ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲とサントラ

2017年にアメリカで制作された映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(原題:The Beguiled)は、1864年南北戦争真っ只中のバージニア州にある女子学園を舞台に描かれるサイコスリラー映画です。トーマス・カリナンによる同名小説の映画化で、1971年にはドン・シーゲル監督によっても映画化されています。(『白い肌の異常な夜』クリント・イーストウッド主演 )

タイトルの「Beguiled」は、英語で「だます・あざむく、魅了する、気を紛らわせる」などの意味があります。

第70回カンヌ国際映画祭ではソフィア・コッポラが監督賞を受賞しました。

スポンサーリンク

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニングタイトル

Lorena
作曲:Oona Laurence、Henry D.L. Webster

『ロレーナ』(Lorena)は、ヘンリー・D・L・ウェブスターという牧師が別れた女性について書いた詩で作られたバラードです。1857年にシカゴで出版され、南北戦争中に双方の兵士の間で流行しました。
牧師の詩は、女性からの別れのメモに書かれていた「If we try, we may forget」という一節を引用して作られています。


きのこを採りに森を訪れたエイミーがハミングする曲
1864年(南北戦争3年目)@アメリカ バージニア州

この後以下のシーンでもこの曲が使われています。
少女たちがマクバーニーのために歌う曲
エンドクレジット

エイミーがバルコニーで望遠鏡をのぞきながら歌う曲

Aura Lea
作曲:George R. Poulton、W.W. Fosdick

『Aura Lea』は、1861年に出版されたバラードです。当時流行していたミンストレル・ショーで演奏され人気となり、南北戦争時に兵士の間で流行しました。

米陸軍士官学校での卒業生の歌『Army Blue』や、エルヴィス・プレスリーの『ラヴ・ミー・テンダー』では、この曲のメロデイが使われています。

少女たちがマクバーニーのために歌う曲

Lorena
作曲:Oona Laurence、Henry D.L. Webster

南北戦争中に兵士の間で流行った『ロレーナ』(Lorena)です。

オープニングタイトル
エンドクレジット」でもこの曲が使われています。

マクバニーを招いてのディナーでジェーンがヴァイオリンで弾く曲

Violin Concerto in B Minor, Op.35 – II. Andante
作曲:Oskar Rieding

オスカー・リーディング作曲の『ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 作品35』より第2楽章。

オスカー・リーディングは、1846年生まれのドイツのヴァイオリニスト/音楽教師です。中級レベルの学習者のためのヴァイオリンの作品を多く作り、現在でもよく演奏されています。

マクバニーを招いてのディナーでジェーンがピアノで演奏する曲

Virginia Belle
作曲:Stephen Foster

『Virginia Belle』は、アメリカの作曲家スティーブン・フォスターが1860年に作った曲です。
『ヴァージニアの美人』の邦題がつけられています。

エンデイング、エンドクレジット 1曲目

Beguiled Theme
アーティスト:Phoenix

『Beguiled Theme』は、映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のオリジナルサウンドトラックです。映画の音楽を担当したフランスのインディー・ロックバンド、フェニックス(Phoenix)の作品です。

エンドクレジット 2曲目

Lorena
作曲:Oona Laurence、Henry D.L. Webster

南北戦争中に兵士の間で流行った『ロレーナ』(Lorena)です。
エイミーを演じたアメリカの女優ウーナ・ローレンスがアカペラで歌っています。

オープニングタイトル
少女たちがマクバーニーのために歌う曲」でもこの曲が使われていました。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』のサントラ

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』はフェニックス(Phoenix)が音楽を担当しました。フェニックスは、フランス・ベルサイユで結成されたポップバンドです。リードシンガーのトーマス・マーズは2011年にソフィア・コッポラと結婚しました。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』キャスト・スタッフ

監督ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)
脚本ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)
原作トーマス・カリナン(Thomas P. Cullinan)
製作ユーリー・ヘンリー(Youree Henley)
ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)
音楽フェニックス(Phoenix)
配給 アスミック・エース/STAR CHANNEL MOVIES
公開 2017年6月23日
2018年2月23日
上映時間94分

ジョン・マクバニー:コリン・ファレル(Colin Farrell)
マーサ・ファーンズワース:ニコール・キッドマン(Nicole Kidman)
エドウィナ・モロー:キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)
アリシア:エル・ファニング(Elle Fanning)
エイミー:ウーナ・ローレンス(Oona Laurence)
ジェーン:アンガーリー・ライス(Angourie Rice)
マリー:アディソン・リッケ(Addison Riecke)
エミリー:エマ・ハワード(Emma Howard)
陸軍大尉:ウェイン・ペレ(Wayne Pere)

『ヴァージン・スーサイズ』の挿入曲とサントラ
映画『ヴァージン・スーサイズ』は、『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』を原作としたソフィア・コッポラの初監督作品です。キルスティン・ダンストやジョシュ・ハートネットが出演しています。電話でレコードをかけ流す曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ロスト・イン・トランスレーション』の挿入曲とサントラ
アカデミー脚本賞受賞、ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』は東京を訪れたハリウッドスターとアメリカ人女性の恋愛映画です。ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンが出演しています。カラオケで歌う曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
『マリー・アントワネット』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の『マリー・アントワネット』はマリー・アントワネットの結婚からフランス革命までの人生を描いた歴史映画です。バウ・ワウ・ワウやスージー・アンド・ザ・バンシーズの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『SOMEWHERE』の挿入曲とサントラ
ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作、ソフィア・コッポラ監督による映画『SOMEWHERE』は、ハリウッドスターと11歳の娘の交流を描いた作品です。ポールダンスの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ブリングリング』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラの映画『ブリングリング』は、ハリウッドで実際に起きた強盗事件に着想を得て作られた青春映画です。カニエ・ウェストの『All of the Lights』やフランク・オーシャンの『Suoer Rich KIds』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲とサントラ
ソフィア・コッポラの映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、南北戦争中のアメリカが舞台のサイコスリラー映画です。原作小説は『白い肌の異常な夜』というタイトルで過去にも映画化されています。使われた音楽を流れた順に紹介します。
『オン・ザ・ロック』の挿入曲とサントラ
A24制作映画『オン・ザ・ロック』はソフィア・コッポラ監督・脚本のファミリードラマ作品です。NYやメキシコを舞台に、父と娘の交流が描かれています。バーで流れていた曲やローラの名前の由来となった曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』の挿入曲32曲とサントラ&予告編紹介
4/12公開のソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』は、エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラの回想録を基に作られた伝記映画です。予告編(日本版/A24版)と予告編で使われた曲、サントラの曲を紹介します。
『ビル・マーレイ・クリスマス』(Netflix)の挿入曲とサントラ
Netfllix映画『ビル・マーレイ・クリスマス』はソフィア・コッポラ監督によるクリスマス映画です。クリスマス・イブの夜、NYの老舗ホテル「カーライル」で起こる騒動が描かれています。作中で歌われるクリスマスソングをあらすじに沿って全曲紹介いたします。
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント