ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!

サム・ロックウェル(Sam Rockwell)

1968年11月5日、アメリカ合衆国カリフォルニア州、サンフランシスコ生まれ。
『グリーンマイル』や『チャーリーズ・エンジェル』の悪役を演じ、頭角をあらわす。
2018年、『スリー・ビルボード』でアカデミー助演男優賞を受賞。

以下の映画は、サム・ロックウェル(Sam Rockwell)が出演している映画です。

映画×音楽

『スリー・ビルボード』の挿入曲とサントラ

『スリー・ビルボード』はアメリカ・ミズーリ州の田舎町を舞台としたドラマ映画です。アカデミー作品賞を含む6部門7ノミネートを果たし、サム・ロックウェルとフランシス・マクドーマンドが受賞しました。オープニング曲やディクソンが聴いていた曲などをあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『セブン・サイコパス』の挿入曲とサントラ

マーティン・マクドナー監督映画『セブン・サイコパス』は、サイコパスを募集したことで起こる騒動が描かれた風刺犯罪コメディ映画です。サム・ロックウェル、コリン・ファレルらが出演しています。オープニング曲やエンディング曲をあらすじに沿って紹介します。
映画×音楽

『ARGYLLE/アーガイル』の挿入曲とサントラ

マシュー・ヴォーン監督による最新作『ARGYLLE/アーガイル』は、スパイアクション映画です。ヘンリー・カヴィルやサム・ロックウェル、サミュエル・L・ジャクソンらが出演しています。予告編と予告編で流れた2曲、キャスト出演のMVをご紹介いたします。
映画×音楽

『月に囚われた男』の挿入曲とサントラ

デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズが監督を務めた映画『月に囚われた男』は、月を舞台としたSFスリラーです。サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声)が出演しています。サムが踊る曲や目覚ましの曲など、使われた音楽を流れた順に紹介します。
映画×音楽

『ウエスト・エンド殺人事件』の挿入曲とサントラ

サム・ロックウェル&シアーシャ・ローナン主演『ウエスト・エンド殺人事件』(2022)は、アガサ・クリスティ原作の舞台『ねずみとり』の上演100回目に起きた殺人事件をめぐるコメディ映画です。エンディング曲など使われた曲を流れた順番に紹介します。
映画×音楽

『ジョジョ・ラビット』の挿入曲とサントラ

アカデミー脚色賞受賞作品、タイカ・ワイティティ監督の『ジョジョ・ラビット』は、第二次世界大戦下のドイツを舞台にした作品です。ビートルズの『抱きしめたい』やデヴィッド・ボウイの『ヒーローズ』(Helden)など、使われた音楽を紹介します。
映画×音楽

『フロスト×ニクソン』の挿入曲とサントラ

英国司会者フロストによるリチャード・ニクソン元米大統領のインタビュー番組を描いた歴史映画『フロスト×ニクソン』。ピーター・モーガンの戯曲を元に、ロン・ハワード監督が映画化しました。ドナ・サマーの『I Feel Love』など挿入曲・サントラを流れた順に紹介します。
映画×音楽

『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』の挿入曲とサントラ

ルッソ兄弟初監督作品、『ウェルカム・トゥ・コリンウッド』(2002)の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。サム・ロックウェル、ジョージ・クルーニーら豪華キャストによるクライム・コメディ映画で、日本では2003年8月に公開されました。
スポンサーリンク