ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet )

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲とサントラ

2019年アメリカで制作された映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(原題:A Rainy Day in New York)は、ウディ・アレン監督によるニューヨークを舞台とした恋愛映画です。カーライルホテルやセントラルパーク、メトロポリタン美術館などNYの名所がロケ地となっています。

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメスらが出演し、話題となりました。

スポンサーリンク

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング

I Got Lucky in the Rain
Artist
Cover ver.
ビング・クロスビー(Bing Crosby, 1903-1977)
アメリカの歌手/俳優/テレビプロデューサー/ラジオ&テレビパーソナリティ/実業家。世界初のマルチメディア・スターと言われ、20世紀を代表する世界的な人気と影響力を持つ音楽家。
作曲者ハロルド・アダムソン(Harold Adamson, 1906-1980)
アメリカの作詞家。
ジミー・マクヒュー(Jimmy McHugh, 1894-1969)
アメリカの作曲家。
Original ver.1949年:ジャネット・デイヴィス & ジェリー・ウェイン(Janette Davis and Jerry Wayne)

ギャツビーが自分とアシュレーについて語る

The Best Things in Life Are Free
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズピアニスト/作曲家。
ピアノの演奏法を独学で習得。生涯楽譜が全く読めず、また左利きであったことで、「ビハインドザビート」と呼ばれる独創性のあるサウンド・表現が生み出され、20世紀を代表するミュージシャンとしてジャズの歴史に名を残す。
代表作『ミスティ』
リリース1961年
作曲者ルー・ブラウン (Lew Brown, 1893-1958)
1910年代後半から1920年代にかけてティン・パン・アレーのトップ作曲家として活躍したロシア出身のアメリカ人作詞家。
バディ・G・デシルバ(Buddy G. DeSylva, 1895-1950)
アメリカのソングライター/映画プロデューサー。キャピトル・レコードの創設者の一人。
レイ・ヘンダーソン(Ray Henderson, 1896-1970)
ティン・パン・アレーで活躍したアメリカの作曲家。
Original ver.1927年:メアリィ・ローラー & ジョン・プライス=ジョーンズ(Mary Lawlor and John Price Jones)

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』では、エロル・ガーナー(Erroll Garner)の曲が7曲使われています。

ギャツビーとアシュレーがバスでマンハッタンに向かう

Will You Still Be Mine?
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
作曲者トム・アデア(Tom Adair, 1913-1988)
アメリカのソングライター/作曲家/脚本家。
マット・デニス(Matt Dennis, 1914-2002)
アメリカの歌手/ピアニスト/バンドリーダー/アレンジャー。
Original ver.1941年:トミー・ドーシー楽団(Tommy Dorsey and His Orchestra)

この後「俳優の家でアシュレーが下着姿のまま外に締め出される」でもこの曲が使われています。

ギャツビーが一人でニューヨークの街を歩く

I’ve Got the World on a String
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1954年
作曲者ハロルド・アーレン(Harold Arlen, 1905-1986)
ニューヨーク出身のユダヤ系アメリカ人作曲家。
代表曲『虹の彼方に』『ブルース・イン・ザ・ナイト』
テッド・ケーラー(Ted Koehler, 1894-1973)
アメリカの作詞家。
Original ver.1932年:キャブ・キャロウェイ楽団(Cab Calloway and His Orchestra)

ギャツビーが兄の家を訪れる

Red Sails in the Sunset
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1949年
作曲者ヒュー・ウィリアムズ(Hugh Williams, 1894-1939)
イギリスで活躍したウィーン生まれの作曲家/ピアニスト/指揮者。
ジミー・ケネディ(Jimmy Kennedy, 1902-1984)
ロンドン、アメリカで活躍した北アイルランド出身のソングライター。
Original ver.1935年:ルー・ストーン(Lew Stone and His Band)

『Red Sails in the Sunset』は、1935年にブロードウェイで初演された『Provincetown Follies』で使われた曲です。

スポンサーリンク

試写室で上映される映画で使われている曲(アシュレーが観る)

Piano Concerto No.2 in C Minor, Op.18 – III. Allegro Scherzando
ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18 – 第3楽章
作曲者セルゲイ・ラフマニノフ(Sergei Rachmaninoff, 1873-1943)
ロシア帝国出身の作曲家/ピアニスト/指揮者。ロシア革命後、母国を離れヨーロッパ・アメリカで主にピアニストとして活動し亡命生活を送る。
作曲年1900年 – 1901年
Artistスヴェトラーナ・ナヴァサルジャン(Svetlana Navasardian)
アルメニア出身のピアニスト。
ゲンナジー・プロヴァトロフ(Gennadi Provatorov, 1929-2010)
旧ソ連出身の指揮者。
モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団(Moscow Philharmonic)
モスクワに本拠を置くオーケストラ。1951年創設。

兄の家を出たギャツビーが傘を差し街を歩く

Everything Happens to Me
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
ニューヨークを拠点とするアメリカのジャズピアニスト/コントラバス/ボーカリスト/編曲家。
作曲者トム・アデア(Tom Adair, 1913-1988)
アメリカのソングライター/作曲家/脚本家。
マット・デニス(Matt Dennis, 1914-2002)
アメリカの歌手/ピアニスト/バンドリーダー/アレンジャー。
Original ver.1941年:ケイ・カイザー楽団(Kay Kyser and His Orchestra)

映画では、アメリカのジャズピアニスト、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。


この後以下のシーンでもこの曲が使われています。
ギャツビーがチャンの自宅に入る(ギャツビーがピアノで弾き語りする曲)
エンディング & エンドクレジット

アシュレーが監督を探すために脚本家の車に乗る

Undecided
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1949年
作曲者ロビン・シドニー(Sydney Robin, 1912-1985)
アメリカの作詞家/作曲。
チャーリー・シェイヴァース(Charlie Shavers, 1917-1971)
アメリカのトランペット奏者/編曲家/作曲家。
Original ver.1938年:ジョン・カービー(John Kirby and His Onyx Club Boys)

ギャツビーがチャンの自宅に入る(ギャツビーがピアノで弾き語りする曲)

Everything Happens to Me
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
ニューヨークを拠点とするアメリカのジャズピアニスト/コントラバス/ボーカリスト/編曲家。
ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet)
ギャツビーを演じるフランス系アメリカ人俳優。
作曲者トム・アデア(Tom Adair, 1913-1988)
アメリカのソングライター/作曲家/脚本家。
マット・デニス(Matt Dennis, 1914-2002)
アメリカの歌手/ピアニスト/バンドリーダー/アレンジャー。
Original ver.1941年:ケイ・カイザー楽団(Kay Kyser and His Orchestra)

映画では、アメリカのジャズピアニスト、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。


兄の家を出たギャツビーが傘を差し街を歩く」でもこの曲が使われていました。

美術館 – ギャツビーが親戚にばったり会う

That’s My Kick
Artistエロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1966年
作曲者エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
スポンサーリンク

ギャツビーがポーカーをしながらアシュレーを心配する

Misty
ミスティ
Artistエロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1954年
作曲者エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)

この後「馬車を降りたギャツビーが時計台にやって来る」でもこの曲が使われています。

カーライルのバーでピアニストが演奏する曲(ギャツビーが酒を飲む)

They Say It’s Wonderful
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
作曲者アーヴィング・バーリン(Irving Berlin, 1888-1989)
ベラルーシ出身のユダヤ系アメリカ人作曲家。
代表曲『ホワイト・クリスマス』『ゴッド・ブレス・アメリカ』
Original ver.1946年:ビング・クロスビー(Bing Crosby with Orchestra)

『They Say It’s Wonderful』は、1946年初演のブロードウェイミュージカル『アニーよ銃をとれ』(Annie get your gun)のために作られた曲です。

映画では、アメリカのジャズピアニスト、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。

カーライルのバーでピアニストが演奏する曲(ギャツビーが女と話をする)

Gigi
邦題『いとしのジジ』
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
作曲者アラン・ジェイ・ラーナー(Alan Jay Lerner, 1918-1986)
アメリカの作詞家/リブレット作家。フレデリック・ロウ、バートン・レインとのコンビでミュージカル作品を手がける。
代表作『マイ・フェア・レディ』『巴里のアメリカ人』
フレデリック・ロウ(Frederick Loewe, 1901-1988)
ドイツ・ベルリン出身のアメリカの作曲家。
Original ver.1958年:ビリー・エクスタイン(Billy Eckstine, 1914-1993)

『Gigi』は、1958年のアメリカミュージカル映画『恋の手ほどき』(原題:Gigi)でルイ・ジュールダンによって披露された曲です。アラン・ジェイ・ラーナーとフレデリック・ロウは、この曲でアカデミー歌曲賞(第31回アカデミー賞)を受賞しました。

映画では、アメリカのジャズピアニスト、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。

パーティBGM(アシュレーが俳優と訪れ、監督と話をする)

New York Nights
作曲者バリー・グレッデン(Barrie Gledden)
スティーブ・ディモンド(Steve Dymond)
ジェイソン・ペダー(Jason Pedder)

パーティBGM(アシュレーが脚本家と話をする)

Just Let It Go
ArtistT・ケリー(T. Kelley)
リリース2017年
作曲者T・ケリー(T. Kelley)
スポンサーリンク

ギャツビーは母親のパーティに出席し、アシュレーは俳優の自宅に向かう

Bye Bye Baby
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
作曲者レオ・ロビン(Leo Robin, 1900-1984)
アメリカの作詞家。
ジューリー・スタイン(Jule Styne, 1905-1994)
イギリス系アメリカ人のソングライター/作曲家。
Original ver.1949年:フランク・シナトラ(Frank Sinatra with The Pastels)

『Bye Bye Baby』は、1949年初演のブロードウェイミュージカル『紳士は金髪がお好き』(原題:Gentlemen Prefer Blondes)のために作られた曲です。

映画では、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。


この後「カーライルのバーでギャツビーがピアノで演奏する曲(アシュレーがびしょ濡れで現れる)」でもこの曲が使われています。

俳優の家 – アシュレーが下着姿のまま外に締め出される

Will You Still Be Mine?
Artist
Cover ver.
エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
作曲者トム・アデア(Tom Adair, 1913-1988)
アメリカのソングライター/作曲家/脚本家。
マット・デニス(Matt Dennis, 1914-2002)
アメリカの歌手/ピアニスト/バンドリーダー/アレンジャー。
Original ver.1941年:トミー・ドーシー楽団(Tommy Dorsey and His Orchestra)

ギャツビーとアシュレーがマンハッタンに向かう」でもこの曲が使われていました。

カーライルのバーでギャツビーがピアノで演奏する曲(アシュレーがびしょ濡れで現れる)

Bye Bye Baby
Artist
Cover ver.
コナル・ファウクス(Conal Fowkes)
作曲者レオ・ロビン(Leo Robin, 1900-1984)
アメリカの作詞家。
ジューリー・スタイン(Jule Styne, 1905-1994)
イギリス系アメリカ人のソングライター/作曲家。
Original ver.1949年:フランク・シナトラ(Frank Sinatra with The Pastels)

映画では、コナル・ファウクス(Conal Fowkes)の演奏が使われていました。


ギャツビーは母親のパーティに出席、アシュレーは俳優の自宅に向かう」でもこの曲が使われていました。

馬車を降りたギャツビーが時計台にやって来る

Misty
ミスティ
Artistエロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)
リリース1954年
作曲者エロル・ガーナー(Erroll Garner, 1921-1977)

ギャツビーがポーカーをしながらアシュレーを心配する」でもこの曲が使われていました。

時計台のからくり時計が6時を知らせる音楽

Sing a Song of Sixpence(Traditional)
邦題『6ペンスの唄』

『Sing a Song of Sixpence』は、イギリスに昔から伝わる童謡「マザー・グース」の歌です。

スポンサーリンク

エンディング & エンドクレジット

Everything Happens to Me
Artistコナル・ファウクス・トリオ(Conal Fowkes Trio)
作曲者トム・アデア(Tom Adair, 1913-1988)
アメリカのソングライター/作曲家/脚本家。
マット・デニス(Matt Dennis, 1914-2002)
アメリカの歌手/ピアニスト/バンドリーダー/アレンジャー。
Original ver.1941年:ケイ・カイザー楽団(Kay Kyser and His Orchestra)

映画では、コナル・ファウクス・トリオ(Conal Fowkes Trio)の演奏が使われていました。


兄の家を出たギャツビーが傘を差し街を歩く」でのこの曲が使われていました。

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』キャスト・スタッフ

監督ウディ・アレン(Woody Allen)
脚本ウディ・アレン(Woody Allen)
製作レッティ・アロンソン(Letty Aronson)
エリカ・アロンソン(Erika Aronson)
配給 ロングライド
公開 2020年7月3日
上映時間92分
¥4,318 (2024/01/19 12:18時点 | Amazon調べ)

ギャツビー・ウェルズ:ティモシー・シャラメ(Timothée Chalamet )
アシュレー・エンライト:エル・ファニング(Elle Fanning)
チャン・ティレル:セレーナ・ゴメス(Selena Gomez)
テッド・ダヴィドフ:ジュード・ロウ(Jude Law)
フランシスコ・ヴェガ:ディエゴ・ルナ(Diego Luna)
ローランド・ポラード:リーヴ・シュレイバー(Liev Schreiber)
リリー:アナリー・アシュフォード(Annaleigh Ashford)
コニー・ダヴィドフ:レベッカ・ホール (Rebecca Hall)
ギャツビーの母:チェリー・ジョーンズ(Cherry Jones)
ハンター・ウェルズ:ウィル・ロジャース(Will Rogers)
テリー:ケリー・ロールバッハ(Kelly Rohrbach)
ティファニー:スキ・ウォーターハウス(Suki Waterhouse)
ジョシュ・ルーミス:グリフィン・ニューマン(Griffin Newman)

『君の名前で僕を呼んで』の挿入曲23曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『君の名前で僕を呼んで』は、1985年のイタリアを舞台に描かれる恋愛映画です。ルカ・グァダニーノは今作で第90回アカデミー脚色賞を受賞しました。作中で流れる曲やエンディング曲など23曲の挿入曲とサントラを紹介します。
『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』の挿入曲とサントラ
ティモシー・シャラメ主演映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』はウディ・アレン監督による恋愛映画です。セントラルパークやカーライルホテルなどアメリカ・NYの名所がロケ地となっています。ピアノで弾き語りする曲など挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の挿入曲とサントラ
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、ウェス・アンダーソン監督によるオムニバス作品です。クリストフの『Aline』やフランスのカフェで流れていた曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の挿入曲とサントラ
小説『若草物語』を原作としたグレタ・ガーウィグ監督の映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』は、アメリカ・ボストンに暮らす四姉妹の物語です。ベスがピアノで弾く曲や舞踏会で流れる曲など使われた音楽を順番に紹介します。
『レディ・バード』の挿入曲とサントラ
グレタ・ガーウィグ監督、シアーシャ・ローナン主演映画『レディ・バード』は、大学進学を控えたレディ・バードの1年を描いた青春映画です。ミュージカル公演の曲や車の中で流す『Crash into Me』など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント