60年代に制作・公開された映画一覧 | 解説付き全曲紹介Filmmusik
Disney+で見放題配信開始!『ネクスト・ゴール・ウィンズ』の曲紹介はコチラから!

60年代に制作・公開された映画一覧

映画×音楽

『暴力脱獄』の挿入曲とサントラ

映画『暴力脱獄』(原題:Cool Hand Luke)は、ポール・ニューマン主演の刑務所映画です。ラロ・シフリンが音楽を担当しています。囚人が歌う曲やギターで弾き歌いしている曲など、挿入曲とサントラを紹介します。
映画×音楽

『ティファニーで朝食を』の挿入曲とサントラ

映画『ティファニーで朝食を』は、オードリー・ヘプバーン主演の恋愛コメディ映画です。ヘンリー・マンシーニが作曲した主題歌「ムーン・リバー」など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『真夜中のカーボーイ』の挿入曲とサントラ

『真夜中のカーボーイ』はニューヨークの街で出会った青年2人の心の交流を描いたアメリカンニューシネマの傑作です。ジョン・バリーによる主題歌やハリー・ニルソンの「うわさの男」など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ウエスト・サイド物語』の挿入曲とサントラ

1961年版の映画『ウエスト・サイド物語』は、プエルトリコ系移民とポーランド系移民の対立と悲恋を描いた名作ミュージカルです。アカデミー作品賞を含む10部門にノミネートされました。レナード・バーンスタインによる音楽と挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ロシュフォールの恋人たち』の挿入曲とサントラ

『ロシュフォールの恋人たち』は、カトリーヌ・ドヌーヴとその姉フランソワーズ・ドルレアックが双子の姉妹を演じたフランスのミュージカル映画です。キャラバンの到着や双子姉妹の歌など、ミシェル・ルグランによるサントラ・挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『シャレード』の挿入曲とサントラ

映画『シャレード』は、オードリー・ヘプバーン主演のロマンティック・クライム・コメディ映画です。『雨に唄えば』のスタンリー・ドーネンが監督をつとめ、衣装はユベール・ド・ジバンシィが提供しました。ヘンリー・マンシーニによるサントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『アラビアのロレンス』の挿入曲とサントラ

歴史スペクタル映画『アラビアのロレンス』は、第一次世界大戦中のアラブ反乱で功績を遺したイギリス軍人トーマス・エドワード・ロレンスの活躍を描いた戦争映画です。モーリス・ジャールによるサントラも人気が高い名作です。サントラをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『明日に向かって撃て』の挿入曲とサントラ

映画『明日に向かって撃て』は、銀行強盗の二人組、サンダンス・キッドとブッチ・キャシディの逃避行を描いた西部劇です。アメリカン・ニューシネマの傑作として知られています。バート・バカラックの主題歌『雨に濡れても』など使われた曲を紹介します。
映画×音楽

『シンシナティ・キッド』の挿入曲とサントラ

映画『シンシナティ・キッド』はスティーブ・マックイーン演じる若い賭博師とトップに君臨するザ•マンとのポーカー勝負を描いた作品です。ラロ・シフリン作曲、歌レイ・チャールズによる主題歌など、使われている曲を流れた順に紹介します。
スポンサーリンク