ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画コラム

【ネタバレ無し】オーシャンズ・シリーズの公開順&時系列、新作について解説!

犯罪コメディー映画『オーシャンズ』シリーズ。2023年には、マーゴット・ロビー制作・主演で前日譚の制作が決定するなど、今なお根強い人気を誇る人気シリーズです。

『オーシャンズ8』『オーシャンズ11』はあるのに、『オーシャンズ9』『オーシャンズ10』が無かったりと、数字がバラバラなので、シリーズの順番がわからないという方も多いでしょう。

この記事では『オーシャンズ』シリーズのリリース年と作中の時系列、オススメの見る順番について解説いたします。新作の噂についても、順次まとめて紹介していきます!

スポンサーリンク

映画『オーシャンズ』シリーズとは?

映画『オーシャンズ』シリーズとは、2001年にスティーヴン・ソダーバーグ監督が制作した『オーシャンズ11』から続く3作品とスピンオフ『オーシャンズ8』を指します。

2023年12月現在、『オーシャンズ11』の前日譚が制作されることも発表されているため、無事公開されれば、新たに前日譚が加わることになります

まずは全作品をリリース年ごとに紹介します。

オーシャンズ三部作

オーシャンズ三部作は、スティーヴン・ソダーバーグ監督が手がけた3作品を指します。

  • オーシャンズ11 (2001年)
    • アメリカネバダ州ラスベガスが舞台
  • オーシャンズ12 (2004年)
    • イタリア、オランダ、パリなどヨーロッパが舞台
  • オーシャンズ13 (2007年)
    • 再びアメリカネバダ州ラスベガスが舞台

第一作である『オーシャンズ11』は、1960年に制作されたフランク・シナトラ主演の映画『オーシャンと十一人の仲間』のリメイクとなっています。

スポンサーリンク

『オーシャンズ8』リブート版

『オーシャンズ8 』(2018年)は、オーシャンズ・シリーズの主人公、ダニー・オーシャンの妹デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)と女性チームの活躍を描いた作品です。
『オーシャンズ13』公開から8年経った2015年、オーシャンズの女性リブート版企画が発表され、スピンオフ作品が生まれました。

前作までの監督、スティーヴン・ソダーバーグはプロデューサーとして名を連ね、『ハンガー・ゲーム』(2012)のゲイリー・ロスが監督を務めました。

『オーシャンズ11』前日譚(製作中)

2022年、映画制作会社ワーナーブラザーズが『オーシャンズ11』の前日弾『Oceans』が制作されることを発表しました。制作はマーゴット・ロビー、監督は『オースティン・パワーズ』『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』のジェイ・ローチが務める予定です。

マーゴット・ロビーとライアン・ゴズリングが『オーシャンズ11』の主人公、ダニー・オーシャンの両親役を演じることが決まっています。

1960年代のヨーロッパが舞台となる予定です。

映画『オーシャンズ』シリーズ、作中の時系列

オーシャンズシリーズ、作中の時系列は、リリース年と同じ順です。

  1. オーシャンズ11 (2001年)
  2. オーシャンズ12 (2004年)
  3. オーシャンズ13 (2007年)
  4. オーシャンズ8 (2018年)

「オーシャンズ」シリーズはどの順番で観るべき?

「オーシャンズ」シリーズ4作品を観る順番は、リリース順がオススメです。
キャラクターの関係性が細かく描かれているので、オーシャンズ11から順に観ていく方が深く作品を楽しめると思います。

また、『オーシャンズ8』は、『オーシャンズ』三部作と直接的なつながりはありませんが、三部作より後の話となるので、三部作を観てからの方が楽しめるでしょう。

「オーシャンズ」シリーズの音楽

「オーシャンズ」三部作では、ドビュッシーの『月の光』が印象的に使われています。

その他にも、ラスベガスらしい華々しい音楽や原作『オーシャンと十一人の仲間』で主演を務めたフランク・シナトラの歌など、たくさんの曲が映画を盛り上げてくれます。

映画の中で気になる音楽があった方は、下記ページで挿入曲・サントラを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント