ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ドント・ルック・アップ』(Netflix)の挿入曲とサントラ

2021年にアメリカで制作された映画『ドント・ルック・アップ』(原題:Don’t Look Up)は、彗星が地球に衝突することから起こる騒動を描いたブラックコメディ映画。アダム・マッケイが監督・脚本をつとめ、レオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンス、メリル・ストリープらが出演しています。

第94回アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされています。

スポンサーリンク

『ドント・ルック・アップ』の挿入曲

『ドント・ルック・アップ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

ケイトがイヤホンで聴く曲

Wu-Tang Clan Ain’t Nuthing ta F’ wit
アーティスト:Wu-Tang Clan
リリース年:1994年

ウータン・クラン(Wu-Tang Clan)は、1992年にニューヨークのスタテンアイランドでRZA主導のもと結成されたヒップホップグループです。『Wu-Tang Clan Ain’t Nuthing ta F’ wit』は、1994年にリリースされました。


ケイトがすばる望遠鏡で彗星を発見するシーン

彗星の発見を祝う場で流れている曲

Right Thurr
作曲:Chingy, Alonzo Lee and Shamar Daugherty
アーティスト:Chingy
リリース年:2003年

チンギー(Chingy)は、ミズーリ州セントルイス出身のアメリカのラッパーです。
『Right Thurr』は、チンギーのデビューシングルです。この曲がヒットしたことで、チンギーは一躍スターダムにのし上がりました。

大統領執務室から聴こえる曲

Happy Birthday
Written by Mildred J. Hill and Patty S. Hill

『Happy Birthday to You』は、アメリカ人のヒル姉妹が作詞・作曲した誕生日をお祝いする曲です。1917年に初出版されました。

将軍が電話の着信音に使っている曲

Let the Eagle Soar
作曲:John Ashcroft
アーティスト:John Ashcroft

『Let the Eagle Soar』は、ジョージ・W・ブッシュ政権で第79代司法長官を務めたアメリカの政治家ジョン・アシュクロフト(John Ashcroft)の曲です。

大統領演説の後に流れる曲

Battle Hymn of the Republic
作曲:Julia Ward Howe and William Steffe

『リパブリック讃歌』(Battle Hymn of the Republic)は、1862年に発表されたアメリカの愛国歌です。
アメリカの作曲家ウィリアム・ステッフ(William Steffe)が作った讃美歌のメロディをもとに、奴隷制度廃止運動家の女流詩人ジュリア・ウォード・ハウ(Julia Ward Howe)が歌詞を書きました。

この曲は、南北戦争で北軍の行軍曲として歌われました。戦後も広く歌い継がれ、国内外問わず様々な替え歌の原曲としても親しまれています。日本では『ごんべさんの赤ちゃん』『太郎さんの赤ちゃん』がそれにあたります。


大統領からの緊急メッセージがテレビで流されるシーン

博士、テディ、ケイトの三人が訪れるレストランのBGM

Statesboro Blues
作曲:Blind Willie McTell
オリジナル版:Blind Willie McTell(1929)
アーティスト:The Allman Brothers Band(1971)

『Statesboro Blues』は、アメリカのブルース歌手/ギタリスト、ブラインド・ウィリー・マクテル(Blind Willie McTell)が作った曲です。ある男性が女性に家に入れてほしいと懇願する物語が描かれています。

ここでは、オールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)によるカバーバージョンが使われています。


ケイトが客に真実を話し暴動が起こるシーン

ユール達がスケボーをするバーガー店の跡地で流れる曲

Doorman
作曲:Mura Masa and slowthai
アーティスト:slowthai & Mura Masa
リリース年:2018年

『Doorman』は、イギリスのラッパー/ミュージシャン、スロウタイ(slowthai)と、電子音楽プロデューサー/ソングライター、ムラ・マサ(MURA MASA)とのコラボシングルです。2018年にリリースされました。


ユールがケイトにキスをするシーン

屋上で夜空を眺めるユールとケイトが聞いている曲

Invasion
作曲:Kevin Hoetger and Kyle Crusham
アーティスト:English Teeth

イングリッシュ・ティース(English Teeth)は、テキサス州オースティン出身のガレージ/ブリットポップバンドです。『Invasion』は、イングリッシュ・ティースのアルバム『ET』に収録されています。

博士のカーラジオから流れる曲 1曲目

The Love I Hold
作曲:Ronald Benjamin Walker and Glenn Theodore Williams, Jr.
アーティスト:The Agents
リリース年:1967年

ジ・エージェンツ(The Agents)は、1962年にフィラデルフィアで結成されたアメリカの男性ソウル・クインテットです。『The Love I Hold』は、1967年にリリースされたシングル『Trouble』のB面に収録された曲です。


スナック菓子を食べながら運転をしている博士は、この曲が流れラジオのチャンネルを変えます。

博士のカーラジオから流れる曲 2曲目

Troubadour
作曲:Monty Holmes and Leslie Satcher
アーティスト:George Strait
リリース年:2008年

ジョージ・ストレイト(George Strait)は、1952年テキサス州パーサル生まれのカントリーミュージック歌手です。『Troubadour』は、ジョージ・ストレイトの25枚目のスタジオアルバム『Cowboy Spirit』に収録されています。


博士が彗星を見つけ、車を降りケイトに電話をかけるシーン

大統領の「Don’t Look Up」キャンペーンを観たネットの反応

House of Bricks
作曲:Despot and E. Vax
アーティスト:Despot
リリース年:2015年

『House of Bricks』は、アメリカのヒップホップアーティスト、デスポット(Despot)のデビューシングルです。

「世界を救うラストコンサート」でゲストが歌う曲

Just Look Up
作曲:Nicholas Britell, Ariana Grande, Kid Cudi, and Taura Stinson
アーティスト:Ariana Grande and Kid Cudi
リリース年:2021年 ( SOUNDTRACK『Don’t Look Up 』)

『Just Look Up』は、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)とキッド・カディ(Kid Cudi)のコラボ曲です。
映画『ドント・ルック・アップ』のサントラアルバムに収録されています。


映画に出演したアリアナ・グランデ(人気歌手ライリー・ビーナ役)とキッド・カディ(DJチェロ役)が実際に歌っています。

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)の曲が使われている映画一覧はコチラ

大統領の集会で流れる曲

Just Like Paradise
作曲:David Lee Roth and Brett Tuggle
アーティスト:David Lee Roth
リリース年:1988年

『Just Like Paradise』は、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)の初代ヴォーカリスト、デヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)の曲です。 2枚目のソロアルバム『スカイスクレイパー』(Skyscraper)に収録されています。


嘘をつかれた事に怒った参加者が壇上に物を投げつけるシーン

博士のカーラジオから流れる曲(ユールとケイトを乗せて走る)

Till Then
作曲:Guy Wood, Eddie Seiler and Sol Marcus
アーティスト:The Mills Brothers
リリース年:1944年

ミルズ・ブラザーズ(The Mills Brothers)は、20年代後半から80年代初頭まで長きにわたり活躍し続けたアメリカのジャズ/ポップボーカルカルテットです。
理髪店を営む父のもとオハイオ州ピクアに生まれたミル4兄弟で結成されました。長男が20代で亡くなくなってからは父親が代わりを務め、その後もトリオとして活動を続けました。ミルズ・ブラザーズは、イギリス王族の前でパフォーマンスをした最初のアフリカ系アメリカ人として、また、全国ネットワークラジオで独自のショーを行った最初のアフリカ系アメリカ人アーティストとして記憶されています。

『Till Then』は、第二次世界大戦中の1944年にリリースされました。自分が戻るまで待っていてほしいと恋人に懇願する内容の歌詞で、戦争をテーマにした曲が流行るなか人気を博しました。

映画『ドント・ルック・アップ』では、ミルズ・ブラザーズの曲が3曲使われています。


博士の車に乗っているユールがケイトにプロポーズをするシーン。

博士の自宅で流れる曲 1曲目

Bernadette
作曲:Brian Holland, Eddie Holland and Lamont Dozier
アーティスト:The Four Tops
リリース年:1967年

フォー・トップス(The Four Tops)は、デトロイトの高校に通う4人組によって結成されたR&Bコーラスグループです。『Bernadette』は、モータウンで録音されたフォー・トップスのヒット曲です。


ディナーの支度をしているところに、テディがやって来るシーン

博士の自宅で流れる曲 2曲目

I’ll Be Around
作曲:Alec Wilder
アーティスト:The Mills Brothers
リリース年:1942年

『I’ll Be Around』は、ジャズのスタンダードナンバーです。
クラシック音楽の作曲を行いながら、ポピュラー音楽の分野でも多くの作品を残したアメリカの作曲家アレック・ワイルダー(Alec Wilder)が作りました。
ミルズ・ブラザーズ(The Mills Brothers)がレコーディングを行い、1942年にリリースされました。


博士がテレビを消し、食事がはじまるシーン

博士の自宅で流れる曲 3曲目

Across the Valley from the Alamo
作曲:Joe Greene
アーティスト:The Mills Brothers
リリース年:1947年

『Across the Valley from the Alamo』は、ジャズのスタンダードナンバーです。
アメリカの作曲家ジョー・グリーン(Joe Greene)が作った曲です。ミルズ・ブラザーズ(The Mills Brothers)がレコーディングを行い、1947年にリリースされました。


博士の妻が博士に「おかえりなさい」と改めて言うシーン

ダイエットアプリの終了日

Second Nature
作曲:Justin Vernon and Nicholas Britell
アーティスト:Bon Iver
リリース年:2021年 ( SOUNDTRACK『Don’t Look Up』)

『Second Nature』は、映画『ドント・ルック・アップ』のオリジナルサウンドトラックです。
2006年に結成されたアメリカのインディー・フォーク・バンド、ボン・イヴェール(Bon Iver)が演奏しています。

『ドント・ルック・アップ』のサントラ

『ドント・ルック・アップ』はニコラス・ブリテル(Nicholas Britell)が音楽を担当しました。ニコラス・ブリテルは、米・ニューヨーク出身の作曲家です。アダム・マッケイ監督作品では『マネー・ショート 華麗なる大逆転』『バイス』の音楽を手掛けています。

『ムーンライト』『ビール・ストリートの恋人たち』と今作『ドント・ルック・アップ』でアカデミー作曲賞にノミネートされています。

『ドント・ルック・アップ』キャスト・スタッフ

監督アダム・マッケイ(Adam McKay)
脚本アダム・マッケイ(Adam McKay)
製作アダム・マッケイ(Adam McKay)
ケヴィン・メシック(Kevin Messick)
スコット・ステューバー(Scott Stuber)
ベッツィ・コー(Betsy Koch)
トッド・シュルマン(Todd Schulman)
音楽ニコラス・ブリテル(Nicholas Britell)
配給Netflix
公開 2021年12月10日
上映時間138分

ランドール・ミンディ博士:レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)
ケイト・ディビアスキー:ジェニファー・ローレンス(Jennifer Lawrence)
ジャニー・オーリアン合衆国大統領:メリル・ストリープ(Meryl Streep)
ブリー・エヴァンティー:ケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)
クレイトン・“テディ”・オグルソープ博士:ロブ・モーガン(Rob Morgan)
ジェイソン・オーリアン:ジョナ・ヒル(Jonah Hill )
ピーター・イッシャーウェル:マーク・ライランス(Mark Rylance)
ジャック・ブレマー:タイラー・ペリー(Tyler Perry)
ユール – ティモシー:シャラメ(Timothée Chalamet)
ベネディクト・ドラスク大佐:ロン・パールマン(Ron Perlman)
ライリー・ビーナ:アリアナ・グランデ(Ariana Grande)
DJ Chello:キッド・カディ(Kid Cudi)
フィリップ:ヒメーシュ・パテル(Himesh Patel)
アドゥル・グレリオ:トメル・シスレー(Tomer Sisley)
ジューン・ミンディ:メラニー・リンスキー(Melanie Lynskey)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント