デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画 | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
ARTISTS

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画

デビット・ボウイ(David Bowie)は、1947年イギリス・ロンドン生まれのロックミュージシャンです。グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出しただけでなく、マルチな才能を持ったアーティストとして知られています。

1976年公開の『地球に落ちてきた男』では主演トーマス役を、『戦場のメリークリスマス』では英軍将校ジャック・セリアズ役を演じるなど、俳優としても活躍しました。また、1971年に誕生した長男のダンカン・ジョーンズは映画監督として活躍しています。

このページでは、デビット・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。

デビット・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画

映画で使われているデビット・ボウイ(David Bowie)の曲を紹介していきます。

(当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加中です。)

When I Live My Dream(1967)

Space Oddity(1969)

Changes(1971)

スポンサーリンク

Oh! You Pretty Things(1971)

Life on Mars(1971)

Queen Bitch(1971)

スポンサーリンク

Moonage Daydream(1972)

Five Years(1972)

Ziggy Stardust (1972)

スポンサーリンク

Starman(1972)

Lady Stardust(1972)

Star(1972)

スポンサーリンク

Rock ’n’ Roll Suicide(1972)

Rebel Rebel (1974)

Fame(1975)

スポンサーリンク

Heroes(1977)

Up the Hill Backwards(1980)

Ashes to Ashes(1980)

Under Pressure(1981)

スポンサーリンク

Cat People (Putting Out Fire)(1982)

Let’s Dance(1983)

※当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加中です。

坂本龍一の曲が使われている映画
坂本龍一はクラシック音楽やテクノなど幅広いジャンルで活躍した作曲家、ピアニストです。イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の一員としても知られています。アカデミー作曲賞を受賞した『ラスト・エンペラー』など、坂本龍一の曲が使われた映画を紹介します。
ドアーズ(The Doors)の曲が使われている映画
ドアーズ(The Doors)は、1965年にアメリカ・カリフォルニア州で結成されたロックバンドです。イギー・ポップやパティ・スミスに影響を与えたことでも知られています。『The End』など代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の曲が使われている映画
ミック・ジャガーやキース・リチャードが在籍するイギリスを代表するロックバンド、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)。『サティスファクション』『黒くぬれ!』など、ローリング・ストーンズの曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
ザ・クラッシュ(The Clash)の曲が使われている映画
セックス・ピストルズ、ダムドとならび世界三代ロンドンパンクバンドの一つとして知られるザ・クラッシュ(The Clash)。『ロック・ザ・カスバ』『ロンドン・コーリング』など、ザ・クラッシュの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
イギー・ポップ(Iggy Pop)の曲が使われている映画
パンクのゴッドファーザーとして今なお第一線で活躍を続けるイギー・ポップ(Iggy Pop)。ストゥージズ(The Stooges)のヴォーカリストとしても知られています。イギー・ポップの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)の曲が使われている映画
ハリー・ニルソン(Harry Nilsson)は、七色の声を持つヴォーカリストと評されたアメリカのシンガーソングライターです。「うわさの男」など、ハリー・ニルソンの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
ポール・サイモン/アート・ガーファンクルの曲が使われている映画
サイモン&ガーファンクル(Simon & Garfunkel)はポール・サイモン(Paul Simon)とアート・ガーファンクル(Art Garfunkel)のフォークデュオです。ソロ活動後の曲を含め、サイモン&ガーファンクルの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)の曲が使われている映画
ザ・ビーチ・ボーイズ(The Beach Boys)は、アメリカ・カリフォルニアで結成されたサーフロックバンドです。『I Get Around』や『素敵じゃないか』などビーチ・ボーイズの代表曲/ヒット曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(CCR)の曲が使われている映画 
クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)は、60年代に活躍したアメリカのロックバンドです。『雨を見たかい』や『Bad Moon Rising』など、CCRの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
ボブ・ディラン(Bob Dylan)の曲が使われている映画
ボブ・ディラン(Bob Dylan)は、ノーベル文学賞を受賞したシンガーソングライターです。『時代は変る』『はげしい雨が降る』など、ボブ・ディランの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ヴァン・ヘイレン(Van Halen)の曲が使われている映画
ヴァン・ヘイレン(Van Halen)は、1972年にカリフォルニア州で結成されたハードロックバンドです。テクニカルなギター奏法であるタッピングを普及させ、その後のロックミュージックに多大な影響を与えました。『Jump』など、代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
ZZトップ(ZZ Top)の曲が使われている映画
ZZトップ(ジージー・トップ)は、ヒューストンで結成されたアメリカのスリーピース・ロックバンドです。長いヒゲと帽子、サングラスといった特徴的な風貌でも知られています。『La Grande』や『Tush』など、代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
カニエ・ウェスト(Kanye West)/イェ(Ye)の曲が使われている映画
カニエ・ウェスト(Kanye West)は、シカゴ出身のラッパー/ファッションデザイナーです。現在はイェ(Ye)名義で活動を行っています。『パワー』や『Gold Digger』などヒット曲/代表曲が使われた映画を紹介します。
クール&ザ・ギャング(Kool & The Gang)の曲が使われている映画
クール&ザ・ギャング(Kool & The Gang)は、1964年にアメリカ・ニュージャージー州ジャージーシティで結成されたファンク・バンドです。『Get Down on It』などクール&ザ・ギャングの代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
シェール(Cher)の曲が使われている映画
シェール(Cher)は、ポップスの女神の称される女優/歌手です。『月の輝く夜に』ではアカデミー主演女優賞を受賞、50年以上第一線で活躍し続けています。『Bang, Bang』など、シェールの代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)の曲が使われている映画
フリートウッド・マック(Fleetwood Mac)は、1967年にイギリス・ロンドンで結成されたブルース・ロックバンドです。フリートウッド・マックの代表曲やヒット曲が使われている映画を紹介します。
ダイアナ・ロス/スプリームスの曲が使われている映画
ダイアナ・ロスは、スプリームスのリードボーカルとして人気を博したポップ・ソウル・シンガーです。スプリームス(The Supremes)時代のヒット曲/代表曲を含むダイアナ・ロスの曲が使われた映画を紹介します。
KC &ザ・サンシャイン・バンド(KC and the Sunshine Band)の曲が使われている映画
KC &ザ・サンシャイン・バンドは、アメリカ・フロリダで結成されたファンク/R&Bバンドです。『ゲット・ダウン・トゥナイト』などKC &ザ・サンシャイン・バンドの代表曲/ヒット曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)の曲が使われている映画
アース・ウィンド・アンド・ファイアー(Earth, Wind & Fire)は、1970年代を代表するファンクミュージック・バンドです。『September』や『Shining Star』など、代表曲/ヒット曲が使われている映画を紹介します。
ザ・ホワイト・ストライプス(The White Stripes)の曲が使われている映画
ザ・ホワイト・ストライプス(The White Stripes)は、ジャック・ホワイト&メグ・ホワイトによるロックデュオです。『Seven Nation Army』をはじめとするザ・ホワイト・ストライプスの代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)の曲が使われている映画
スライ&ザ・ファミリー・ストーン(Sly & The Family Stone)は「サイケデリック・ソウル」と呼ばれるサウンドで人気を博したファンク・ロックグループです。『Dance to the Music』など代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
ビージーズ(Bee Gees)の曲が使われている映画
ビージーズ(Bee Gees)は、イギリス・マン島生まれのギブ3兄弟(双子のビリーとロビン、モーリス)が中心となり結成されたロックバンドです。『Staying Alive』など、ビージーズの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
キッス(KISS)の曲が使われている映画
キッス(KISS)は、1973年1月にアメリカ・ニューヨークで結成されたハードロックバンドです。フェイスペイントと奇抜な衣装、「ショックロック」スタイルのライブパフォーマンスで世界的に注目され、今ではロック界を代表するバンドの一つとして知ら...
ザ・フー(The Who)の曲が使われている映画
世界最高のライヴ・バンドとも評されるロックバンド、ザ・フー(The Who)。『My Generation』や『無法の世界』など、The Whoの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
キンクス(The Kinks)の曲が使われている映画
「イングリッシュ・インベンション」としてアメリカを始め世界中に衝撃をもたらしたイギリスのロックバンド、キンクス(The Kinks)。『You Really Got Me』など、キンクスの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ラモーンズ(Ramones)の曲が使われている映画
ラモーンズ(Ramones)は、アメリカ・ニューヨークで結成されたパンクロックバンドです。『Judy Is A Punk』や『Do You Remember Rock ’n’ Roll Radio?』などの代表曲/ヒット曲が使われた映画を紹介します。
エルトン・ジョン(Elton John)の曲が使われている映画
エルトン・ジョン(Elton John)は、1947年イギリス生まれのシンガー・ソングライターです。1969年のデビュー以来50年以上第一線で精力的に活動し、世界で最も成功した男性ソロアーティストの一人として知られています。 このページでは...
ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)の歌が流れている映画
イギリスのロックバンド、ロキシー・ミュージックのフロントマン、ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)は、70年代から現在まで音楽シーンに多大な影響を与え続けるシンガーです。『恋はドラッグ』などブライアン・フェリーの曲が使われている映画を紹介します。
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画
グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出したデヴィッド・ボウイ。『レッツ・ダンス』『スターマン』などの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
モービー(Moby)の曲が使われている映画
モービー(Moby)はアメリカ・コネチカット州出身のエレクトロニカミュージシャン/ソングライターです。『ビューティフル』や『Honey』など、モービーの曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
ザ・スウィングルズ(The Swingles)の曲が使われている映画
ザ・スウィングルズ(The Swingles/The Swingle Sisters)は、1927年にパリで結成されたアカペラボーカルグループです。クラシックなどをスキャットアレンジして歌い人気となりました。ザ・スウィングルズの曲が使われている映画を紹介します。
テイラー・スウィフト(Taylor Swift)の曲が使われている映画
歌だけでなくファッションアイコンとしても注目を集める世界トップの歌姫、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)。『Shake It Off』や『Welcome To New York』など、テイラー・スウィフトの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
スティング(Sting)の曲が使われている映画
スティング(Sting)は、「ポリス」のボーカル/ベーシストとして知られるミュージシャンです。解散後はソロで活躍し、俳優として映画にも出演しています。『レオン』エンディング曲の『Shape Of My Heart』など、スティングの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)の曲が使われている映画
ビリー・アイリッシュ(Billie Eilish)は、Z世代のカリスマ的存在として知られるシンガーソングライターです。アカデミー歌曲賞受賞『What Was I Made For?』など、ビリー・アイリッシュの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
アーハ(a-ha)の曲が使われている映画
アーハ(a-ha)は、1982年にノルウェー・オスロで結成されたシンセポップバンドです。『テイク・オン・ミー』や『The Sun Always Shines on TV』など、アーハの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
マドンナ(Madonna)の曲が使われている映画
「ポップの女王」として知られる世界的ポップスター、マドンナ(Madonna)。『Lucky Star』や『Like a Virgin』など、マドンナの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)の曲が使われている映画
スティーヴ・ウィンウッド(Steve Winwood)は、スペンサー・デイヴィス・グループやトラフィックなどでの活躍やソロ活動で知られるロックミュージシャンです。『Gimme Some Lovin』など、スティーヴ・ウィンウッドの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
トッド・ラングレン(Todd Rundgren)の曲が使われている映画
トッド・ラングレン(Todd Rundgren)は、XTCやバッドフィンガーへの楽曲提供やプロデュースなどさまざまな活動で知られるシンガーソングライターです。『I Saw The Light』など、トッド・ラングレンの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)の曲が使われている映画
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)は、1993年フロリダ州生まれのシンガー/ソングライター/女優です。『ドント・ルック・アップ』で使われた『Just Look Up』など、アリアナ・グランデの曲が使われている映画を紹介します。
クリーム(Cream)の曲が使われている映画
エリック・クラプトン 、ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルースの3人で結成された伝説的スリーピース・ロックバンド、クリーム(Cream)。『Sunshine of Your Love』など、クリーム(Cream)の曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)による録音が使われている映画
デイヴ・ブルーベックは、ジャズ・スタンダードの名曲『テイク・ファイブ(Take Five)』を作曲したアメリカのジャズピアニストです。『Unsquare Dance』など、ブルーベックの曲が使われた映画をシーンごとに紹介します。
プリテンダーズ(The Pretenders)の曲が使われている映画
女性ロッカーのクリッシー・ハインドを中心に結成されたロックバンド、プリテンダーズ(The Pretenders)。『恋のブラス・イン・ポケット』(原題:Brass in Pocket)や『2000 Miles』など、プリテンダーズの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました