『コカイン・ベア』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
続編製作決定!『赤と白とロイヤルブルー』の曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽
音楽担当:マーク・マザーズボウ(Mark Mothersbaugh)

『コカイン・ベア』の挿入曲とサントラ

2023年に製作された映画『コカイン・ベア』(原題:Cocaine Bear)は、コカインを食べたクマが凶暴化し惨劇を引き起こすパニック・コメディ映画です。女優のエリザベス・バンクスが監督をつとめました。

また、今作が2022年に亡くなったレイ・リオッタの遺作となりました。

『コカイン・ベア』の挿入曲

『コカイン・ベア』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

オープニング

Jane
Artistジェファーソン・スターシップ(Jefferson Starship)
1974年にジェファーソン・エアプレーン(Jefferson Airplane)の元メンバーを含むミュージシャンのグループによって結成されたサンフランシスコ出身のロックバンド。
リリース1979年
作曲者Craig Chaquico, David Freiberg, Paul Kantner, Jim McPherson

シドとダヴィードが話をするフードコートで流れる曲

シドがダヴィードにエディと一緒に森に入りコカインを回収するように指示する
@ミズーリ州セントルイス

The Warrior
Artistスキャンダル(Scandal)
1981年にニューヨークで結成されたパティ・スマイス(Patty Smyth)をリーダーとするロックバンド。
Feat. パティ・スマイス(Patty Smyth)
アメリカのロック・ポップスシンガー/作詞家/作曲家、1957年ニューヨーク生まれ。1982年に「スキャンダル」のリードシンガーとしてデビュー。
リリース1984年
作曲者ニック・ギルダー(Nick Gilder (as Nicholas Gilder)
イギリス系カナダ人ミュージシャン、1951年ロンドン生まれ。
ホリー・ナイト(Holly Knight)
アメリカのソングライター/ミュージシャン/歌手、1956年生まれ。

エディとダヴィードが話をするバーで流れる曲

Trail of Tears
Artistキャシー・ディー(Kathy Dee, 1933-1968)
アメリカのカントリーミュージック歌手/ソングライター。
リリース1961年
作曲者キャシー・ディー(Kathy Dee, 1933-1968)

チャタフーチー国立森林公園の事務所で流れる曲

森林警備隊員のリズが身体に香水を振りかけ口紅を塗るシーン

Love Song of the Waterfall
Artistスリム・ホイットマン(Slim Whitman, 1924-2013)
アメリカのカントリーミュージック歌手/ギタリスト/ソングライター。ヨーデルのスキルとファルセット・ボイスで知られる。
リリース1952年
作曲者Bernard Barnes, Bob Nolan, Carl Winge
スポンサーリンク

ダヴィードが車のエンジンをかけ、オーディオから流れてくる曲

助手席のエディが「ジョーンが愛した曲だ」と言い、ジョーンを思い涙を流すシーン

On the Wings of Love
Artistジェフリー・オズボーン(Jeffrey Osborne)
アメリカのソウル歌手/作曲家、1948年ロードアイランド州プロビデンス生まれ。
リリース1982年
作曲者Jeffrey Osborne, Peter Schless

ベテラン刑事ボブの車で流れる曲

犬の様子が気になり、途中で車を停め電話ボックスから署に電話をかけるシーン

Too Hot ta Trot
邦題『あの娘が標的』
Artistコモドアーズ(The Commodores)
1968年にアラバマ州タスキーギで結成されたアメリカのファンク/ソウル・グループ。ライオネル・リッチー(Lionel Richie)が在籍していたことでも知られる。
リリース1977年
作曲者コモドアーズ(The Commodores)
ミラン・ウィリアムズ (Milan Williams)
ライオネル・リッチー(Lionel Richie)
ウォルター・オレンジ(Walter Orange)
トーマス・マクラリー(Thomas McClary)
ウィリアム・キング(William King)
ロナルド・ラプリード(Ronald La Pread)

救急車の車内で流れる曲(森林警備官事務所に到着する)

No More Words
Artistベルリン(Berlin)
1978年にロサンゼルスで結成されたアメリカのニューウェイヴ/シンセポップ・バンド。
リリース1984年
作曲者ジョン・クロフォード(John Crawford)
アメリカのシンガーソングライター/ギタリスト、1957年生まれ。「ベルリン」のオリジナルメンバー。

救急車の車内で流れる曲(ベスを乗せ熊から逃げるシーン)

Just Can’t Get Enough (The Math Club Remix)
Artistデペッシュ・モード(Depeche Mode)
1980年に結成されたイギリスのエレクトロニック・ロック・バンド。
リリース1981年
作曲者ヴィンス・クラーク(Vince Clarke)
イギリスのシンセポップミュージシャン/作曲家/音楽プロデューサー、1960年ロンドン生まれ。「デペッシュ・モード」のオリジナルメンバー。
スポンサーリンク

エンドクレジット

White Lines
Artistメリー・メル(Melle Mel)
アメリカのラッパー、1961年ニューヨーク生まれ。グランドマスター・メレ・メル(Grandmaster Melle Mel)の芸名で知られる。
リリース1983年
作曲者Melle Mel, Sylvia Robinson

『コカイン・ベア』のサントラ

『コカイン・ベア』はマーク・マザーズボー(Mark Mothersbaugh)が音楽を担当しました。

マーク・マザースボウは、アメリカ・オハイオ州出身のミュージシャン/作曲家です。ニューウェイブ・ロックバンドDEVOの創立メンバー&実質的リーダーとしても知られています。『ピッチ・パーフェクト2』や『ソー:ラブ・アンド・サンダー』など多くの作品で音楽を担当しています。

『コカイン・ベア』キャスト・スタッフ

監督エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)
脚本ジミー・ウォーデン(Jimmy Warden)
製作フィル・ロード(Phil Lord)
クリス・ミラー(Christopher Miller)
エリザベス・バンクス(Elizabeth Banks)
マックス・ハンデルマン(Max Handelman)
ブライアン・ダッフィールド(Brian Duffield)
音楽マーク・マザーズボー(Mark Mothersbaugh)
配給 パルコ=ユニバーサル映画
公開 2023年2月24日
2023年9月29日
上映時間95分

サリ:ケリー・ラッセル(Keri Russell)
ディーディー:ブルックリン・プリンス(Brooklynn Prince)
ヘンリー:クリスチャン・コンヴェリー(Christian Convery)
ダヴィード:オシェア・ジャクソン・Jr(O’Shea Jackson Jr.)
エディ:オールデン・エアエンライク(Alden Ehrenreich)
シド:レイ・リオッタ(Ray Liotta)
アンドリュー・カーター・ソーントン2世:マシュー・リース(Matthew Rhys)
ボブ:イザイア・ウィットロック・Jr(Isiah Whitlock Jr.)
リーバ:アヨーラ・スマート(Ayoola Smart)
リズ:マーゴ・マーティンデイル(Margo Martindale)
ピーター:ジェシー・タイラー・ファーガソン(Jesse Tyler Ferguson)
オラフ:クリストファー・ヒヴュ(Kristofer Hivju)

¥1,418 (2024/05/01 18:39時点 | Amazon調べ)
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
\この記事をSNSでシェアする/
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました