ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
ARTISTS

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)による録音が使われている映画

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)は、アメリカ・カリフォルニア州コンコード生まれ、アイオーネ育ちのジャズピアニストです。 クールジャズの第一人者とみなされているブルーベックの作品は、珍しい拍子記号と対照的なリズム、拍子、調性の重ね合わせが特徴です。

このページでは、デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)の曲や録音が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。

スポンサーリンク

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)について

生年月日:1920年12月6日(アメリカ合衆国 カリフォルニア州 コンコード)
没年月日:2012年12月5日(91歳没)(アメリカ合衆国コネチカット州ノーウォーク)
活動期間:1940s–2012


デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)は、アメリカ・カリフォルニア州コンコードで牧場主の父親とピアノストの母のもとに生まれました。母親のエリザベスは英国のピアニスト、マイラ・ヘス(Myra Hess)のもとでピアノを学んだ経験を持つピアノ教師で、デイヴ・ブルーベックも母からクラシック・ピアノを学びました。


1942年、大学を卒業したばかりのデイヴ・ブルーベックは、陸軍に徴兵されました。ヨーロッパではパットン将軍が指揮する部隊に配属されましたが、赤十字主催のショーでピアノを弾き、大盛況を収めたことで戦闘に参加することからは免れたそうです。そののち、米軍初の人種統合バンド「ウルフパック」を創設、ヨーロッパ戦線などで慰問活動し、4年間兵役を務め上げました。

除隊後はカリフォルニアに戻り、オークランドのミルズ大学の大学院で 「フランス6人組」の一人、作曲家ダリウス・ミヨー(Darius Milhaud)に師事しました。ミヨーはブルーベックに、クラシック・ピアノではなくフーガとオーケストレーションを学ぶよう勧めました。

ユダヤ人であったダリウス・ミヨーは1940年にアメリカ合衆国に逃れ、ミルズ大学で作曲を教えながら、サンフランシスコ交響楽団、シカゴ交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニック、ボストン交響楽団などで客演指揮を行っていました。


ブルーベックは、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でアルノルト・シェーンベルク(Arnold Schoenberg)からもレッスンを受けています。 しかし、シェーンベルクのアプローチや信念はブルーベックには受け入れがたいものであったことから、良好な関係は築かれなかったそうです。

「十二音技法」を創始したことで知られるオーストリアの作曲家アルノルト・シェーンベルクもナチス・ドイツから逃れて1934年にアメリカに移住しています。南カリフォルニア大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校にて教育活動を精力的に行い、弟子にはジョン・ケージやルー・ハリソンなどのアメリカ現代音楽を代表する作曲家も含まれています。

スポンサーリンク

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)による録音が使われている映画

デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)が発表した曲やカバーした録音の数々は、映画にも多くの影響を与えました。

映画で使われているデイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)の曲、もしくはデイヴ・ブルーベックによるカバーバージョンを紹介していきます。

(当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加中です。)

Take Five

Maria

スポンサーリンク

Unsquare Dance

I Remember You

※当サイトで取り上げた映画のみ掲載しています。随時追加中です。

トッド・ラングレン(Todd Rundgren)の曲が使われている映画
トッド・ラングレン(Todd Rundgren)は、XTCやバッドフィンガーへの楽曲提供やプロデュースなどさまざまな活動で知られるシンガーソングライターです。『I Saw The Light』など、トッド・ラングレンの曲が使われている映画を曲ごとに紹介します。
イギー・ポップ(Iggy Pop)の曲が使われている映画
パンクのゴッドファーザーとして今なお第一線で活躍を続けるイギー・ポップ(Iggy Pop)。ストゥージズ(The Stooges)のヴォーカリストとしても知られています。イギー・ポップの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
キンクス(The Kinks)の曲が使われている映画
「イングリッシュ・インベンション」としてアメリカを始め世界中に衝撃をもたらしたイギリスのロックバンド、キンクス(The Kinks)。『You Really Got Me』など、キンクスの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ザ・クラッシュ(The Clash)の曲が使われている映画
セックス・ピストルズ、ダムドとならび世界三代ロンドンパンクバンドの一つとして知られるザ・クラッシュ(The Clash)。『ロック・ザ・カスバ』『ロンドン・コーリング』など、ザ・クラッシュの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ボブ・ディラン(Bob Dylan)の曲が使われている映画
ボブ・ディラン(Bob Dylan)は、ノーベル文学賞を受賞したシンガーソングライターです。『時代は変る』『はげしい雨が降る』など、ボブ・ディランの曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)の曲が使われている映画
アリアナ・グランデ(Ariana Grande)は、1993年フロリダ州生まれのシンガー/ソングライター/女優です。『ドント・ルック・アップ』で使われた『Just Look Up』など、アリアナ・グランデの曲が使われている映画を紹介します。
クリーム(Cream)の曲が使われている映画
エリック・クラプトン 、ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルースの3人で結成された伝説的スリーピース・ロックバンド、クリーム(Cream)。『Sunshine of Your Love』など、クリーム(Cream)の曲が使われている映画を曲ごとに紹介していきます。
ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)の歌が流れている映画
イギリスのロックバンド、ロキシー・ミュージックのフロントマン、ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)は、70年代から現在まで音楽シーンに多大な影響を与え続けるシンガーです。『恋はドラッグ』などブライアン・フェリーの曲が使われている映画を紹介します。
ザ・フー(The Who)の曲が使われている映画
世界最高のライヴ・バンドとも評されるロックバンド、ザ・フー(The Who)。『My Generation』や『無法の世界』など、The Whoの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck)による録音が使われている映画
デイヴ・ブルーベックは、ジャズ・スタンダードの名曲『テイク・ファイブ(Take Five)』を作曲したアメリカのジャズピアニストです。『Unsquare Dance』など、ブルーベックの曲が使われた映画をシーンごとに紹介します。
ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)の曲が使われている映画
ミック・ジャガーやキース・リチャードが在籍するイギリスを代表するロックバンド、ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)。『サティスファクション』『黒くぬれ!』など、ローリング・ストーンズの曲が使われた映画を曲ごとに紹介します。
デヴィッド・ボウイ(David Bowie)の曲が使われている映画
グラムロックの先駆者として数々の名曲を世に送り出したデヴィッド・ボウイ。『レッツ・ダンス』『スターマン』などの曲が使われた映画とシーンを曲ごとに紹介します。
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント