ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『バンク・ジョブ』の挿入曲とサントラ

2008年にイギリスで制作された『バンク・ジョブ』(原題:The Bank Job)は、実話を基にしたクライムサスペンス映画です。1971年9月11日、イギリス・ロンドンにあるロイズ銀行で起きた強盗事件(ウォーキートーキー強盗)にまつわる事実と噂を織り交ぜた脚本になっています。

ジェイソン・ステイサムやサフロン・バロウズが出演しています。

スポンサーリンク

『バンク・ジョブ』の挿入曲

『バンク・ジョブ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニング

Get It On
アーティスト:T. Rex
リリース年:1971年

T・レックスは、1967年に結成されたイングランド出身のロックバンドです。
『Get It On』は、1971年にリリースされたT・レックスのアルバム『電気の武者』(原題:Electric Warrior)に収録されている曲です。『Get It On』『Bang a Gong (Get It On)』『Bang a Gong』と3種類のタイトル名を持つ曲です。

マルティーヌとテリーが会う店で歌手が歌う曲

Unchain My Heart
作曲:Bobby Sharp and Teddy Powell
リリース年:1961年(Ray Charles)
アーティスト:Natasha Miller

『Unchain My Heart』は、米・カンザス州出身のソングライター、ボビー・シャープが書いた曲です。レイ・チャールズが歌い1961年にリリースされました。
ここでは、2004年にリリースされた、米・アイオワ州出身の歌手ナターシャ・ミラーのアルバム『I Had A Feelin’』に収録されているカバーバージョンが使われています。


マルティーヌがテリーに銀行強盗の話を持ちかけるシーン

ストリップクラブで流れている曲

Lola
アーティスト:The Kinks
リリース年:1970年

キンクス(The Kinks)は、1963年に結成されたイギリスのロックバンドです。ビートルズ、ローリング・ストーンズと並んでブリティッシュロックの三大グループのひとつといわれてます。『ローラ(Lola)』は、1970年にシングルリリースされました。

キンクス(The Kinks)の曲が使われている映画一覧はコチラ


テリーが銀行強盗の話をケヴィンとデイヴに相談するシーン
@エディのスタッグパーティー

ストリップクラブに二人の警官が入ってくるシーン

In the Midnight Hour
アーティスト:Wilson Pickett
リリース年:1965年

『In the Midnight Hour』は、アメリカのソウル・R&B歌手、ウィルソン・ピケットの曲です。3rdアルバム『The Exciting Wilson Pickett』に収録されています。


@エディのスタッグパーティー

ソニアの娼館で流れている曲

Piano Concerto No.21 in C Major, K. 467 – III. Allegro vivace assai
作曲:Wolfgang Amadeus Mozart

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト作曲の『ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467』より第3楽章。幼い頃から「神童」と呼ばれたオーストリアの作曲家モーツァルトが1785年に作曲したピアノ協奏曲です。

結婚式でバンドが演奏する曲 1曲目

Save Me
アーティスト:The Storys
リリース年:2006年

『Save Me』は、セレモニーバンドとして映画に出演し演奏している、イギリスのロックバンド、ザ・ストーリーズの曲です。2006年にリリースされたアルバム『The Storys』に収録されています。


新郎新婦がダンスをするシーン
@エディとイングリッドの結婚式

結婚式でバンドが演奏する曲 2曲目

I Believe in Love
アーティスト:The Storys
リリース年:2006年

『I Believe in Love』も、映画に出演しているロックバンド、ザ・ストーリーズの曲です。2006年にシングルリリースされました。


テリーがマルティーヌに仕事を引き受けると返事をするシーン
@エディとイングリッドの結婚式

テリーの中古車店のBGM

Hey There
アーティスト:The Basics
リリース年:2007年

『Hey There』は、ザ・ベイシックス(The Basics)の2ndアルバム『Stand Out / Fit In』に収録されている曲です。
ザ・ベイシックスは、2002年結成のオーストラリア出身スリー・ピース・バンドです。シンガーソングライター、ゴティエが在籍していることでも知られています。


テリーの留守中、店に高利貸しが現れ車を持っていかれるシーン

テリーと妻が食事をするレストランのBGM

La traviata/Act 1: Libiamo ne’ lieti calici
作曲:Giuseppe Verdi

ジュゼッペ・ヴェルディ作曲の歌劇《椿姫》第1幕より、乾杯の歌 「友よ、さあ飲み明かそう」。
『椿姫』は、イタリアの作曲家ジュゼッペ・ヴェルディが1853年に発表したオペラです。


テリーが危険な仕事をすることを妻に告白するシーン

ハキム・ジャマールの出版記念パーティのBGM

Gunshot
アーティスト:Anthony Johnson
リリース年:1980年

『Gunshot』は、ジャマイカ出身レゲエ歌手アンソニー・ジョンソンの曲です。1980年にシングルリリースされました。

ソニアと客の政府高官が会うラウンジで演奏されている曲

French Suite No.5 in G Major, BWV 816 – I. Allemande
作曲:Johann Sebastian Bach

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲の『フランス組曲 第5番 ト長調 BWV 816』より、第1曲「アルマンド」。
『フランス組曲』は、ドイツの作曲家バッハが1722年〜1723年頃に作曲した、鍵盤楽器のための6つの組曲です。


娼館の女主人ソニアが客の政府高官と会い、猥褻写真の件を話すシーン

友人達がパブに集まり友を偲んで歌う曲

Those Were the Days
作曲:Boris Fomin
オリジナル版:Alexander Vertinsky(1926)

『Those Were the Days』は、ロシアの作曲家ボリス・フォミンが1910〜1920年頃に作ったロシア歌謡曲です。青春時代の回想が描かれたコンスタンチン・ポドレフスキーの詩が使われています。

当時の政権下では、このような歌謡曲は「反革命的」とみなされ演奏を禁止されてしまいました。しかし、最初にレコーディングしたアレクサンドル・ヴェルチンスキーを含めた亡命者達が世界中でこの歌を歌い続けたことで、今日まで忘れ去られることなく歌い継がれています。

1968年、ポール・マッカートニーのプロデュースでウェールズ出身の女性シンガーソングライター、メリー・ホプキンがこの曲を歌い国際的にも知られるようになりました。
『長い道を』『悲しき天使』の邦題でも知られています。

エンドクレジット

Money (That’s What I Want)
オリジナル版:Barrett Strong(1959)
アーティスト:The Storys

『Money (That’s What I Want) 』は、1959年にリリースされたバレット・ストロングの曲です。ビートルズやフライング・リザーズなどにもカバーされている人気の曲です。
映画では、セレモニーバンドとして出演していたロックバンド、ザ・ストーリーズのカバーバージョンが使われていました。

『バンク・ジョブ』のサントラ

『バンク・ジョブ』はJ・ピーター・ロビンソン(J. Peter Robinson)が音楽を担当しました。J・ピーター・ロビンソンは、イギリス出身の作曲家です。70年代にはスタジオミュージシャンとして活躍し、フィル・コリンズやエリック・クラプトンらのアルバム制作に関わっていました。

『バンク・ジョブ』キャスト・スタッフ

監督ロジャー・ドナルドソン(Roger Donaldson)
脚本ディック・クレメント(Dick Clement)
イアン・ラ・フレネ(Ian La Frenais)
製作スティーヴン・チャスマン(Steven Chasman)
チャールズ・ローヴェン(Charles Roven)
音楽J・ピーター・ロビンソン(J. Peter Robinson)
配給 ムービーアイ
公開 2008年2月28日
2008年11月22日
上映時間110分

テリー・レザー:ジェイソン・ステイサム(Jason Statham)
マルティーヌ・ラブ:サフロン・バロウズ(Saffron Burrows)
ケヴィン・スウェイン:スティーヴン・キャンベル・ムーア(Stephen Campbell Moore)
デイヴ・シリング:ダニエル・メイズ(Daniel Mays)
ガイ・シンガー:ジェームズ・フォークナー(James Faulkner)
バンバス:アルキ・デヴィッド(Alki David)
エディ・バートン:マイケル・ジブソン(Michael Jibson)
イングリッド・バートン:ジョージア・テイラー(Georgia Taylor)
ティム・エヴェレット:リチャード・リンターン(Richard Lintern)
マイルズ・アークハート:ピーター・ボウルズ(Peter Bowles)
フィリップ・リスル:アリスター・ペトリ(Alistair Petrie)
ゲイル・ベンソン:ハティ・モラハン(Hattie Morahan)
ウェンディ・レザー:キーリー・ホーズ(Keeley Hawes)
ロウ・ヴォーゲル:デヴィッド・スーシェ(David Suchet)
マイケルX:ピーター・デ・ジャージー(Peter de Jersey)
ハキム・ジャマル:コリン・サーモン(Colin Salmon)
ソニア・バーン:シャロン・モーン(Sharon Maughan)
銀行員:ミック・ジャガー(Mick Jagger)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント