『バスターのバラード』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
続編製作決定!『赤と白とロイヤルブルー』の曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
音楽担当:カーター・バーウェル(Carter Burwell)

『バスターのバラード』の挿入曲とサントラ

2018年にアメリカで製作された映画『バスターのバラード』(原題:The Ballad of Buster Scruggs)は、コーエン兄弟監督・脚本の西部劇です。6つの短編がアンソロジーとしてまとめられています。

第75回ヴェネツィア国際映画祭では脚本賞を受賞、第91回アカデミー賞では脚色賞と歌曲賞、衣装デザイン賞にノミネートされました。

『バスターのバラード』の挿入曲

『バスターのバラード』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

【バスターのバラード】バスターが白馬にまたがりギターで歌う曲

Cool Water
Artist
cover ver.
ティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson)
バスター・スクラッグスを演じるアメリカの俳優/映画監督、1964年オクラホマ州タルサ生まれ。
リリース2018年:Soundtrack『バスターのバラード』
作曲者ボブ・ノラン(Bob Nolan, 1908-1980)
カナダ生まれのアメリカのシンガー/ソングライター/俳優。「サンズ・オブ・ザ・パイオニアズ」(Sons of the Pioneers)の創設メンバー。
Original ver.1940年:Bob and Randall Atcher and Bonnie Blue Eyes

フレンチマンズ渓谷の酒場のピアノで演奏される曲

バスターはピアノが奏でる音楽に引き寄せられるように酒場に入って行きます。

Randall Collins
Artistノーマン・ブレイク(Norman Blake)
アメリカのブルーグラス/カントリーミュージック/フォーク・ギタリスト、1938年生まれ。
作曲者ノーマン・ブレイク(Norman Blake)

銃を向けてきたジョーを殺害した後にバスターが歌い、店の客達も歌う

Little Joe the Wrangler
Artistティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson)
バスター・スクラッグスを演じるアメリカの俳優/映画監督、1964年オクラホマ州タルサ生まれ。
作曲者フリードリヒ・ホレンダー(Friedrich Hollaender, 1896-1976)
ドイツの映画作曲家/作家。
フランク・レッサー(Frank Loesser, 1910-1969)
アメリカのソングライター。ティンパンアレーで活躍し、スタンダードとなる作品を数多く残す。
代表曲『ベイビー、イッツ・コールド・アウトサイド』
コーエン兄弟(Coen brothers)
ジョエル・ダニエル・コーエン(Joel Daniel Coen)と、イーサン・ジェシー・コーエン(Ethan Jesse Coen)の兄弟によるアメリカの映画制作デュオ。

『Little Joe the Wrangler』は、1939年のアメリカ西部劇コメディ映画『砂塵』(原題:Destry Rides Again)で使用された曲です。

ジョーの弟を殺害後、バスターの前に馬に乗った流れ者がハーモニカを吹きながら現れる

Carefree Drifter
ArtistDavid Rawlings & Gillian Welch
デヴィッド・ローリングス(David Rawlings)
アメリカのギタリスト/歌手/レコードプロデューサー、1969年生まれ。
ギリアン・ウェルチ(Gillian Welch)
アメリカのシンガーソングライター、1967年生まれ。
リリース2018年:Soundtrack『バスターのバラード』
作曲者David Rawlings & Gillian Welch
スポンサーリンク

バスターを撃った流れ者が歌い、天に召されるバスターも一緒に歌う

When a Cowboy Trades His Spurs for Wings
Artistティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson)
バスター・スクラッグスを演じるアメリカの俳優/映画監督、1964年生まれ。
ウィリー・ワトソン(Willie Watson)
流れ者の「The Kid」を演じるアメリカのシンガーソングライター/ギタリスト/バンジョー奏者/俳優、1979年生まれ。
リリース2018年:Soundtrack『バスターのバラード』
作曲者デヴィッド・ローリングス(David Rawlings)
アメリカのギタリスト/歌手/レコードプロデューサー、1969年生まれ。
ギリアン・ウェルチ(Gillian Welch)
アメリカのシンガーソングライター、1967年生まれ。

デヴィッド・ローリングスとギリアン・ウェルチは、この曲でアカデミー歌曲賞(第91回アカデミー賞)にノミネートされました。

【食事券】老いた興行師が焚き火のそばで横になりながら歌う

Weela Weela Walya
Artistリーアム・ニーソン(Liam Neeson)
老いた興行師を演じる北アイルランド出身の俳優、1952年生まれ。

『Weela Weela Walya』は、「子殺し」を題材にしたアイルランドの童謡です。

老いた興行師がが焚き火のそばで身を起こし青年ハリソンを見つめながら歌う

The Sash My Father Wore
Artistリーアム・ニーソン(Liam Neeson)
老いた興行師を演じる北アイルランド出身の俳優、1952年生まれ。

『The Sash My Father Wore』は、アイルランド島の北東部に位置するアルスター地方に伝わるバラードです。

売春宿で流れるピアノの曲(老いた興行師が女にハリソンの話をするシーン)

Under the Double Eagle
邦題『双頭の鷲の旗の下に』
作曲者ヨーゼフ・フランツ・ワーグナー(Josef Franz Wagner, 1856-1908)
オーストリアの軍楽隊長/作曲家。18歳で入隊し、ダンスミュージックや行進曲を中心に約500曲を作り「オーストリアのマーチ王」と呼ばれた。
作曲年1880年代
スポンサーリンク

【金の谷】ロバを連れた老山師が歌う

Mother Machree
マザー・マクリー
Artistトム・ウェイツ(Tom Waits)
老山師を演じるアメリカのミュージシャン/作曲家/ソングライター/俳優、1949年カリフォルニア州ポモナ生まれ。
作曲者ライダ・ジョンソン・ヤング(Rida Johnson Young, 1869-1926)
アメリカの女流劇作家/ソングライター/台本作家
チョーンシー・オルコット(Chauncey Olcott, 1858-1932)
アイルランド系アメリカ人の舞台俳優/ソングライター/歌手。
アーネスト・ボール(Ernest Ball, 1878-1927)
アメリカのシンガーソングライター。
Original ver.1910年:ウィル・オークランド(Will Oakland, 1880-1956)
アメリカのカウンターテナー歌手。

『Mother Machree』は、1911年にニューヨークで上演された演劇『Barry of Ballymore』のために作られました。
タイトルの「マクリー」(Machree)は、アイルランド語で「私の心」を意味する愛情を表す言葉です。

【遺骸】馬車の中でイギリス人の男が歌う

Has Anybody Here Seen Kelly?
Artistジョンジョ・オニール(Jonjo O’Neill)
「イギリス人の男性」を演じる北アイルランド出身の俳優、1978年ベルファスト生まれ。
リリース2018年:Soundtrack『バスターのバラード』
作曲者C・W・マーフィー(C.W. Murphy, 1870-1913)
イギリスの作曲家。ミュージックホールとミュージカルの曲を数多く作る。
ウィル・レターズ(Will Letters)
イギリスの作曲家。
Original ver.1910年:ノラ・ベイズ(Nora Bayes, 1880-1928)

『Has Anybody Here Seen Kelly?』は、イギリスのミュージックホール由来の曲です。
マン島(グレートブリテン島とアイルランド島に囲まれたアイリッシュ海に浮かぶ島)出身の女性ケリーが、ロンドンでボーイフレンドを探すという物語の曲で、20世紀初頭にイギリスで人気を博しました。
その後アメリカで出されたバージョンは、アイルランド出身の女性がニューヨークを訪れるといった設定に歌詞が変更されヴォードヴィルを中心に人気となりました。

馬車の中でアイルランド人の男が歌う

The Unfortunate Lad
Artistブレンダン・グリーソン(Brendan Gleeson)
「アイルランド人の男性」を演じるアイルランドの俳優、1955年ダブリン生まれ。
リリース2018年:Soundtrack『バスターのバラード』

『バスターのバラード』のサントラ

『バスターのバラード』はカーター・バーウェル(Carter Burwell)が音楽を担当しました。カーター・バーウェルは、アメリカ・ニューヨーク生まれの作曲家です。コーエン兄弟、マーティン・マクドナー監督の長編映画は全てカーター・バーウェルが音楽を担当しています。

『バスターのバラード』キャスト・スタッフ

監督コーエン兄弟(Joel Coen & Ethan Coen)
脚本コーエン兄弟(Joel Coen & Ethan Coen)
製作コーエン兄弟(Joel Coen & Ethan Coen)
ミーガン・エリソン(Megan Ellison)
スー・ネーグル(Sue Naegle)
ロバート・グラフ(Robert Graf)
音楽カーター・バーウェル(Carter Burwell)
配給Netflix
公開 1995年9月1日
上映時間133分

【バスターのバラード】
バスター・スクラッグス:ティム・ブレイク・ネルソン(Tim Blake Nelson)
キッド:ウィリアム・ワトソン(Willie Watson)
酒場にいたフランス人:デヴィッド・クラムホルツ(David Krumholtz)
酒場のピアニスト:E・E・ベル(E.E. Bell)
カーリー・ジョー:クランシー・ブラウン(Clancy Brown)
【アルゴドネス付近】
カウボーイ:ジェームズ・フランコ(James Franco)
銀行員:スティーヴン・ルート(Stephen Root)
黒服の男:ラルフ・アイネソン(Ralph Ineson)
家畜商人:ジェシー・ルークン(Jesse Luken)
【食事券】
老いた興行師:リーアム・ニーソン(Liam Neeson)
ハリソン:ハリー・メリング(Harry Melling)
【金の谷】
老山師:トム・ウェイツ(Tom Waits)
若い男:サム・ディロン(Sam Dillon)
【早とちりの娘】
アリス・ロングボウ:ゾーイ・カザン(Zoe Kazan)
ビリー・ナップ:ビル・ヘック(Bill Heck)
アーサー:グラインジャー・ハインズ(Grainger Hines)
男性:ジャッカモル・バゼル(Jefferson Mays)
ギルバート:ジェファーソン・メイズ(Jackamoe Buzzell)
マット:イーサン・デュビン(Ethan Dubin)
【遺骸】
老婦人:タイン・デイリー(Tyne Daly)
アイルランド人の男性:ブレンダン・グリーソン(Brendan Gleeson)
イギリス人の男性:ジョンジョ・オニール(Jonjo O’Neill)
フランス人の男性:ソウル・ルビネック(Saul Rubinek)
猟師:チェルシー・ロス(Chelcie Ross)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
\この記事をSNSでシェアする/
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました