ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
音楽担当:ハンス・ジマー(Hans Zimmer)

『ドライビング Miss デイジー』の挿入曲とサントラ

『ドライビング Miss デイジー』(原題:Driving Miss Daisy)は、1989年にアメリカで製作されたブルース・ベレスフォード監督によるコメディドラマ映画です。1940年代から1970年代のアメリカ南部を舞台に、老齢のユダヤ系未亡人とアフリカ系運転手の交流がユーモラスに描かれています。1987年度のピューリッツァー賞演劇部門を受賞したアルフレッド・ウーリーの戯曲が原作で、原作者ウーリーは本作品の脚本も担当しました。

第62回アカデミー賞では9部門でノミネートされ、そのうち作品賞、主演女優賞、脚色賞、メイクアップ賞の4部門を受賞しました。デイジー・ワサンを演じたジェシカ・タンディは80歳でアカデミー主演女優賞を獲得しています。現時点で、同賞における最高齢での受賞です。

スポンサーリンク

『ドライビング Miss デイジー』の挿入曲

『ドライビング Miss デイジー』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

息子ブーリーの話をはぐらかそうとデイジーが歌う曲

After The Ball
アーティスト:Charles Harris

『After The Ball』は、1891年にチャールズ・K・ハリスによって作られたポピュラー音楽です。

ホークが初めてデイジーの家を訪れたとき、メイドのアデラが床掃除をしながら歌っている歌

What a Friend We Have in Jesus
作曲:Charles Converse
作詞:Joseph M. Scriven

『What a Friend We Have in Jesus』は、1855年にジョセフ・M・スクライヴェンが書いた詩に、アマチュア作曲家の弁護士チャールズ・コンヴァースが曲をつけ、1868年に完成した曲です。
現在では、世界的に有名な讃美歌となり、邦題『いつくしみ深き』として、日本でも教会での結婚式や葬式などで歌われることが多い曲です。

ブーリーがデイジーから電話で呼び出されるシーン

(I Love You) For Sentimental Reasons
作曲:Deek Watson and William “Pat” Best
オリジナル版:Deek Watson and His Brown Dots(1946)
アーティスト:Ella Fitzgerald

『(I Love You) For Sentimental Reasons』は、ディーク・ワトソンとブラウン・ドッツ(Deek Watson & His Brown Dots)の曲です。1945年にリリースされました。

ここでは、エラ・フィッツジェラルドによるヒットバージョンが使われています。


ツナ缶が1つなくなり、デイジーは息子ブーリーに電話をかけます。この時ブーリーの家ではこの曲が流れています。

花盛りの季節となり、デイジーが日当たりのいいリビングで刺繍をするシーン

Song to the Moon
(Dvořák: Rusalka, Op.114, B.203 / Act 1 – Mesicku na nebi hlubokém)
作曲:Antonín Dvorák
演奏:Gabriela Benacková & the Czech Philharmonic

『Song to the Moon(原題:Měsíčku na nebi hlubokém)』は、アントニン・ドヴォルザークのオペラ『ルサルカ』の第1幕で歌われるアリアです。邦題は『月に寄せる歌』です。
ここでは、ガブリエラ・ベニャチコヴァーのソプラノ独唱によるチェコ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏が使われています。

スポンサーリンク

1953年クリスマス、ブーリーの妻が若いメイドに小言を言うシーン

Santa Baby
アーティスト:Eartha Kitt
リリース年:1953年

『Santa Baby』は、アメリカの女優/キャバレースター、アーサー・キット(Eartha Kitt)のヒット曲です。1953年にリリースされました。

クリスマスに、ホークがデイジーをブーリーの家に送るシーン

Jingle Bells
アーティスト:James Pierpont

『ジングルベル』は、1857年にアメリカの牧師ジェームズ・ロード・ピアポントによって作られた曲です。


デイジーを乗せた車がクリスマスイルミネーションの飾り付けがされたブーリーの家に着くシーンです。

ブーリー家の玄関ポーチでデイジーがホークに本をプレゼントするシーン

Kiss of Fire
アーティスト:Louis Armstrong
リリース年:1952年

『Kiss of Fire』は、アメリカのトランペット奏者/歌手のルイ・アームストロングの曲です。1952年にリリースされました。

アルゼンチン出身の作曲家でギタリストのアンヘル・ビジョルド(Ángel Villoldo)が1903年に作ったタンゴの名曲『エル・チョクロ(El choclo)』がオリジナルです。

アラバマ州に住むデイジーの兄の誕生日で歌われる曲

For He’s a Jolly Good Fellow(Traditional)

『For He’s a Jolly Good Fellow』は、英語圏の国々で歌われているお祝いの曲です。フランス民謡『マルブルーは戦争に行く』が原曲です。


@アラバマ州モービル

ワサン家のメイドだったアデラの葬儀で歌われる曲

What a Friend We Have in Jesus
作曲:Charles Converse
作詞:Joseph M. Scriven

『What a Friend We Have in Jesus』は、世界的に有名な讃美歌です。


メイドのアデラは、ホークが初めてデイジーの家を訪れた時に、この歌を歌いながら床掃除をしていました。

『ドライビング Miss デイジー』のサントラ

『ドライビング Miss デイジー』はハンス・ジマー(Hans Zimmer)が音楽を担当しました。
ハンス・ジマーは、この作品でグラミー賞にノミネートされました。

『ドライビング Miss デイジー』キャスト・スタッフ

監督ブルース・ベレスフォード(Bruce Beresford)
脚本アルフレッド・ウーリー(Alfred Uhry)
原作アルフレッド・ウーリー(Alfred Uhry)
製作リチャード・D・ザナック(Richard D. Zanuck)
リリ・フィニー・ザナック(Lili Fini Zanuck)
音楽ハンス・ジマー(Hans Zimmer)
配給 ワーナー・ブラザース
東宝東和
公開 1989年12月15日
1990年5月12日
上映時間99分

ホーク・コバーン:モーガン・フリーマン(Morgan Freeman)
デイジー・ワサン:ジェシカ・タンディ(Jessica Tandy)
ブーリー・ワサン:ダン・エイクロイド(Dan Aykroyd)
フローリン・ワサン:パティ・ルポーン(Patti LuPone)
アデラ:エスター・ローレ(Esther Rolle)
ミス・マクラッチー:ジョアン・ハヴリージャ(Joann Havrilla)
オスカー:ウィリアム・ホール・Jr(William Hall Jr.)
ミリアム:ミュリエル・ムーア(Muriel Moore)
ビューラ:シルヴィア・カーラー(Sylvia Kaler)
ケイティ・ベル:クリスタル・R・フォックス(Crystal R. Fox)

SNSも毎日更新中です!
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント