『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽

『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲とサントラ

1967年にフランスで制作された映画『ロシュフォールの恋人たち』(原題:Les Demoiselles de Rochefort/英題:The Young Girls of Rochefort)は、フランス西南部の街「ロシュフォール」を舞台としたミュージカル映画です。

双子のソランジュとデルフィーヌを実の姉妹であるカトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックが演じました。

『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲

『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング(キャラバン隊が運搬橋で川を渡る)

Le pont transbordeur
トランスボドゥール橋The Ferry BridgeCamionneurs ballet
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
フランスの作曲家/アレンジャー/指揮者/ジャズピアニスト。
代表作『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』

『ロシュフォールの恋人たち』で音楽を担当したミシェル・ルグランは、作曲家レイモンド・ルグランと、ミュージックホールの指揮者ジャック・エリアンの妹との間に生まれ、パリ国立高等音楽院でピアノと作曲を学びました。
1947年に、アメリカのジャズトランペット奏者、ディジー・ガレスピー(Dizzy Gillespie)のコンサートに参加したことをきっかけにジャズに興味を持ち、1952年のディジー・ガレスピー・ヨーロッパツアーでは弦楽オーケストラのアレンジを担当しました。
また、1951年からは父親のオーケストラのアレンジを書き始め、映画音楽のオーケストレーション、アレンジなども手がけるようになりました。
携わった作品の数はテレビも含めると200以上に上り、『華麗なる賭け』の主題歌『風のささやき』がアカデミー歌曲賞を受賞するなどフランス映画音楽界を代表する存在として輝かしい実績を残しました。

キャラバン隊が広場に到着する

Arrivée des Camionneurs ballet
キャラバンの到着(Arrival of Truckers Ballet)
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)

広場前のアパート(バレエ教室)でデルフィーヌとソランジュが歌う

Chanson des Jumelles
双子姉妹の歌(Twins’ Song)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
クロード・パラン(Claude Parent)
ソランジュを演じるフランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac, 1942-1967)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
フランスの作曲家/アレンジャー/指揮者/ジャズピアニスト。
代表作『シェルブールの雨傘』『ロシュフォールの恋人たち』『愛と哀しみのボレロ』
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)
フランス出身の映画監督/脚本家。

理想の女性との出会いを夢見る兵役中の画家マクサンスがカフェで歌う

Chanson de Maxence
マクサンスの歌(Maxence’s Song)
Artistジャック・ルヴォー(Jacques Revaux)
マクサンスを演じるジャック・ペラン(Jacques Perrin, 1941-2022)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの作曲家/歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

この後「画廊に飾ってある絵を見ながら水兵マクサンスが歌う」でもこの曲が使われています。

スポンサーリンク

画廊でデルフィーヌとギョームが口論し歌う

De Delphine à Lancien
デルフィーヌとランシアン(From Delphine to Lancien)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
ジャン・ストゥー(Jean Stout, 1933-2012)
ギョームを演じるジャック・リベロール(Jacques Riberolles)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/俳優。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

カフェでエチアンヌとビルが歌い踊る

Nous Voyageons de Ville en Ville
町から町へ(We Travel From City To City)
Artistロミュアルド(Romuald)
エチエンヌを演じるジョージ・チャキリス(George Chakiris)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
ジョゼ・バルテル(José Bartel, 1932-2010)
ビルを演じるグローバー・デール(Grover Dale)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

デルフィーヌがソランジュにギョームとの別れを告白し歌う

Chanson de Delphine
デルフィーヌの歌(Delphine’s Song)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

楽器店のピアノでソランジュが演奏する曲(朝に作曲した曲)

Concerto
コンチェルト
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

この後、以下のシーンでもこの曲が使われています。
楽器店でアンディがピアノで弾く曲
楽器店で再会を果たすアンディとソランジュが踊る

スポンサーリンク

ダーム氏が10年前に別れた婚約者の話をして歌う

Chanson de Simon
シモンの歌(Simon’s Song)
Artistジョルジュ・ブラヌ(Georges Blaness, 1928-2021)
シモン・ダームを演じるミシェル・ピコリ(Michel Piccoli, 1925-2020)の歌唱シーンで吹き替えを担当したアルジェリア生まれの歌手/俳優。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

デルフィーヌと出会ったアンディが路上で歌いタップダンスをする

Andy amoureux
恋するアンディ(Andy In Love)
Artistドナルド・バーク(Donald Burke, 1939-2019)
アンディ・ミラーを演じるジーン・ケリー(Gene Kelly, 1912-1966)の歌唱シーンで吹き替えを担当したカナダの歌手/バンジョー奏者/ギタリスト/ソングライター。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

キャラバン隊を去る女性二人とエチアンヌ&ビルが広場で歌い踊る

Marins, Amis, Amants ou Maris
水夫、友達、恋人、夫(Sailors, Friends, Lovers Or Husbands)
Artistクリスチャンヌ・ルグラン(Christiane Legrand, 1930-2011)
ジュディスを演じるPamela Hartの歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスのソプラノ歌手。ミシェル・ルグランの姉。
クローディヌ・ムニエル(Claudine Meunier)
エスターを演じるレスリー・ノースの歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手、1926年生まれ。
ロミュアルド(Romuald)
エチエンヌを演じるジョージ・チャキリス(George Chakiris)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
ジョゼ・バルテル(José Bartel, 1932-2010)
ビルを演じるグローバー・デール(Grover Dale)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

イヴォンヌがカフェで昔の恋人を想い歌う

Chanson d’Yvonne
イヴォンヌの歌(Yvonne’s Song)
Artistダニエル・ダリュー (Danielle Darrieux, 1917-2017)
イヴォンヌを演じるフランスの女優。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)
スポンサーリンク

画廊に展示された絵を見ながら水兵マクサンスが歌う

Chanson de Maxence
マクサンスの歌(Maxence’s Song)
Artistジャック・ルヴォー(Jacques Revaux)
マクサンスを演じるジャック・ペラン(Jacques Perrin, 1941-2022)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの作曲家/歌手、1940年生まれ。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

兵役中の画家マクサンスがカフェで歌う」でもこの曲が使われていました。

ソランジュが外国人男性との出会いをデルフィーヌに語り歌う

Chanson de Solange
ソランジュの歌(Solange’s Song)
Artistクロード・パラン(Claude Parent)
ソランジュを演じるフランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac, 1942-1967)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

エチアンヌとビルが、出演を依頼しに双子の家を訪れ始まるオールキャストによるミュージカルナンバー

De Hambourg à Rochefort
ハンブルグからロシュフォール(From Hamburg To Rochefort)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
クロード・パラン(Claude Parent)
ロミュアルド(Romuald)
ジョゼ・バルテル(José Bartel, 1932-2010)
ドナルド・バーク(Donald Burke, 1939-2019)
ダニエル・ダリュー (Danielle Darrieux, 1917-2017)
ジャック・ルヴォー(Jacques Revaux)
ジョルジュ・ブラヌ(Georges Blaness, 1928-2021)
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

バラバラ事件の記事を見たイヴォンヌと遅れて出勤してきたジョゼットが歌う

La Femme Coupée en Morceaux
バラバラ事件の女(Woman Cut Into Pieces)
Artistダニエル・ダリュー (Danielle Darrieux, 1917-2017)
イヴォンヌを演じるフランスの女優。
アリス・ヘラルド(Alice Herald)
ジョゼットを演じるジュヌヴィエーヴ・テニエ(Geneviève Thénier)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)
スポンサーリンク

事件現場で出会うソランジュとマクサンス、街を歩くアンディとデルフィーヌが歌う

Les Rencontres
めぐり合い(The Meetings)
Artistクロード・パラン(Claude Parent)
ソランジュを演じるフランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac, 1942-1967)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
ジャック・ルヴォー(Jacques Revaux)
マクサンスを演じるジャック・ペラン(Jacques Perrin, 1941-2022)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの作曲家/歌手、1940年生まれ。
ドナルド・バーク(Donald Burke, 1939-2019)
アンディ・ミラーを演じたジーン・ケリー(Gene Kelly, 1912-1966)の歌唱シーンで吹き替えを担当したカナダの歌手/バンジョー奏者/ギタリスト/ソングライター。
アンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

シモン・ダームに会いに楽器店を訪れたアンディが歌う

Chanson d’Andy
アンディの歌(Andy’s Song)
Artistドナルド・バーク(Donald Burke, 1939-2019)
アンディ・ミラーを演じたジーン・ケリー(Gene Kelly, 1912-1966)の歌唱シーンで吹き替えを担当したカナダの歌手/バンジョー奏者/ギタリスト/ソングライター。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

楽器店でアンディがピアノで弾く曲

Concerto
コンチェルト
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

楽器店のピアノでソランジュが演奏する曲(朝に作曲した曲)」でもこの曲が使われていました。

祭りの出し物が次々と披露されていくシーン

Kermesse
お祭りのバレエ
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)
スポンサーリンク

祭りのステージでデルフィーヌとソランジュが披露する曲

Chanson d’un Jour d’Été
夏の日の歌(Summer Day Song)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
クロード・パラン(Claude Parent)
ソランジュを演じるフランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac, 1942-1967)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

祭りの控え室で双子が歌い、エチアンヌ & ビルが広場に出て歌い踊る

Toujours, Jamais
いつもいつも(Always, Never)
Artistアンヌ・ジェルマン(Anne Germain, 1935-2016)
デルフィーヌを演じるカトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手/作曲家。
クロード・パラン(Claude Parent)
ソランジュを演じるフランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac, 1942-1967)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
ロミュアルド(Romuald)
エチエンヌを演じるジョージ・チャキリス(George Chakiris)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手、1941年生まれ。
ジョゼ・バルテル(José Bartel, 1932-2010)
ビルを演じるグローバー・デール(Grover Dale)の歌唱シーンで吹き替えを担当したフランスの歌手。
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

楽器店で再会を果たすアンディとソランジュが踊る

Concerto
コンチェルト
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

楽器店のピアノでソランジュが演奏する曲(朝に作曲した曲)」でもこの曲が使われていました。

キャラバン隊が広場を去る(キャストが広場でダンス)

Départ des forains
キャラバンの若者たちの出発 (Fairground Departure Ballet)
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)
スポンサーリンク

エンディング & エンドクレジット

Final
フィナーレ
リリース1967年:Soundtrack『ロシュフォールの恋人たち』
作曲者ミシェル・ルグラン(Michel Legrand, 1932-2019)
ジャック・ドゥミ(Jacques Demy, 1931-1990)

『ロシュフォールの恋人たち』のサントラ

『ロシュフォールの恋人たち』はミシェル・ルグラン(Michel Legrand)が音楽を担当しました。

¥2,566 (2024/02/22 21:21時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

『ロシュフォールの恋人たち』キャスト・スタッフ

監督ジャック・ドゥミ(Jacques Demy)
脚本ジャック・ドゥミ(Jacques Demy)
製作マグ・ボダール(Mag Bodard)
音楽ミシェル・ルグラン(Michel Legrand)
配給東和、タイヘイフィルム
公開 1967年3月8日
1967年8月8日
上映時間123分

デルフィーヌ:カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)
ソランジュ:フランソワーズ・ドルレアック(Françoise Dorléac)
アンディ:ミラー – ジーン・ケリー(Gene Kelly)
エチエンヌ:ジョージ・チャキリス(George Chakiris)
マクサンス:ジャック・ペラン(Jacques Perrin)
イヴォンヌ:ダニエル・ダリュー(Danielle Darrieux)
シモン・ダーム:ミシェル・ピコリ(Michel Piccoli)
ビル:グローバー・デール(Grover Dale)
ジュディト:パメラ・ハート(Pamela Hart)

『レ・ミゼラブル』の挿入曲とサントラ
映画『レ・ミゼラブル』(Les Misérables/2012年版)は、トム・フーパー監督によるミュージカル映画です。ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイらが出演しています。挿入曲・サントラを全曲あらすじに沿って紹介します。
『サウンド・オブ・ミュージック』の挿入曲とサントラ
映画『サウンド・オブ・ミュージック』はトラップ一家が合唱団をつくり亡命するまでが描かれたミュージカル映画です。作中で流れた曲/サントラをあらすじに沿って紹介します。
『天使にラブ・ソングを2』の挿入曲とサントラ
ウーピー・ゴールドバーグ主演映画『天使にラブ・ソングを2』は、母校の閉鎖危機を救うべく、デロリスが再び修道院に戻ってくる青春ミュージカル映画です。主題歌やオープニング曲/エンディング曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『天使にラブ・ソングを…』の挿入曲(12曲)とサントラ
ウーピー・ゴールドバーグ主演映画『天使にラブ・ソングを…』(原題:Sister Act)は、修道院を舞台としたミュージカル・コメディです。デロリスたちが歌う曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲とサントラ
『ロシュフォールの恋人たち』は、カトリーヌ・ドヌーヴとその姉フランソワーズ・ドルレアックが双子の姉妹を演じたフランスのミュージカル映画です。キャラバンの到着や双子姉妹の歌など、ミシェル・ルグランによるサントラ・挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『ボヘミアン・ラプソディ』の挿入曲とサントラ
映画『ボヘミアン・ラプソディ』はイギリスを代表する世界的ロックバンド「クイーン」の伝記映画です。結成時からライブエンド出演までを、ボーカルのフレディ・マーキュリーに焦点をあて描いています。映画で流れた50曲あまりの曲をあらすじに沿って紹介します。
『ブルース・ブラザース』の挿入曲とサントラ
映画『ブルース・ブラザーズ』は、SNLの人気コーナーを元にしたコメディ・ミュージカル映画です。エルヴィス・プレスリーやスペンサー・デイヴィス・グループなどの名曲が多く使われています。あらすじに沿って流れた曲を全曲紹介いたします。
『グレイテスト・ショーマン』の挿入曲とサントラ
ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』は『ラ・ラ・ランド』『アラジン』の作曲家コンビが音楽を手がけています。『The Greatest Show』や『ディス・イズ・ミー』など、流れた曲をあらすじに沿って紹介します。
『マエストロ: その音楽と愛と』の挿入曲とサントラ
ブラッドリー・クーパー監督・主演の映画『マエストロ: その音楽と愛と』は、レナード・バーンスタインとその妻フェリシアの結婚生活に焦点を当てて描いた伝記映画です。バーンスタインが指揮した曲や流れた曲など、使われた音楽を全曲あらすじに沿って紹介します。
『バビロン』の挿入曲とサントラ
デイミアン・チャゼル監督最新作『バビロン』はハリウッド黄金期の映画業界を描いた作品です。『雨に唄えば』や『ジャズ・シンガー』など、当時の映画音楽も多数流れています。ジャスティン・ハーウィッツによるサントラと使われた音楽を流れた順に紹介します。
『チャーリーとチョコレート工場』の挿入曲とサントラ
映画『チャーリーとチョコレート工場』は、ティムバートン監督・ジョニー・デップ主演のミュージカル映画です。2023年には前日譚となる『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』が公開されます。ウンパルンパが歌う曲など、使われた音楽を流れた順に紹介いたします。
『あの頃ペニー・レインと』の挿入曲とサントラ
映画『あの頃ペニー・レインと』は、15歳でローリング・ストーンズ誌の記者となったキャメロン・クロウ監督の実体験を基に1970年代アメリカのロックシーンを描いた音楽映画です。ザ・フーやレッド・ツェッペリン、イギー・ポップの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ジュディ 虹の彼方に』の挿入曲とサントラ
映画『ジュディ 虹の彼方に』は、『オズの魔法使』で知られるジュディ・ガーランドの伝記映画です。レネー・ゼルウィガーがジュディ役を演じ、アカデミー主演女優賞を獲得しました。『Over the Rainbow』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ラ・ラ・ランド』の挿入曲とサントラ
デミアン・チャゼルが監督の映画『ラ・ラ・ランド』は、ロサンゼルスを舞台としたミュージカル作品です。『Another Day of Sun』や『シティ・オブ・スターズ』のほか、既存の楽曲も含め、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『アラジン』(実写版)の挿入曲とサントラ
ガイ・リッチー監督のミュージカル映画『アラジン』はディズニーの長編アニメミュージカル映画の実写版です。ウィル・スミスがジーニー役を演じ、メナ・マスードがアラジン役を、ナオミ・スコットがジャスミン役を演じました。使われた音楽を流れた順に紹介します。
『リトル・ダンサー』の挿入曲とサントラ
ミュージカル「ビリー・エリオット」の原作『リトル・ダンサー』、トニー賞受賞直後のアダム・クーパーが出演したことでも話題となりました。The ClashやT.Rex、チャイコフスキーの『白鳥の湖』など作中で使われた映画音楽を流れた順番に紹介します。
『世界にひとつのプレイブック』の挿入曲とサントラ
デヴィッド・O・ラッセル監督による『世界にひとつのプレイブック』は、傷ついた男女がダンスを通して再生するヒューマンコメディ映画です。スティービー・ワンダーの『My Cherie Amour』やダンス大会の曲など、使われた音楽を流れた順番に紹介します。
『Shall We Dance?』の挿入曲とサントラ
2004年にアメリカで製作された『Shall We Dance?』は、周防正行監督による『Shall We ダンス? 』(1996)のリメイク版です。原作で役所広司が演じた役をリチャード・ギアが、草刈民代が演じた役をジェニファー・ロペスが演…
『Coda コーダ あいのうた』の挿入曲とサントラ
第94回アカデミー賞作品賞受賞作『Coda コーダ あいのうた(CODA)』は、フランス映画『エール!』の英語版リメイク映画です。デヴィッド・ボウイのスターマンやエンディング曲など、使われた歌・挿入曲を流れた順番に紹介します。
『スクール・オブ・ロック』の挿入曲とサントラ
映画『スクール・オブ・ロック』AC/DCやデヴィッド・ボウイ、ディープ・パープルなどの名曲揃いの作品です。映画で使われた音楽やデューイが生徒にすすめた楽曲、オリジナルのサントラを含め全曲をあらすじに沿って紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました