ソフィア・コッポラ監督映画『プリシラ』曲紹介はコチラから!
PR
映画×音楽

『落下の解剖学』の挿入曲とサントラ

2023年にフランスで製作された映画『落下の解剖学』(原題:Anatomie d’une chute)は、山荘で起きた夫の転落死をめぐる裁判の様子が描かれた法廷スリラーです。

第76回カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールとパルム・ドッグ賞を受賞しました。また、第96回アカデミー賞では作品賞・監督賞・主演女優賞を含む5部門にノミネートされています。

スポンサーリンク

『落下の解剖学』の挿入曲

『落下の解剖学』の挿入曲を流れた順番に紹介していきます。(ネタバレにご注意ください)

スポンサーリンク

サンドラが学生からインタビューを受けている最中に夫が大音量で流す曲

P.I.M.P.
Artist
Cover ver.
バカオ・リズム・アンド・スティール・バンド(Bacao Rhythm & Steel Band)
マルチ楽器奏者ビヨルン・ワグナー (Björn Wagner)が率いるドイツ・ハンブルグ出身のファンク音楽グループ。2007年活動開始。
リリース2008年
作曲者デナウン・モンテス・ポーター(Denaun M Porter)
デトロイトを拠点とするアメリカのラッパー/ヒップホッププロデューサー、1978年ノースカロライナ州生まれ。
ブランドン・パロット(Brandon Parrott)
アメリカのヒップホップ・プロデューサー/ソングライター。
50セント(50 Cent)
アメリカのラッパー/俳優/テレビプロデューサー/ビジネスマン、1975年ニューヨーク生まれ。
Original ver.2003年:50セント(50 Cent)

『P.I.M.P.』は、アメリカのラッパー、50セント(50 Cent)のデビュースタジオアルバム『Get Rich or Die Tryin’』に収録された曲です。その後、スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg)、ロイド・バンクス(Lloyd Banks)、ヤング・バック(Young Buck)との共演によるリミックスバージョンを含みアルバムからの3枚目シングルとしてリリースされました。

ここでは、ドイツのファンク音楽グループ、バカオ・リズム・アンド・スティール・バンド(Bacao Rhythm & Steel Band)によるカバーバージョンが使われています。

オープニングクレジット(ダニエルがピアノで練習している曲)

Suite española No.1, Op.47 – V. Asturias (Leyenda)
スペイン組曲 第1集 作品47 – 第5番 アストゥリアス(伝説)
作曲者イサーク・アルベニス(Isaac Albéniz, 1860-1909)
スペインの作曲家/ピアニスト。
作曲年1890年代
Artistミロ・マシャド・グラネール(Milo Machado-Graner)
ダニエルを演じるフランスの俳優、2008年生まれ。

この後『一年後、法廷が始まる前にダニエルがピアノを弾く』場面でも、この曲を練習しています。

サンドラとダニエルがピアノで連弾する曲

24 Préludes, Op.28 – No.4 in E Minor
24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調
作曲者フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin, 1810-1949)
ポーランド出身のピアニスト/作曲家。「ピアノの詩人」と称される。
作曲年1839年
Artistザンドラ・ヒュラー(Sandra Hüller)
サンドラを演じるドイツの女優、1978年テューリンゲン州ズール生まれ。
ミロ・マシャド・グラネール(Milo Machado-Graner)
ダニエルを演じるフランスの俳優、2008年生まれ。

『24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調』は、ショパンの葬儀で演奏された曲です。


このあと『2回目の出廷前にダニエルがピアノで弾く曲』としても使われています。

一年後、ダニエルがピアノで練習している曲

Suite española No.1, Op.47 – V. Asturias (Leyenda)
スペイン組曲 第1集 作品47 – 第5番 アストゥリアス(伝説)
作曲者イサーク・アルベニス(Isaac Albéniz, 1860-1909)
スペインの作曲家/ピアニスト。
作曲年1890年代
Artistミロ・マシャド・グラネール(Milo Machado-Graner)
ダニエルを演じるフランスの俳優、2008年生まれ。

オープニングクレジット』でも、この曲が使われていました。

スポンサーリンク

2回目の出廷前にダニエルがピアノで弾く曲

24 Préludes, Op.28 – No.4 in E Minor
24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調
作曲者フレデリック・ショパン(Frédéric Chopin, 1810-1949)
ポーランド出身のピアニスト/作曲家。「ピアノの詩人」と称される。
作曲年1839年
Artistザンドラ・ヒュラー(Sandra Hüller)
サンドラを演じるドイツの女優、1978年テューリンゲン州ズール生まれ。
ミロ・マシャド・グラネール(Milo Machado-Graner)
ダニエルを演じるフランスの俳優、2008年生まれ。

サンドラとダニエルがピアノで連弾する場面』でも、この曲を演奏していました。

エンドクレジット

VARIATION AUTOUR D’UN PRÉLUDE
Artistベノワ・ダニエル(Benoit Daniel)
フランス出身のピアニスト。
Original ver.フレデリック・ショパン『24の前奏曲 Op.28 – 第4番 ホ短調

『落下の解剖学』のサントラ

『落下の解剖学』キャスト・スタッフ

監督ジュスティーヌ・トリエ(Justine Triet)
脚本ジュスティーヌ・トリエ(Justine Triet)
アルチュール・アラリ(Arthur Harari)
製作マリー=アンジュ・ルシアーニ(Marie-Ange Luciani)
ダヴィド・ティオン(David Thion)
配給 ギャガ
公開 2023年8月23日
2024年2月23日
上映時間152分

サンドラ:ザンドラ・ヒュラー(Sandra Hüller)
ヴァンサン・レンツィ弁護士:スワン・アルロー(Swann Arlaud)
ダニエル:ミロ・マシャド・グラネール(Milo Machado-Graner)
検事::アントワーヌ・レナルツ(Antoine Reinartz)
サミュエル:サミュエル・タイス(Samuel Theis)
マージ・ベルジェ:ジェニー・ベス(Jehnny Beth)
ヌール・ブダウド弁護士:サーディア・ベンタイブ(Saadia Bentaieb)
ゾーイ・ソリドール:カミーユ・ラザフォード(Camille Rutherford)
裁判長:アン・ロトジェ(Anne Rotger)
モニカ:ソフィ・フィリエール(Sophie Fillières)

¥1,210 (2024/03/07 07:08時点 | Amazon調べ)
文・構成
Filmmusik 管理人

映画の素晴らしさをもっと多くの人に伝えられたら…そんな気持ちでFilmlmusikを開設。
音楽・映画好きの管理人自ら執筆しています。

Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク
Filmmusikをフォローする
スポンサーリンク

コメント