『憐れみの3章』の予告編で流れている曲&サントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)

『憐れみの3章』の予告編で流れている曲&サントラ

2024年9月27日全国公開予定の映画『憐れみの3章』(原題:Kinds of Kindness)は、ヨルゴス・ランティモス監督による不条理ブラックコメディ映画です。3つの寓話的ストーリーがゆるやかに繋がるアンソロジー作品となっています。

エマ・ストーン、ジェシー・プレモンス、ウィレム・デフォーらが出演しています

『憐れみの3章』の予告編で使われている曲

Sweet Dreams (Are Made of This)
スウィート・ドリームス(アー・メイド・オブ・ディス
Artistユーリズミックス(Eurythmics)
1980年にロンドンで結成されたイギリスのポップデュオ。
リリース1983年
作曲者アニー・レノックス(Annie Lennox)
イギリスのミュージシャン、1954年スコットランド生まれ。ユーリズミックスのボーカリストとして知られる。
デイヴ・スチュワート(David A. Stewart)
イギリスのミュージシャン/ギタリスト/音楽プロデューサー、1952年生まれ。ユーリズミックスのメンバー。

『Sweet Dreams (Are Made of This)』は、ユーリズミックス(Eurythmics)の2枚目の同名アルバムから4枚目のシングルとしてリリースされた曲です。
この曲のミュージックビデオは、アニー・レノックスのジェンダーレスなファッションが注目を集め人気となり、ユーリズミックスは世界的成功を収めました。

スポンサーリンク

『憐れみの3章』のサントラ

『憐れみの3章』はイェルスキン・フェンドリックス(Jerskin Fendrix)が音楽を担当しました。

イェルスキン・フェンドリックスは、ロンドンを拠点に活動する実験音楽のミュージシャン/作曲家です。ヨルゴス・ランティモス監督作品『哀れなるものたち』でアカデミー作曲賞にノミネートされました。

『憐れみの3章』キャスト・スタッフ

監督ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)
脚本ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)
エフティミス・フィリップ(Efthimis Filippou)
製作エド・ギニー(Ed Guiney)
アンドリュー・ロウ(Andrew Lowe)
ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)
ケイシア・マリパン(Kasia Malipan)
音楽ジャースキン・フェンドリクス(Jerskin Fendrix)
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開 2024年6月21日
2024年9月27日
上映時間165分

エマ・ストーン(Emma Stone)
ジェシー・プレモンス(Jesse Plemons)
ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)
マーガレット・クアリー(Margaret Qualley)
ホン・チャウ(Hong Chau)
ジョー・アルウィン(Joe Alwyn)
ママドゥ・アティエ(Mamoudou Athie)
ハンター・シェイファー(Hunter Schafer)

『憐れみの3章』の予告編で流れている曲&サントラ
ヨルゴス・ランティモス監督最新作『憐れみの3章』は、3つの寓話的ストーリーがゆるやかに繋がるアンソロジー/ブラックコメディ映画です。エマ・ストーン、ジェシー・プレモンス、ウィレム・デフォーが出演しています。予告編で流れる曲とサントラを紹介します。
『哀れなるものたち』の挿入曲とサントラ
映画『哀れなるものたち』は、アラスター・グレイの同名小説をヨルゴス・ランティモス監督が映画化した作品です。エマ・ストーン、マーク・ラファロ、ウィレム・デフォーらが出演しています。オープニング曲などサントラと挿入曲を紹介します。
『インサイド・マン』の挿入曲とサントラ
スパイク・リー監督映画『インサイド・マン』は、ニューヨーク州マンハッタンの銀行で起きた銀行強盗を描いた犯罪サスペンス映画です。主題歌/エンディング曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ビートルジュース ビートルジュース』予告編&予告編で流れている曲
『ビートルジュース ビートルジュース』は、ティム・バートン監督の映画『ビートルジュース』36年ぶりの続編です。マイケル・キートン、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラが前作から続投し、ジェナ・オルテガらが新たに加わることが発表されています。予告編と流れている曲を紹介します。
『ジョン・ウィック』の挿入曲とサントラ
映画『ジョン・ウィック』は、キアヌ・リーブス主演の復讐アクションスリラー映画です。亡き妻から贈られた子犬を殺されたジョンが復讐する様子が描かれています。マリリン・マンソンの曲やED曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』の挿入曲とサントラ
マーティン・スコセッシ最新作『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』は、オクラホマ・オセージ郡で起きた先住民殺人事件を描いた映画です。アカデミー賞では10部門にノミネートされました。歌曲賞にノミネートされたエンディング曲など36曲をあらすじに沿って紹介します。
『もう終わりにしよう。』の挿入曲とサントラ
Netflix映画『もう終わりにしよう。』は、イアン・リードのデビュー小説をもとにチャーリー・カウフマンが監督したスリラー映画です。ミュージカル『オクラホマ!』の曲やジェイクが歌う曲など、使われた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『女王陛下のお気に入り』の挿入曲とサントラ
映画『女王陛下のお気に入り』は18世紀初頭スチュワート朝のイギリス史実に基づいた歴史コメディ映画です。オリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、マーゴット・ロビーらが出演しています。王宮内で流れた音楽など挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『イングリッシュ・ペイシェント』の挿入曲とサントラ
アカデミー賞受賞作、映画『イングリッシュ・ペイシェント』は第二次世界大戦中の北アフリカを舞台とした恋愛映画です。ブッカー賞を受賞した同名の小説が原作となっています。映画内で使われた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』の挿入曲とサントラ
ヨルゴス・ランティモス監督による映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』は、コリン・ファレル演じる心臓外科医の家族に起こる悲劇を描いたサイコホラー作品です。OP曲やED曲、作中で使われた音楽をあらすじに沿って全曲紹介します。
『ロブスター』の挿入曲とサントラ
映画『ロブスター』はギリシャの映画監督ヨルゴス・ランティモスによるSF恋愛映画です。カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しました。作中で使われた弦楽四重奏や挿入歌など流れた音楽をあらすじに沿って紹介します。
『籠の中の乙女』の挿入曲とサントラ
映画『籠の中の乙女』はギリシャの映画監督ヨルゴス・ランティモスによる長編映画です。アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリを受賞しました。フランク・シナトラの曲など、あらすじに沿って挿入曲を紹介します。
『アステロイド・シティ』の挿入曲とサントラ
ウェス・アンダーソン作品『アステロイド・シティ』は、1955年のアメリカ南西部の砂漠を舞台に繰り広げられるSF騒動を描いた架空の演劇をもとにしたコメディ映画です。作中で使われた音楽やサントラを流れた順にあらすじに沿って紹介します。
『プラトーン』の挿入曲とサントラ
映画『プラトーン』(Platoon)は、オリバー・ストーン監督によるベトナム戦争映画です。第59回アカデミー賞では作品賞を含む4部門を受賞しました。オープニング/エンディング曲やジェファーソン・エアプレインのWhite Rabbitなど使われた曲を流れた順に紹介します。
『バリー・シール/アメリカをはめた男』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』は、CIAに利用され「イラン・コントラ事件」のキーマンとなってしまった実在のパイロット、バリー・シールの伝記映画です。飛行中に流れた曲やOP曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の挿入曲とサントラ
『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、ウェス・アンダーソン監督によるオムニバス作品です。クリストフの『Aline』やフランスのカフェで流れていた曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『グランド・ブダペスト・ホテル』の挿入曲とサントラ
ウェス・アンダーソン作品『グランド・ブダペスト・ホテル』はホテルのコンシェルジュとベルボーイの交友を描いた作品です。第87回アカデミー賞では作品賞と監督賞を含む9部門にノミネートされ、作曲賞を受賞しました。挿入曲を流れた順番に紹介していきます。
『ファンタスティック Mr.FOX』の挿入曲とサントラ
ウェス・アンダーソンのストップモーション・アニメ映画『ファンタスティック Mr.FOX』はキツネや動物たちが安住の地を求め人間と戦う様子を描いた作品です。ビーチ・ボーイズやローリング・ストーンズなど使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ラ・ラ・ランド』の挿入曲とサントラ
デミアン・チャゼルが監督の映画『ラ・ラ・ランド』は、ロサンゼルスを舞台としたミュージカル作品です。『Another Day of Sun』や『シティ・オブ・スターズ』のほか、既存の楽曲も含め、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『オリエント急行殺人事件』(2017)の挿入曲とサントラ
ケネス・プラナーが主演・監督をつとめた『オリエント急行殺人事件』は、アガサ・クリスティの名探偵ポアロシリーズの映画化作品です。豪華キャストの共演が話題となりました。ミッシェル・ファイファーが歌うエンディング曲など、使われた音楽を紹介します。
『7月4日に生まれて』の挿入曲とサントラ
トム・クルーズ主演『7月4日に生まれて』はベトナム戦争を描いた戦争映画です。オリバー・ストーンは、本作で第62回アカデミー監督賞を受賞しました。ボブ・ディランの『The Times They Are a-Changin』など、使われた曲を紹介します。
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』の挿入曲とサントラ
スピルバーグ監督作品、メリル・ストリープとトム・ハンクスが実在の人物を演じた『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』。ジョン・ウィリアムズが音楽を担当しました。ボブ・ディランの曲など、使われた音楽を流れた順番にご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました