ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
ARTISTS

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の曲が使われている映画

ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)は、1962年4月にイギリス・ロンドンで結成されたロックバンドです。2023年には18年ぶりにアルバム『ハックニー・ダイアモンズ』をリリースするなど、結成以降一度も解散することなく第一線で精力的に活動しています。

このページでは、ローリング・ストーンズの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。

スポンサーリンク

ローリング・ストーンズについて

ローリング・ストーンズは、幼馴染のキース・リチャーズとミック・ジャガーにブライアン・ジョーンズ、ビル・ワイマン、チャーリー・ワッツを加えた5人で結成されました。バンド名は、シカゴブルースの父、マディー・ウォーターズの名曲『Rollin’ Stone』に由来しています。

オリジナルメンバー

  • ブライアン・ジョーンズ(Gt.)1969年脱退
  • ミック・ジャガー(Vo.)
  • キース・リチャーズ(Gt./Vo.)
  • ビル・ワイマン(Ba.)1993年脱退
  • チャーリー・ワッツ(Dr.)

 1965年『(I Can’t Get No) Satisfaction』で全英・全米チャート1位を獲得し、世界的ロックバンドとして知られるようになりました。


現メンバー

  • ミック・ジャガー(Vo.)
  • キース・リチャーズ(Gt./Vo.)
  • ロン・ウッド(Gt.)1975年加入
  • チャーリー・ワッツ(Dr.)2021死去

1975年にロン・ウッド(Gt.)が加入してからは主に上記メンバーで活動していました。2021年、チャーリー・ワッツが死去してからは3人で活動しています。

スポンサーリンク

ローリング・ストーンズの曲と使われている映画

ローリング・ストーンズが発表した曲の数々は、映画にも多くの影響を与えました。
特にマーティン・スコセッシ監督やウェス・アンダーソン監督の作品で多くの曲が使われています。

映画で使われているローリング・ストーンズの曲を紹介していきます。

(当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加予定です。)

Heart of Stone(1964)

Play with Fire(1965)

(I Can’t Get No) Satisfaction(1965)

19th Nervous Breakdown(1966)

スポンサーリンク

Paint It Black(1966)

I Am Waiting(1966)

Long Long While(1966)

Ruby Tuesday(1967)

スポンサーリンク

She Smiled Sweetly(1967)

2000 Man(1967)

Street Fighting Man(1968)

Gimme Shelter(1969)

スポンサーリンク

You Can’t Always Get What You Want(1969)

Can’t You Hear Me Knocking(1971)

Sweet Virginia(1972)

Little T&A(1981)

※当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加中です。

トッド・ラングレン(Todd Rundgren)の曲が使われている映画
トッド・ラングレン(Todd Rundgren)は、XTCやバッドフィンガーへの楽曲提供やプロデュースなどさまざまな活動で知られるシンガーソングライターです。『I Saw The Light』など、トッド・ラングレンの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
イギー・ポップ(Iggy Pop)の曲が使われている映画
パンクのゴッドファーザーとして今なお第一線で活躍を続けるイギー・ポップ(Iggy Pop)。ストゥージズ(The Stooges)のヴォーカリストとしても知られています。イギー・ポップの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
キンクス(The Kinks)の曲が使われている映画
「イングリッシュ・インベンション」としてアメリカを始め世界中に衝撃をもたらしたイギリスのロックバンド、キンクス(The Kinks)。『You Really Got Me』など、キンクスの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ザ・クラッシュ(The Clash)の曲が使われている映画
セックス・ピストルズ、ダムドとならび世界三代ロンドンパンクバンドの一つとして知られるザ・クラッシュ(The Clash)。『ロック・ザ・カスバ』『ロンドン・コーリング』など、ザ・クラッシュの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ボブ・ディラン(Bob Dylan)の曲が使われている映画
ボブ・ディラン(Bob Dylan)は、ノーベル文学賞を受賞したシンガーソングライターです。『時代は変る』『はげしい雨が降る』など、ボブ・ディランの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)の曲が使われている映画
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)は、1993年フロリダ州生まれのシンガー/ソングライター/女優です。『ドント・ルック・アップ』で使われた『Just Look Up』など、アリアナ・グランデの曲が使われている映画を紹介します。
クリーム(Cream)の曲が使われている映画
エリック・クラプトン 、ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルースの3人で結成された伝説的スリーピース・ロックバンド、クリーム(Cream)。『Sunshine of Your Love』など、クリーム(Cream)の曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)の歌が流れている映画
イギリスのロックバンド、ロキシー・ミュージックのフロントマン、ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)は、70年代から現在まで音楽シーンに多大な影響を与え続けるシンガーです。『恋はドラッグ』などブライアン・フェリーの曲が使われている映画を紹介します。
ザ・フー(The Who)の曲が使われている映画
世界最高のライヴ・バンドとも評されるロックバンド、ザ・フー(The Who)。『My Generation』や『無法の世界』など、The Whoの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)による録音が使われている映画
デイヴ・ブルーベックは、ジャズ・スタンダードの名曲『テイク・ファイブ(Take Five)』を作曲したアメリカのジャズピアニストです。『Unsquare Dance』など、ブルーベックの曲が使われた映画をシーンごとに紹介します。
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の曲が使われている映画
ミック・ジャガーやキース・リチャードが在籍するイギリスを代表するロックバンド、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)。『サティスファクション』『黒くぬれ!』など、ローリング・ストーンズの曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画
グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出したデヴィッド・ボウイ。『レッツ・ダンス』『スターマン』などの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
¥5,518 (2024/04/02 23:33時点 | Amazon調べ)
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント