ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!

音楽担当:ハンス・ジマー(Hans Zimmer)

1957年9月12日、西ドイツ・フランクフルト生まれ。
1988年、『レインマン』の音楽で第61回アカデミー作曲賞にノミネートされ、一躍注目を集める。
『ライオン・キング』『DUNE/デューン 砂の惑星』でアカデミー作曲賞受賞。

以下の映画は、ハンス・ジマー(Hans Zimmer)が音楽を担当した映画です。

映画×音楽

『ブラック・レイン』の挿入曲とサントラ

リドリー・スコット監督映画『ブラック・レイン』は、大阪舞台のポリス・アクション映画です。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作など日米豪華スターの共演が話題となりました。主題歌やエンディング曲など挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ザ・クリエイター/創造者』の挿入曲とサントラ

映画『ザ・クリエイター/創造者』はAIと人類の戦いを描いたSFアクションスリラー映画です。アカデミー視覚効果賞・音響賞にノミネートされました。エンディングで流れた曲や目覚ましの曲など全18曲とハンス・ジマーのサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ラッシュ/プライドと友情』の挿入曲とサントラ

映画『ラッシュ/プライドと友情』は1976年F1世界選手権のチャンピオン争いに焦点を当て、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの関係を描いた作品です。KinKi Kidsが吹き替えを務めたことでも話題となりました。作中で使われた曲をあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『テルマ&ルイーズ』の挿入曲とサントラ

アカデミー賞6部門ノミネート作品『テルマ&ルイーズ』は、アメリカ南部、アーカンソー州に暮らす女性2人の逃避行を描いたロードムービーです。リドリー・スコットが監督を務め、ハンス・ジマーが映画音楽を手掛けました。使われた曲を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の挿入曲とサントラ

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』は25作目「ジェームズ・ボンド」シリーズです。前作に引き続きダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役を演じました。ビリー・アイリッシュの主題歌やルイ・アームストロングが歌うエンディングなど、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『恋愛小説家』の挿入曲とサントラ

映画『恋愛小説家』は、不器用な中年男性の恋愛模様が描かれた作品です。ジャック・ニコルソンとヘレン・ハントがそれぞれアカデミー主演男優賞・主演女優賞を受賞しました。ドライブシーンで流れた音楽やエンディング曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の挿入曲・サントラ

ガイ・リッチーによるシャーロック・ホームズシリーズ2作目『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』。モリアーティ教授がレコードでかけ歌う曲やワトソンのパーティーで流れていたアイリッシュ民謡など、使われていた音楽を流れた順番に紹介します。
映画×音楽

『シャーロック・ホームズ』の挿入曲・サントラ

2009年ガイ・リッチーが監督した映画『シャーロック・ホームズ』では、ロバート・ダウニー・Jrがホームズを、ジュード・ロウがワトソンを演じました。ホームズが地下闘技場で拳闘するシーンで使われた音楽など、挿入曲を流れた順番に紹介します。
映画×音楽

『ドライビング Miss デイジー』の挿入曲とサントラ

アカデミー賞4部門受賞作『ドライビング Miss デイジー』は、ブルース・ベレスフォード監督によるコメディドラマ映画です。ハンス・ジマーが音楽を担当し、オリジナルサウンドトラックで、グラミー賞を受賞しました。『ルサルカ』などの挿入曲を流れた順番に紹介します。
スポンサーリンク