ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『シャレード』の挿入曲とサントラ

1963年にアメリカで制作された映画『シャレード』(原題:Charade)は、オードリー・ヘプバーン主演のロマンティック・クライム・コメディ映画です。『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネンが監督をつとめ、『ティファニーで朝食を』や『ひまわり』で知られるヘンリー・マンシーニが音楽を担当しました。

シャレードとはフランス語・英語で「茶番」や「小芝居」、または「ジェスチャーゲーム」を意味する言葉です。

スポンサーリンク

『シャレード』の挿入曲

『シャレード』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニングクレジット

Charade (Main Title)
邦題『シャレード(メイン・タイトル)』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
アメリカ・オハイオ州クリーブランド出身のイタリア系アメリカ人作曲家/編曲家。
代表作『ティファニーで朝食を 』『シャレード』『ピンク・パンサー』『ひまわり』
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

オープニング(レジーナがシルヴィ親子とスキー場でのバカンスを過ごす)

Mégève
邦題『雪のメジェーブ』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

スキー場でピーター・ジョシュアと名乗る男とレジーナが知り合いになる

Latin Snowfall
邦題『淋しく降る雪』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

人形劇の音楽(シャンゼリゼ公園でレジーナとピーターが話をしながら見る)

Punch And Judy
邦題『あやつり人形の夫婦』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』
スポンサーリンク

チャールズの葬儀にレコードで流される曲

Bye Bye Charlie
邦題『チャーリーの葬送』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

ゲーム(手を使わずにオレンジをリレーする)の最中にバンドが演奏する曲

Mambo Parisienne
邦題『マンボ・パリジェンヌ』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

電話ボックスの中でレジーナがテックスにマッチで脅される

Orange Tamouré
邦題『オレンジ・タムレ』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

ビストロでレジーナがバーソロミューからチャールズと男達の正体を聞かされる

Bistro
邦題『陽気な酒場』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』
スポンサーリンク

レジーナの部屋のバスルームでピーターがスーツを着たままシャワーを浴びる

The Drip-Dry Waltz
邦題『シャワーのワルツ』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

船上レストランでレジーナとピーターが話をする

Bateau Mouche
邦題『夜のセーヌめぐり』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

遊覧船のサーチライトが河岸のカップルを照らし出す(レジーナとピーターがキスをする)

Charade (Vocal)
邦題『シャレード(ボーカル
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
オハイオ州クリーブランド出身のイタリア系アメリカ人作曲家/編曲家。
代表作『ティファニーで朝食を 』『シャレード』『ピンク・パンサー』『ひまわり』
ジョニー・マーサー(Johnny Mercer, 1909-1976)
ジョージア州サヴァンナ出身のクロアチア/アイルランド系アメリカ人作詞者。キャピトル・レコードの創設者の一人。
代表曲『シャレード』『酒とバラの日々』『枯葉 』『ローラ』
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

レジーナとピーターがチャールズのメモ帳に書かれていたシャンゼリゼ公園を訪れる

Charade (Carousel)
邦題『シャレード(カルーセル)』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』
スポンサーリンク

レジーナとシルヴィが切手市の中にいるジャン=ルイを探し回る

The Happy Carousel
邦題『幸運の回転木馬』
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
リリース1963年:Soundtrack『シャレード』

『シャレード』のサントラ

『シャレード』はヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini)が音楽を担当しました。ヘンリー・マンシーニは、アメリカ・オハイオ州生まれの作曲家です。『ひまわり』や『ティファニーで朝食を』などの映画音楽で知られています。

今作でヘンリー・マンシーニは第36回アカデミー歌曲賞にノミネートされています。

『シャレード』キャスト・スタッフ

監督スタンリー・ドーネン(Stanley Donen)
脚本ピーター・ストーン(Peter Stone)
製作スタンリー・ドーネン(Stanley Donen)
音楽ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini)
配給ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 1963年12月5日
1963年12月21日
上映時間113分

ピーター・ジョシュア:ケーリー・グラント(Cary Grant)
レジーナ・ランパート:オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn)
ハミルトン・バーソロミュー:ウォルター・マッソー(Walter Matthau)
テックス・ペンソロー:ジェームズ・コバーン(James Coburn)
ハーマン・スコビー:ジョージ・ケネディ(George Kennedy)
レオポルド・W・ギデオン:ネッド・グラス(Ned Glass)
シルヴィ・ゴーデット:ドミニク・ミノット(Dominique Minot)
エドアルド・グランピエール警部:ジャック・マラン(Jacques Marin)
フェリックス氏:ポール・ボニファス(Paul Bonifas)
ジャン=ルイ・ゴーデット:トーマス・チェリムスキー(Thomas Chelimsky)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント