1974年
作曲者デヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画一覧はコチラ

卒業パーティで流れる曲(ジェーンとアダムが会場の中に入る)

You Make Me Feel Like Dancing
Artistレオ・セイヤー(Leo Sayer)
イギリス系オーストラリア人の歌手、1948年生まれ。
リリース1976年
作曲者ヴィニ・ポンシア(Vini Poncia)
アメリカの音楽プロデューサー/ソングライター/ミュージシャン、1942年生まれ。
1960年代にピーター・アンダース(Peter Anders, 1941-2016)とチームを組み数々の曲を共同執筆した。
レオ・セイヤー(Leo Sayer)

卒業パーティで流れる曲(アダムと子供達が会話をする様子をジェイクが遠くから見る)

Good Thing
Artistファイン・ヤング・カニバルズ(Fine Young Cannibals)
1984年にバーミンガムで結成されたイギリスのポップロックバンド。
リリース1988年
作曲者デビッド・スティール(David Steele)
イギリスのミュージシャン、1960年ワイト島生まれ。「ファイン・ヤング・カニバルズ」のベーシスト。
ローランド・ギフト(Roland Gift)
イギリスのミュージシャン/俳優、1961年バーミンガム生まれ。「ファイン・ヤング・カニバルズ」のボーカリスト。

卒業パーティで流れる曲(ジェイクとジェーンが2人でいるバスルームにハーレイが入って来る)

Monkey Man
Artist
cover ver.
スペシャルズ(The Specials)
1977年にコヴェントリーで結成されたイギリスの2トーン/スカ・リバイバルバンド。
リリース1979年
作曲者トゥーツ・ヒバート(Toots Hibbert, 1942-2020)
ジャマイカのレゲエ歌手/ソングライター。
Original ver.1969年:トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ(Toots & The Maytals)
ジャマイカの3人組音楽グループ。
スポンサーリンク

卒業パーティで流れる曲(アダムとジェイクの妻がダンスをする)

Back/Forth
Artistホット・カール(Hot Karl)
アメリカ人アートディーラー/プロデューサー/ポッドキャスター/元ラッパー、1983年生まれ。
Feat. Boobie Poquito
リリース2005年
作曲者ホット・カール(Hot Karl)
アリ・ディー(Ali Dee)
アメリカのプロデューサー/ソングライター/元ヒップホップレコーディングアーティスト。

卒業パーティで流れる曲(ジェーンがジェイクとダンスを踊り、その後アダムとも踊る)

Wouldn’t It Be Nice
邦題『素敵じゃないか』
Artistザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)
1961年にカリフォルニア州ホーソーンで結成されたアメリカのロックバンド。
南カリフォルニアのサーフカルチャーを象徴するバンドとして知られる。
リリース1966年
作曲者ザ・ビーチ・ボーイズ
マイク・ラヴ(Mike Love)
ブライアン・ウィルソン(Brian Wilson)
トニー・アッシャー(Tony Asher)
イギリス系アメリカ人の作詞家、1939年ロンドン生まれ。

ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の曲が使われている映画一覧はコチラ

ジェーンどアダムが2人でチョコクロワッサンを作る

Mal ô Mains
ArtistJJ・サンサヴェリーノ(J.J. Sansaverino)
ニューヨーク出身のギタリスト/作曲家/編曲家。
リリース2001年
作曲者JJ・サンサヴェリーノ(J.J. Sansaverino)

ジェイクが家族と見るためにレンタルしてきた映画の曲

妻と喧嘩をして家を出てきたジェイクが、家族の輪に加わり映画を観るシーン

The Singleman Party Foxtrot
邦題『シングルマン・パーティー』
リリース1968年:Soundtrack『卒業』
作曲者デイヴ・グルーシン(Dave Grusin)
アメリカの作曲家/アレンジャー/プロデューサー/ジャズピアニスト/バンドリーダー、1934年コロラド州リトルトン生まれ。「GRPレコード」の創設者の一人。

『The Singleman Party Foxtrot』は、1967年のアメリカ青春恋愛映画『卒業』のオリジナル・サウンドトラックです。
ダスティン・ホフマン演じるベンジャミンがミセス・ロビンソンを待つホテルで開催されていた「シングルマンパーティ」で流れていました。

スポンサーリンク

『恋するベーカリー』のサントラ

『恋するベーカリー』はハンス・ジマー(Hans Zimmer)とヘイター・ペレイラ(Heitor Pereira)が音楽を担当しました。

ハンス・ジマーは、ドイツ出身の作曲家です。『レインマン』や『テルマ&ルイーズ』、『ドライビング Miss デイジー』などの音楽で知られています。

ヘイター・ペレイラはブラジル出身の作曲家/ギタリストです。『おさるのジョージ』シリーズや『スマーフ』シリーズ、『怪盗グルー』シリーズの音楽を手掛けています。

『恋するベーカリー』キャスト・スタッフ

監督ナンシー・マイヤーズ(Nancy Meyers)
脚本ナンシー・マイヤーズ(Nancy Meyers)
製作ナンシー・マイヤーズ(Nancy Meyers)
スコット・ルーディン(Scott Rudin)
音楽ハンス・ジマー(Hans Zimmer)
ヘイター・ペレイラ(Heitor Pereira)
配給 東宝東和
公開 2009年12月25日
2010年2月19日
上映時間118分

ジェーン・アドラー:メリル・ストリープ(Meryl Streep)
アダム・シェファー:スティーヴ・マーティン(Steve Martin)
ジェイク・アドラー:アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)
ルーク・アドラー:ハンター・パリッシュ(Hunter Parrish)
ハーレイ:ジョン・クラシンスキー(John Krasinski)
アグネス・アドラー:レイク・ベル(Lake Bell)
ローレン・アドラー:ケイトリン・フィッツジェラルド(Caitlin FitzGerald)
ギャビー・アドラー:ゾーイ・カザン(Zoe Kazan)
ピーター:ロバート・カーティス・ブラウン(Robert Curtis Brown)
モス医師:ジェームズ・パトリック・スチュアート(James Patrick Stuart)

¥1,632 (2024/06/28 22:39時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
『恋するベーカリー』の挿入曲とサントラ
メリル・ストリープ主演映画『恋するベーカリー』は、ベーカリーの経営者として成功した女性が離婚した夫と再び恋に落ちる様子を描いた恋愛コメディ映画です。『ホリディ』『恋愛適齢期』のナンシー・マイヤーズが監督をつとめました。卒業パーティーのダンス曲など挿入曲とあらすじを紹介します。
『きみに読む物語』の挿入曲とサントラ
映画『きみに読む物語』は、同名の人気小説をライアン・ゴズリング主役で映画化した恋愛映画です。ニック・カサヴェテスが監督をつとめ、実の母であるジーナ・ローランズがアリー役を演じました。雨の中で踊る曲やニックが聴いている曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『赤と白とロイヤルブルー』の挿入曲とサントラ
映画『赤と白とロイヤルブルー』はアメリカ大統領の息子とイギリス王室の王子が恋に落ちる様子を描いた恋愛映画です。ピアノで弾く曲や車から流れる曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『マディソン郡の橋』の挿入曲とサントラ
『マディソン郡の橋』はクリント・イーストウッド監督・主演の恋愛映画です。メリル・ストリープは今作でアカデミー主演女優賞にノミネートされました。ラジオから流れる曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『永遠に美しく…』の挿入曲とサントラ
映画『永遠に美しく…』は永遠の美を追求し、不死となってしまった女性たちが引き起こす騒動を描いたブラック・コメディです。メリル・ストリープ、ゴールディ・ホーン、ブルース・ウィリスらが出演しています。メリル・ストリープ演じるマデリンが歌う歌など挿入曲とサントラを紹介します。
『アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜』の挿入曲とサントラ
映画『アイデア・オブ・ユー 〜大人の愛が叶うまで〜』はアン・ハサウェイ主演・製作の恋愛ドラマです。40歳のシングルマザーが16歳年下の人気アイドルと恋に落ちる様子が描かれています。作中に登場するオーガスト・ムーンの曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ボーンズ アンド オール』の挿入曲とサントラ
『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督がティモシー・シャラメと再タッグを組んだ恋愛ホラー/ロードムービー『ボーンズ アンド オール』。トレント・レズナーとアッティカス・ロスが音楽を担当しました。挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『君の名前で僕を呼んで』の挿入曲23曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『君の名前で僕を呼んで』は、1985年のイタリアを舞台に描かれる恋愛映画です。ルカ・グァダニーノは今作で第90回アカデミー脚色賞を受賞しました。作中で流れる曲やエンディング曲など23曲の挿入曲とサントラを紹介します。
『愛は静けさの中に』の挿入曲とサントラ
『愛は静けさの中に』は聴覚障害がある女性サラと聾学校の教師ジェームズが心を通わせる恋愛映画です。プロムで流れる曲や生徒たちが歌う曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ブルックリンでオペラを』の挿入曲とサントラ
映画『ブルックリンでオペラを』は、アン・ハサウェイ主演のヒューマン・ドラマ映画です。オペラ作曲家のスティーブンと潔癖症の精神科医の夫婦が船長と出会い人生が変わる様子が描かれています。ブルース・スプリングティーンによる主題歌や挿入曲、サントラを紹介します。
『ビフォア・ミッドナイト』の挿入曲とサントラ
映画『ビフォア・ミッドナイト』はリチャード・リンクレイター監督による『ビフォア』三部作の最終作です。前作から9年後、ギリシャで過ごすジェシーとセリーヌの様子が描かれています。エンディング曲やサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ビフォア・サンセット』の挿入曲とサントラ
映画『ビフォア・サンセット』は『ビフォア・サンライズ 恋人たちの距離』の続編です。前作から9年後がの二人がパリで再開する様子が描かれています。オープニング曲やエンディング曲など、挿入曲をあらすじに沿って紹介しています。
『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』の挿入曲とサントラ
イーサン・ホーク主演の恋愛映画『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』は、リチャード・リンクレイター監督による『ビフォア』シリーズ1作目にあたり、二人の出会いが描かれています。エンディング曲やウィーンの街中で流れる曲などをあらすじに沿って紹介します。
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』はウディ・アレン監督による恋愛映画です。セントラルパークやカーライルホテルなどアメリカ・NYの名所がロケ地となっています。ピアノで弾き語りする曲など挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『アニー・ホール』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞・主演女優賞など、4部門を受賞したウディ・アレンの名作『アニー・ホール』は、70年代のアメリカ・NYとロサンゼルスを舞台に繰り広げられる恋愛映画です。アニーが歌う曲など、挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『イングリッシュ・ペイシェント』の挿入曲とサントラ
アカデミー賞受賞作、映画『イングリッシュ・ペイシェント』は第二次世界大戦中の北アフリカを舞台とした恋愛映画です。ブッカー賞を受賞した同名の小説が原作となっています。映画内で使われた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『ある愛の詩』の挿入曲とサントラ
映画『ある愛の詩』は、身分違いの愛を描いたアメリカの恋愛映画です。ライアン・オニールとアリ・マッグローが主演をつとめ、第43回アカデミー賞では6部門にノミネートされ、フランシス・レイが作曲賞を受賞しました。あらすじに沿って挿入曲とサントラを紹介します。
『ディア・ハンター』の挿入曲とサントラ
映画『ディア・ハンター』はマイケル・チミノ監督によるベトナム戦争映画です。アカデミー作品賞・監督賞、クリストファー・ウォーケンが助演男優賞を受賞しました。テーマ曲や『Can’t Take My Eyes Off You』など使われた曲を流れた順に紹介します。
『ドント・ルック・アップ』(Netflix)の挿入曲とサントラ
アダム・マッケイ監督作品『ドント・ルック・アップ』は、彗星が地球に衝突することを発見した天文学者がメリル・ストリープ演じるアメリカ大統領相手に奮闘するブラック・コメディ映画です。アリアナ・グランデの曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ファンタスティック Mr.FOX』の挿入曲とサントラ
ウェス・アンダーソンのストップモーション・アニメ映画『ファンタスティック Mr.FOX』はキツネや動物たちが安住の地を求め人間と戦う様子を描いた作品です。ビーチ・ボーイズやローリング・ストーンズなど使われた音楽を流れた順に紹介します。
『恋愛小説家』の挿入曲とサントラ
映画『恋愛小説家』は、不器用な中年男性の恋愛模様が描かれた作品です。ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがそれぞれアカデミー主演男優賞・主演女優賞を受賞しました。ドライブシーンで流れた音楽やエンディング曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『リービング・ラスベガス』の挿入曲とサントラ
ニコラス・ケイジ主演の映画『リービング・ラスベガス』は、アルコール依存症の男と娼婦の恋愛映画です。スティングが歌う『エンジェル・アイズ 』やイーグルスのドン・ヘンリーによる『降っても晴れても』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の挿入曲とサントラ
小説『若草物語』を原作としたグレタ・ガーウィグ監督の映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、アメリカ・ボストンに暮らす四姉妹の物語です。ベスがピアノで弾く曲や舞踏会で流れる曲など使われた音楽を順番に紹介します。
『プラダを着た悪魔』の挿入曲とサントラ
アン・ハサウェイ主演の映画『プラダを着た悪魔』は、ファッション業界で働く女性達の物語です。シャネルやエルメスの豪華な衣装も話題となりました。主題歌『Suddenly I See』やマドンナの曲など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の挿入曲とサントラ
スピルバーグ監督作品、メリル・ストリープとトム・ハンクスが実在の人物を演じた『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。ジョン・ウィリアムズが音楽を担当しました。ボブ・ディランの曲など、使われた音楽を流れた順番にご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました