ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『イコライザー THE FINAL』の挿入曲とサントラ

2023年に制作された映画『イコライザー THE FINAL』(原題:The Equalizer 3)は、ロバート・マッコールの活躍を描く人気アクションクライムシリーズ『イコライザー』の3作目です。今作ではイタリア・シチリア島やナポリの街が舞台となっています。

前作に引き続きデンゼル・ワシントンがロバート・マッコール役をつとめ、アントワーン・フークアが監督をつとめました。

『イコライザー』シリーズ
スポンサーリンク

『イコライザー THE FINAL』の挿入曲

『イコライザー THE FINAL』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

エンゾの家で流れる曲(マッコールがベッドで体を休める)

Turandot / Act 3 Scene 1 – “Nessun dorma!”
歌劇《トゥーランドット》 第3幕 第1場「誰も寝てはならぬ」
作曲ジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini, 1858-1924)
イタリア・オペラを代表する作曲家。
代表作『ラ・ボエーム』『トスカ』『蝶々夫人』
台本ジュゼッペ・アダーミ(Giuseppe Adami, 1878-1946)
イタリアの劇作家/オペラ台本作家。
代表作『外套』『つばめ』『トゥーランドット』
レナート・シモーニ(Renato Simoni, 1875-1952)
イタリアの劇作家/オペラ台本作家/演劇評論家/映画監督。
代表作『トゥーランドット』
Artistティト・ベルトラン
(Tito Beltrán)チリ出身のスウェーデン人テノール歌手。
プラハ市フィルハーモニー管弦楽団
(The City of Prague Philharmonic Orchestra)チェコのミュージシャンで構成されるクラシック・オーケストラ。

エンゾの家で流れる曲(マッコールが担ぎ込まれた翌朝)

Andrea Chénier / Act 4 – “Come un bel dì di maggio”
歌劇《アンドレア・シェニエ》第4幕 – 「五月の晴れた日のように」
作曲ウンベルト・ジョルダーノ
(Umberto Giordano, 1867-1948)イタリアのオペラ作曲家。
Artistトマス・ハーパー(Thomas Harper)
ドイツを中心に活動するアメリカ生まれのテノール歌手。
ミヒャエル・ハラース(Michael Halász)
ハンガリー出身の指揮者。
スロヴァキア放送交響楽団(Slovak Radio Symphony Orchestra)
スロヴァキアの首都ブラチスラヴァを本拠地とするオーケストラ。

マッコールが訪れるカフェで流れる曲(憲兵隊員のジオと話をする)

Tu Sei Cosi Amabile
Artistナット・キング・コール(Nat King Cole, 1919-1965)
アメリカのジャズピアニスト/歌手。
リリース1964年
作曲ジョージ・カルディーニ(George Cardini, 1913-1992)
イタリア出身のアメリカ人ヴァイオリニスト/作曲家/ソングライター/作家。
ダニー・ディミーノ(Danny DiMinno, 1911-1991)
ニューヨーク出身のソングライター。
ソフィー・エスター・マリンスキー(Sophie Esther Marinski)

マッコールが訪れるレストランで流れる曲(店主が男に場所代を渡す様子を見る)

Con i baci miei
作曲ブリス・ダヴォリ(Brice Davoli)
フランスの作曲家/編曲家。ディオール(Dior)、ファーウェイ(Huawei)、その他多くの有名ブランドの広告キャンペーンの映像音楽を作曲し国際的に知られている。
スポンサーリンク

マッコールがカフェや洋品店で街の人と交流を持つ

La Belle Vie
邦題『麗しき人生』
Artistサシャ・ディステル(Sacha Distel, 1933-2004)
フランスのジャズギタリスト/作曲家/歌手。
リリース1962年
作曲サシャ・ディステル
ジャン・ブルッソール
(Jean Broussolle, 1920-1984)
フランスの作家/作曲家。

『La Belle Vie』は、1962年のフランス・イタリア合作オムニバス映画『新・七つの大罪』のために作られた曲です。

マルコ達がビンセントに金を届けにナポリの街をバイクで走る

Love, Disorderly
Artistトーマス・アジエ(Thomas Azier)
オランダのアヴァン・ポップ歌手/作曲家。
リリース2020年
作曲トーマス・アジエ
オビ・ブランシュ
(Obi Blanche)
フィンランド生まれのギタリスト/プロデューサー/楽器製作者。

エンゾの家で流れる曲(エンゾとマッコールが食事をする)

Don Giovanni, K.527 / Act 1 – “Dalla sua pace”
歌劇《ドン・ジョヴァンニ》K.527 第1幕 – 「彼女の心の安らぎこそ」
作曲ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart, 1756-1791)
18世紀古典派を代表するオーストリアの作曲家。
作曲年1787年
Artistミヒャエル・ハラース(Michael Halász)
ハンガリー出身の指揮者。
トルステン・ケルル(Torsten Kerl)
ドイツ出身のテノール歌手。
ニコラウス・エステルハージ・シンフォニア(Nicolaus Esterházy Sinfonia)
1992年にハンガリー交響楽団のメンバーによって結成された室内オーケストラ。

夜のカフェで流れる曲(アミーナがマッコールを食事に誘う)

Sunset in the Blue
Artistメロディ・ガルドー(Melody Gardot)
アメリカのジャズシンガー。
リリース2020年
作曲メロディ・ガルドー
ジェシー・ハリス
(Jesse Harris)
ニューヨーク出身のシンガーソングライター/プロデューサー/ギタリスト。2002年にノラ・ジョーンズに提供した『Don’t Know Why』でグラミー賞を受賞。
スポンサーリンク

マッコールが訪れるレストランで流れる曲(ジオを脅しに現れたマルコを店から追い出す)

Each Time You Go
Artistスティーヴ・ライス(Steve Rice)
フィラデルフィアを拠点とする作曲家/ジャズピアニスト/ワールドミュージック・アコーディオン奏者。
作曲スティーヴ・ライス(Steve Rice)

ヴィンセントの死に際にマッコールが口ずさむ歌

I Know It Was the Blood(Traditional)
作曲ジョエル・リンジー(Joel Lindsey)
アメリカの現代キリスト教音楽/南部ゴスペル・ソングライター。
ウェイン・ハウン(Wayne Haun)
アメリカの南部のゴスペル市場で活躍するプロデューサー/ソングライター。

エンドクレジット

Monster
ArtistJacob Banks featuring Avelino
ジェイコブ・バンクス(Jacob Banks)
イギリス人シンガーソングライター、1991年ナイジェリア生まれ。
アベリーノ(Avelino)
イギリスのラッパー、1993年ロンドン・トッテナム生まれ。
リリース2015年
作曲Jacob Banks, Avelino, Tre Jean-Marie, Nayla ‘Sillkey’ Nyassa and Ellis Taylor

『イコライザー THE FINAL』のサントラ

『イコライザー THE FINAL』はマーセロ・ザーヴォス(Marcelo Zarvos)が音楽を担当しました。マーセロ・ザーヴォスは、ブラジル・サンパウロ出身の作曲家です。ジャズ・ピアニストとしても知られています。

『グッド・シェパード』や『ワンダー 君は太陽』などの音楽を担当しています。

『イコライザー THE FINAL』キャスト・スタッフ

監督アントワーン・フークア(Antoine Fuqua)
脚本リチャード・ウェンク(Richard Wenk)
原作マイケル・スローン(Michael Sloan)
リチャード・リンドハイム(Richard Lindheim)
製作トッド・ブラック(Todd Black)
ジェイソン・ブルメンタル(Jason Blumenthal)
デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)
アントワーン・フークア(Antoine Fuqua)
スティーヴ・ティッシュ(Steve Tisch)
クレイトン・タウンゼント(Clayton Townsend)
アレックス・シスキン(Alex Siskin)
トニー・エルドリッジ(Tony Eldridge)
マイケル・スローン(Michael Sloan)
音楽マーセロ・ザーヴォス(Marcelo Zarvos)
配給ソニー・ピクチャーズ リリーシング
公開 2023年9月1日
2023年10月6日
上映時間109分

ロバート・マッコール:デンゼル・ワシントン(Denzel Washington)
エマ・コリンズ:ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)
ジオ・ボヌッチ:エウジェニオ・マストランドレア(Eugenio Mastrandrea)
フランク・コンロイ:デヴィッド・デンマン(David Denman)
アミーナ:ガイア・スコデッラーロ(Gaia Scodellaro)
エンゾ・アリシオ:レモ・ジローネ(Remo Girone)
ビンセント・クアランタ:アンドレア・スカルドゥッツィオ(Andrea Scarduzio)
マルコ・クアランタ:アンドレア・ドデーロ(Andrea Dodero)
アンジェロ:ダニエレ・ペローネ(Daniele Perrone)
ガブリエラ・ボヌッチ:ディア・ランザーロ(Dea Lanzaro)
キアラ・ボヌッチ:ソニア・ベン・アマル(Sonia Ben Ammar)
ロレンゾ・ビターレ:ブルーノ・ビロッタ(Bruno Bilotta)
スーザン・プラマー:メリッサ・レオ(Salvatore Ruocco)
ブライアン・プラマー:ビル・プルマン(Bill Pullman)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント