ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『シンシナティ・キッド』の挿入曲とサントラ

1965年、アメリカで制作された映画『シンシナティ・キッド』(原題:The Cincinnati Kid)は、米・ニューオリンズ州で繰り広げられるポーカー・ゲームの駆け引きを描いた作品です。スティーブ・マックイーンがシンシナティ・キッドを演じました。

原作はリチャード・ジェサップによる同名小説です。

スポンサーリンク

『シンシナティ・キッド』の挿入曲

『シンシナティ・キッド』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

オープニング、葬列で演奏されている曲

New Orleans Procession
Soundtrack『The Cincinnati Kid』

作曲:Lalo Schifrin

ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)は、1932年アルゼンチンの首都ブエノス・アイレス生まれの作曲家です。
父親はオペラ劇場(テアトロ・コロン)に所属するユダヤ人バイオリン奏者でした。
6歳からエンリケ・バレンボイム(ダニエル・バレンボイムの父)にピアノを習い、20歳でパリ国立高等音楽に入学しています。
フランスで、ジャズミュージシャンとしてキャリアをスタートさせ、後にアメリカ国籍を取得、代表作ともいえる『スパイ大作戦』のテーマ曲、『暴力脱獄』『燃えよドラゴン』『ダーティハリー』など映画・テレビの数多くの曲を書き活躍しました。

メルバとシューターのベッドルームで流れる曲

I’ve Got You Under My Skin
作曲:Cole Porter

『I’ve Got You Under My Skin』は、ジャズのスタンダードナンバーです。
1936年のミュージカル映画『踊るアメリカ艦隊』(原題:Born to Dance)のオリジナルサウンドトラックで、音楽を担当したアメリカの作曲家コール・ポーター(Cole Porter)が作りました。
『あなたはしっかり私のもの』の邦題でも知られています。


ピースを削りジグソーパズルを仕上げようとするメルバとシューターが会話をしているところに、ランシーからの電話がかかってくるシーン

エンドクレジット

The Cincinnati Kid
Soundtrack『The Cincinnati Kid』

作曲:Lalo Schifrin、Dorcas Cochran
アーティスト:Ray Charles

『The Cincinnati Kid』は、映画『シンシナティ・キッド』のテーマ曲です。
映画音楽を担当したアルゼンチン出身の作曲家/ジャズピアニスト、ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)の作品で、作詞家ドーカス・コクランが詩を書きました。
歌っているのは、アメリカのソウル/R&B歌手、レイ・チャールズ(Ray Charles)です。

『シンシナティ・キッド』のサントラ

『シンシナティ・キッド』はラロ・シフリン(Lalo Schifrin)が音楽を担当しました。今作のレコーディングにはアル・ポーシノ(Tp.)ミルト・バーンハート(Trb.)ビル・ホルマン(Sax.)など、錚々たるメンバーが参加しています。

『シンシナティ・キッド』キャスト・スタッフ

監督ノーマン・ジュイソン(Norman Jewison)
脚本リング・ラードナー・ジュニア(Ring Lardner Jr.)
テリー・サザーン(Terry Southern)
原作リチャード・ジェサップ(Richard Jessup)
製作マーティン・ランソホフ(Martin Ransohoff)
音楽ラロ・シフリン(Lalo Schifrin)
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 1965年10月15日
1965年10月30日
上映時間103分

エリック・ストーナー/シンシナティ・キッド:スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)
ランシー・ハワード:エドワード・G・ロビンソン(Edward G. Robinson)
メルバ:アン=マーグレット(Ann-Margret)
シューター:カール・マルデン(Karl Malden)
クリスチャン:チューズデイ・ウェルド(Tuesday Weld)
レディ・フィンガーズ:ジョーン・ブロンデル(Joan Blondell)
スレイド:リップ・トーン(Rip Torn)
ホーバン:ジェフ・コーリー(Jeff Corey)
ピッグ:ジャック・ウェストン(Jack Weston)
イェラー:キャブ・キャロウェイ(Cab Calloway)
ダニー:ロン・ソブル(Ron Soble)
フィリー:ロバート・ドクィ(Robert DoQui)

文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント