『スリー・ビルボード』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
音楽担当:カーター・バーウェル(Carter Burwell)
サム・ロックウェル(Sam Rockwell)

『スリー・ビルボード』の挿入曲とサントラ

2017年に制作された映画『スリー・ビルボード』(原題:Three Billboards Outside Ebbing, Missouri)は、アメリカ・ミズーリ州にある架空の街で起きた事件を巡るドラマ映画です。マーティン・マクドナーが監督・脚本をつとめました。

第74回ヴェネツィア国際映画祭では脚本賞を受賞、第90回アカデミー賞では作品賞を含む6部門で7ノミネートを果たし主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、助演男優賞(サム・ロックウェル)を受賞しました。

『スリー・ビルボード』の挿入曲

『スリー・ビルボード』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニング

Last Rose of Summer
邦題『夏の名残のばら』
作曲者トマス・ムーア(Thomas Moore, 1779-1852)
アイルランドの首都ダブリン出身の作家/詩人/作詞家。
出版年1813年
Artistルネ・フレミング(Renée Fleming)
アメリカのソプラノ歌手、1959年ペンシルベニア州インディアナ生まれ。
イギリス室内管弦楽団(English Chamber Orchestra)
ロンドンを拠点とする室内オーケストラ。1948年創設。
ジェフリー・テイト(Jeffrey Tate, 1943-2017)
イギリスの指揮者/鍵盤楽器奏者。イギリス室内管弦楽団の初代首席指揮者。

『Last Rose of Summer』は、アイルランの民謡にトマス・ムーアの詩をつけたものです。
日本では、歌詞の冒頭部分『庭の千草』のタイトルで古くから親しまれています。


この後「ディクソンが警察署でウィロビーからの最期の手紙を読む」でもこの曲が使われています。

ディクソンがパトカーを運転中に歌う曲(看板をみつける)

The Streets of Laredo(Traditional)
邦題『ラレドの通り』

『Streets of Laredo』は、アメリカの有名なカウボーイ・バラードです。
『Cowboy’s Lament』『The Dying Cowboy』のタイトルでも知られています。

タイトル「ラレド」とは、アメリカ=メキシコ国境に接しているテキサス州の都市の名前です。

ミルドレッドがロビーを学校に送っていく(ロビーが初めて看板を見る)

Buckskin Stallion Blues
Artistタウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt, 1944-1997)
アメリカのシンガーソングライター。
リリース1987年
作曲者タウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt, 1944-1997)

『Buckskin Stallion Blues』は、タウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt)のスタジオアルバム『At My Window』に収録されている曲です。


この後「ミルドレッドとディクソンが車でアイダホへ向かう」でもこの曲が使われています。

バーで流れる曲(ジェームズとビリヤードをするレッドに酔ったディクソンが絡む)

Radio Song
Artistフェリス・ブラザース(The Felice Brothers)
2005年にニューヨークで結成されたフォークロック/カントリーロックバンド。
リリース2007年
作曲者イアン・フェリス(Ian Felice)
ジョシュ・ローソン(Josh Rawson)
ジェームズ・フェリス(James Felice)
グレゴリー・ファーリー(Gregory Farley)
サイモン・フェリス(Simone Felice)

『Radio Song』は、フェリス・ブラザース(The Felice Brothers)のスタジオアルバム『Adventures Of The Felice Brothers Vol. I』に収録されている曲です。

ディクソンの家で母親が観る映画の曲(息子に入れ知恵をする)

John’s Theme (Children Play)
リリースSoundtrack『Don’t Look Now』
作曲者ピノ・ドナッジオ(Pino Donaggio)
イタリアの作曲家/シンガーソングライター、1941年ヴェネツィア・ブラーノ生まれ。
代表映画:『赤い影』『キャリー』『殺しのドレス』

『John’s Theme (Children Play)』は、ドナルド・サザーランド主演の1973年イギリス・イタリア合作映画『赤い影』のオリジナルサウンドトラックです。映画の音楽を担当したイタリアの作曲家ピノ・ドナッジオが作りました。

映画『赤い影』は、ヒッチコックの『レベッカ』『鳥』の原作者として知られるイギリスの小説家ダフニ・デュ・モーリエの短編小説の映画化したもので、娘を水難事故で亡くした夫婦が主人公のスリラー映画です。

スポンサーリンク

ディクソンがイヤホンで聴く曲(署長の死を知る直前)

Chiquitita
チキチータ
Artistアバ(ABBA)
1970年代後半に世界中のヒット・チャートを席巻したスウェーデン出身4人組ポップ・グループ。
リリース1979年
作曲者ベニー・アンダーソン(Benny Andersson)
ビョルン・ウルヴァース(Björn Ulveaus)

ディクソンがレッドを2階の窓から放り投げる

His Master’s Voice
Artistモンスターズ・オブ・フォーク(Monsters of Folk)
2004年に結成されたアメリカのフォーク音楽グループ。
リリース2009年
作曲者ジム・ジェームズ(Jim James)
アメリカのボーカリスト/ギタリスト/プロデューサー。「マイ・モーニング・ジャケット」(My Morning Jacket)のメンバー。

『His Master’s Voice』は、モンスターズ・オブ・フォーク(Monsters of Folk)の唯一のスタジオアルバム『Monsters Of Folk』に収録されている曲です。

ディクソンが警察署でウィロビーからの最期の手紙を読む

Last Rose of Summer
邦題『夏の名残のばら』
作曲者トマス・ムーア(Thomas Moore, 1779-1852)
アイルランドの首都ダブリン出身の作家/詩人/作詞家。
出版年1813年
Artistルネ・フレミング(Renée Fleming)
アメリカのソプラノ歌手、1959年ペンシルベニア州インディアナ生まれ。
イギリス室内管弦楽団(English Chamber Orchestra)
ロンドンを拠点とする室内オーケストラ。1948年創設。
ジェフリー・テイト(Jeffrey Tate, 1943-2017)
イギリスの指揮者/鍵盤楽器奏者。イギリス室内管弦楽団の初代首席指揮者。

オープニング」でもこの曲が使われていました。

ディクソンがバーで一人で酒を飲む

Walk Away, Renee
邦題『いとしのルネ』
Artist
Cover ver.
フォー・トップス(Four Tops)
デトロイトの高校に通う4人組によって結成されたR&Bコーラスグループ。
リリース1967年
作曲者トニー・サンソン(Tony Sansone)
ボブ・カリーリ(Bob Calilli)
マイケル・ブラウン(Michael Brown)
Original ver.1966年:レフト・バンク(The Left Banke)

レストランBGM(ミルドレッドとジェームズが食事をする)

Piano Sonata No.1 in C Major, K.279 – II. Andante
『ピアノソナタ第1番 ハ長調 K. 279』より第2楽章
作曲者ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756 -1791)
18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。
作曲年1775年
Artistマリア・ジョアン・ピレシュ(Maria João Pires)
ポルトガル出身の女性ピアニスト。

モーツァルトは、生涯に18曲のピアノソナタを残しました。
ここで使われているのはそのうちの第1番、モーツァルトが19歳の時に作った最初のピアノソナタです。

スポンサーリンク

ディクソンがバーで居合わせた男達の会話を聞く

Night They Drove Old Dixie Down
Artist
Cover ver.
ジョーン・バエズ(Joan Baez)
アメリカのシンガー/ソングライター/ミュージシャン/活動家。
リリース1971年
作曲者ロビー・ロバートソン(Robbie Robertson, 1943-2023)
カナダのミュージシャン/ギタリスト/シンガーソングライター。ロックバンド「ザ・バンド」の元ギタリスト。
Original ver.1969年:ザ・バンド(The Band)

『Night They Drove Old Dixie Down』は、ザ・バンド(The Band)の2枚目スタジオアルバム『Night They Drove Old Dixie Down』に収録されている曲です。
南部の鉄道で働く白人の若者の目線で
南北戦争でリッチモンドが陥落した日のことが歌われています。

ここでは、ジョーン・バエズ(Joan Baez)のカバーバージョンが使われています。

ミルドレッドとディクソンが車でアイダホへ向かう

Buckskin Stallion Blues
Artistタウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt, 1944-1997)
アメリカのシンガーソングライター。
リリース1987年
作曲者タウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt, 1944-1997)

『Buckskin Stallion Blues』は、タウンズ・ヴァン・ザント(Townes van Zandt)のスタジオアルバム『At My Window』に収録されている曲です。
ここでは、エイミー・アネル(Amy Annelle)によるカバーバージョンが使われています。


ミルドレッドがロビーを学校に送っていく(ロビーが初めて看板を見る)」ではこの曲のオリジナルバージョンが使われていました。

『スリー・ビルボード』のサントラ

『スリー・ビルボード』はカーター・バーウェル(Carter Burwell)が音楽を担当しました。カーター・バーウェルは、アメリカ・ニューヨーク生まれの作曲家です。コーエン兄弟監督作品、マーティン・マクドナー監督の長編作品は全てカーター・バーウェルが音楽を担当しています。また、今作ではアカデミー作曲賞にノミネートされました。

『スリー・ビルボード』キャスト・スタッフ

監督マーティン・マクドナー(Martin McDonagh)
脚本マーティン・マクドナー(Martin McDonagh)
製作グレアム・ブロードベント(Graham Broadbent)
ピーター・チャーニン(Peter Czernin)
マーティン・マクドナー(Martin McDonagh)
音楽カーター・バーウェル(Carter Burwell)
配給 20世紀フォックス映画
公開 2017年11月10日
2018年2月1日
上映時間115分

ミルドレッド・ヘイズ:フランシス・マクドーマンド(Frances McDormand)
ビル・ウィロビー署長:ウディ・ハレルソン(Woody Harrelson)
ジェイソン・ディクソン巡査:サム・ロックウェル(Sam Rockwell)
アン・ウィロビー:アビー・コーニッシュ(Abbie Cornish)
チャーリー:ジョン・ホークス(John Hawkes)
ジェームズ:ピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)
レッド・ウェルビー:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(Caleb Landry Jones)
パメラ:ケリー・コンドン(Kerry Condon)
ジェローム:ダレル・ブリット=ギブソン(Darrell Britt-Gibson)
ロビー・ヘイズ:ルーカス・ヘッジズ(Lucas Hedges)
セドリック巡査部長:ジェリコ・イヴァネク(Željko Ivanek)
デニース:アマンダ・ウォーレン(Amanda Warren)
アンジェラ・ヘイズ:キャスリン・ニュートン(Kathryn Newton)
ペネロープ:サマラ・ウィーヴィング(英語版)
アバークロンビー:クラーク・ピータース(Clarke Peters)
ディクソンの母:サンディ・マーティン(Sandy Martin)
ガブリエラ:マラヤ・リヴェラ・ドリュー(Malaya Rivera Drew)

¥3,145 (2024/01/12 10:31時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
『バートン・フィンク』の挿入曲とサントラ
コーエン兄弟監督映画『バートン・フィンク』は、1940年代アメリカを舞台としたサスペンス映画です。カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞しました。ダンスシーンの曲や作家が歌う曲など、挿入曲とサントラを紹介します。
『ブラッドシンプル ザ・スリラー』の挿入曲とサントラ
コーエン兄弟のデビュー作『ブラッドシンプル ザ・スリラー』(ブラッド・シンプル)は、アメリカ・テキサスを舞台とした殺人事件をめぐるサスペンス映画です。エンディング曲やバーで流れる曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『ノーカントリー』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞受賞作『ノーカントリー』は、コーマック・マッカーシーの小説『血と暴力の国』を原作としたコーエン兄弟によるスリラー映画です。シガーを演じたハビエル・バルデムはアカデミー助演賞を受賞しました。メキシコでマリアッチバンドが演奏する曲など挿入曲を紹介します。
『ファーゴ』の挿入曲とサントラ
映画『ファーゴ』はコーエン兄弟によるブラックコメディ/クライムサスペンスです。アカデミー賞では7部門にノミネートされ、主演女優賞と脚本賞を受賞しました。ラジオから流れる曲や歌手がステージで歌う曲など挿入曲とサントラを紹介します。
『シリアスマン』の挿入曲とサントラ
アカデミー作品賞ノミネート映画『シリアスマン』は、コーエン兄弟による不条理コメディ映画です。マイケル・スタールバーグが主演を演じました。ダニーがイヤホンで聴く曲など、挿入曲とサントラを紹介します。
『バスターのバラード』の挿入曲とサントラ
Netflix映画『バスターのバラード』はコーエン兄弟が監督をつとめたオムニバス西部劇です。アカデミー歌曲賞にノミネートされた『When A Cowboy Trades His Spurs For Wings』など挿入曲とサントラを紹介します。
『ドライブアウェイ・ドールズ』の予告編で使われている曲とサントラ
コーエン監督の最新作、映画『ドライブアウェイ・ドールズ』の予告編と予告編で流れている曲を紹介します。今作では、『ファーゴ』『ノーカントリー』などを手掛けてきたコーエン兄弟の弟イーサン・コーエンが初めて単独で監督を務めました。
『イニシェリン島の精霊』の挿入曲とサントラ
アカデミー賞作品賞ノミネート映画『イニシェリン島の精霊』は、アイルランドの架空の島を舞台とした作品です。コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、バリー・コーガンらが出演しています。作曲賞にもノミネートされたサントラと挿入曲をあらすじに沿って紹介します。
『スリー・ビルボード』の挿入曲とサントラ
『スリー・ビルボード』はアメリカ・ミズーリ州の田舎町を舞台としたドラマ映画です。アカデミー作品賞を含む6部門7ノミネートを果たし、サム・ロックウェルとフランシス・マクドーマンドが受賞しました。オープニング曲やディクソンが聴いていた曲などをあらすじに沿って紹介します。
『セブン・サイコパス』の挿入曲とサントラ
マーティン・マクドナー監督映画『セブン・サイコパス』は、サイコパスを募集したことで起こる騒動が描かれた風刺犯罪コメディ映画です。サム・ロックウェル、コリン・ファレルらが出演しています。オープニング曲やエンディング曲をあらすじに沿って紹介します。
『ヒットマンズ・レクイエム』の挿入曲とサントラ
映画『ヒットマンズ・レクイエム』はマーティン・マクドナー監督の初長編作品です。レイフ・ファインズ、コリン・ファレルらが出演しています。プリテンダーズのやシューベルトの『冬の旅』など、使われた曲をあらすじに沿って紹介します。
『ARGYLLE/アーガイル』の挿入曲とサントラ
マシュー・ヴォーン監督による最新作『ARGYLLE/アーガイル』は、スパイアクション映画です。ヘンリー・カヴィルやサム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソンらが出演しています。予告編と予告編で流れた2曲、キャスト出演のMVをご紹介いたします。
『月に囚われた男』の挿入曲とサントラ
デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズが監督を務めた映画『月に囚われた男』は、月を舞台としたSFスリラーです。サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声)が出演しています。サムが踊る曲や目覚ましの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
『ウエスト・エンド殺人事件』の挿入曲とサントラ
サム・ロックウェル&シアーシャ・ローナン主演『ウエスト・エンド殺人事件』(2022)は、アガサ・クリスティ原作の舞台『ねずみとり』の上演100回目に起きた殺人事件をめぐるコメディ映画です。エンディング曲など使われた曲を流れた順番に紹介します。
『ジョジョ・ラビット』の挿入曲とサントラ
アカデミー脚色賞受賞作品、タイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』は、第二次世界大戦下のドイツを舞台にした作品です。ビートルズの『抱きしめたい』やデヴィッド・ボウイの『ヒーローズ』(Helden)など、使われた音楽を紹介します。
『フロスト×ニクソン』の挿入曲とサントラ
英国司会者フロストによるリチャード・ニクソン元米大統領のインタビュー番組を描いた歴史映画『フロスト×ニクソン』。ピーター・モーガンの戯曲を元に、ロン・ハワード監督が映画化しました。ドナ・サマーの『I Feel Love』など挿入曲・サントラを流れた順に紹介します。
『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』の挿入曲とサントラ
ルッソ兄弟初監督作品、『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』(2002)の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。サム・ロックウェル、ジョージ・クルーニーら豪華キャストによるクライム・コメディ映画で、日本では2003年8月に公開されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました