『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の挿入曲(23曲)とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
音楽担当:ダニー・エルフマン(Danny Elfman)
ベン・アフレック(Ben Affleck)マット・デイモン(Matt Damon)ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の挿入曲(23曲)とサントラ

1997年にアメリカで製作された映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(原題:Good Will Hunting)は、トラウマを抱える青年と妻を無くした精神分析医の交流を描いたヒューマンドラマです。マット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を執筆しました。

第70回アカデミー賞では作品賞をふくむ9部門にノミネートされ、助演男優賞・脚本賞を受賞しました。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の挿入曲

『題名『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

ウィルとチャッキーが二人で訪れるバーで流れる曲

Big Strong Man
ビッグ・ストロング・マン
Artist
cover ver.
ウルフ・トーンズ(Wolfe Tones)
1963年に結成されたアイルランドのフォーク・バンド。
バンド名は、18世紀のアイルランドの革命家シオボルド・ウルフ・トーン(Theobald Wolfe Tone, 1763-1798)にちなんでつけられた。
リリース1970年
作曲者ジェシー・ラスキー(Jesse Lansky)
サム・スターン(Sam Stern)
アメリカ生まれのヘブライ語のコメディアン/方言歌手/ソングライター/俳優。
フレッド・フィッシャー(Fred Fisher, 1875-1942)
ドイツ生まれのアメリカ人ソングライター。

『Big Strong Man』は、イギリスやアイルランドのアーティストによって演奏されることが多いアメリカの歌です。
屈強なイタリア系アメリカ人兄弟の伝説的な強さや偉業が語られています。

『My Brother Sylvest』のタイトルでも知られています。

大学の同窓会でアカペラグループが歌う曲

(同窓会に出席するランボー教授のもとに生徒が訪れ、難問が解かれていることを知らせに来るシーン)

If I Had the Last Dream in the World
Artistノースイースト・コネクション(Northeast Connection)
作曲者ジョー・リレス(Joe Liles)
アメリカの作曲家/編曲家。

ウィルが車から降りて保育園で一緒だった男に突然殴りかかるシーン

Baker Street
邦題『霧のベーカー街』
Artistジェリー・ラファティー(Gerry Rafferty, 1947-2011)
スコットランドのシンガー/ソングライター/ミュージシャン/音楽プロデューサー。
フォークロックバンド「スティーラーズ・ホイール」の創設メンバー。
リリース1978年
作曲者ジェリー・ラファティー(Gerry Rafferty, 1947-2011)

ハーバード生が集まるバーで流れる曲 1曲目

チャックがスカイラーに話しかけるシーン

Boys Better
Artistザ・ダンディ・ウォーホルズ(The Dandy Warhols)
1994年にオレゴン州ポートランドで結成されたアメリカのオルタナティブロックバンド。
リリース1997年
作曲者コートニー・テイラー・テイラー(Courtney Taylor-Taylor)
アメリカのシンガーソングライター、1967年生まれ。
オルタナティブロックバンド「ザ・ダンディ・ウォーホルズ」のボーカリスト/ギタリスト。
スポンサーリンク

ハーバード生が集まるバーで流れる曲 2曲目

チャッキーをからかうハーバードの男子学生をウィルが論破するシーン

We Still Need More Than Anyone Can Give
Artistスーパーグラス(Supergrass)
1993年にオックスフォードで結成されたイギリスのオルタナティブロックバンド。
リリース1998年
作曲者スーパーグラス
Danny Goffey, Gaz Coombes and Mick Quinn

明け方、ウィル達がチャッキーの車で地元に戻るシーン

(ウィルがスカイラーから電話番号が書かれたメモを手渡される後のシーン)

No Name #3
Artistエリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
90年代を代表するアメリカのシンガーソングライター。
ギター、ドラム、ピアノの他にもクラリネット、ハーモニカ、チェロなどもこなすマルチプレイヤーであることを生かし、緻密な多重録音で厚みのあるボーカルやアンサンブルを生み出し完成度の高いアルバムを数々残した。
リリース1994年
作曲者エリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)

この後、以下のシーンでもエリオット・スミス(Elliott Smith)の曲が使われています
「ウィルとスカイラーが初めてデートをする」
「スカイラーの部屋のベッドで2人が過ごす」
「スカイラーがサンフランシスコに旅立つ」
「エンディング&エンドクレジット 1曲目」

ランボー教授がウィルを探しに清掃会社を訪れるシーン(事務所で流れる曲)

Runaway
邦題『悲しき街角』
Artistデル・シャノン(Del Shannon, 1934-1990)
アメリカの歌手/シンガーソングライター。
リリース1961年
作曲者デル・シャノン(Del Shannon, 1934-1990)
作曲年マックス・クルック(Max Crook, 1936-2020)
アメリカのミュージシャン/作曲家。
デル・シャノンとの共作曲『Runaway』で自身が発明したクラヴィオリン(ミュージトロン)を取り入れて演奏しフィーチャーされたことで、エレクトロニックミュージックのパイオニアとして知られるようになる。

スカイラーの部屋で流れる曲(ウィルから電話がかかって来るシーン)

Why Do I Lie?
Artistルシャス・ジャクソン(Luscious Jackson)
1991年にニューヨークで結成されたアメリカのオルタナティブロックバンド。
リリース1996年
作曲者ジル・カニフ(Jill Cunniff)
アメリカのミュージシャン/ソングライター、1966年生まれ。
「ルシャス・ジャクソン」「コースターズ」のメンバー。
スポンサーリンク

催眠療法のセラピーを受けるウィルが突然歌い出す曲

Afternoon Delight
Artistスターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)
アメリカのポップバンド。
リリース1976年
作曲者ビル・ダノフ(Bill Danoff)
アメリカのソングライター/歌手。
スターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)のメンバー。当時の妻タフィー・ニヴァートと共同でジョン・デンバーのヒット曲を複数書いたことで知られる。

この後「エンドクレジット 2曲目」でもこの曲が使われています。

ランボー教授とショーンが2人で訪れるレストランのBGM(昔話をする)

Sonata for Piano 4 Hands in B-Flat Major, Op. 30, D. 617
4手ピアノのためのソナタ 変ロ長調 Op. 30, D. 617
作曲者フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)
初期のロマン派を代表するオーストリアの作曲家。
31年の生涯で600曲もの歌曲を残し「歌曲の王」と呼ばれる。
作曲年1818年
Artistダナ・ミュラー&ゲイリー・ステイゲルバルト(Dana Muller & Gary Steigerwalt)
アメリカのピアノ・デュオ。

この曲は、シューベルトが作った2人のピアニストのための(4手)のソナタです。
当時、シューベルトが音楽の家庭教師をしていた2人の伯爵夫人のために作られたと言われています。

ウィルとショーンがモーガンのレスリングを見ながら会話をするジムで流れる曲

Somebody’s Baby
Artist
cover ver.
アンドルー・ドナルズ(Andru Donalds)
ジャマイカのミュージシャン/ボーカリスト、1974年キングストン生まれ。
リリース1997年
作曲者ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)
アメリカのロックミュージシャン/歌手/ソングライター/政治活動家、1948年ドイツ生まれ。
ウェストコーストを代表するフォークシンガーとして知られる
ダニー・コーチマー(Danny Kortchmar)
アメリカのギタリスト/セッションミュージシャン/プロデューサー/ソングライター、1946年ニューヨーク生まれ。
Original ver.1982年:ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)

ランボー教授とショーンが2人で訪れるレストランのBGM(カウンセリングを依頼する)

6 Grandes Marches, Op.40, D.819: No.5 in E-Flat Minor
6つの大行進曲 Op.40, D.819 – 第5番 変ホ短調
作曲者フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)
初期のロマン派を代表するオーストリアの作曲家。
31年の生涯で600曲もの歌曲を残し「歌曲の王」と呼ばれる。
作曲年1818年
Artistダナ・ミュラー&ゲイリー・ステイゲルバルト(Dana Muller & Gary Steigerwalt)
アメリカのピアノ・デュオ。

『6つの大行進曲』は、シューベルトが1818年に作った4手(連弾)のためのピアノ作品です。

スポンサーリンク

ウィルとスカイラーが初めてデートをする

Say Yes
Artistエリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
90年代を代表するアメリカのシンガーソングライター。
ギター、ドラム、ピアノ、他にもクラリネット、ハーモニカ、チェロなどもこなすマルチプレイヤーであることを生かし、緻密な多重録音で厚みのあるボーカルやアンサンブルを生み出し完成度の高いアルバムを数々残した。
リリース1997年
作曲者エリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)

スカイラーの部屋で流れる曲(ウィルが課題の解答を持って再び訪れるシーン)

As the Rain
Artistジェブ・ロイ・ニコルズ(Jeb Loy Nichols)
ウェールズ在住のアメリカのシンガーソングライター/作家/アーティスト。
リリース1997年
作曲者ジェブ・ロイ・ニコルズ(Jeb Loy Nichols)

4回目のカウンセリングの冒頭にショーンが口笛を吹く曲

People
作曲者ジュール・スタイン(Jule Styne, 1905-1994)
イギリス生まれのアメリカのソングライター。
代表作:『Three Coins in the Fountain』『Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!』
ボブ・メリル(Bob Merrill, 1921-1998)
アメリカのソングライター/演劇作曲家/作詞家/脚本家。
Original ver.1964年:バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand)
アメリカの歌手/女優/作曲家/映画プロデューサー/映画監督、1942年生まれ。

『People』は、1964年初演のブロードウェイミュージカル『ファニー・ガール』(Funny Girl)のために作られた曲です。

スカイラーの部屋のベッドで2人が過ごす

Between the Bars
Artistエリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
90年代を代表するアメリカのシンガーソングライター。
ギター、ドラム、ピアノ、他にもクラリネット、ハーモニカ、チェロなどもこなすマルチプレイヤーであることを生かし、緻密な多重録音で厚みのあるボーカルやアンサンブルを生み出し完成度の高いアルバムを数々残した。
リリース1997年
作曲者エリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
スポンサーリンク

バーで流れる曲(チャッキーが “おじさんとお巡り” の話をする)

Fisherman’s Blues
Artistザ・ウォーターボーイズ(The Waterboys)
1983年にロンドンで結成されたフォークロックバンド。
リリース1988年
作曲者マイク・スコット(Mike Scott)
スコットランドの歌手/ソングライター/ミュージシャン、1958年エジンバラ生まれ。
「ザ・ウォーターボーイズ」の創設メンバー。
スティーヴ・ウィッカム(Steve Wickham)
アイルランドのフィドル奏者/作詞家。「ザ・ウォーターボーイズ」のメンバー。

バーで流れる曲(スカイラーが “ベッドの中の老夫婦” の話をする)

How Can You Mend a Broken Heart
邦題『傷心の日々』
Artist
cover ver.
アル・グリーン(Al Green)
アメリカのソウル・シンガー/ソングライター/牧師/音楽プロデューサー、1946年生まれ。
“メンフィスの貴公子”と呼ばれ、60年代~70年代に一世を風靡した。
リリース1972年
作曲者ビージーズ
バリー・ギブ(Barry Gibb)
ロビン・ギブ(Robin Gibb, 1949-2012)
Original ver.1971年:ビージーズ(Bee Gees)
ギブ三兄弟を中心に結成された男性ボーカルグループ。1963年にオーストラリアでデビューし、半世紀にわたる息の長い活動を続け数々の名曲を残す。

ビージーズ(Bee Gees)の曲が使われている映画一覧はコチラ

パブで流れる曲(ショーンとランボー教授がウィルの話をする)

Tommy Bhetty’s Waltz
邦題『トミー・ベティーのワルツ』
Artistアルタン(Altan)
1987年にドニゴール州で結成されたアイルランドのフォークミュージック・グループ。

スカイラーがサンフランシスコに旅立つ

Angeles
Artistエリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
90年代を代表するアメリカのシンガーソングライター。
ギター、ドラム、ピアノ、他にもクラリネット、ハーモニカ、チェロなどもこなすマルチプレイヤーであることを生かし、緻密な多重録音で厚みのあるボーカルやアンサンブルを生み出し完成度の高いアルバムを数々残した。
リリース1997年
作曲者エリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
スポンサーリンク

パブで流れる曲(チャッキー達がウィルのバースデーを祝う)

Heart & Soul
Artistウルフストーン(Wolfstone)
1989年に設立されたスコットランドのケルティックロックバンド。
リリース1996年
作曲者アイヴァン・ドレヴァー(Ivan Drever)
スコットランドのフォークシンガー/ソングライター/ギタリスト。「ウルフストーン」の元リードボーカリスト。
ダンカン・チザム(Duncan Chisholm)
スコットランドのフィドル奏者/作曲家、1968年生まれ。
「ウルフストーン」のフィドル奏者。

パブの外でモーガンが歌う曲(ウィルに車をプレゼントする)

Danny Boy(Traditional)
ダニー・ボーイ
作曲者フレデリック・ウェザリー(Frederic Weatherly, 1848-1929)
イギリスの弁護士/作家/作詞家。
Original ver.1918年:エルネスティーネ・シューマン=ハインク(Ernestine Schumann-Heink)

『ダニー・ボーイ』は、アイルランドに古くから伝わる民謡です。
旅立つ愛する人を見送る心情がつづられています。

イギリス領北アイルランドで事実上の国歌とされている『ロンドンデリーの歌』の旋律に、フレデリック・ウェザリーが歌詞をつけ1913年に発表されました。

エンディング&エンドクレジット 1曲目

Miss Misery
Artistエリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)
90年代を代表するアメリカのシンガーソングライター。
ギター、ドラム、ピアノの他にもクラリネット、ハーモニカ、チェロなどもこなすマルチプレイヤーであることを生かし、緻密な多重録音で厚みのあるボーカルやアンサンブルを生み出し完成度の高いアルバムを数々残した。
リリース1997年
作曲者エリオット・スミス(Elliott Smith, 1969-2003)

エンドクレジット 2曲目

Afternoon Delight
Artistスターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)
アメリカのポップバンド。
リリース1976年
作曲者ビル・ダノフ(Bill Danoff)
アメリカのソングライター/歌手。スターランド・ヴォーカル・バンド(Starland Vocal Band)のメンバー。当時の妻タフィー・ニヴァートと共同でジョン・デンバーのヒット曲を複数書いたことで知られる。

催眠療法のセラピーを受けるウィルが突然歌い出す曲」でもこの曲が使われていました。

スポンサーリンク

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』のサントラ

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』はダニー・エルフマン(Danny Elfman)が音楽を担当しました。

ダニー・エルフマンは、オインゴ・ボインゴの創設者/元リーダーとしても知られるアメリカ・カリフォルニア出身の作曲家です。『チャーリーとチョコレート工場』や『ビートルジュース』などティム・バートン作品のほとんどで音楽を担当しています。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』キャスト・スタッフ

監督ガス・ヴァン・サント(Gus Van Sant)
脚本ベン・アフレック(Ben Affleck)
マット・デイモン(Matt Damon)
製作ローレンス・ベンダー(Lawrence Bender)
音楽ダニー・エルフマン(Danny Elfman)
配給 松竹富士
公開 1997年12月5日
1998年3月7日
上映時間127分

ウィル・ハンティング:マット・デイモン(Matt Damon)
ショーン・マグワイア:ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)
チャッキー・サリヴァン:ベン・アフレック(Ben Affleck)
ジェラルド・ランボー:ステラン・スカルスガルド(Stellan Skarsgård)
スカイラー:ミニー・ドライヴァー(Minnie Driver)
モーガン・オマリー:ケイシー・アフレック(Casey Affleck)
ビリー・マクブライド:コール・ハウザー(Cole Hauser)
トム:ジョン・マイトン(John Mighton)
クラーク:スコット・ウィリアム・ウィンタース(Scott William Winters)

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の挿入曲(23曲)とサントラ
映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』は、トラウマを抱える青年と妻を無くした精神分析医の交流を描いたヒューマンドラマです。マット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を執筆しました。エンディング曲やバーで流れる曲など、挿入曲23曲とサントラを紹介します。
『レナードの朝』の挿入曲とサントラ
映画『レナードの朝』は、ロバート・デニーロとロビン・ウィリアムズ共演の医療ドラマ作品です。ドライブ中に聴く曲やダンスシーンの曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『パッチ・アダムス』の挿入曲とサントラ
映画『パッチ・アダムス』(原題:Patch Adams)は、クラウン・ドクターの先駆者で実在の医師、ハンター・キャンベル・アダムスの伝記映画です。ロビン・ウィリアムズが主演を演じました。パッチが歌う曲やエンディング曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『オデッセイ』の挿入曲とサントラ
映画『オデッセイ』は、リドリー・スコット監督によるSF映画です。マット・デイモン演じるワトリーが火星に取り残され奮闘する様子が描かれています。船長が選んだ70年代ディスコ曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ドライブアウェイ・ドールズ』の予告編で使われている曲とサントラ
コーエン監督の最新作、映画『ドライブアウェイ・ドールズ』の予告編と予告編で流れている曲を紹介します。今作では、『ファーゴ』『ノーカントリー』などを手掛けてきたコーエン兄弟の弟イーサン・コーエンが初めて単独で監督を務めました。
『AIR/エア』の挿入曲35曲とサントラ解説
映画『AIR/エア』は、ナイキのバスケットボールシューズ「エア・ジョーダン」開発秘話に基づき作られた映画です。ベン・アフレックが監督・主演・制作を務めました。ダイアー・ストレイツによるOP曲やED曲など、作中で使われた曲をあらすじに沿って紹介します。
『オーシャンズ13』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督の人気犯罪映画最終章『オーシャンズ13』、ジョージ・クルーニー、ブラッドピットらが前作のメンバーが続投したうえ、オプラ・ウィンフリーやアル・パチーノの出演も話題となりました。挿入曲を流れた順番にご紹介します。
『オーシャンズ12』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督の大ヒット犯罪コメディ映画第2弾『オーシャンズ12』(2004)は、前作のメンバーに加え、ブルース・ウィルスやキャサリン・ゼタ=ジョーンズなど豪華ゲストが登場します。映画で使われた曲を流れた順番に紹介します。
『オーシャンズ11』の挿入曲とサントラ
スティーヴン・ソダーバーグ監督『オーシャンズ11』は、ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピットら豪華キャストによるクライム・コメディ映画で、日本では2002年2月に公開されました。ドビュッシーの「月の光」など使われた曲を流れた順番に紹介します。
『フォードvsフェラーリ』の挿入曲とサントラ
ケン・マイルスとキャロル・シェルビーが1966年ル・マンに向けて奮闘した日々を描いた『フォードvsフェラーリ』(2019)。ザ・バーズやキンクスなど、映画内で使われていた全曲を、シーンと合わせてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました