ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『グランツーリスモ』の挿入曲とサントラ

2023年にアメリカで製作された映画『グランツーリスモ』(原題:Gran Turismo)は、イギリスのレーシングドライバー、ヤン・マーデンボロー(Jann Mardenborough)の実話を基に制作された伝記映画です。2011年の「GTアカデミー」、2013年のル・マン24時間レースの出来事などが描かれています。

作中では、ヤンのカースタントを、ヤン・マーデンボロー本人がつとめました。

スポンサーリンク

『グランツーリスモ』の挿入曲

『グランツーリスモ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

ヤンがステアリングコントローラーを手に入れパーソルと電話で話をする

ヤン・マーデンボロー(Jann Mardenborough)は、プロサッカー選手スティーヴ・マーデンボローの息子として1991年ダーリントンで生まれました。その後、父の仕事の関係でカーディフ(ウェールズ)に転居し子供時代を過ごしています。

Hold My Head
Artistケニー・ビーツ(Kenny Beats)
アメリカのレコードプロデューサー/DJ/オーディオエンジニア/ソングライター、1991年コネチカット州グリニッジ生まれ。
リリース2022年
作曲者ケニー・ビーツ(Kenny Beats)
トライアズ(Triads)のメンバー
ラリー・ブルックス(Larry Brooks)
ウォーレン・ブルックス(Warren Brooks)

『Hold My Head』は、フロリダ出身のキッズソウルグループ、トライアズ(Triads)の『Now I Can Hold My Head Up High』(1975) をサンプリングして作られています。

レコーディングには、ラッパーのピンク・シーフ(Pink Siifu)がゲストヴォーカリストとして参加し、ケニー・ビーツ(Kenny Beats)のソロ・デビューアルバム『Louie』に収録されました。

ジャックが車の整備をしながらイヤホンで聴く曲

Paranoid
邦題:『パラノイド
Artistブラック・サバス(Black Sabbath)
1968年にバーミンガムで結成されたイギリスのロックバンド。ヘヴィメタルのパイオニアとされる。
リリース1970年
作曲者ブラック・サバス(Black Sabbath)のメンバー
オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)
ビル・ワード(Bill Ward)
ギーザー・バトラー(Geezer Butler)
トニー・アイオミ(Tony Iommi)

この後「ピットでハプニングが起き順位を下げてからのヤンの走り」でもこの曲が使われています。

ロンドンのレストランで流れる曲

イギリスのレーシングチーム「キャバ」の食事会でジャックがレーサーを怒らせてしまうシーン

Waltz No.9 In A Flat, Op.69 No.1 -“Farewell”
ワルツ 第9番 変イ長調 作品69-1「別れのワルツ」
作曲者フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin, 1810-1809)
ポーランド出身のピアニスト/作曲家。「ピアノの詩人」と称される。
出版年1853年

コビーとジャックが父の車を勝手に持ち出し仲間との集まりに出かける

Peak
Artistジュビリー(Jubilee)
ニューヨークを拠点に活動するマイアミ出身の女性DJ。
作曲者ジェシカ・ニコル・ジェンティーレ(Jessica Nicole Gentile)
スポンサーリンク

コビーが友人と酒を飲む場所で流れる曲

ジャックがオードリーと二人きりで話をするシーン

Afterthought
Artistジョージ&ベニー(Joji & BENEE)
ジョージ(Joji)
日本のシンガー/ソングライター/ラッパー/元YouTuber/コメディアン、1992年大阪府生まれ。
ベニー(BENEE)
ニュージーランド・オークランド出身のインディーポップアーティスト、2000年生まれ。
リリース2020年
作曲者ジョージ・ミラー(George Miller)
ベニー(BENEE)
ダニエル・ウィルソン(Daniel Wilson)
アイザック・スリーター(Isaac Sleator)

ヤンが弟達を乗せ父親の車を運転する

Vroom
ArtistThe Fanatix feat. Idris Elba, Lil Tjay, Davido, Koffee, and Moelogo
リリース2022年:『Find Your Line: Official Music From Gran Turismo 7』
作曲者The Fanatix, Davido, Jin Jin, Idris Elba, Adrian Francis, Curtis James, Lil Tjay, Moelogo, and Koffee

ヤンがパトカーの追跡を振り切る

Get Out of My Way
ArtistTedashii feat. Lecrae
Tedashii
アメリカのクリスチャン・ヒップホップ・アーティスト、1977年テキサス州ラフキン生まれ。ヒップホップグループ「116 Clique」のメンバー。
レクレー(Lecrae)
アメリカののクリスチャン・ラッパー、1979年テキサス州ヒューストン生まれ。
リリース2019年
作曲者Wesley Smith, Jacob Cardec, Tedashii, and Lecrae

この後「ヤンが集中してレースに臨み順位を上げるシーン」でもこの曲が使われています。

ヤンが車を運転し自宅に戻る(父親が外で待ち構える)

Kill Dem
Artistジェイミー XX(Jamie XX)
イギリスのミュージシャン/DJ/レコードプロデューサー/リミキサー、1988年ロンドン生まれ。
リリース2022年
作曲者Jamie XX, Cutty Ranks, Christopher Lane, and John MacGillivray
スポンサーリンク

ヤンが選考大会で優勝しGTアカデミーの候補生となる

Moon Over the Castle
リリース1998年:『Gran Turismo Original Game Soundtrack』
作曲者安藤正容(Masahiro Andoh)
日本のジャズギタリスト/作曲家/プロデューサー、1954年名古屋生まれ。日本のインストゥルメンタルバンド、T-SQUARE(ティー・スクェア)の元リーダー。

GTアカデミー、訓練が開始される

Down Like This
ArtistEmma Sameth & BearFar
エマ・サメス(Emma Sameth)
ロサンゼルス出身のアメリカの女性歌手。
作曲年エマ・サメス(Emma Sameth)
ダン・ファーバー(Dan Farber)
イスラエルのレコードプロデューサー/ソングライター、1987年生まれ。
ジェイソン・スカルダマリア(Jason Scardamalia)
ロサンゼルスの音楽プロデューサー/ 作曲家。

GTアカデミー、ジャックによる厳しい訓練が始まる

Coming in Hot
ArtistAndy Mineo & Lecrae
アンディ・ミネオ(Andy Mineo)
ニューヨークを拠点に活動するクリスチャンヒップホップアーティスト/プロデューサー//ビデオディレクター、1988年ニューヨーク州シラキュース生まれ。
レクレー(Lecrae)
アメリカのラッパー/シンガー/ソングライター/俳優/起業家、1979年テキサス州ヒューストン生まれ。
リリース2021年
作曲者Shama Joseph, Andy Mineo, Lecrae, Lasanna Harris, Wordsplayed, Glen Henry, Marlon Montgomery, and Brian Taylor

GTアカデミー、脱落者がサーキットを去って行く

Revolt
Artistボーイズ・ノイズ(Boys Noize)
ドイツのエレクトロニックミュージック・レコードプロデューサー/ソングライター/DJ、1982年ハンブルク生まれ。
リリース2016年
作曲者ボーイズ・ノイズ(Boys Noize)
スポンサーリンク

ヤンがランニングマシンでトレーニングしながら聴く曲

ヤンの言う通りフェードが起きていたことを知ったジャックがヤンに会いに行くシーン

Gully
Artist
Cover ver.
George Grinling、Oliver Pearson、Sujon Ahmed
リリース2023年

ヤンがベッドの中でイヤホンで聴く曲(ヤンの勝負曲)

Songbird
Artistケニー・G(Kenny G)
アメリカのスムーズジャズ・サックス奏者、1956年ワシントン州シアトル生まれ。
リリース1986年
作曲者ケニー・G(Kenny G)

この後、以下のシーンでこの曲が使われています。
ヤンがレース前にイヤホンで聴く曲
動揺するヤンを落ち着かせようとジャックがマイク越しに流す曲 1曲目

最終選考レースでのビデオ判定結果が発表されるシーン

Because I’m Me
Artistアヴァランチーズ(The Avalanches)
1997年にメルボルンで結成されたオーストラリアのエレクトロニック・ミュージックグループ。
リリース2016年
作曲者ロビー・チャター(Robbie Chater)
トニー・ディブラシ(Tony Diblasi)
ソニー・チーバ(Sonny Cheeba)
ジェネラル・ジョンソン(General Johnson, 1943-2010)
バーニー・パーキンス(Barney Perkins, 1945-1993)
グレッグ・ペリー(Greg Perry)

この曲は、アメリカのR&B歌手フリーダ・ペイン(Freda Payne)の『Bring the Boys Home』(1971) をサンプリングして作られています。

ヤンがジャック達とプライベートジェットでウィーンに向かうシーン

Make My Move
ArtistOliver Michael feat. King Marino
オリバー・マイケル(Oliver Michael)
カナダの音楽プロデューサー/作曲家。
作曲者オリバー・マイケル(Oliver Michael)

この後「ヤンがル・マン24時間レースの挑戦を決意するシーン」でもこの曲が使われています。

スポンサーリンク

車でウィーンのホテルに移動するシーン

Paper Mache
Artistン・カンビス(Dan Kanvis)
ロサンゼルスを拠点とするアーティスト/デザイナー。
作曲者Dan Kanvis and Kirk Dickens

レース前にヤンがイヤホンで聴く曲

Orinoco Flow
オリノコ・フロウ
Artistエンヤ(Enya)
アイルランドの歌手/作曲家/音楽プロデューサー/音楽家、1961年生まれ。
リリース1988年
作曲者エンヤ(Enya)
アイルランドの歌手/作曲家/音楽プロデューサー/音楽家、1961年生まれ。
ニッキー・ライアン(Nicky Ryan)
アイルランドの音楽プロデューサー/レコーディングエンジニア/マネージャー、1949年ダブリン生まれ。ローマ・ライアンの夫。
ローマ・ライアン(Roma Ryan)
アイルランドの作詞家/作家/詩人/ビジュアルアーティスト、1950年ベルファスト生まれ。

『Orinoco Flow』は、エンヤ(Enya)の2枚目スタジオアルバム『ウォーターマーク』 (Watermark) に収録されている曲です。


この後、以下のシーンでもこの曲が使われています。
動揺するヤンを落ち着かせようとジャックがマイク越しに聴かせる曲 2曲目
エンディング

ヤンがトレーニングを重ね、ヨーロッパてのサーキットを回る

@ドイツ、ホッケンハイム(23位)
@イタリア、モンツァサーキット(17位
@トルコ、イスタンブール、ロードウェイ(8位
@スペイン、カタロニア・サーキット(リタイヤ)

Search and Destroy
Artistザ・ストゥージズ(The Stooges)
1967年にミシガン州アナーバーで結成されたアメリカのロックバンド。フロントマンのイギー・ポップの名を冠して「イギー&ザ・ストゥージズ」(Iggy and the Stooges)のバンド名でも知られる。
リリース1973年
作曲者イギー・ポップ(Iggy Pop)
アメリカのロックミュージシャン/ボーカリスト/作曲家/音楽プロデューサー/俳優、1947年ミシガン州マスキーゴン生まれ。ロックバンド、ストゥージズ(The Stooges)での活躍でも知られる。
ジェームズ・ウィリアムソン(James Williamson)
アメリカのギタリスト/作曲家/音楽プロデューサー/電子工学技術者、1949年テキサス州カストロヴィル生まれ。ロックバンド、ストゥージズ(The Stooges)のギタリスト。

イギー・ポップ(Iggy Pop)の曲が使われている映画一覧はコチラ

ヤンが4位でゴールし、FIAライセンスを取得するシーン

(レース後、ホテルのバーでヤンを待つジャックがイヤホンで聴く曲)

War Pigs
Artistブラック・サバス(Black Sabbath)
1968年にバーミンガムで結成されたイギリスのロックバンド。ヘヴィメタルのパイオニアとされる。
リリース1970年
作曲者ブラック・サバス(Black Sabbath)のメンバー
オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)
ビル・ワード(Bill Ward)
ギーザー・バトラー(Geezer Butler)
トニー・アイオミ(Tony Iommi)

『War Pigs』は、ブラック・サバス(Black Sabbath)の2枚目のスタジオアルバム『パラノイド』 (Paranoid) に収録されているプロテストソングです。

スポンサーリンク

ヤンとダニーが東京に到着するシーン

Celebrate
Artistコートニー・ベル(Courtney Bell)
リリース2020年
作曲者Courtney Bell, Damien Farmer, and Keith Miller

ヤンがオードリーと東京の街を楽しむシーン

Big Jet Plane
Artist
Cover ver.
リストリクティッド(Restricted)
オーストラリアのDJ/プロデューサー。
作曲者アンガス・ストーン(Angus Stone)
ジュリア・ストーン(Julia Stone)
Original ver.2010年:アンガス&ジュリア・ストーン(Angus Stone and Julia Stone)
シドニー出身のオーストラリアの兄妹デュオ。

東京でヤンとオードリーが訪れるクラブで流れる曲

Pepas (Tiesto Remix)
Artistファルッコ(Farruko)
プエルトリコの歌手/ラッパー、1991年生まれ。
ティエスト(Tiesto)
オランダの音楽プロデューサー/トラックメイカー/作曲家/DJ/リミキサー、1969年生まれ。
リリース2021年
作曲者Andy Bauza, Víctor Cárdenas, IAmChino, Franklin Jovani Martínez, Sharo Towers, Axel Rafael Quezada Fulgencio, Keriel Quiroz, and Farruko

ヤンがレース前にイヤホンで聴く曲

ヤンがジャックに東京で買ったお土産を手渡すシーン

Songbird
Artistケニー・G(Kenny G)
アメリカのスムーズジャズ・サックス奏者、1956年ワシントン州シアトル生まれ。
リリース1986年
作曲者ケニー・G(Kenny G)

ヤンがベッドの中でイヤホンで聴く曲(ヤンの勝負曲)」でもこの曲が使われていました。

スポンサーリンク

ヤンがジャックを隣に乗せ運転を再開するシーン

Wash
Artistボン・イヴェール(Bon Iver)
2006年に結成されたアメリカのインディー・フォーク・バンド。
リリース2011年
作曲者ジャスティン・ヴァーノン(Justin Vernon)
アメリカの歌手/ソングライター/音楽プロデューサー/マルチ楽器奏者、1981年ウィスコンシン州オークレア生まれ。「ボン・イヴェール」(Bon Iver)のフロントマン。

ヤンがル・マン24時間レースの挑戦を決意するシーン

Make My Move
ArtistOliver Michael feat. King Marino
オリバー・マイケル(Oliver Michael)
カナダの音楽プロデューサー/作曲家。
作曲者オリバー・マイケル(Oliver Michael)

ヤンがジャック達とプライベートジェットでウィーンに向かうシーン」でもこの曲が使われていました。

【ル・マン24時間レース】スタート前のフランス国歌斉唱

La Marseillaise
ラ・マルセイエーズ
作曲者クロード=ジョゼフ・ルジェ・ド・リール(Claude Joseph Rouget de Lisle, 1760-1836)
フランスの軍人/作曲家/作詞家。
作曲年1792年

『ラ・マルセイエーズ』は、フランスの国歌です。
もともとは、フランス革命時にマルセイユからの義勇兵が歌いパリに広めた革命歌で、『マルセイユの歌』のタイトルでも知られています。

動揺するヤンを落ち着かせようとジャックがマイク越しに流す曲 1曲目

ヤンがジャックにプレゼントしたウォークマンから流れる曲

Songbird
Artistケニー・G(Kenny G)
アメリカのスムーズジャズ・サックス奏者、1956年ワシントン州シアトル生まれ。
リリース1986年
作曲者ケニー・G(Kenny G)

ヤンがベッドの中でイヤホンで聴く曲(ヤンの勝負曲)」でもこの曲が使われていました。

スポンサーリンク

動揺するヤンを落ち着かせようとジャックがマイク越しに聴かせる曲 2曲目

ジャックがウォークマンの使い方を尋ねてレース中のジャックを怒らせるシーン

Orinoco Flow
オリノコ・フロウ
Artistエンヤ(Enya)
リリース1988年
作曲者エンヤ(Enya)
ニッキー・ライアン(Nicky Ryan)
ローマ・ライアン(Roma Ryan)

レース前にヤンがイヤホンで聴く曲」でもこの曲が使われていました。

ヤンが集中してレースに臨み順位を上げるシーン

Get Out of My Way
ArtistTedashii feat. Lecrae
Tedashii
アメリカのクリスチャン・ヒップホップ・アーティスト、1977年テキサス州ラフキン生まれ。ヒップホップグループ「116 Clique」のメンバー。
レクレー(Lecrae)
アメリカののクリスチャン・ラッパー、1979年テキサス州ヒューストン生まれ。
リリース2019年
作曲者Wesley Smith, Jacob Cardec, Tedashii, and Lecrae

ヤンがパトカーの追跡を振り切るシーン」でもこの曲が使われていました。

ヤンが巧みなコーナリングを見せチームが調子を上げていく

Get Out of My Way
Artistパブリック・エナミー(Public Enemy)
1985年にニューヨーク州ロングアイランドで結成されたアメリカのヒップホップグループ。
リリース2007年
作曲者チャックD(Chuck D)
アメリカのラッパー、1960年ニューヨーク生まれ。パブリック・エナミー(Public Enemy)のリーダー/フロントマン。
ゲイリー・リナルト(Gary Rinaldo)
アメリカのレコードプロデューサー、1969年生まれ。パブリック・エナミーのプロデュースを長年務める。

この曲は、ヤンが育ったカーディフ出身の女性歌手シャーリー・バッシー(Shirley Bassey)の『Jezahel』(1972) をサンプリングして作られています。

ピットでハプニングが起き順位を下げてからのヤンの走り

Paranoid
邦題:『パラノイド』
Artistブラック・サバス(Black Sabbath)
1968年にバーミンガムで結成されたイギリスのロックバンド。ヘヴィメタルのパイオニアとされる。
リリース1970年
作曲者ブラック・サバス(Black Sabbath)のメンバー
オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)
ビル・ワード(Bill Ward)
ギーザー・バトラー(Geezer Butler)
トニー・アイオミ(Tony Iommi)

ジャックが車の整備をしながらイヤホンで聴く曲」でもこの曲が使われていました。

スポンサーリンク

ヤンがゴールし会場が喜びで沸く

God Moving Over the Face of the Waters
Artistモービー(Moby)
アメリカのエレクトロニカミュージシャン/ソングライター/歌手/プロデューサー/動物の権利活動家、1965年ニューヨーク生まれ。
リリース2021年
作曲者モービー(Moby)

ヤンのその後の活躍と本人の写真が紹介されるシーン

Wilderness
Artistエクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ(Explosions in the Sky)
テキサス州出身のアメリカのポストロックバンド。
リリース2016年
作曲者エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイのメンバー
Christopher Hrasky, Michael Aaron James, Munaf Rayani, and Mark T. Smith

エンディング

Orinoco Flow
オリノコ・フロウ
Artistエンヤ(Enya)
リリース1988年
作曲者エンヤ(Enya)
ニッキー・ライアン(Nicky Ryan)
ローマ・ライアン(Roma Ryan)

レース前にヤンがイヤホンで聴く曲」でもこの曲が使われていました。

『グランツーリスモ』のサントラ

『グランツーリスモ』はローン・バルフ(Lorne Balfe)が音楽を担当しています。

ローン・バルフは、ハンス・ジマーのリモート・コントロール・プロダクションに所属しており、『ミッション:インポッシブルフォールアウト』や『トップガン マーヴェリック』の音楽を手掛けています。

『グランツーリスモ』キャスト・スタッフ

監督ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp)
脚本ジェイソン・ホール(Jason Hall)
ザック・ベイリン(Zach Baylin)
製作ダグ・ベルグラッド(Doug Belgrad)
アサド・キジルバシュ(Asad Qizilbash)
カーター・スワン(Carter Swan)
デイナ・ブルネッティ(Dana Brunetti)
音楽ローン・バルフ(Lorne Balfe)
配給ソニー・ピクチャーズ リリーシング
公開 2023年8月25日
2023年9月15日
上映時間134分

ヤン・マーデンボロー:アーチー・マデクウィ(Archie Madekwe)
ジャック・ソルター:デヴィッド・ハーバー(David Harbour)
ダニー・ムーア:オーランド・ブルーム(Orlando Bloom)
マティ・デイビス:ダレン・バーネット(Darren Barnet)
レスリー・マーデンボロー:ジェリ・ハリウェル=ホーナー(Geri Halliwell-Horner)
スティーブ・マーデンボロー:ジャイモン・フンスー(Djimon Hounsou)
山内一典:平岳大
ニコラス・キャパ:ヨシャ・ストラドフスキー(Josha Stradowski)
コビー・マーデンボロー:ダニエル・プイグ(Daniel Puig)
オードリー:メイヴ・コーティエ=リリー(Maeve Courtier-Lilley)
パトリス・キャパ:トーマス・クレッチマン(Thomas Kretschmann)
リア・ベガ:エメリア・ハートフォード(Emelia Hartford)
アントニオ・クルス:ペペ・バロッソ(Pepe Barroso)
パーソル:ニクヒル・パーマー(Nikhil Parmar)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント