ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!

ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)

1971年5月14日、アメリカ合衆国・ニューヨーク州生まれの映画監督/脚本家/プロデューサー/女優/ファッションデザイナー。フランシス・コッポラの娘。
1999年『ヴァージン・スーサイズ』で長編映画監督デビュー。
2003年『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー脚本賞受賞。

以下の映画は、ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)が監督した映画です。

映画×音楽

『ビル・マーレイ・クリスマス』(Netflix)の挿入曲とサントラ

Netfllix映画『ビル・マーレイ・クリスマス』はソフィア・コッポラ監督によるクリスマス映画です。クリスマス・イブの夜、NYの老舗ホテル「カーライル」で起こる騒動が描かれています。作中で歌われるクリスマスソングをあらすじに沿って全曲紹介いたします。
映画×音楽

ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』の挿入曲32曲とサントラ&予告編紹介

4/12公開のソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』は、エルヴィス・プレスリーの元妻プリシラの回想録を基に作られた伝記映画です。予告編(日本版/A24版)と予告編で使われた曲、サントラの曲を紹介します。
映画×音楽

『オン・ザ・ロック』の挿入曲とサントラ

A24制作映画『オン・ザ・ロック』はソフィア・コッポラ監督・脚本のファミリードラマ作品です。NYやメキシコを舞台に、父と娘の交流が描かれています。バーで流れていた曲やローラの名前の由来となった曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』の挿入曲とサントラ

ソフィア・コッポラの映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は、南北戦争中のアメリカが舞台のサイコスリラー映画です。原作小説は『白い肌の異常な夜』というタイトルで過去にも映画化されています。使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『ブリングリング』の挿入曲とサントラ

ソフィア・コッポラの映画『ブリングリング』は、ハリウッドで実際に起きた強盗事件に着想を得て作られた青春映画です。カニエ・ウェストの『All of the Lights』やフランク・オーシャンの『Suoer Rich KIds』など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『SOMEWHERE』の挿入曲とサントラ

ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作、ソフィア・コッポラ監督による映画『SOMEWHERE』は、ハリウッドスターと11歳の娘の交流を描いた作品です。ポールダンスの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『マリー・アントワネット』の挿入曲とサントラ

ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダンスト主演の『マリー・アントワネット』はマリー・アントワネットの結婚からフランス革命までの人生を描いた歴史映画です。バウ・ワウ・ワウやスージー・アンド・ザ・バンシーズの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『ロスト・イン・トランスレーション』の挿入曲とサントラ

アカデミー脚本賞受賞、ソフィア・コッポラの『ロスト・イン・トランスレーション』は東京を訪れたハリウッドスターとアメリカ人女性の恋愛映画です。ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンが出演しています。カラオケで歌う曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『ヴァージン・スーサイズ』の挿入曲とサントラ

映画『ヴァージン・スーサイズ』は、『ヘビトンボの季節に自殺した五人姉妹』を原作としたソフィア・コッポラの初監督作品です。キルスティン・ダンストやジョシュ・ハートネットが出演しています。電話でレコードをかけ流す曲など使われた音楽を流れた順に紹介します。
スポンサーリンク