『フィールド・オブ・ドリームス』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
続編製作決定!『赤と白とロイヤルブルー』の曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『フィールド・オブ・ドリームス』の挿入曲とサントラ

1989年にアメリカで製作された映画『フィールド・オブ・ドリームス』(原題:Field of Dreams)は、野球を題材としたファンタジー・ヒューマンドラマです。とうもろこし畑に野球場を作る農夫レイ役をケビン・コスナーが演じ、実在の野球選手”シューレス”・ジョー・ジャクソン役をレイ・リオッタが演じました。

第62回アカデミー賞では作品賞を含む3部門にノミネートされました。

『フィールド・オブ・ドリームス』の挿入曲

『フィールド・オブ・ドリームス』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

農産物販売所で流れる曲

レイが「畑で声を聞いたことがあるか」と居合わせた男に尋ねるシーン

Crazy
クレイジー
Artist
cover ver.
ビヴァリー・ダンジェロ(Beverly D’Angelo)
アメリカの女優/歌手、1951年オハイオ州コロンバス生まれ。
リリース1980年
作曲者ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)
アメリカのカントリー・シンガーソングライター/ギタリスト/俳優、1933年テキサス州アボット生まれ。
Original ver.1961年:パッツィー・クライン(Patsy Cline with The Jordanaires)

『Crazy』は、カントリー・ミュージック界を代表する女性歌手の一人、パッツィー・クラインのヒット曲です。

ここでは、1980年のアメリカ映画『歌え!ロレッタ愛のために』でパッツィ・クラインを演じたビヴァリー・ダンジェロによるカバーバージョンが使われています。

食事中にレイが「野球場を作ればシューレス・ジョーが来る」とアニーに話す

Daydream
デイドリ-ム
Artistラヴィン・スプーンフル(The Lovin’ Spoonful)
1964年にニューヨークで結成されたアメリカのフォークロックバンド。
リリース1966年
作曲者ジョン・セバスチャン(John Sebastian)
アメリカの歌手/ソングライター/ミュージシャン、1944年ニューヨーク生まれ。「ラヴィン・スプーンフル」の創立メンバー。

レイがテレンス・マンに会いにボストンへ向かう

Jessica
ジェシカ
Artistオールマン・ブラザーズ・バンド(The Allman Brothers Band)
1969年にフロリダ州ジャクソンビルで結成されたアメリカのロックバンド。サザン・ロックの代表的バンドとして知られる。
リリース1973年
作曲者ディッキー・ベッツ(Dickey Betts)
アメリカのミュージシャン/ギタリスト/シンガー、1943年フロリダ州ウェストパームビーチ生まれ。「オールマン・ブラザーズ・バンド」のオリジナルメンバー。

レイとテレンス・マンがグラハムの住むミネソタに向かう

China Grove
チャイナ・グローブ
Artistドゥービー・ブラザーズ(The Doobie Brothers)
1970年にカリフォルニア州サンノゼで結成されたアメリカのロックバンド。
リリース1973年
作曲者トム・ジョンストン(Tom Johnston)
アメリカのロックミュージシャン/作曲家、1948年生まれ。「ドゥービー・ブラザーズ」のオリジナルメンバー。
スポンサーリンク

ミネソタのバーで流れる曲

テレンス・マンが客からアーチー・グラハムの情報を集めるシーン

Lotus Blossom
ロータス・ブロッサム
Artistデューク・エリントン(Duke Ellington, 1899-1974)
アメリカのジャズの作曲家/編曲家/ピアニスト/オーケストラ・リーダー。
代表曲『A列車で行こう』『ソリチュード』
作曲者ビリー・ストレイホーン(Billy Strayhorn, 1915-1967)
アメリカジャズピアニスト/作曲家/アレンジャー。デューク・エリントンとのコラボで知られる。
代表曲『A列車で行こう』

『フィールド・オブ・ドリームス』のサントラ

¥2,177 (2024/04/20 18:04時点 | Amazon調べ)

『フィールド・オブ・ドリームス』はジェームズ・ホーナー(James Horner)が音楽を担当しました。ジェームズ・ホーナーは、アメリカ・カリフォルニア州出身の作曲家です。『タイタニック』や『ビューティフル・マインド』の音楽を手掛けたことで知られています。

『フィールド・オブ・ドリームス』キャスト・スタッフ

監督フィル・アルデン・ロビンソン(Phil Alden Robinson)
脚本フィル・アルデン・ロビンソン(Phil Alden Robinson)
原作ウイリアム・パトリック・キンセラ(W.P. Kinsella)
製作ローレンス・ゴードン(Lawrence Gordon)
チャールズ・ゴードン(Charles Gordon)
音楽ジェームズ・ホーナー(James Horner)
配給 東宝東和
公開 1989年4月21日
1990年3月24日
上映時間107分

レイ・キンセラ:ケビン・コスナー(Kevin Costner)
アニー・キンセラ:エイミー・マディガン(Amy Madigan)
カリン・キンセラ:ギャビー・ホフマン(Gaby Hoffmann)
“シューレス”・ジョー・ジャクソン:レイ・リオッタ(Ray Liotta)
マーク:ティモシー・バスフィールド(Timothy Busfield)
テレンス・マン:ジェームズ・アール・ジョーンズ(James Earl Jones)
Dr.アーチボルト・”ムーンライト”・グラハム:バート・ランカスター(Burt Lancaster)
アーチー・グラハム:フランク・ホエーリー(Frank Whaley)
ジョン・キンセラ:ドワイヤー・ブラウン(Dwier Brown)
バック・ウィーヴァー:マイケル・ミルホーン(Michael Milhoan)
エディ・シーコット:スティーヴ・イースティン(Steve Eastin)
スウィード・リスバーグ:チャールズ・ホイエス(Charles Hoyes)
チック・ギャンディル:アート・ラフルー(Art LaFleur)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
\この記事をSNSでシェアする/
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました