ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』の挿入曲とサントラ

2022年に制作された映画『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』(原題:Glass Onion: A Knives Out Mystery)は、名探偵ブノワ・ブランが活躍するミステリー映画『ナイブズ・アウト』シリーズの続編です。

世界中がパンデミック影響下にあった2020年5月、名探偵ブノワがギリシャのプライベートアイランドで起こる殺人事件を解決するまでが描かれています。

第95回アカデミー脚色賞にノミネートされました。

『ナイブズ・アウト』シリーズの挿入曲とサントラ
スポンサーリンク

『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』の挿入曲

『ナイブズ・アウト: グラス・オニオン』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング

2020年5月13日、クレア(コネチカット州知事)の自宅に荷物が届くシーン

Fugue in G Minor, BWV 578, “Little Fugue”
フーガ ト短調 「小フーガ」BWV 578
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。
Original ver.タチアナ・ニコラーエワ(Tatiana Nikolaeva, 1924-1993)
旧ソ連のピアニスト/作曲家/音楽教師。第1回ヨハン・ゼバスティアン・バッハ国際コンクール(1950)のピアノ部門で一位を受賞し、その演奏に深く感銘を受けた作曲家ドミトリ・ショスタコーヴィチから『24の前奏曲とフーガ 作品87』を献呈される。

この後「回想シーン | ブランの家から聞こえるピアノの曲」でもこの曲が使われています。

バーディーのホームパーティで流れる曲

Mothership Connection (Star Child)
Artistパーラメント(Parliament)
ジョージ・クリントン率いるアメリカのファンクバンド。1955年に「ザ・パーラメンツ」として設立され、1969年に「パーラメント」に改名。
リリース1975年
作曲者ジョージ・クリントン(George Clinton)
アメリカのシンガー/ソングライター/レコードプロデューサー/バンドリーダー、1941年ノースカロライナ州カナポリス生まれ。ファンカデリックの創設メンバー。ジェームス・ブラウンのファンク・ミュージックの継承者とされている。
ブーツィー・コリンズ(Bootsy Collins)
アメリカのベーシスト/ボーカリスト、1951年オハイオ州シンシナティー生まれ。
バーニー・ウォーレル(Bernie Worrell)
アメリカのキーボーディスト/オルガニスト/アレンジャー、1944年ニュージャージー州ロングブランチ生まれ。

マイルズから送られた仕掛け箱のオルゴールから流れる曲

パーティゲストのヨーヨー・マ(チェリスト)がペグに曲名を教え、曲の解説をするシーン

Bach’s Music Box — ‘Little’ Fugue in G Minor”
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。
編曲者/Artistブランドン・フランケンフィールド(Brandon Frankenfield)

『オープニング』で使われていた《フーガ ト短調 「小フーガ」BWV 578》をアレンジしたものが使われています。

波止場に集まる招待客が “名探偵ブノワ”に気付き話しかけるシーン

Aeraki (To Thiliko)
Artistエレニ・フレイラ(Eleni Foureira)
アルバニア出身のギリシャ人歌手/ダンサー、1987年生まれ。2007年から2009年まで、ギリシャのガールズグループ「Mystique」のメンバーとして活動。
リリース2022年
作曲者ジョルゴス・パパドプロス(Giorgos Papadopoulos)
ギリシャの歌手、1985年生まれ。
キリアコス・ドゥオモ(Kyriakos Doumos)
ギリシャ系キプロス人シンガーソングライター、1985年生まれ。
スポンサーリンク

砂浜でマイルズがギターを弾く(ゲストを乗せたボートが島に到着する)

Blackbird
ブラックバード
Artistビートルズ(The Beatles)
1960年にイギリス・リバプールで結成された伝説のロックバンド。
リリース1968年
作曲者John Lennon and Paul McCartney
ジョン・レノン(John Lennon, 1940-1980)
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)

プールサイドでマイルズがギターを弾く

Under the Bridge
Artistレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)
1982年にロサンゼルスで結成されたアメリカのロックバンド。
リリース1991年
作曲者レッド・ホット・チリ・ペッパーズのメンバー
フリー(Flea)
ジョン・フルシアンテ(John Frusciante)
アンソニー・キーディス(Anthony Kiedis)
チャド・スミス(Chad Smith)

マイルズがモナリザの絵の前で招待客に飲み物をふるまう

To Love Somebody
Artistビージーズ(Bee Gees)
ギブ三兄弟を中心に結成された男性ボーカルグループ。1963年にオーストラリアでデビューし、半世紀にわたる息の長い活動を続け数々の名曲を残す。
リリース1967年
作曲者ビージーズ(Bee Gees)のメンバー
バリー・ギブ(Barry Gibb)
ロビン・ギブ(Robin Gibb, 1949-2012)
モーリス・ギブ(Maurice Gibb, 1949-2003)

ビージーズ(Bee Gees)の曲が使われている映画一覧はコチラ

広間で酒を飲む招待客がアンディと口論をする

Take Me Home, Country Roads
邦題『カントリー・ロード』
Artist
cover ver.
トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ(Toots & The Maytals)
ジャマイカの3人組音楽グループ。
リリース1972年
作曲者ビル・ダノフ(Bill Danoff)
アメリカのソングライター/歌手。スターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)のメンバー。当時の妻タフィー・ニヴァートと共同でジョン・デンバーのヒット曲を複数書いたことで知られる。
タフィー・ニヴァート(Taffy Nivert)
アメリカのソングライター/歌手。スターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)のメンバー。
ジョン・デンバー(John Denver, 1943-1997)
Original ver.1971年:ジョン・デンバー(John Denver, 1943-1997)
アメリカのシンガーソングライター。1970年代のポップ・カントリー界において中心的な役割を果たし世界的人気を博す。航空機の収集家としても知られ、53歳の時自らが操縦するプロペラ機(ホームビルト機)の墜落により命を落とす。

『Take Me Home, Country Roads』は、アメリカのシンガーソングライター、ジョン・デンバー(John Denver)の曲です。1971年に発売され全米2位のヒットを記録しました

ここでは、ジャマイカの3人組音楽グループ、トゥーツ・アンド・ザ・メイタルズ(Toots & The Maytals)によるカバーバージョンが使われています。

スポンサーリンク

広間に戻ったマイルズがバーディーとダンスをする曲

デュークが突然苦しみ出し倒れるシーン

Star
Artistデヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)
イギリスのシンガー/ソングライター/ミュージシャン/俳優。グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出し、俳優としても活躍したマルチな才能を持つアーティスト。
リリース1972年
作曲者デヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画一覧はコチラ

回想シーン | ブランの家から聞こえるピアノの曲

ヘレンが箱を持ちブランの家を訪れるシーン

Fugue in G Minor, BWV 578, “Little Fugue”
フーガ ト短調 「小フーガ」BWV 578
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。

オープニング」でもこの曲が使われていました。

10年前の回想シーン | バー「グラス・オニオン」で流れる曲

アンディが親友たちにマイルズを紹介するシーン

Starman
Artistデヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)
イギリスのシンガー/ソングライター/ミュージシャン/俳優。グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出し、俳優としても活躍したマルチな才能を持つアーティスト。
リリース1972年
作曲者デヴィッド・ボウイ(David Bowie, 1947-2016)

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画一覧はコチラ

デロル(マイルズの島に入り浸る男)がくつろぐ部屋で流れる曲

ヘレンがナプキンの入った封筒を探し回り、部屋に入ってしまうシーン

Cool Change
Artistリトル・リバー・バンド(Little River Band)
1975年にメルボルンで結成されたオーストラリアのロックバンド。
リリース1979年
作曲者オーストラリアのシンガーソングライター、1944年イギリス・ケント州チャタム生まれ。「リトル・リバー・バンド」の創立メンバー。
スポンサーリンク

モナリザに炎が燃え移るシーン

Mona Lisa
邦題『モナ・リザ』
Artist
cover ver.
ナット・キング・コール(Nat King Cole, 1919-1965)
アメリカのジャズピアニスト/歌手。「キング」の愛称で呼ばれ一世を風靡した20世紀アメリカを代表するジャズピアニスト。
リリース1950年
作曲者リビングストン&エバンズ(Livingston & Evans)
ジェイ・リビングストン(Jay Livingston, 1915-2001)とレイ・エバンズ(Ray Evans, 1915-2007)のユダヤ系アメリカ人二人によるソングライティング/作曲家コンビ。
代表作『モナ・リザ』『ケ・セラ・セラ』『タミー』
Original ver.1949年:セルジオ・デ・カルロ(Sergio De Karlo, 1911-2010)
キューバの作曲家/歌手/俳優。

『Mona Lisa』は、1949年のアメリカ犯罪映画『別働隊』(原題:Captain Carey, U.S.A.)のテーマ曲です。
『別働隊』は、第二次世界大戦中に味方の裏切りによって仲間を亡くした男が、戦後、裏切り者を探しにイタリアに戻るというスリラー小説(「アフター・ミッドナイト」)をもとに作られた作品です。

ジェイ・リビングストンとレイ・エバンズは、この曲でアカデミー歌曲賞(第23回アカデミー賞)を受賞しました。

エンドクレジット

Glass Onion
Artistビートルズ(The Beatles)
1960年にイギリス・リバプールで結成された伝説のロックバンド。
リリース1968年
作曲者John Lennon and Paul McCartney
ジョン・レノン(John Lennon, 1940-1980)
ポール・マッカートニー(Paul McCartney)

『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』のサントラ

『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』はネイサン・ジョンソン(Nathan Johnson)が音楽を担当しました。

ネイサン・ジョンソンは、アメリカ・ワシントン州出身の作曲家です。ライアン・ジョンソン監督の長編映画監督デビュー作『BRICK ブリック』以降、多くの作品でタッグを組んでいます。

『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』キャスト・スタッフ

監督ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)
脚本ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)
製作ラム・バーグマン(Ram Bergman)
ライアン・ジョンソン(Rian Johnson)
音楽ネイサン・ジョンソン(Nathan Johnson)
配給Netflix
公開2022年12月23日
上映時間139分

ブノワ・ブラン:ダニエル・クレイグ(Benoit Blanc)
マイルズ・ブロン:エドワード・ノートン(Edward Norton)
カサンドラ・“アンディ”・ブランド:ジャネール・モネイ(Janelle Monáe)
ヘレン・ブランド:ジャネール・モネイ(Janelle Monáe)
クレア・デベラ:キャスリン・ハーン(Kathryn Hahn)
ライオネル・トゥーサン:レスリー・オドム・Jr(Leslie Odom Jr.)
バーディー・ジェイ:ケイト・ハドソン(Kate Hudson)
デューク・コーディ:デイヴ・バウティスタ(Dave Bautista)
ペグ:ジェシカ・ヘンウィック(Jessica Henwick)
ウィスキー:マデリン・クライン(Madelyn Cline)
デロル:ノア・セガン(Noah Segan)
マー:ジャッキー・ホフマン(Jackie Hoffman)
デヴォン・デベラ:ダラス・ロバーツ(Dallas Roberts)
有能な部下:イーサン・ホーク(Ethan Hawke)
フィリップ:ヒュー・グラント(Hugh Grant)
本人役:スティーヴン・ソンドハイム(Stephen Sondheim)
本人役:アンジェラ・ランズベリー(Angela Lansbury)
本人役:ナターシャ・リオン(Natasha Lyonne)
本人役:カリーム・アブドゥル=ジャバー(Kareem Abdul-Jabbar)
本人役:セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)
本人役:ヨーヨー・マ(Yo-Yo Ma)
島の時報の声(カメオ出演):ジョセフ・ゴードン=レヴィット(Joseph Gordon-Levitt)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント