ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
音楽担当:ジョン・ウィリアムズ(John Williams)

『マイノリティ・リポート』の挿入曲とサントラ

トム・クルーズ主演『マイノリティ・リポート』(原題:Minority Report)は、西暦2054年のアメリカが舞台のSF映画です。2002年、アメリカで製作されました。原作は『高い塔の男』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』で知られるフィリップ・K・ディックの短編小説です。
スティーヴン・スピルバーグが監督を務めました。

スポンサーリンク

『マイノリティ・リポート』の挿入曲

『マイノリティ・リポート』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

プリコグによる警告の解析が開始されるシーン

Symphony No.7 in B Minor, D.759 “Unfinished” – 1. Allegro moderato
交響曲第7番 ロ短調 D.759《未完成》- 第1楽章
作曲者フランツ・シューベルト(Franz Schubert, 1797-1828)
初期のロマン派を代表するオーストリアの作曲家。31年の生涯で600曲もの歌曲を残し「歌曲の王」と呼ばれる。
Artistカルロス・クライバー(Carlos Kleiber, 1930-2004)
ドイツ出身のオーストリアの指揮者。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)
オーストリア・ウィーンに本拠を置くオーケストラ。1842年設立。

『交響曲第7番』は、シューベルトの代表作のひとつで、『未完成』の愛称で親しまれています。

1823年、シューベルトはグラーツ音楽協会から「名誉ディプロマ」を授与された返礼に交響曲を作曲することとなりましたが、シューベルトが送付したのは2つの楽章のオーケストラスコアでした(交響曲は4つ程度の楽章によって構成されることが定義)。その後、完成されることなく5年後にシューベルトは逝去したため、作品は未完成のまま1865年にウィーンで初演されました。

シューベルトが交響曲を完成させなかった理由について多くの推察が行われましたが、はっきりとはわかっていません。

ジョンの自宅で流れる曲(ジョンが帰宅するシーン)

Symphony No.6 in B Minor, Op.74 “Pathétique” – 2. Allegro con grazia
交響曲第6番 ロ短調 作品74《悲愴》- 第2楽章
作曲者ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(Pyotr Ilyich Tchaikovsky, 1840-1893)
19世紀ロシアを代表する作曲家。
作曲年1893年
Artistクラウディオ・アバド(Claudio Abbado, 1933-2014)
イタリア・ミラノ出身の指揮者。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)
オーストリア・ウィーンに本拠を置くオーケストラ。1842年設立。

『交響曲第6番』は、『悲愴』の副題で知られているチャイコフスキーにとって最後の交響曲です。
サンクトペテルブルクで作曲者自身の指揮により初演され、その9日後にチャイコフスキーは急死しました。

刑務所の看守がオルガンで演奏する曲

看守ギデオンは、囚人を癒すと言いこの曲を演奏しています。

Jesu, Joy of Man’s Desiring
邦題『主よ、人の望みの喜びよ』
(Herz und Mund und Tat und Leben, BWV 147: X. Jesus bleibet meine Freude )
作曲者ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach, 1685-1750)
バロック時代を代表するドイツの作曲家/オルガニスト。
作曲年1723年
編曲ハーヴェイ・グレース(Harvey Grace, 1874-1944)
イギリスのオルガニスト/作曲家/指揮者/編集者/教師。

バッハの教会カンタータ『Cantata Herz und Mund und Tat und Leben』より第10曲「コラール」。『主よ、人の望みの喜びよ』のタイトルで知られています。
ハーヴェイ・グレースが1931年にヴァイオリンとピアノのために編曲した版が使われています。

アイリス・ハイネマン博士の温室で流れている曲

ジョンが博士(予知システムの考案者)に助けを求め行くシーン

String Quartet in C Major, Op.64, No.1 (Hob. III:65) – 2. Menuet. Allegro ma non troppo
弦楽四重奏曲 ハ長調 Op.64, No.1, Hob.III:65 – 第2楽章
作曲者フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(Franz Joseph Haydn, 1732-1809)
古典派を代表するオーストリア出身の音楽家。
作曲年1790年
Artistエンジェルス弦楽四重奏団(The Angeles String Quartet)

この曲は、6曲からなる「第三トスト四重奏曲」の第1曲目です。ハイドンをサポートしたことで知られるハンガリーのヴァイオリニスト、ヨハン・トスト(Johann Tost)に献呈されています。

スポンサーリンク

闇医者のアシスタントの女が歌っている曲

ジョンは眼球移植をするため闇医者エディ・ソロモンに会いに行きます。この時、トイレから出てくる看護師が「耳」(öron) を「目」(ögon) に置き換えてこの曲を歌っています。

Sma Grodorna (Little Frogs)

『Sma Grodorna(小さな蛙)』はスウェーデンの童謡です。フランスの童謡『クラリネットをこわしちゃった』の後半と同じメロディーが使われています。
スウェーデンでは「夏至祭」で歌われるフォークダンスの曲として親しまれています。カエルにはない体の部分「耳」と「尾」をジェスチャーで示し、カエルの真似をしてはね回るダンスです。
(ここでは、スウェーデン出身の俳優、アレクサンダー・スカルスガルドが歌う動画を紹介します。)

病室のモニターに映るリアリティ番組のオープニング曲

Bad Boys
Artistインナー・サークル(Inner Circle)
1968年にキングストンで結成されたジャマイカのレゲエバンド。
リリース1987年
作曲者イアン・ルイス(Ian Lewis)
ジャマイカのベーシスト/ソングライター/プロデューサー。インナー・サークルの創設メンバー。

『Bad Boys』は、アメリカで1989年から放送されていたリアリティ番組『全米警察24時 コップス』のテーマ曲です。
この番組のオープニングでは、犯罪者と放送内容のダイジェストが流れることになっていて、ここでは指名手配されているジョンの写真が映し出されています。

ジョンがアガサの洋服を買いに入るアパレルショップのBGM

@アパレルショップ「GAP」

Solitude
ソリチュード
Artist
cover ver.
ビリー・ホリデイ(Billie Holiday, 1915-1959)
メリーランド州・ボルチモア出身のアメリカのジャズ歌手。女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の一人に数えられ、レディ・デイ(Lady Day)の愛称で知られる。
リリース1941年
作曲者デューク・エリントン(Duke Ellington, 1899-1974)
アメリカのジャズの作曲家/編曲家/ピアニスト/オーケストラ・リーダー。
代表曲『A列車で行こう』『ソリチュード』
エディ・デランジ(Eddie DeLange, 1904-1949)
アメリカのソングライター/バンドリーダー。
アーヴィング・ミルズ (Irving Mills, 1894-1985)
アメリカのジャズ音楽の出版者/エージェント/オーケストラリーダー/作詞家。
Original ver.1934年:デューク・エリントン楽団(Duke Ellington and His Orchestra)

『ソリチュード』は、ジャズのスタンダードナンバーです。
ここでは、ビリー・ホリデイのヒット・カバーバージョンが使われています。

「Solitude」とは、英語で「孤独」を意味する言葉ですが、「lonely」と比べるとポジティブなニュアンスを持っています。音楽用語で独奏・独演を意味する「ソロ」と同じ語源で、ひとりで過ごす時を楽しむ時などに使います。

ジョンとアガサが警察の追跡をかわすショッピング・モールのBGM

Moon River
ムーン・リバー
Artistヘンリー・マンシーニ楽団(Henry Mancini and His Orchestra and Chorus)
リリース1960年
作曲者ヘンリー・マンシーニ(Henry Mancini, 1924-1994)
アメリカの作曲家/編曲家。
代表作『ティファニーで朝食を 』『シャレード』『ピンク・パンサー』『ひまわり』
ジョニー・マーサー(Johnny Mercer, 1909-1976)
ジョージア州サヴァンナ出身のクロアチア/アイルランド系アメリカ人作詞者。キャピトル・レコードの共同創設者の一人。
代表曲:『シャレード』『酒とバラの日々』『枯葉 』『ローラ』

『Moon River』は、1961年のアメリカ・ロマンチックコメディ映画『ティファニーで朝食を』のオリジナル・サウンドトラックです。主演のオードリー・ヘプバーンの劇中歌として作られました。
作曲したヘンリー・マンシーニとジョニー・マーサーは、この曲で、第34回アカデミー賞・アカデミー歌曲賞を受賞しました。

スポンサーリンク

『マイノリティ・リポート』のサントラ

『マイノリティ・リポート』はジョン・ウィリアムズ(John Williams)が音楽を担当しました。ジョン・ウィリアムズは、アメリカを代表する映画音楽作曲家で、『スター・ウォーズ』シリーズや『インディー・ジョーンズ』シリーズのテーマ曲で知られています。

『マイノリティ・リポート』キャスト・スタッフ

監督スティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)
脚本ジョン・コーエン(Jon Cohen)
スコット・フランク(Scott Frank)
原作フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)
製作ボニー・カーティス(Bonnie Curtis)
ジェラルド・R・モーレン(Gerald R. Molen)
ヤン・デ・ボン(Jan de Bont)
ウォルター・F・パークス(Walter F. Parkes)
音楽ジョン・ウィリアムズ(John Williams)
配給20世紀フォックス映画
公開 2002年6月17日
2002年12月7日
上映時間145分

ジョン・アンダートン:トム・クルーズ(Tom Cruise)
ダニー・ウィットワー:コリン・ファレル(Colin Farrell)
アガサ:サマンサ・モートン(Samantha Morton)
ラマー・バージェス局長:マックス・フォン・シドー(Max von Sydow)
アイリス・ハイネマン博士:ロイス・スミス(Lois Smith)
エディ・ソロモン医師:ピーター・ストーメア(Peter Stormare)
ギデオン:ティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson)
ジャッド:スティーヴ・ハリス(Steve Harris)
ララ・クラーク:キャスリン・モリス(Kathryn Morris)
ウォリー:ダニエル・ロンドン(Daniel London)
フレッチャー:ニール・マクドノー(Neal McDonough)
ノット:パトリック・キルパトリック (Patrick Kilpatrick)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント