『スティーブ・ジョブズ』の挿入曲とサントラ | 解説付き全曲紹介Filmmusik
ー 挿入曲とサントラ紹介記事の一覧はコチラから!ー
PR
映画×音楽
音楽担当:ダニエル・ペンバートン(Daniel Pemberton)
アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)

『スティーブ・ジョブズ』の挿入曲とサントラ

2015年に制作された『スティーブ・ジョブズ』(原題:Steve Jobs)は、Apple創業者スティーブ・ジョブズの伝記映画です。1984年のMacintosh、1988年のNeXTcube、1998年のiMac、それぞれの製品発表会前の舞台裏が描かれています。

マイケル・ファスベンダーがスティーブ・ジョブズを演じ、監督は『トレインスポッティング』シリーズ のダニー・ボイル、脚本は『ソーシャル・ネットワーク』(2010)のアーロン・ソーキンが務めました。

『スティーブ・ジョブズ』の挿入曲

『スティーブ・ジョブズ』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

1984年の初代Macintosh発表会、舞台裏でジョブズが歌詞の引用部分を迷っていると話す曲

1984年、初代Macintosh発表会

The Times They Are a-Changin
邦題『時代は変る』
Artistボブ・ディラン(Bob Dylan)
アメリカのシンガーソングライター、1941年生まれ。
1962年のレコードデビュー以来半世紀以上にわたり人々に多大なる影響を与え、史上最も偉大なシンガーソングライターの一人として知られる。
リリース1964年
作曲者ボブ・ディラン(Bob Dylan)

楽屋でジョアンナが話す「初演は失敗したが後に傑作と評価された曲」

1984年、初代Macintosh発表会

The Rite of Spring
バレエ音楽《春の祭典》
作曲者イーゴリ・ストラヴィンスキー(Igor Stravinsky, 1882-1971)
ロシア出身の作曲家。
フランスとアメリカの国籍を取得し国際的に活躍した。

『春の祭典』(The Rite of Spring)は、ストラヴィンスキーが、バレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のパリ公演のために書いたバレエ音楽です。
1913年にシャンゼリゼ劇場で初演され、一大センセーションを巻き起こしたと伝えられています。

Macintosh発売からNeXT Cubeの発売に至るまでが描かれているシーン

Rainy Day Women #12 & 35
邦題『雨の日の女』
Artistボブ・ディラン(Bob Dylan)
リリース1966年
作曲者ボブ・ディラン(Bob Dylan)

1998年のNeXT Cube発表会、楽屋でジョブズがリサに学校に行くよう話す

Meet Me in the Morning
邦題『朝に会おう』
Artistボブ・ディラン(Bob Dylan)
リリース1975年
作曲者ボブ・ディラン(Bob Dylan)
スポンサーリンク

リサがウォークマンで繰り返し聞いていると言う曲

1998年、NeXT Cube発表会

Both Sides Now
邦題『青春の光と影』
作曲者ジョニ・ミッチェル(Joni Mitchell)
カナダ系アメリカ人のシンガーソングライター/マルチプレイヤー/画家、1943年生まれ。
Original ver.1967年:ジュディ・コリンズ(Judy Collins)
アメリカのシンガーソングライター/ミュージシャン、1939年ワシントン州シアトル生まれ。

『Both Sides Now』は、カナダ出身の女性シンガーソングライター、ジョニ・ミッチェルが1967年に作った曲です。
同年、ジュディ・コリンズのアルバム『Wildflowers』に収録されたことで世界的で知られるようになり、現在400を超えるカバーバージョンが作られています。

作中、ジョブズの質問に対してリサは「二人が歌っている同じ曲を繰り返し聴いている」と答えました。ここでは、アーティスト名は明かされていません。

NeXTcube発売からiMacの発売に至るまでが描かれているシーン

Don’t Look Back Into the Sun
Artistザ・リバティーンズ(The Libertines)
1997年にロンドンで結成されたイギリスのロックバンド。
リリース2003年
作曲者カール・バラー(Carl Barât)
イギリスのミュージシャン/俳優、1978年生まれ。「ザ・リバティーンズ」「ダーティ・プリティ・シングス」のフロントマンとして知られる。
ピート・ドハーティ(Pete Doherty)
イギリスのミュージシャン/詩人、1979年生まれ。「ザ・リバティーンズ」のボーカリスト/ギタリストとして知られる。

1998年のiMac発表会、帰ろうとするリサをジョブズが引き留め、2人が一緒にバックステージにむかう

Grew up at Midnight
Artistザ・マッカビーズ(The Maccabees)
2004年にロンドンで結成されたインディーロックバンド。
リリース2012年
作曲者ザ・マッカビーズ
オーランド・ウィークス(Orlando Weeks)
ヒューゴ・ホワイト(Hugo White)
フェリックス・ホワイト(Felix White)
ルパート・ジャービス(Rupert Jarvis)
サム・ドイル(Sam Doyle)

エンドクレジット

Shelter from the Storm
邦題『嵐からの隠れ場所』
Artistボブ・ディラン(Bob Dylan)
リリース1975年
作曲者ボブ・ディラン(Bob Dylan)
スポンサーリンク

『スティーブ・ジョブズ』のサントラ

『スティーブ・ジョブズ』はダニエル・ペンバートン(Daniel Pemberton)が音楽を担当しました。ダニエル・ペンバートンは、1977年イギリス生まれのTV・映画音楽作曲家です。
『スティーブ・ジョブズ』のオリジナルサウンドトラックで、ゴールデングローブ賞作曲賞にノミネートされました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

『スティーブ・ジョブズ』キャスト・スタッフ

監督ダニー・ボイル(Danny Boyle)
脚本アーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)
原案ウォルター・アイザックソン(Walter Isaacson)
製作マーク・ゴードン(Mark Gordon)
ガイモン・キャサディ(Guymon Casady)
スコット・ルーディン(Scott Rudin)
ダニー・ボイル(Danny Boyle)
クリスチャン・コルソン(Christian Colson)
音楽ダニエル・ペンバートン(Daniel Pemberton)
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和
公開 2015年10月9日
2016年2月12日
上映時間122分

スティーブ・ジョブズ:マイケル・ファスベンダー(Michael Fassbender)
ジョアンナ・ホフマン:ケイト・ウィンスレット(Kate Winslet)
スティーブ・ウォズニアック:セス・ローゲン(Seth Rogen)
ジョン・スカリー :ジェフ・ダニエルズ(Jeff Daniels)
アンディ・ハーツフェルド:マイケル・スタールバーグ(Michael Stuhlbarg)
クリスアン・ブレナン:キャサリン・ウォーターストン(Katherine Waterston)
リサ・ブレナン(19歳):パーラ・ヘイニー=ジャーディン(Perla Haney-Jardine)
リサ・ブレナン(9歳):リプリー・ソーボ(Ripley Sobo)
リサ・ブレナン(5歳):マケンジー・モス(Makenzie Moss)
アンドレア・“アンディ”・カニンガム:サラ・スヌーク(Sarah Snook)

『ダム・マネー ウォール街を狙え!』の挿入曲とサントラ
映画『ダム・マネー ウォール街を狙え!』は、2021年に起きたゲームストップ株騒動を描いた伝記・コメディ映画です。エンディング曲など劇中で流れた挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ソーシャル・ネットワーク』の挿入曲とサントラ
デヴィッド・フィンチャー監督映画『ソーシャル・ネットワーク』は、マーク・ザッカーバーグがFacebookを創業し、訴訟になるまでを描いた作品です。トレント・レズナー、アッティカス・ロスによるサントラも話題となりました。挿入曲とサントラを紹介します。
『ブラックベリー』の挿入曲とサントラ
2023年にカナダで制作された映画『ブラックベリー』(原題:BlackBerry)は、かつてスマートフォン市場で世界2位のシェア率を誇った「BlackBerry」を開発・発売したRIM社(現ブラックベリー社)の栄枯盛衰を描いた伝記コメディ映…
『マネーボール』の挿入曲とサントラ
ブラッド・ピット主演映画『マネー・ボール』はセイバーメトリクスを用いてチーム再建のため奮闘したGMビリー・ビーンの姿を描いた作品です。スタジアムで流れる曲や選手が踊る曲など、挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『ウォール街』の挿入曲とサントラ
オリバー・ストーン監督映画『ウォール街』はインサイダー取引を描いた金融サスペンス作品です。実在の投資家アイヴァン・ボウスキーをモデルとしています。フランク・シナトラによる主題歌など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『アンフロステッド: ポップタルトをめぐる物語』(Netflix)の挿入曲とサントラ
Netflix映画『アンフロステッド: ポップタルトをめぐる物語』は、ケロッグ社のポップ・タルト誕生秘話を描いたブラックコメディです。『となりのサインフェルド』で知られるジェリー・サインフェルドが監督をつとめました。エンディング曲など挿入曲とサントラをあらすじに沿って紹介します。
『AIR/エア』の挿入曲35曲とサントラ解説
映画『AIR/エア』は、ナイキのバスケットボールシューズ「エア・ジョーダン」開発秘話に基づき作られた映画です。ベン・アフレックが監督・主演・制作を務めました。ダイアー・ストレイツによるOP曲やED曲など、作中で使われた曲をあらすじに沿って紹介します。
『スティーブ・ジョブズ』の挿入曲とサントラ
ダニー・ボイル監督『スティーブ・ジョブズ』(2015)、マイケル・ファスベンダーがスティーブ・ジョブズを演じアカデミー主演男優賞にノミネートされたことでも話題となりました。Bob Dylanの曲など、使われた音楽・挿入歌を流れた順番に紹介します。
『フォードvsフェラーリ』の挿入曲とサントラ
ケン・マイルスとキャロル・シェルビーが1966年ル・マンに向けて奮闘した日々を描いた『フォードvsフェラーリ』(2019)。ザ・バーズやキンクスなど、映画内で使われていた全曲を、シーンと合わせてご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました